ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビサのカムバックはおとぎ話ではなかった」

2019年12月10日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビサのカムバックはおとぎ話ではなかった」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ロバート・クビサのF1復帰は決して“おとぎ話”ではなかったと語る。

2011年のラリー事故から8年ぶりに復帰を果たしたロバート・クビサだが、その復活劇はあまり興奮を引き起こすことはなく、アブダビGPの暗闇のなかで静かに幕を閉じた。

「ホンダのF1エンジンは耐久性を示せていない」とジャック・ヴィルヌーヴ

2019年12月10日
「ホンダのF1エンジンは耐久性を示せていない」とジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、レッドブル・ホンダが2020年にF1タイトルを獲得できるとは考えていない。その理由として、ホンダのF1エンジンが7戦を走り切っていないことを挙げた。

2020年のレッドブル・ホンダのパフォーマンスには力が注がれている。マックス・フェルスタッペンは2020年末で契約外となり、ホンダはまだ2021年以降のF1にコミットしていない。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1アブダビGPでのDRS故障は素晴らしかった」

2019年12月4日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1アブダビGPでのDRS故障は素晴らしかった」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、先週末のF1アブダビGPは、F1がDRSなしでも生き残ることができることを示したと考えている。

2013年に導入されたDRS(ドラッグ・リダクション・システム)は、リアウイングのフラップを開いてドラッグを低減させオーバーテイクを促進させることを目的に導入された可変リアウイング。

「フェラーリは初年度のルクレールの扱いを誤った」とヴィルヌーヴ

2019年12月4日
「フェラーリは初年度のルクレールの扱いを誤った」とヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、今年、フェラーリはシャルル・ルクレールの初年度の扱いを間違ったと考えている。

2019年はフェラーリにとって簡単なシーズンではなかった。4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと新加入のシャルル・ルクレールとの間には緊張があり、2人のドライバーを巡る多くのインシデントがあった。

「フェラーリの燃料量違反のF1ルールは理解できない」とヴィルヌーヴ

2019年12月3日
「フェラーリの燃料量違反のF1ルールは理解できない」とジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1アブダビGPでフェラーリに50000ユーロ(約600万円)の罰金を科したルールが理解できないと語る。

フェラーリは、レース前に申告したシャルル・ルクレールの燃料量と実際にタンクに入っている燃料量が一致しなかったとしてFIA(国際自動車連盟)に審議され、一時は失格さえも噂されていた。

「フェラーリの同士討ちにはどちらのドライバーにも責任がある」

2019年11月21日
「フェラーリの同士討ちにはどちらのドライバーにも責任がある」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1ブラジルGPでのフェラーリの同士討ちはどちらのドライバーにも責任があると語る。

ジャック・ヴィルヌーヴは「ベットルとルクレールはお互いに戦うことを許されている。だが、彼らはこの自由を濫用するべきではない」と Sky Italia にコメント。

ヴィルヌーヴ 「ヒュルケンベルグが長くF1にいられたのは運が良かった」

2019年11月17日
ヴィルヌーヴ 「ヒュルケンベルグが長くF1にいられたのは運が良かった」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1キャリアが終焉を迎えることが濃厚なニコ・ヒュルケンベルグにまったく同情しておらず、むしろ、これだけ長くF1を続けられたことは“ラッキー”だったと語った。

ニコ・ヒュルケンベルグは2010年にウィリアムズでF1デビュー。1シーズンでシーズンを失ったが、2012年にフォース・インディアでレースに復帰。1年間のザウバーでの参戦を挟み、2016年にルノーに移籍した。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズは予算上限に値しない」

2019年11月7日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズは予算上限に値しない」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ウィリアムズのようなチームは予選上限に“値しない”と語る。

最後にウィリアムズでF1ワールドチャンピオンを獲得したドライバーであるジャック・ヴィルヌーヴは、最近のバックマーカーに甘んじているチームの努力にかなり批判的な発言を繰り返している。

ジャック・ヴィルヌーヴ、ルノーF1を告発したレーシングポイントを非難

2019年10月30日
ジャック・ヴィルヌーヴ、ルノーF1を告発したレーシングポイントを非難
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ルノーの違法なブレーキバイハスシステムに異議申し立てをしたレーシングポイントとFIAの台頭を非難した。

レーシングポイントは、ルノーがダブル入賞を果たしたF1日本GP後にルノーの“プリセットラップディスタンスディペンデントブレーキバイアスアジャストメントシステム”が違法であるとして12ページの書類をFIAに提出した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム