F1ブラジルGP:ダニエル・リカルドとトロ・ロッソ勢が10グリッド降格

2017年11月10日
F1 ブラジルグランプリ グリッド ペナルティ
F1ブラジルGPで、レッドブルのダニエル・リカルド、トロ・ロッソのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーの3名のルノーユーザーが少なくとも10グリッド降格ペナルティを科せられることが確定した。

3名は金曜フリー走行にむけて新しいMGU-Hを導入。3台は8基目のエレメントとなり、それぞれ10グリッド降格ペナルティが確定した。

ブレンドン・ハートレー:2017 ブラジルGP プレビュー

2017年11月7日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ ブラジルグランプリ インテルラゴス・サーキット
ブレンドン・ハートレーが、2017年のF1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ブレンドン・ハートレー (トロ・ロッソ)
「トロ・ロッソと一緒にブラジルに迎えることをとても嬉しく思う。チームの助けもあってメキシコでは大きな進歩を果たすことができたし、前回よりももう少し運があれば、ポイントを争えると自信を持っている」

ブレンドン・ハートレー、2017年のWECチャンピオンを獲得

2017年11月6日
ブレンドン・ハートレー FIA 世界耐久選手権 ポルシェ スクーデリア・トロ・ロッソ
トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーが、チームメイトのティモ・ベルンハルト、アール・バンバーとともに2017年のWECチャンピオンに輝いた。

11月5日(日)、上海国際サーキットでWEC 第8戦 上海6時間レースが行われ、ブレンドン・ハートレーが駆るポルシェ 919ハイブリッド 2号車は2位でフィニシュ。最終戦を残して2017年のドライバーズタイトルを確定させた。

トロ・ロッソ、2018年のハートレー&ガスリー起用を示唆

2017年10月28日
スクーデリア・トロ・ロッソ ブレンドン・ハートレー ピエール・ガスリー ダニール・クビアト
トロ・ロッソは、2018年のドライバーとしてルーキーのブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーを起用する可能性が高いことを示唆した。

トロ・ロッソは今週末F1メキシコグランプリでブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーを起用。金曜記者会見では、これまでトロ・ロッソのドライバーを務めていたダニール・クビアトがレッドブルのレースプログラムから完全に外されたことが明らかになった。

ブレンドン・ハートレー 「F1デビュー戦で学んだ教訓を生かしたい」

2017年10月26日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ メキシコグランプリ
トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーが、F1メキシコグランプリへの意気込みを語った。

ポルシェからWECに参戦するブレンドン・ハートレーは、スーパーフォーミュラに参戦したピエール・ガスリーの代役として急遽トロ・ロッソからF1デビュー。13位で完走した。

「2回目のF1グランプリのためにメキシコに向かうことにとても興奮しているよ!」とブレンドン・ハートレーはコメント。

ブレンドン・ハートレー、固定ナンバーは“28”を選択

2017年10月26日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ メキシコグランプリ
ブレンドン・ハートレーは、今週末のF1カナダグランプリからカーナンバー28をつけたトロ・ロッソのF1マシンを走らせることになった。

ブレンドン・ハートレーは、先週末のF1アメリカグランプリで、日本でスーパーフォーミュラに参戦したピエール・ガスリーの代役として急遽F1デビュー。

F1アメリカグランプリでは、カーナンバー39を装着していたブレンドン・ハートレーだが、このナンバーでトロ・ロッソに割り当てられたテストナンバーのひとつだった。

レッドブル 「ハートレーは2018年のトロ・ロッソのドライバー候補」

2017年10月24日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ
レッドブルのヘルムート・マルコは、ブレンドン・ハートレーが2018年のトロ・ロッソのドライバー候補であることを初めて認めた。

ブレンドン・ハートレーは、今週末のF1アメリカGPで、日本でスーパーフォーミュラ最終戦に出場したピエール・ガスリーに代わって、トロ・ロッソでF1デビューを果たす。

ブレンドン・ハートレー、F1デビューは「全ての瞬間を楽しんだ」

2017年10月23日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ アメリカグランプリ
トロ・ロッソでF1デビューを果たしたブレンドン・ハートレーは、F1アメリカグランプリの決勝レースを13位で完走。初めてのレース週末を振り返った。

ポルシェからWECに参戦するブレンドン・ハートレーは、日本でスーパーフォーミュラに参戦したピエール・ガスリーの代役として1週間前に急遽トロ・ロッソのドライバーに抜擢された。限られた準備期間ではあったが、大きなミスをすることなく、13位でレースを走り切った。

ブレンドン・ハートレー 「急な学習曲線だった!」 / F1アメリカGP

2017年10月21日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ アメリカグランプリ
ブレンドン・ハートレーが、F1デビューとなったアメリカグランプリ初日のフリー走行を振り返った。

カルロス・サインツのルノー移籍、ピエール・ガスリーのスーパーフォーミュラ参戦の代役として急遽トロ・ロッソのドライバーに抜擢されたブレンドン・ハートレー。ウェットでスタートしたFP1では28週を走行して14番手タイム、ドライで行われたFP2では41周を走行して17番手タイムだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム