元F1王者 「ピエール・ガスリーはアルピーヌにとって完璧なチョイス」

2022年9月9日
元F1王者 「ピエール・ガスリーはアルピーヌにとって完璧なチョイス」
アルピーヌF1チームのシートに空席ができている。元F1ワールドチャンピオンの二人は、ピエール・ガスリーが完璧なチョイスだと推す。

フェルナンド・アロンソの電撃移籍、そして、オスカー・ピアストリのマクラーレンとの契約騒動によって、コンストラクターズ選手権4位のアルピーヌF1チームに空席ができている。

ジェンソン・バトン、ディズニープラスのブラウンGPドキュメンタリーを告知

2022年9月2日
ジェンソン・バトン、ディズニープラスのブラウンGPドキュメンタリーを告知
ジェンソン バトンは、ブラウン GPとの2009年のF1ワールドチャンピオンへの挑戦を記録した 4部構成のドキュメンタリーが、ストリーミング サービス Disney+(ディズニープラス)で準備中であることを認めた。

「Brawn: The One Pound Formula 1 Team」と題されたこのドキュメンタリー シリーズは、俳優のキアヌ・リーブスがナレーションを担当し、F1の最も並外れたサクセスストーリーの 1 つに関与したすべてのキー プレーヤーが参加する。

ジェンソン・バトン 「F1はスパ・フランコルシャンを外してはならない」

2022年8月15日
元F1王者ジェンソン・バトン 「F1はスパ・フランコルシャンを外してはならない」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、スパ・フランコルシャンが2023年にF1カレンダーから外れたら「非常に気分を害する」だろうと語る。

F1ベルギーGPの将来は深刻な危機にあり、スパ・フランシャンの契約は8月末の次のイベント後に満了する。サーキットは、カレンダー上で最も歴史的で有名な会場のひとつであり、多くのファンやドライバーのお気に入りとなっている。

ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」

2022年5月17日
ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」
2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、F1での17年間のキャリアで13人の異なるチームメイトと競い合った。

ジェンソン・バトンのチームメイトになかには、BAR時代のジャック・ヴィルヌーブ、マクラーレン時代のルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソというワールドチャンピオンもいる。

ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず

2022年5月16日
ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、“大変な仕事”だとは思うが、将来的にF1のチーム代表になる可能性を除外していない。

現在、ジェンソン・バトンは、F1デビューを果たしたチームであるウィリアムズF1チームでシニアアドバイザーを務め、チームアンバサダーでありながらチームのアカデミードライバーを指導し、シーズンを通してSky Sportsの解説者の仕事をしている。

ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」

2022年5月1日
ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」
ジェンソン・バトンは、『元F1ワールドチャンピオン』と呼ばれるのが嫌いだと語る、

2018年にホンダがF1から撤退した後、ジェンソン・バトンは、その遺産を元に結成されたブラウンGPに残った。ちょうど、今年と同じような大幅なF1レギュレーションが導入された2019年にブラウンGPは“ダブルディフューザー”ですべてのライバルをスタートで出し抜いた。

ジェンソン・バトン 「メルセデスが2022年に挽回するのはトリッキー」

2022年4月29日
元F1王者ジェンソン・バトン 「メルセデスが2022年に挽回するのはトリッキー」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、メルセデスF1の2022年の状況に「大いに驚いている」と述べ、彼らが挽回するのは「トリッキー」だと予測する。

2022年シーズンはわずか4レースを終えただけだが、メルセデスF1のチャンピオンシップ防衛の希望はすでに潰えているように見える。

ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンがF1史上最高とは言い切れない」

2022年4月6日
ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンがF1史上最高とは言い切れない」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マックス・フェルスタッペンにはレーサーとして天賦の才能があると考えているが、F1史上で最高の才能の持ち主であるかどうかは定かではないと語る。

2015年にマックス・フェルスタッペンの才能が初めてF1グリッドに登場したと段階ではわずか17歳だった。そして、2021年に初めてタイトルに挑戦するマシンとなるレッドブル・ホンダRB16Bを手に入れた。

ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」

2022年4月3日
ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」
ウィリアムズF1のシニアアドバイザーを務める元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年シーズンをウィリアムズF1にとっての“構築の年”だと表現した。

ジェンソン・バトンが2000年にF1キャリアを始めたウィリアムズF1に2021年シーズンに先立ってシニアアドバイザーをして戻り、複数年の契約に合意した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム