「ベッテルはF1を引退するべきか?」は最も馬鹿げた質問だとヴィルヌーヴ

2021年6月2日
「ベッテルはF1を引退するべきか?」は最も馬鹿げた質問だとヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、これまで受けた質問のなかで最も“馬鹿げた”質問は、『なぜF1ドライバーはパフォーマンスが落ち始めてもすぐに辞めようとしないのか』というものだと語り、セバスチャン・ベッテルを例に挙げてその理由を説明した。

F1で53勝を挙げているセバスチャン・ベッテルは、2021年の最初の4戦でノーポイントを続けていた。

「マゼピンがチームメイトなのでミック・シューマッハの評価が難しい」

2021年6月1日
「マゼピンがチームメイトなのでミック・シューマッハの評価が難しい」と元F1王者
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ミック・シューマッハの評価について、ハースF1でのチームメイトが物議を醸しているニキータ・マゼピンなので「どれくらい優れているのかわからない」と語る。

昨年F2王者を獲得したミック・シューマッハは、ハースF1でのデビューイヤーに昨年F2でランキング2位だったニキータ・マゼピンとチームを組んでいる。

「今季のハミルトンを大きなリスクをとることを余儀なくされている」

2021年4月23日
「今季のハミルトンを大きなリスクをとることを余儀なくされている」と元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンは、メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2021年シーズンにF1王座を守るために大きなリスクをとって戦う必要があると考えている。

絶対王者として君臨してきたメルセデスF1だが、2021年シーズンではレッドブル・ホンダF1が互角以上の競争力を発揮しており、2戦を終えて1勝1敗とこれまでのシーズンとは異なる展開となっている。

「マックス・フェルスタッペンの真価が問われるシーズン」と元F1王者

2021年4月14日
「マックス・フェルスタッペンの真価が問われるシーズン」と元F1王者のジャック・ヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、2021年のF1世界選手権はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが初めてタイトルを目指すことができるシーズンであり、プレッシャーにどのように対応できるかという点で真価が問われる1年になると考えている。

マックス・フェルスタッペンにプレッシャーという言葉は無縁のように思える。わずか17歳で史上最年少F1デビューを果たし、レッドブル・レーシングへの昇格初戦となったF1スペインGPで勝利を挙げるなど、神経の図太さは実証済みだ。

ジャック・ヴィルヌーヴ、フェラーリF1アカデミーの有用性を疑問視

2021年1月13日
ジャック・ヴィルヌーヴ、フェラーリF1アカデミーの有用性を疑問視
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリ・ドライバー・アカデミーの有用性に疑問を投げかけ、所属している大部分のドライバーが受けてきた財政的な支援を考えれば、それがなくても自分たちで今の位置まで到達することができたと主張する。

過去数年間、フェラーリはドライバー・アカデミーを通じて若い才能をサポート・指導しており、そこからシャルル・ルクレール、アントニオ・ジョビナッツィがF1に昇格している。

「ルイス・ハミルトンは彼のすべての王座に真実性を与えた」

2020年11月24日
「ルイス・ハミルトンは彼のすべての王座に真実性を与えた」と元F1ワールドチャンピオン
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、記録的な7回目のF1ワールドチャンピオンを前戦F1トルコGPのような難しいレース制して勝ち取ったことで“彼のすべてのチャンピオンシップに真実味を追加した”と元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは語る。

英国のスヌーカー(ビリヤードの一種)のレジェンドであるロニー・オサリバンは、メルセデスのF1マシンの圧倒的な速さがあるとしてルイス・ハミルトンの素晴らしさに疑問を呈し、論争を引き起こした。

流石のジャック・ヴィルヌーヴもランス・ストロールのF1初ポールは称賛

2020年11月17日
流石のジャック・ヴィルヌーヴもランス・ストロールのF1初ポールは称賛
元F1ワールドチャンピオンのジャン・ヴィルヌーヴは、F1トルコGP後に同じカナダ出身のランス・ストロールを珍しく褒めた。

最終的にランス・ストロールは、F1トルコGPを9位でフィニッシュしたが、土曜日の非常に滑りやすいコンディションでF1初ポールポジションを獲得し、実際にレース前半はリードしていた。

「アルボンはレッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー」とヴィルヌーブ

2020年11月4日
「アルボンはレッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー」とヴィルヌーブ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、アレクサンダー・アルボンを“レッドブルF1史上最悪のセカンドドライバー”だと酷評する。

成績不振によって崖っぷちに立たされているアレクサンダー・アルボンだが、先週末のF1エミリア・ロマーニャGPではポルトガルに続いて再びノーポイントで終了。終始ミッドフィールドを抜け成せなかったアルボンは、特に終盤の単独スピンは印象をさらに悪いものにした。

ジャック・ヴィルヌーヴ、体調不良で欠場のストロールを批判

2020年10月11日
ジャック・ヴィルヌーヴ、体調不良で欠場のストロールを批判 / レーシング・ポイント F1アイフェルGP
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、体調不良によって今週末のF1アイフェルGPを欠場するランス・ストロールを非難した。

同じカナダ出身のランス・ストロールは、土曜日午前のFP3に出場しなかった。レーシング・ポイントF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、ストロールが「トイレから出てくることができなかった」と説明している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム