アルピーヌF1、2022年F1マシンに完全に焦点を移行

2021年7月29日
アルピーヌF1、2022年F1マシンに完全に焦点を移行
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、チームが2022年F1マシンの開発に完全にリソースを移管したことを確認した。

2021年F1シーズンに先立つ大きな質問の1つは、チームが今季マシンの開発と、広範囲にわたるレギュレーション変更が導入される2022年に取り組むこととの間のバランスをどのように見つけるかについてだった。

F1:40歳を迎えるフェルナンド・アロンソ 「日サロで焼いてこようかな」

2021年7月28日
F1:40歳を迎えるフェルナンド・アロンソ 「日サロで焼いてこようかな」
40歳の誕生日を目前に控えたフェルナンド・アロンソは、2005年にベネトンでF1初優勝を成し遂げたような良いフィーリングでF1に向かい合うことができていると語る。

今週の木曜日に40歳になるフェルナンド・アロンソは、同じく元F1ワールドチャンピオンで41歳のキミ・ライコネンに次いで2番目に年齢の高いベテランドライバーだ。

フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」

2021年7月26日
フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンに戻っていれば、F1復帰はもっと容易に進んでいたと考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マクラーレンでポイント獲得さえ難しい不遇の4シーズンを過ごした後、2018年シーズンの終わりにF1を離れた。

フェルナンド・アロンソ、好レースにご満悦「Q4と呼ぶべき!」

2021年7月18日
フェルナンド・アロンソ、好レースにご満悦「Q4と呼ぶべき!」 / アルピーヌ F1イギリスGP スプリント予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を7位で終えた。

新品のソフトタイヤで11番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソは、そのギャンプルが吉と出て、オープニングラップで6つポジションを上げ、最終的に7位でレースを終えた。

ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」

2021年7月18日
ダニエル・リカルド 「アロンソのレースクラフトはグリッドで1番」 / F1イギリスGP スプリント予選
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1イギリスGPのスプリウント予選で抜群のスタートを見せたフェルナンド・アロンソのレースクラフトは「グリッドで一番」だと表現した。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、17周のスプリント予選のスタートで6台をオーバーテイクし、11番手から5番手に上昇するパフォーマンスで土曜日のハイライトのひとつを生み出した。

フェルナンド・アロンソ、圧巻のスタート 「リスクを冒す必要があった」

2021年7月18日
フェルナンド・アロンソ、圧巻のスタート 「リスクを冒す必要があった」 / F1イギリスGP スプリント予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1イギリスGPのスプリント予選で6つポジションを上げる圧巻のスタートを披露。「リスクを冒す必要があった」と振り返る。

金曜日の予選を11番手で終えたフェルナンド・アロンソは、タイヤ交換義務がなく、自由にスタートタイヤを選べるF1スプリント予選でソフトタイヤのスタートを選択した4名のドライバーのうちの1人だった。

エステバン・オコン 「契約延長と最近のパフォーマンスは無関係」

2021年7月12日
アルピーヌF1のエステバン・オコン 「契約延長と最近のパフォーマンスは無関係」
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、契約延長がレースパフォーマンスに影響を与えているとの提案を除外した。

エステバン・オコンは、ホームレースであるF1フランスGPの直前の6月16日にアルピーヌF1との新しい3年契約を発表した。それまでオコンは最初の5レースのうち4レースでポイントを獲得する活躍をみせていた。ポイントを逃した1戦はパワーユニット関連のリタイアだった。

アロンソ 「今後ウィリアムズとポイント争いをするかどうかは疑わしい」

2021年7月12日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「今後ウィリアムズとポイント争いをするかどうかは疑わしい」
フェルナンド・アロンソは、前戦F1オーストリアGPでジョージ・ラッセルと激しい戦いを繰り広げたが、今後アルピーヌが定期的にウィリアムズと戦うことになるとは考えてはいない。

予選を8番手で終えたジョージ・ラッセルは、レースでもウィリアムズF1との最初のチャンオンシップポイント獲得に向けて堅実な走りを見せていた。しかし、レース後半にタイヤ交換したフェルナンド・アロンソの猛チャージを受け、残りわずか4周で10位の座を奪われた。

中国人ドライバーの周冠宇 「自分の存在はF1の視聴者数の増加につながる」

2021年7月10日
中国人ドライバーの周冠宇 「自分の存在はF1の視聴者数の増加につながる」
周冠宇は、中国人の視聴者のおかげでF1オーストリアGPのフリー走行1回目での出走によってF1の視聴者数の増加につながったと予想している。

アルピーヌF1の育成ドライバーである周冠宇は、F1オーストリアGPで金曜日にグランプリ週末デビューを果たし、フェルナンド・アロンソに代わってアルピーヌA251を走らせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム