「F1初勝利はランド・ノリスのレーススタイルの核を変えない」と元F1王者

2024年5月9日
「F1初勝利はランド・ノリスのレーススタイルの核を変えない」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、先週の日曜日に行われたF1マイアミGPでF1初優勝を飾ったことでランド・ノリスのレーシングスタイルの核が変わることはないと考えている。

完璧なドライブと、セーフティカー導入期間中のマクラーレンのピットウォールによる完璧な戦略判断のおかげで、ノリスはF1で悲願だった初勝利を収めた。

アルファタウリF1の新チーム名に「どういうこと?」とジェンソン・バトン

2024年1月29日
アルファタウリF1の新チーム名に「どういうこと?」とジェンソン・バトン
スクーデリア・アルファタウリが、チーム名を『Visa Cash App RB』に改名したことは、モータースポーツ界を当惑させ続けている。フルネームを告げられたジェンソン・バトンが「どういうこと?」と問いかけたほどだ。

アルファタウリの新タイトルスポンサー候補として、ファッションブランドのアディダスやヒューゴ・ボスがメディアに取り上げられるなど、数カ月にわたってさまざまな憶測が飛び交っていたが、今週初めに決定したのは「Visa Cash App RB」だった。

ラルフ・シューマッハ 「F1でバトン以外のチームメイトは皆嫌いだった」

2024年1月28日
ラルフ・シューマッハ 「F1でバトン以外のチームメイトは皆嫌いだった」
ラルフ・シューマッハにとって、ジェンソン・バトンはF1キャリアで唯一うまくやっていけるチームメイトだった。このドイツ人ドライバーは、11年間のF1キャリアを通してどのチームメイトとも関係を望んだことはなかったと認めている。

ジャンカルロ・フィジケラ、デイモン・ヒル、アレッサンドロ・ザナルディ、バトン、ファン-パブロ・モントーヤ、リカルド・ゾンタ、ヤルノ・トゥルーリはシューマッハと同じチームで戦ったドライバーたちだ。

ジェンソン・バトン 「F1は世界耐久選手権ほど技術的に進歩していない」

2024年1月22日
ジェンソン・バトン 「F1は世界耐久選手権ほど技術的に進歩していない」
元F1王者ジェンソン・バトンは、2024年にWECレースに出場するハイパーカーはどのF1カーよりも技術的に進んでいると考えている。

2009年F1世界チャンピオンのジェンソン・バトンは、2024年にフルタイムでトップレベルのモータースポーツに復帰し、フィル・ハンソン、オリバー・ラスムッセンとともにイオタ・スポーツのポルシェ963ハイパーカーに乗る契約を結んだ。

元F1王者ジェンソン・バトン WEC参戦のJOTAをブラウンGPに例える

2023年12月19日
元F1王者ジェンソン・バトン WEC参戦のJOTAをブラウンGPに例える
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、FIA 世界耐久選手権(WEC)の新しい雇用主であるJOTA Sportを、2009年に彼をF1ワールドチャンピオンに導いたブラウンGPのチームに例えた。

先週、バトンは、JOTAの38号車ポルシェ963ハイパーカーの3人目のドライバーとして発表された。2024年のFIA WECシーズンは、2019年のスーパーGTシリーズでタイトル防衛に失敗して以来、初めてのフルチャンピオンシップとなる予定だ。

元F1王者ジェンソン・バトン 2024年のWECにJOTAからフル参戦

2023年12月16日
元F1王者ジェンソン・バトン 2024年のWECにJOTAからフル参戦
2009年F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2024年FIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦する契約をHertz Team JOTA と結んだ。

バトンは、フィル・ハンソン、オリバー・ラスムッセンの両ドライバーとともに、Hertz Team JOTA の38号車ポルシェ963ハイパーカーのドライバーを務める。

元F1王者ジェンソン・バトン WTRアンドレッティからデイトナ24時間に参戦

2023年11月15日
元F1王者ジェンソン・バトン WTRアンドレッティからデイトナ24時間に参戦
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年インディア500ウィナーのマーカス・エリクソンとともに、ウェイン・テイラー・レーシング・ウィズ・アンドレッティ(WTRアンドレッティ)からデイトナ24時間レース(ロレックス24・アット・デイトナ)に参戦する。

WTRアンドレッティは、2024年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権シーズンと1月27~28日のデイトナ24シーズン開幕戦に先立ち、ドライバーラインナップを最終決定した。

元F1王者ジェンソンバトン ペレスの1コーナーを擁護「どうすればよかった?」

2023年11月1日
元F1王者ジェンソンバトン ペレスの1コーナーを擁護「どうすればよかった?」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、メキシコGPのオープニングラップでセルジオ・ペレスがシャルル・ルクレールとの接触を避けるのは難しかったと考えている。

エルマノス・ロドリゲス・サーキットでのペレスのホームレースは、ルクレールとチームメイトのマックス・フェルスタッペンに対する野心的なオーバーテイクを試みた後、1周目で終了した。

ジェンソン・バトン IMSA GTP参戦「ストレスフルでカオスで慌ただしかった」

2023年10月26日
ジェンソン・バトン IMSA GTP参戦「ストレスフルでカオスで慌ただしかった」
ジェンソン・バトンは、プチ・ル・マンでのIMSA GTP初参戦は「ストレスフルで、カオスで、慌ただしかった」としながらも、来年のフルタイムレース復帰に向けて充実感を感じているようだ。

バトンはJDCミラー・モータースポーツの追加ドライバーとしてポルシェ963でロードアトランタに参戦し、ガレージ56ル・マンのチームメイトであるマイク・ロッケンフェラーや若手のティヘメン・ファン・デル・ヘルムとともに5位入賞を果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム