ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」

2022年5月17日
ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」
2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、F1での17年間のキャリアで13人の異なるチームメイトと競い合った。

ジェンソン・バトンのチームメイトになかには、BAR時代のジャック・ヴィルヌーブ、マクラーレン時代のルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソというワールドチャンピオンもいる。

ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず

2022年5月16日
ジェンソン・バトン、将来にF1チーム代表を務める可能性を除外せず
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、“大変な仕事”だとは思うが、将来的にF1のチーム代表になる可能性を除外していない。

現在、ジェンソン・バトンは、F1デビューを果たしたチームであるウィリアムズF1チームでシニアアドバイザーを務め、チームアンバサダーでありながらチームのアカデミードライバーを指導し、シーズンを通してSky Sportsの解説者の仕事をしている。

ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」

2022年5月1日
ジェンソン・バトン 「元F1ワールドチャンピオンと呼ばれるのは嫌い」
ジェンソン・バトンは、『元F1ワールドチャンピオン』と呼ばれるのが嫌いだと語る、

2018年にホンダがF1から撤退した後、ジェンソン・バトンは、その遺産を元に結成されたブラウンGPに残った。ちょうど、今年と同じような大幅なF1レギュレーションが導入された2019年にブラウンGPは“ダブルディフューザー”ですべてのライバルをスタートで出し抜いた。

ジェンソン・バトン 「メルセデスが2022年に挽回するのはトリッキー」

2022年4月29日
元F1王者ジェンソン・バトン 「メルセデスが2022年に挽回するのはトリッキー」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、メルセデスF1の2022年の状況に「大いに驚いている」と述べ、彼らが挽回するのは「トリッキー」だと予測する。

2022年シーズンはわずか4レースを終えただけだが、メルセデスF1のチャンピオンシップ防衛の希望はすでに潰えているように見える。

ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンがF1史上最高とは言い切れない」

2022年4月6日
ジェンソン・バトン 「フェルスタッペンがF1史上最高とは言い切れない」
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マックス・フェルスタッペンにはレーサーとして天賦の才能があると考えているが、F1史上で最高の才能の持ち主であるかどうかは定かではないと語る。

2015年にマックス・フェルスタッペンの才能が初めてF1グリッドに登場したと段階ではわずか17歳だった。そして、2021年に初めてタイトルに挑戦するマシンとなるレッドブル・ホンダRB16Bを手に入れた。

ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」

2022年4月3日
ジェンソン・バトン 「ウィリアムズF1にとって2022年は構築の年」
ウィリアムズF1のシニアアドバイザーを務める元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2022年シーズンをウィリアムズF1にとっての“構築の年”だと表現した。

ジェンソン・バトンが2000年にF1キャリアを始めたウィリアムズF1に2021年シーズンに先立ってシニアアドバイザーをして戻り、複数年の契約に合意した。

「ランド・ノリスがマクラーレンとの長期契約で自分を縛ったのは驚き」

2022年4月1日
「ランド・ノリスがマクラーレンとの長期契約で自分を縛ったのは驚き」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、マクラーレンとの長期契約にサインするというランド・ノリスの見識に疑問を投げかけている。

2019年にマクラーレンでF1キャリアをスタートさせたランド・ノリスは、先月、2025年までマクラーレンとの契約を延長。22歳のノリスのF1での短期的、および長期的な見通しを考えれば、マクラーレンへの忠誠は理論的には懸命な動きにように見えた。

ジェンソン・バトン 「飲んで家に帰ったら居間にライコネンがいた」

2022年2月6日
F1:ジェンソン・バトン 「飲んで家に帰ったら居間にライコネンがいた」
元F1ワールドチャンピオンで専門家に転向したジェンソン・バトンが、2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンについて非常に興味深い逸話を披露した。

20年にわたる輝かしいキャリアの後、キミ・ライコネンは、昨シーズン末にF1を引退。スポーツの政治的な要素を毛嫌いするライコネンは、F1パドックに再び足を踏み入れることは決してないだろうと語っている。

ニコラス・ラティフィ 「チーム内のジェンソン・バトンの存在は大きい」

2022年1月19日
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ 「チーム内のジェンソン・バトンの存在は大きい」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、ジェンソン・バトンがシニアアドバイザーとしてチームにいることは“大きな資産”だと語る。

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェソン・バトンは、2021年に新しいポジションでチームに加入。その目的はチームにアドバイスとガイダンスを提供し、レースドライバーのサポートし、アカデミードライバーの育成を支援することにある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム