「ハミルトンとフェルスタッペンのバトルはレンタルカート大会」と元F1王者

2021年12月8日
「ハミルトンとフェルスタッペンのバトルはレンタルカート大会」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャン・ヴィルヌーヴは、F1サウジアラビアGPのルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのバトルを“レンタルカート大会”だと表現。また、F1が“ハリウッドショー”になりすぎているのではないかと疑問を呈する。

1997年にミハエル・シューマッハと接触事故の末にワールドチャンピオンを獲得したジャック・ヴィルヌーブは、物議を醸したジェッダのナイトレースで展開されたイベントの多くに疑問を呈した。

「ポイント順位はルイス・ハミルトンのミスが反映されたものではない」

2021年10月17日
「ポイント順位はルイス・ハミルトンのミスが反映されたものではない」と元F1チャンピオンのヴィルヌーヴ
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャン・ヴィルヌーブは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンの現在のポイント差には、ハミルトンのミスが反映されたものではないと語る。

2021年も残り6ラウンドとなり、前戦F1トルコGPでランキング首位に返り咲いたマックス・フェルスタッペンが、ルイス・ハミルトンに6ポイントのリードを築いている。

F1:ローレンス・ストロールらの租税回避が「パンドラ文書」で判明

2021年10月5日
F1:ローレンス・ストロールらの租税回避が「パンドラ文書」で判明
アストンマーティンF1のオーナーであるローレンス・ストロールを含めて複数のF1関係者の租税回避が新たに流出した「パンドラ文書」で明らかになった。

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が入手し、検証している「パンドラ文書」では、世界の指導者、政治家、富豪らが莫大な資産をひそかに保有し、タックスヘイブン(租税回避地)に設立した会社を通して取引をしている様子が明らかにされた。

ヴィルヌーヴ 「セナプロの戦いはもっと限度を超えた汚いものだった」

2021年9月15日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「セナプロの戦いはもっと限度を超えた汚いものだった」 フェルスタッペンとハミルトンの論争に言及
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、論争の的となっているマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとの2021年のF1タイトル戦いは、過去にアイルトン・セナとアラン・プロストが繰り広げた戦いよりもはるかにクリーンなものだと主張した。

先週末のF1イタリアGPでは、最初のシケインでのセンセーショナルなクラッシュによって両者はリタイア。メディアはチャンピオンシップ争いをかつてのアイルトン・セナとアラン・プロストの激しいライバル関係に準えた。

ジャック・ヴィルヌーヴ、ボッタスとストロールのトレードの大胆提案

2021年8月5日
F1:ジャック・ヴィルヌーヴ、ボッタスとストロールのトレードの大胆提案
メルセデスF1は、2022年のルイス・ハミルトンのチームメイトとして、間もなくバルテリ・ボッタスとジョージ・ラッセルのどちらかを選択すると考えられているが、ジャック・ヴィルヌーヴは大胆な代替計画を提案した。

F1パドックでのコンセンサスは、ジョージ・ラッセルが2022年にウィリアムズからメルセデスF1に移籍することであり、バルテリ・ボッタスはアルファロメオF1のシートを獲得する噂されている。

「ベッテルはF1を引退するべきか?」は最も馬鹿げた質問だとヴィルヌーヴ

2021年6月2日
「ベッテルはF1を引退するべきか?」は最も馬鹿げた質問だとヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、これまで受けた質問のなかで最も“馬鹿げた”質問は、『なぜF1ドライバーはパフォーマンスが落ち始めてもすぐに辞めようとしないのか』というものだと語り、セバスチャン・ベッテルを例に挙げてその理由を説明した。

F1で53勝を挙げているセバスチャン・ベッテルは、2021年の最初の4戦でノーポイントを続けていた。

「マゼピンがチームメイトなのでミック・シューマッハの評価が難しい」

2021年6月1日
「マゼピンがチームメイトなのでミック・シューマッハの評価が難しい」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ミック・シューマッハの評価について、ハースF1でのチームメイトが物議を醸しているニキータ・マゼピンなので「どれくらい優れているのかわからない」と語る。

昨年F2王者を獲得したミック・シューマッハは、ハースF1でのデビューイヤーに昨年F2でランキング2位だったニキータ・マゼピンとチームを組んでいる。

「今季のハミルトンを大きなリスクをとることを余儀なくされている」

2021年4月23日
「今季のハミルトンを大きなリスクをとることを余儀なくされている」と元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンは、メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2021年シーズンにF1王座を守るために大きなリスクをとって戦う必要があると考えている。

絶対王者として君臨してきたメルセデスF1だが、2021年シーズンではレッドブル・ホンダF1が互角以上の競争力を発揮しており、2戦を終えて1勝1敗とこれまでのシーズンとは異なる展開となっている。

「マックス・フェルスタッペンの真価が問われるシーズン」と元F1王者

2021年4月14日
「マックス・フェルスタッペンの真価が問われるシーズン」と元F1王者のジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、2021年のF1世界選手権はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが初めてタイトルを目指すことができるシーズンであり、プレッシャーにどのように対応できるかという点で真価が問われる1年になると考えている。

マックス・フェルスタッペンにプレッシャーという言葉は無縁のように思える。わずか17歳で史上最年少F1デビューを果たし、レッドブル・レーシングへの昇格初戦となったF1スペインGPで勝利を挙げるなど、神経の図太さは実証済みだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム