「フェラーリF1はイタリア製というこだわりを捨てるべき」とヴィルヌーヴ

2020年9月21日
「フェラーリF1はイタリア製というこだわりを捨てるべき」とヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーブは、フェラーリは“イタリア人によるイタリアのチーム”という夢を捨てなければ、現代のF1で成功することはできないと主張する。

今年、フェラーリは過去数年で最大のスランプリに陥っており、現時点でコンストラクターズ選手権6位に沈んでいる。すでにフェラーリの幹部たちは、同じシャシーが使用される2021年ではなく、新レギュレーションによってマシンが一新される2022年に目を向けている。

「私がレッドブルF1のチーム代表ならタイヤ交換させた自分に怒っていた」

2020年8月4日
「私がレッドブルF1のチーム代表ならタイヤ交換させた自分に怒っていた」とジャック・ヴィルヌーヴ
F1イギリスGPの決勝で、レッドブル・ホンダF1は、ちょっとした運が味方してマックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得したが、ルイス・ハミルトンがもう少し前にパンクしていたら、フェルスタッペンは優勝さえできていたかもしれない。

マックス・フェルスタッペンが優勝のチャンスを逃したのは、レッドブル・ホンダが万全を期すとともに、ファステストラップを狙って新しいタイヤセットを履かせるためにピットインさせたためだ。元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴは、それはチームの重大な過ちだったと語る。

「ルイス・ハミルトンのF1タイトルを阻止できるのは新型コロナだけ」

2020年8月4日
「ルイス・ハミルトンのF1タイトルを阻止できるのは新型コロナだけ」とジャック・ヴィルヌーブ
元F1ドライバーのジャック・ヴィルヌーヴは、ルイス・ハミルトンのタイトル連覇を阻止できるドライバーはおらず、唯一の敵は新型コロナウイルスだけだと語る。

F1イギリスGPでは、F1ドライバーで初めてレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが新型コロナウイルスに感染。隔離措置によってF1イギリスGPを欠場したペレスは、3連戦というタイミングも相まって、今週末の70周年記念GP、さらにはF1スペインGPと最悪3戦を欠場する可能性がある。

「ベッテルの方がアルボンよりニューウェイのマシンを乗りこなせる」

2020年7月24日
「ベッテルの方がアルボンよりニューウェイのマシンを乗りこなせる」とヴィルヌーヴ / レッドブル・ホンダF1
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーブは、レッドブル・ホンダF1はセバスチャン・ベッテルを再雇用する必要があると主張。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは2021年にアストンマーティンF1との契約を締結する目前と言われているが、かつて共にタイトルを獲得したレッドブルF1への復帰の噂も消えることはない。

ヴィルヌーヴ 「開幕戦でレッドブル・ホンダF1にアドバンテージはない」

2020年6月29日
ヴィルヌーヴ 「開幕戦でレッドブル・ホンダF1にアドバンテージはない」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、今年レッドブル・リンクでシーズンが開幕することがレッドブル・ホンダF1にとって有利に働くことはないと考えている。

レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、過去2年間オーストリアGPで優勝しており、今年のレッドブル・リンクでの2連戦でのシーズンスタートでファンはフェルスタッペンがフライングスタートを切ることを期待している。

F1:ジャック・ヴィルヌーヴ、バーチャルレースに参戦

2020年4月11日
F1:ジャック・ヴィルヌーヴ、バーチャルレースに参戦
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴが、40歳以上のドライバーで行われるバーチャルレース『レジェンズ・トロフィー』に参加することを表明した。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、世界中のスポーツ競技が中断・中止となるなか、様々なカテゴリーで自宅で外出を控えているファンのためにバーチャルレースが開催されている。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1バーチャルGPは所詮ゲームにすぎない」

2020年4月8日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1バーチャルGPは所詮ゲームにすぎない」
元F1ワールドチャンピオンを務めるジャック・ヴィルヌーヴは、eスポーツは所詮ゲームに過ぎず、実際の競技とはまったく異なるものだとして関心を示していない。

F1は、新型コロナウイルスの世界的な流行による2020年のF1世界選手権の中断期間を利用して、ファンを楽しませるために新しいeスポーツイベント『F1 Esports Virtual Grand Prix』を開催している。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「2020年のF1は一戦ごとの非選手権で開催すべき」

2020年4月5日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「2020年のF1は一戦ごとの非選手権で開催すべき」
元F1ワールドチャンピオンであるジャック・ヴィルヌーブは、F1は2020年シーズンはあきらめて、代わりに再び安全にレースを開始できるようになったときに一戦ごとの非選手権として開催した方が盛り上がると考えている。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、2020年のF1世界選手権はすでに8戦が延期・中止となっている。だが、6月14日の第9戦F1カナダGPの開催も危ぶまれており、フランスGP、オーストリアGPも延期になる可能性が高まっている。

「F1カナダGPが6月14日に開催されるとは思えない」とヴィルヌーヴ

2020年3月27日
「F1カナダGPが6月14日に開催されるとは思えない」とヴィルヌーヴ
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、新型コロナウイルスの状況はさらに悪化する可能性があると考えており、6月14日に予定通りにF1カナダGPが開催されるかどうかを疑問視している。

現在、イタリアとフランスでテレビコメンテーターを務めているジャック・ヴィルヌーヴは、イタリア・ミラノ近郊に住んでいる。この地域は世界的にどこよりも新型コロナウイルスの被害が最も大きい地域となっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム