オスカー・ピアストリ 「リザーブとして過ごす2022年は無駄ではない」

2022年1月17日
アルピーヌF1のオスカー・ピアストリ 「リザーブとして過ごす2022年は無駄ではない」
F2チャンピオンのオスカー・ピアストリは、アルピーヌF1のリザーブドライバーを務める2022年が無駄な1年になるとは考えていない。

オスカー・ピアストリは、2021年のF2シーズンの傑出したドライバーであり、2位に60.5ポイントもの差をつけてタイトルを獲得。F3、F2と2年連続でルーキーシーズンにチャンピオンを獲得するという偉業を成し遂げた。

アルピーヌF1、マルチン・ブコウスキーの離脱を発表

2022年1月14日
アルピーヌF1、マルチン・ブコウスキーの離脱を発表
アルピーヌF1は、エグゼクティブディレクターを務めていたマルチン・ブコウスキーがチームを離脱したことを発表した。

元FIAでF1技術部門の責任者を務めていたマルチン・ブコウスキーは、2018年にルノーF1チームにエグゼクティブテクニカルディレクターとして加入。2021年にアルピーヌF1にブランド変更した後もチームに残り、その年の1月にはチームの取締役にも就任していた。

フェルナンド・アロンソ 「F1に復帰できた自分は幸運だと思っている」

2022年1月11日
フェルナンド・アロンソ 「F1に復帰できた自分は幸運だと思っている」
フェルナンド・アロンソは、F1復帰を決して当然のことだとは考えていない。2年前に離れた後、F1に復帰できたことを非常に感謝していると語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、特にマクラーレン・ホンダの不遇の3シーズンを経て、メルセデスF1のようなチームを捕えることができず、決して望まないミッドフィールドでのレースを強いられることに幻滅していった。

アラン・プロスト 「トリプルヘッダーは少し興味を失わせる」

2022年1月9日
F1:アラン・プロスト 「トリプルヘッダーは少し興味を失わせる」
アラン・プロストは、F1に没頭している人でも、トリプルヘッダーは「少し興味を失う」可能性があると語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、人生の半分以上をF1とその周辺で過ごしている。2月に67歳になるアラン・プロストは、1980年にマクラーレンで25歳でF1デビューを果たした。

フェルナンド・アロンソが経験した“フェラーリとマクラーレンの違い”

2022年1月7日
F1:フェルナンド・アロンソが経験した“フェラーリとマクラーレンの違い”
フェルナンド・アロンソは、フェラーリとマクラーレンを含めたF1チームの風土の違いを説明した。

今年、アルピーヌF1からF1復帰し、2022年にF1で19シーズン目を迎える2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1キャリアで4つのチームを経験している。

アルピーヌF1 「2022年に大躍進を遂げる鍵は新開発のF1エンジン」

2022年1月6日
アルピーヌF1 「2022年に大躍進を遂げる鍵は新開発のF1エンジン」
アルピーヌF1は、2022年に大きな前進を遂げるためには開発中の完全に新しいF1エンジンが鍵となると考えている。

ホンダがF1を撤退したことで、F1はメルセデス、フェラーリ、ルノーの3つのエンジンメーカーだけとなった。ルノーのワークスチームはアルピーヌF1へとブランド変更したが、エンジンはルノーの名称を残している。

フェルナンド・アロンソ 「いつも『今の方が幸せか』と質問され困惑している」

2021年12月30日
F1:フェルナンド・アロンソ 「いつも『今の方が幸せか』と質問され困惑している」
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、人々がいつも『過去よりも現在の方が幸せか?』と質問してくることに困惑していると語る。

2年間F1から離れた後、フェルナンド・アロンソは2021年にアルピーヌとともにF1復帰を果たした。多くの人々の目には、F1から離れることを決断したマクラーレンとのスティントよりもアロンソが幸せそうに見えると感じている。

アルピーヌF1首脳 「この冬はルノーのF1復帰後で最も重要な期間」

2021年12月26日
アルピーヌF1首脳 「この冬はルノーのF1復帰後で最も重要な期間」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、今年の冬休みはルノーがF1に復帰して以来、“最も重要”なものだと強調する。

エステバン・オコンがF1バンガリーGPで同社に復帰後の初勝利をもたらし、F1カタールGPでフェルナンド・アロンソが待望の3位表彰台を獲得してコンストラクターズ選手権を5位で終えたアルピーヌF1の初年度は有望なシーズンとなった。

アルファタウリ・ホンダF1代表 「アルピーヌは運に恵まれた部分もあった」

2021年12月25日
アルファタウリ・ホンダF1代表 「アルピーヌは運に恵まれた部分もあった」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、コンストラクターズ選手権の5位争いで敗北を喫したアルピーヌF1はある程度の運に恵まれいたと考えている。

マシン的にはアルファタウリ・ホンダの方が競争力があることが多かった。ピエール・ガスリーは定期的に予選でQ3に進出し、トップ6でフィニッシュすることが多かった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム