ジョージ・ラッセル 「デ・フリースの代役F1参戦の方が難しかったはず」

2022年9月22日
ジョージ・ラッセル 「デ・フリースの代役F1参戦の方が難しかったはず」
ニック・デ・フリースがF1イタリアGPで初めてのF1グランプリに参加するために突然呼び出されたときにどのような経験していたかを知っている人がいれば、それは間違いなくジョージ・ラッセルだ。

両方のドライバーは長年メルセデスの育成ドライバーであり、ジョージ・ラッセルがタイトルを獲得した2018年のF2チャンピオンシップで互いに競い合っていた。翌年、ニック・デ・フリースはF2でチャンピオンを獲得している。

ジョージ・ラッセル 「2023年F1マシンがゼロポッドかどうかは問題ではない」

2022年9月20日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「2023年F1マシンがゼロポッドかどうかは問題ではない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1チームが2023年F1マシンで“ゼロポッド”設計コンセプトを却下していないと言い、斬新なアプローチは問題のある車の主な「パフォーマンスの差別化要因」ではないと主張した。

メルセデスF1チームは、最初のプレシーズンテストでの2022年の新世代F1マシンであるW13にフィールドの全体的な傾向に従ったサイドポッドデザインで登場した。

ジョージ・ラッセル 3位 「車が速くなくても僕たちは表彰台を獲得している」

2022年9月12日
ジョージ・ラッセル 3位 「車が速くなくても僕たちは表彰台を獲得している」 / メルセデス F1イタリアGP 決勝
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1イタリアGPの決勝で3位表彰台を獲得した。

ジョージ・ラッセルはポールシッターのシャルル・ルクレールと並んで2番グリッドからレースをスタートし、最終的なレースウィナーのマックス・フェルスタッペンに5周目に抜かれる2番手で走っていた。

ジョージ・ラッセル 「F1はエンジンペナルティを再考する必要がある」

2022年9月11日
ジョージ・ラッセル 「F1はエンジンペナルティを再考する必要がある」
ジョージ・ラッセルは、F1がパワーユニットコンポーネントの超過に対するペナルティをどのように分配するかについて再考する必要があると語る。

F1ドライバーは現在、シーズン中に一定量のパワーユニットコンポーネントを使用することしか許可されておらず、その数値に違反した場合、グリッドペナルティが課せられる。

ジョージ・ラッセル 「今のW13に2番グリッドはふさわしくない」

2022年9月11日
ジョージ・ラッセル 「今のW13に2番グリッドはふさわしくない」 / メルセデス F1イタリアGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1イタリアGPの予選で6番手タイムを記録。他車のペナルティにより、決勝は2番グリッドからスタートする。

ジョージ・ラッセルは、土曜日のモンツァでのメルセデスのチームメイトであるルイス ハミルトンに0.018 秒差となる6番手タイムをマーク。一連のエンジンペナルティとその後の予選でハミルトンを含む彼の前にいる 4 人のドライバーに影響を与えるグリッド降格のおかげで、決勝はポールポジションのシャルル・ルクレールと並んで最前列からレースをスタートする。

ジョージ・ラッセル 「電気的なデプロイメントが少し不足している」

2022年9月10日
ジョージ・ラッセル 「電気的なデプロイメントが少し不足している」 / メルセデス F1イタリアGP 金曜フリー走行
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1イタリアGPの金曜フリー走行を5番手タイムで終えた。

「ちょっと変わった日だった。FP1はかなり強そうに見えたけど、FP2ではフェラーリとレッドブルが一歩前進したように見えたし、僕たちは少し後退したので、今夜はそれを理解するためにやるべきことがある」とジョージ・ラッセルはコメント。

ジョージ・ラッセル 2位 「最高のチャンスを得るための決定を下した」

2022年9月5日
ジョージ・ラッセル 2位 「最高のチャンスを得るための決定を下した」 / メルセデスF1 オランダグランプリ
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1オランダグランプリの決勝で2位表彰台を獲得した。

第2スティントでハードタイヤを装着する1ストップを選択したメルセデスF1勢は、バーチャルセーフティカーが入るまでマックス・フェルスタッペンとレッドブルと攻略に近づいていた。

ジョージ・ラッセル 「車が速い理由は理解。表彰台を争えない理由はない」

2022年9月4日
ジョージ・ラッセル 「車が速い理由は理解。表彰台を争えない理由はない」 / メルセデス F1オランダGP 予選
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1オランダグランプリの予選を6番手で終えた。

ジョージ・ラッセルは、Q3でセルジオ・ペレス(レッドブル)のスピンによって予選最後のアタックができなかったドライバーのひとりであり、トラックエボリューションを考えれば、さらに上位グリッドは可能だったと考えている。

ジョージ・ラッセル 「予選にむけて久々に有望な金曜日」

2022年9月3日
ジョージ・ラッセル 「予選にむけて久々に有望な金曜日」 / メルセデス F1オランダGP 金曜フリー走行
ジョージ・ラッセル(メルセデス)は、2022年F1オランダグランプリの金曜フリー走行を5番手タイムで終えた。

比較的高い路面温度となった金曜日にメルセデスF1の強みが発揮された。ジョージ・ラッセルはトップから0.310秒差の5番手につけ、残りの週末にむけて自信をみせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム