ホンダ 2026年にアルピーヌF1にパワーユニット供給の義務を負う可能性

2024年7月15日
ホンダ 2026年にアルピーヌF1にパワーユニット供給の義務を負う可能性
ホンダは、2026年にはアルピーヌF1チームにパワーユニットを供給する義務を負う可能性がある。

アルピーヌF1チームは、現在搭載しているルノーがエンジン製造プログラムを縮小する予定だという噂を公式に否定しているが、供給の可能性について他社と協議したことは知られている。

RB F1 アラン・パーメイン アルピーヌF1からの解雇劇は「壊滅的だった」

2024年7月15日
RB F1 アラン・パーメイン アルピーヌF1からの解雇劇は「壊滅的だった」
RB F1チームのスポーツディレクターをつとめるアラン・パーメインは、昨年のアルピーヌF1チームからの離脱は「壊滅的」だったと語った。

アラン・パーメインは、1989年にベネトンの名称でチームを運営していた頃から、エンストンを拠点とするチームに所属。ルノーやロータスなど、さまざまな形態で組織が変化する中で、組織内で昇進した。

メルセデスF1代表 「アルピーヌはテストでのミック・シューマッハに満足」

2024年7月10日
メルセデスF1代表 「アルピーヌはテストでのミック・シューマッハに満足」
ミック・シューマッハはF1復帰の夢を持ち続けており、先週初めにその夢に向けて大きな一歩を踏み出したかもしれない。

元ハースF1チームのドライバーであるミック・シューマッハは、来年のエステバン・オコンの後任候補として有力視されており、先週、ポール・リカールで2年前のアルピーヌを駆り、ジャック・ドゥーハンと直接対決のテストを行った。

エステバン・オコン シーズン途中にウィリアムズF1でサージェントと交代?

2024年7月9日
エステバン・オコン シーズン途中にウィリアムズF1でサージェントと交代?
アルピーヌF1チームが契約上の理由でエステバン・オコンを早期に放出することになれば、オコンは2024年のF1後半戦でウィリアムズのローガン・サージェントと交代する可能性があるとイギリスグランプリのパドックで飛び交った(実現の可能性は低い)噂が飛び交った。

PlanetF1.comが確認した土曜日の報道によると、エステバン・オコンは2025年F1シーズンにハースF1チームに加入する契約を締結しており、夏休みの前に発表される見込みだという。

エステバン・オコン F1イギリスGP予選でGPSチェッカーフラッグ異常

2024年7月7日
エステバン・オコン F1イギリスGP予選でGPSチェッカーフラッグ異常
エステバン・オコンとアルピーヌF1チームは、F1イギリスGPの予選Q1終了時に異常なGPS異常により不意打ちを食らった。

オコンは、チェッカーフラッグが振られる前にタイミングラインを通過したと思い込み、それが最後のラップになると考え、そのまま走行を続けた。

ピエール・ガスリー アルピーヌF1の僚友にカルロス・サインツJr.を希望

2024年7月7日
ピエール・ガスリー アルピーヌF1の僚友にカルロス・サインツJr.を希望
ピエール・ガスリーは、2025年のアルピーヌF1チームでのチームメイトとしてカルロス・サインツJr.を希望しており、フェラーリを去るサインツは「最も経験豊富で価値のある」選択肢だと考えている。

2023年にアルピーヌF1チームに加入したガスリーは、来シーズン以降もチームに所属し続けるための複数年契約を結んだことが6月に確認された。しかし、その数週間前に発表されたエステバン・オコンのチーム離脱により、ガスリーとコンビを組むドライバーのポジションが空席のままとなっている。

メルセデスF1 アルピーヌとのパワーユニット契約に関する協議を認める

2024年7月6日
メルセデスF1 アルピーヌとのパワーユニット契約に関する協議を認める
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2026年のF1パワーユニット供給契約についてアルピーヌと協議が行われたことをほぼ認めた。

先月、アルピーヌが2026年に向けてヴィリー=シャティヨンのF1パワーユニット事業を廃止し、代わりに新レギュレーション向けのエンジン供給先を探す計画を立てているという報道があった。

カルロス・サインツJr. 2026年にメルセデスPU搭載のアルピーヌF1移籍を決断?

2024年7月6日
カルロス・サインツJr. 2026年にメルセデスPU搭載のアルピーヌF1移籍を決断?
カルロス・サインツJr.は、来季の所属チームとして2026年にメルセデス製F1パワーユニットを搭載するアルピーヌへの移籍を決断したと La Gazzetta dello Sport が伝えている。

2025年にルイス・ハミルトンを獲得するためにフェラーリから放出されたカルロス・サインツJr.は、この5カ月間、レッドブル、メルセデス、ザウバー/アウディ、ウィリアムズと交渉を続けてきた。

ピエール・ガスリー PU交換ペナルティでF1イギリスGPを最後尾スタート

2024年7月5日
ピエール・ガスリー PU交換ペナルティでF1イギリスGPを最後尾スタート
ピエール・ガスリーは、2024年シーズンのパワーユニットの許容量を超過したため、F1イギリスGPをグリッド最後尾からスタートする予定だ。

シルバーストン・サーキットでのレースを前に、ピエール・ガスリーはルノーエンジン用の新しいバッテリーとコントロールエレクトロニクス一式が必要となり、これにより20グリッド降格のペナルティが科せられる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム