ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビアトがレッドブルに再昇格することはない」

2019年10月20日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「クビアトがレッドブルに再昇格することはない」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ダニール・クビアトがレッドブル・レーシングのシートに再び昇格することはないと象徴する。

ダニール・クビアトは、短命なレッドブル・レーシングでの期間で2回の表彰台を獲得し、初年度にダニエル・リカルドのパフォーマンスを上回っていたが、2016年のシーズン序盤にマックス・フェルスタッペンと代わるかたちでトロロッソに降格した。

「マクラーレンがメルセデスのF1エンジンならレッドブルと戦っていた」

2019年10月19日
 「マクラーレンがメルセデスのF1エンジンならレッドブルと戦っていた」とジャック・ヴィルヌーブ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、マクラーレンはメルセデスのF1エンジンを搭載していたらレッドブル・ホンダと戦っていただろうと語る。

先月末、マクラーレンは2021年から4年契約を結んでメルセデスのF1エンジンを搭載することを発表。1995年から2014年までの20年間のパートナーシップでマクラーレン・メルセデスは、ミカ・ハッキネンが1998年と1999年、ルイス・ハミルトンが2008年と3つのタイトルを獲得ている。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズの現状は当然の結果」

2019年10月13日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「ウィリアムズの現状は当然の結果」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、悲しくはあるが、ウィリアムズの現状を驚いてはいないと語る。

ジャック・ヴィルヌーヴは、フランク・ウィリアムズが創設したチームで最後にチャンピオンシップを獲得したドライバーだ。だが、現在、娘のクレア・ウィリアムズが運営するチームは、グリッドで最も遅いチームに落ちてしまった。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1カレンダーは長すぎて退屈になりつつある」

2019年10月8日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1カレンダーは長すぎて退屈になりつつある」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1カレンダーは“長すぎて退屈”になりつつあると語る。

2020年のF1世界選手権は、新たにベトナムGPの追加とオランダGPが復活にとって史上最多の22戦で構成される。そして、追加のレース数を補うために冬季テストは8日間から6日間に短縮される。

「ハミルトンもシューマッハも最高のマシンでなければ勝てない」

2019年10月7日
「ハミルトンもシューマッハも最高のマシンでなければ勝てない」とジャック・ヴィルヌーブ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ルイス・ハミルトンもミハエル・シューマッハも最高のクルマに乗っていなければ勝てないと主張する。

ミハエル・シューマッハは、F1史上最多となる7回のF1ワールドチャンピオンを獲得。ルイス・ハミルトンは現在タイトルを5回獲得しているが、今シーズン、その獲得するを6回に伸ばそうとしている。また、ハミルトンは過去5年で4回のタイトルを獲得し、最多ポールポジション記録も保持している。

「ベッテルはフェラーリのエネルギーシフトの犠牲者」とヴィルヌーヴ

2019年10月6日
「ベッテルはフェラーリのエネルギーシフトの犠牲者」とヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーブは、セバスチャン・ベッテルはフェラーリのエネルギーシフトの犠牲者であり、今後も奮闘は続いていくだろうと語る。

2019年シーズン前半、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールのパワーバランスはわずかにベッテルの方に傾いていた。しかし、夏休み後、ルクレールは聖地モンツァでの勝利を含めて2勝、4戦連続ポールポジションと活躍。フェラーリ内部のダイナミクスに変化が生まれた。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「フェラーリのF1ロシアGPの敗北は自業自得」

2019年9月30日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「フェラーリのF1ロシアGPの敗北は自業自得」
ジャック・ヴィルヌーヴは、フェラーリがF1ロシアGPで勝利を収められなかったのはレース戦略を過度に複雑にして自分たちの首を絞めたためだと語る。

フェラーリは、スタートで3番グリッドのセバスチャン・ベッテルにポールスタートのセバスチャン・ベッテルのスリップストリームを使わせることで、ルイス・ハミルトンを退けて1-2体制に持ち込むという戦略を立てた。

ヴィルヌーヴ、ハースを支持「表彰台のないドライバーに代える意味は?」

2019年9月27日
ヴィルヌーヴ、ハースを支持「表彰台のないドライバーに代える意味は?」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、ハースF1チームがニコ・ヒュルケンベルグではなく、ロマン・グロージャンを続投させるという決断をしたことを支持している。

ハースF1チームは、ルノーのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグを起用することが濃厚と考えられていたが、2020年にケビン・マグヌッセンのチームメイトとしてロマン・グロージャンを残留させるというニュースはF1パドックを驚かせた。

ジャック・ヴィルヌーヴらがF1の“黒白旗”の再導入を猛批判

2019年9月14日
ジャック・ヴィルヌーヴらがF1の“黒白旗”の再導入を批判
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーブは、F1が“非スポーツマン行為”を警告する黒白旗を再導入したことを批判している。

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、F1ベルギーGPで非スポーツマンシップ行為に対して提示される黒/白旗(ブラック アンド ホワイトフラッグ)を復活させた。黒白旗はサッカーのイエローカードのように1回だけ表示され、2回目の違反で初めてスチュワードによってペナルティの可能性が調査される。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム