アルピーヌF1チーム、2023年F1マシン『A523』のエンジンを初始動

2023年1月28日
アルピーヌF1チーム、2023年F1マシン『A523』のエンジンを初始動
アルピーヌF1チームは、2023年F1マシン『MCL37』のエンジンを初始動。ルノー製エンジンのサウンドを公開した。

新車のF1エンジンのファイヤーアップは、製造スケジュールにおいて重要な瞬間であり、エンジニアがすべてのシステムが期待どおりに機能していること、電気および油圧システムに問題がないことを確認しながら、数か月にわたる舞台裏での設計作業の集大成となる。

ピエール・ガスリー 「ユベールのためにもアルピーヌF1で成功したい」

2023年1月26日
ピエール・ガスリー 「ユベールのためにもアルピーヌF1で成功したい」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームと共にF1で成功を収めることが、亡き友人であるアントワーヌ・ユベールに敬意を表すための「素晴らしい」方法になると考えている。

アントワーヌ・ユベールは、2018年にGP3のタイトルを獲得した後、翌年にFIA-F22にステップアップ。ルノーF1の若手ドライバープログラム(現在はアルピーヌ・アカデミーに改名)の有力な才能だった。

F1:ピエール・ガスリー、新恋人の20歳の誕生日に熱い抱擁

2023年1月23日
F1:ピエール・ガスリー、新恋人の20歳の誕生日に熱い抱擁
アルピーヌF1のピエール・ガスリーは、1月23日(月)に恋人フランシスカ(キカ)・セルケイラ・ゴメスの20歳の誕生日のパーティーで熱い抱擁をパパラッチされた。

ピエール・ガスリー(26歳)は、昨年12月にポルトガル人モデルであるキカ・セルケイラ・ゴメスとの交際を公にしており、恋愛はますます真剣になっているようだ。

アルピーヌF1で燻る「最高のフランス人ドライバーを巡るエゴの戦い」

2023年1月22日
アルピーヌF1で燻る「最高のフランス人ドライバーを巡るエゴの戦い」
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、アルピーヌF1チームの2023年のまったく新しいドライバーラインナップについて警告を送り、花火につながる可能性があると予測した。

アルピーヌF1チームは、 2023年にフェルナンド アロンソの後任としてピエール・ガスリーと契約。チームはエステバン・オコンとガスリーという“オールフレンチ”のドライバーラインナップが編成された。

ピエール・ガスリー 「F1には僕とオコンよりも不仲なチームメイトがいる」

2023年1月22日
ピエール・ガスリー 「F1には僕とオコンよりも不仲なチームメイトがいる」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌF1チームでチームメイトとしてレースをする準備をしている段階で自分とエステバン・オコンとの間にあった以前の不仲が「ネタにされすぎている」と考えている。

アルパインF1チームは今年、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンF1に移籍し、ジュニアドライバーのオスカー・ピアストリがマクラーレンに移籍した後、アルファタウリからピエール・ガスリーと獲得し、エステバン・オコンとオールフレンチのラインナップを形成した。

F3王者ビクター・マルタンス、2023年はARTからFIA-F2に参戦

2023年1月21日
アルピーヌF1育成のF3王者ビクター・マルタンス、2023年はARTからFIA-F2に参戦
アルピーヌF1の育成ドライバーであるビクター・マルタンスは今年、ARTグランプリでFIA-F22にステップアップ。同じフランス人のテオ・プルシェールとチームのラインナップを完成させる。

21歳のビクター・マルタンスは、昨年、FIA-F3にATRグランプリから参戦し、2勝を収め、さらに4回の表彰台を獲得してチャンピオンに輝いた。

アルピーヌF1チーム、2023年の公式リザーブドライバーは「まだ未定」

2023年1月20日
アルピーヌF1チーム、2023年の公式リザーブドライバーは「まだ未定」
アルピーヌF1チームは、2023年のF1世界選手権で起用する公式リザーブドライバーとしてジャック・ドゥーハンを指名する準備ができていない。

2022年にリザーブドライバーを務めたオスカー・ピアストリをマクラーレンに奪われたアルピーヌ・アカデミーで最も著名な育成ドライバーは、オーストラリアのオートバイ レースのレジェンドであるミック・ドゥーハンの19歳の息子ジャック・ドゥーハンだ。

ピエール・ガスリー 「アルファタウリF1離脱は感情を脇に置く必要があった」

2023年1月16日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリF1離脱は感情を脇に置く必要があった」
ピエール・ガスリーは、スクーデリア・アルファタウリというF1での“ファミリー”を離れて、2023年にアルピーヌF1チームに移籍するという決断を下すには「感情を脇に置く」必要があったと語る。

ピエール・ガスリーは、フェルナンドアロンソのアストンマーティンF1への移籍後、チームがF1の契約承認委員会の決定によってオスカーピアストリのサービスを確保できなかったことを受けて、アルピーヌF1チームと契約した。

ピエール・ガスリーと角田裕毅、F1のライバルとしてドバイのジムで再会

2023年1月12日
ピエール・ガスリーと角田裕毅、F1のライバルとしてドバイのジムで再会
ピエール・ガスリーと角田裕毅は、ライバルとして2023年F1シーズンにむけて準備を行っている。

F1パドックで有名な“ブロマンス(男の友情)”で知られた角田裕毅とピエール・ガスリーだが、ガスリーがアルピーヌF1チームへと移籍したことで“コンビ解消”となり、2023年からはライバルとしてF1を戦うことになる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム