ジョージ・ラッセル 「ルイス・ハミルトンとは信頼してバトルができる」

2024年6月12日
ジョージ・ラッセル 「ルイス・ハミルトンとは信頼してバトルができる」 F1
ジョージ・ラッセルは、F1カナダGPの終盤でルイス・ハミルトンとホール・トゥ・ホイールのバトルをした際に、ハミルトンを「信頼」できると確信したと語った。

ラッセルは日曜日のレースの大半で経験豊富なチームメイトの先頭を走っていたにもかかわらず、最終シケインでマクラーレンのオスカー・ピアストリを追い抜こうとしたことでハミルトンの後ろに後退した。

ジョージ・ラッセル F1カナダGP決勝「勝利のチャンスを逃した気分」

2024年6月10日
ジョージ・ラッセル F1カナダGP決勝「勝利のチャンスを逃した気分」
ジョージ・ラッセルは、2024年F1第9戦カナダGPを3位でフィニッシュ。一時はトップを走っていたことで、勝利を逃したことにがっかりした様子を見せたが、メルセデスが今週末全体を通して見せた進歩を称賛した。

ポールポジションからスタートしたのはキャリアで2度目だったが、ラッセルは好スタートを切ってレース序盤は1位をキープした。しかし、すぐに速いランド・ノリスに抜かれ、トラックコンディションの変化によりマックス・フェルスタッペンにも抜かれて1位から3位に順位を下げた。

ジョージ・ラッセル F1カナダGP予選「この感覚が恋しかった!」

2024年6月9日
ジョージ・ラッセル F1カナダGP予選「この感覚が恋しかった!」
ジョージ・ラッセルは、2024年F1第9戦カナダGPの予選でマックス・フェルスタッペンとのデッドヒートを制し、自身とメルセデスにとって2024年シーズン初のポールポジションを獲得し、満面の笑みを浮かべた。

メルセデスが最終プラクティスを終えてトップに立ち、予選でも好調な滑り出しを見せた中、ジョージ・ラッセルは決定的なQ3で1分12秒000を記録し、2回目の走行前にライバルたちに先行した。

ラッセル メルセデスは2026年F1エンジン規則に向けて「素晴らしい状況」

2024年6月6日
ジェージ・ラッセル メルセデスは2026年F1エンジン規則に向けて「素晴らしい状況」
F1の次世代エンジンが目前に迫っているが、ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がこの変化を最大限に活用できる「本当に素晴らしい状況」にあると確信している。

2026年には、まったく新しいシャシーとエンジンに関するレギュレーションプラットフォームが導入され、グランプリレースは大きな転換期を迎える。

ジョージ・ラッセル 「フェルスタッペンが2026年にF1を休んでも驚かない」

2024年6月4日
ジョージ・ラッセル 「フェルスタッペンが2026年にF1を休んでも驚かない」
ジョージ・ラッセルは、マックス・フェルスタッペンがF1での選択肢を検討するため2026年に1年間の休養を取ると決めたとしても「まったく驚かない」と語った。

マックス・フェルスタッペンのF1での将来は、特にレッドブルのコース外騒動を受けて、今年初めから話題となっている。フェルスタッペンはメルセデスへの移籍が噂されており、トト・ヴォルフもフェルスタッペンに興味を持っていることを公言している。

ジョージ・ラッセル 「ハミルトン退団でメルセデスF1は進化する」

2024年6月3日
ジョージ・ラッセル 「ハミルトン退団でメルセデスF1は進化する」
ジョージ・ラッセルは、ルイス・ハミルトンの離脱がメルセデスにとって「新たなスタート」となり、「新たな火花を散らす」と信じている。

7度のチャンピオンに輝いたハミルトンは、2月に契約解除条項を発動し、2025年シーズンからフェラーリに移籍すると発表し、F1界を驚かせた。これにより、史上最も成功したドライバーとチームの組み合わせに幕が閉じられることになった。

ラッセル 新型フロントウイング使用でメルセデスF1に“コイントス”を提案

2024年5月31日
ジョージ・ラッセル 新型フロントウイング使用でメルセデスF1に“コイントス”を提案
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1チームがF1モナコGPでどちらのドライバーが最新仕様のフロントウイングを手に入れるかを決めるために「コイントス」を提案したことを明らかにした。

最終的に、ルイス・ハミルトンはどのドライバーがアップデートされたパーツを与えるかを決めるという変わったやり方を回避し、代わりにラッセルに新しいフロントウィングを試すよう提案した。

ジョージ・ラッセル F1モナコGP決勝「赤旗が出る前は勝利も頭をよぎった」

2024年5月27日
ジョージ・ラッセル F1モナコGP決勝「赤旗が出る前は勝利も頭をよぎった」
ジョージ・ラッセルは、2024年F1第8戦モナコGPの決勝を5位でフィニッシュ。オープニングラップで赤旗が出る前、優勝を争えるチャンスがあると一瞬思ったと語った。

5番グリッドからスタートしたメルセデスドライバーは、赤旗中断中に交換したミディアムコンパウンドのタイヤで78周中77周を走り、同じポジションでフィニッシュした。

ジョージ・ラッセル F1モナコGP初日「振動でゴリラのようにしがみついた」

2024年5月25日
ジョージ・ラッセル F1モナコGP初日「振動でゴリラのようにしがみついた」
ジョージ・ラッセルは、2024年F1第8戦モナコGP初日のフリー走行を10番手で終了。FP2でステアリングの振動問題に遭遇し、マシンに「ゴリラのようにしがみついていた」と語った。

「ブレーキに触れた途端、全体がガタガタと揺れて、何が起こっているのか分からなかった」とジョージ・ラッセルはFP2でのメルセデスの感覚について語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム