カルロス・サインツJr.は「フェラーリF1の結果にもう無関心」とヴィルヌーブ

2024年2月7日
カルロス・サインツJr.は「フェラーリF1の結果にもう無関心」とヴィルヌーブ
カルロス・サインツJr.は「フェラーリF1の結果には関わらない」とヴィルヌーブ

元F1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリが来年のカルロス・サインツの後任としてルイス・ハミルトンを起用することを受けて、カルロス・サインツは「チームの勝負」に従わないだろうと予測する。

過酷な2024年のF1世界選手権でメディアは「置き去り」とヴィルヌーヴ

2024年1月29日
過酷な2024年のF1世界選手権でメディアは「置き去り」とヴィルヌーヴ
2024年のF1世界選手権は記録的な24レースで構成されるが、元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、特にメディア関係者にとって過酷なシーズンとなると警告している。

中国とイモラがカレンダーに復帰したことでロジスティクスの複雑さに拍車がかかり、F1チームはレースとレースの間に機材、人員、マシンを広大な距離を移動させるというタイトなターンに直面することになる。

元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ F1ラスベガスGPのパドックで挙式

2023年11月19日
元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ F1ラスベガスGPのパドックで挙式
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴがパートナーのジュリア・マーラとF1ラスベガスGPのパドックに新設されたウェディングチャペルで結婚式を挙げた。

二人は、世界のウエディング・キャピタルとして知られるようになったシン・シティのパドック内に新しくオープンしたウエディング・チャペルで結婚式を挙げた。

ジャック・ヴィルヌーヴ、ダニエル・リカルドを「営業スマイル」と批判

2023年10月16日
元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴ、ダニエル・リカルドを「営業スマイル」と批判
ジャック・ヴィルヌーヴが、ダニエル・リカルドが「営業スマイル」と批判。一方、ドライバーは「守られすぎている」とも述べた。

リカルドはグリッドの中で最もポジティブなメンバーの1人として知られており、最近ではナッシュビルでのレッドブルのショーの走行中など、満面の笑みを浮かべているのがよく目撃されている。

元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴにルクレールのヘルメット問題で誹謗中傷

2023年6月20日
元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴにルクレールのヘルメット問題で誹謗中傷
元F1王者ジャック・ヴィルヌーヴは、シャルル・ルクレールが父親のヘルメットデザインへのオマージュを使用したことをめぐる論争で受けた誹謗中傷を激しく非難した。

金曜日、ルクレールは、カナダGP会場の名前の由来となった元フェラーリドライバーのジル・ヴィルヌーヴが使用した象徴的な赤と黒の配色を施したトリビュートヘルメットを公開した。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「無断でル・マン24時間のラインナップから外された」

2023年6月2日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「無断でル・マン24時間のラインナップから外された」
ジャック・ヴィルヌーヴは、WECのヴァンウォールが無断で2023年のル・マン24時間レースのラインナップから自分を外すという一方的な決定を下したと非難した。

ヴィルヌーヴは、バイコレスが運営するハイパーカー・チームと世界耐久選手権のフルシーズン契約を結び、チームメイトのトム・ディルマンとエステバン・ゲレリとともに、ヴァンウォール680 ノンハイブリッドLMHカーに乗り込んだ。

元F1王者ヴィルヌーヴ 「アロンソを失ったアルピーヌF1は苦しむだろう」

2023年3月15日
元F1王者ヴィルヌーヴ 「アロンソを失ったアルピーヌF1は苦しむだろう」
1997年のF1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーヴは、フェルナンド・アロンソを失ったアルピーヌF1チームは「苦しむだろう」と考えている。

カナダ人のヴィルヌーヴは、世界耐久選手権とル・マンのヴァンウォールでのレース復帰に集中するため、今年はテレビの解説者としてグランプリに参加することは少なくなるだろうと語った。

ジャック・ヴィルヌーヴ、元F1チームのヴァンウォールからWECに参戦

2023年1月12日
ジャック・ヴィルヌーヴ、元F1チームのヴァンウォールからWECに参戦
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴが、F1で初のコンストラクターズチャンピオンシップを獲得したヴァンウォールの名を冠したチームからFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦することが発表された。

ヴァンウォールは、元F1チーム代表であるコリン・コレスがプロジェクトを監督し、新しいハイパーカークラスで非ハイブリッドの車両であるVanwall Vandervell 680を入らせる。

角田裕毅がドアを閉めたのは当然!ダニエル・リカルドを元F1王者が批判

2022年11月5日
角田裕毅がドアを閉めたのは当然!ダニエル・リカルドを元F1王者が批判
元F1王者のジャック・ビルヌーブは、角田裕毅をレースからリタイアさせた後、ダニエル・リカルドのF1メキシコGPでのペナルティの論理に疑問を呈した。

ダニエル・リカルドは、71周中51周目に11番手の角田裕毅に追き、ターン6のインサイドを突いたが、角田の右側のサイドポッドにぶつかり、空中に飛ばしてランオフに追い込んだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム