ブレンドン・ハートレー、サラ・ウィルソンと挙式

2018年1月14日
F1 ブレンドン・ハートレイ ホンダF1 スクーデリア・トロ・ロッソ
2018年にトロロッソ・ホンダのF1ドライバーを務めるブレンドン・ハートレーが、シーズンに先立ち、婚約者のサラ・ウィルソンと母国ニュージーランドのワイヘケ島で結婚式を挙げた。

昨年はブレンドン・ハートレーにとって激動の一年となった。ポルシェでル・マン24時間レースを制し、WECチャンピオンを獲得したハートレー(28歳)は、トロ・ロッソのF1ドライバーとして念願のF1デビュー。

ブレンドン・ハートレー 「2018年はF1だけに専念する」

2018年1月6日
F1 ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1
ブレンドン・ハートレーは、201年はF1だけに専念すると語る。

2010年にレッドブルの育成プログラムから外されたブレンドン・ハートレーだが、その後、様々なモータースポーツカテゴリーで活躍し、昨年トロ・ロッソで2度目のF1チャンスを手にした。

2018年も新生トロロッソ・ホンダのF1ドライバーを務めることが決定している。

ブレンドン・ハートレー 「経験のおかげで殺人的な日程にも対処できた」

2017年12月29日
ブレンドン・ハートレイ F1 スクーデリア・トロ・ロッソ
トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーは、経験を積んで成熟したことで、2017年後半の殺人的なスケジュールに対処することができたと振り返る。

ポルシェのワークスドライバーとしてFIA世界耐久選手権に参戦していたブレンドン・ハートレーは、F1の最終4戦に急遽トロ・ロッソのレースドライバーとして召集され、念願のF1デビューを果たした。

ブレンドン・ハートレー 「いつかバサースト1000に出場したい」

2017年12月27日
スクーデリア・トロ・ロッソ F1 ブレンドン・ハートレー
トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーは、将来いつかバサースト1000に参戦したいと語る。

1000kmのツーリングカーレースであるバサースト1000は、毎年6.21kmのマウントパノラマ・サーキットで開催され、オーストラリアのモータースポーツの頂点として広く知られている。ポルシェでチームメイトだった同じニュージランド出身のアール・バンバーは、2018年にバサースト1000に出場することになっており、ブレンドン・ハートレーもいつか参戦したいと語る。

ブレンドン・ハートレー 「トロロッソ・ホンダで自分の価値を証明したい」

2017年12月15日
スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 F1 ブレンドン・ハートレイ
ブレンドン・ハートレーは、新生トロロッソ・ホンダでF1にフル参戦する2018年に“自分の価値を証明したい”と語る。

ブレンドン・ハートレー(28歳)は、2017年の第17戦F1アメリカGPでトロ・ロッソから念願のF1デビューを果たしたが、出場した全4戦でパワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティを科せられ、ベストリザルトは13位と厳しいデビューイヤーを過ごした。

ダニエル・リカルド、2度目の機会を掴んだハートレーの粘り強さに感銘

2017年12月15日
ダニエル・リチャルド F1 ブレンドン・ハートレイ
ダニエル・リカルドは、ブレンドン・ハートレーのレッドブル・ファミリーへの復帰を歓迎。ハートレーの忍耐力と粘り強さに感銘を受けたと述べた。

28歳でトロ・ロッソから念願のF1デビューを果たしたブレンドン・ハートレーだが、18歳のときに一度レッドブルのプログラムから外されている。

だが、その後ブレンドン・ハートレーは、スポーツカーを含めた他のシリーズで腕を磨き、ポルシェでル・マン24時間レースを制して、2度のWECチャンピオンを獲得した。

ブレンドン・ハートレー 「厳しいスタートはF1の“完璧な入門書”だった」

2017年12月11日
スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 F1 ブレンドン・ハートレイ
ブレンドン・ハートレーは、今年のF1アメリカGPでトロ・ロッソから電撃起用され、待望のF1デビューを果たしたが、それは大きなチャレンジでもあった。

初戦からパワーユニット交換による25グリッド降格ペナルティを科せられたブレンドン・ハートレーは、その後参戦した4戦すべてペナルティを科されられた。

さらにメキシコとブラジルではメカニカルトラブルによってリタイアを強いられることになり、ブランドン・ハートレーはレースで自分の実力を示すチャンスを得られなかった。

ブレンドン・ハートレー 「トロ・ロッソで即時起用してくれたことに感謝」

2017年12月8日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ F1 ホンダF1
ブレンドン・ハートレーは、自分をトロ・ロッソのF1ドライバーに即時起用するという“リスク”を冒してくれたレッドブルのモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコに深い尊敬の念を抱いていると述べた。

2度のWECチャンピオンであるブレンドン・ハートレーは、ルノーに移籍したカルロス・サインツに代わってF1アメリカGPでレースに起用されたことは本当に驚きだったが、おかげで最終4戦で自分を印象付ける機会を得ることができたと語る。

ブレンドン・ハートレー、PU交換で10グリッド降格 / F1アブダビGP

2017年11月24日
ブレンドン・ハートレイ スクーデリア・トロ・ロッソ F1 アブダビグランプリ
トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーは、パワーユニット交換によりF1アブダビGPで少なくとも10グリッド降格ペナルティを受けることが確定した。

最近のレースではルノーのF1パワーユニットに信頼性トラブルが多発している。前戦ブラジルGPでは、トラブルの責任を巡ってルノーとトロ・ロッソの間でメディアを通した舌戦に発展。一時はパワーユニットの供給停止も噂された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム