ジョージ・ラッセル 「高い気温と難しい路面に対処できなかった」

2021年10月23日
ジョージ・ラッセル 「高い気温と難しい路面に対処できなかった」 ウィリアムズ F1アメリカGP 金曜フリー走行
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年F1アメリカGPの金曜フリー走行を19番手で終えた。

「アメリカに戻ってきて、信じられないくらい素晴らしいサーキット・オブ・ジ・アメリカズのトラックを運転することができて本当にうれしい。去年はここでのレースが本当に恋しかった」とジョージ・ラッセルはコメント。

メルセデスF1、秋からジョージ・ラッセルと2022年の作業を開始

2021年10月20日
メルセデスF1、秋からジョージ・ラッセルと2022年の作業を開始
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルの今年の優先順位はウィリアムズだが、明らか2022年の加入にむけて「ゆっくりと、しかし、確実」に協力を開始していくと語る。

ジョージ・ラッセルは、今年の冬にウィリアムズからメルセデスに移籍し、バルテリ・ボッタスに代わってルイス・ハミルトンのチームメイトを務める。

ジョージ・ラッセル 「アルボンからまだビールを奢ってもらってない」

2021年10月20日
F1:ジョージ・ラッセル 「アルボンからまだビールを奢ってもらってない」
ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンをウィリアムズF1の後任ドライバーとして推薦したことへのお礼としてビールをまだ奢ってもらうという約束はまだ果たされていないと語る。

今年レッドブルF1のリザーブドライバーとして1年間主力を外されていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年にメルセデスF1に移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズF1加入が決定。F2時代のチームメイトであるニコラス・ラティフィと再タッグを組む。

ジョージ・ラッセル、痛恨のコースオフ「Q2でトップ5に入れたはず」

2021年10月10日
ジョージ・ラッセル、痛恨のコースオフ「Q2でトップ5に入れたはず」 F1トルコGP 予選
ジョージ・ラッセルは、F1トルコGPの予選Q2で痛恨のスピンを喫して13番手で終了。ウィリアムズのF1マシンから可能な限りすべてを引き出そうとしていたが“あまりにミスが多すぎた”と認めた。

2022年にメルセデスF1への移籍が決定しているジョージ・ラッセルは、過去5戦のうち4戦でポイントを獲得するパフォーマンスを発揮しており、波に乗っている。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1移籍は最初のステップにすぎない」

2021年10月6日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1移籍は最初のステップにすぎない」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1への移籍はF1キャリアの次の段階における「最初のステップ」にすぎないと語る。

メルセデスF1育成ドライバーとして、ウィリアムズF1で3シーズン目を迎えているジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスに代わって2022年にルイス・ハミルトンのチームメイトとして満を持してワークスチームへと移籍を果たす。

レッドブルF1代表 「ジョージ・ラッセルはメルセデスF1を強化する」

2021年10月1日
レッドブルF1代表 「ジョージ・ラッセルはメルセデスF1を強化する」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍することが待ち切れないとし、彼の存在はチャンピオンシップチームを強化するだろうと語る。

ウィリアムズとの3年間の形成期を経て、ジョージ・ラッセルは、バルテリ・ボッタスの後任としてメルセデスF1に移籍してルイス・ハミルトンのチームメイトとなり、次のレベルへと進む。

フェルスタッペン、ラッセルの活躍に「ウィリアムズは悪いF1マシンではない」

2021年9月28日
マックス・フェルスタッペン、ラッセルの活躍に「ウィリアムズは悪いF1マシンではない」
レッドブル・ホンダのマックスフェルスタッペンは、ジョージ・ラッセルは非常に優れたドライバーではあるが、ウィリアムズのF1マシンも人々が考えるほど悪くはないと語る。

2022年にメルセデスのF1ドライバーを務めることが決定しているジョージ・ラッセルは、最近の素晴らしい走りを見せており、過去5レースのうち4レースでポイントを獲得。予選ではトップ3を2回記録している。

ジョージ・ラッセル、F1初勝利を逃したノリスに「気持ちは痛いほど分かる」

2021年9月28日
ジョージ・ラッセル、F1初勝利を逃したノリスに「気持ちは痛いほど分かる」
ジョージ・ラッセルは、F1ロシアGPでF1初勝利を逃したランド・ノリスの気持ちを「痛いほどよく分かる」とし、「全てのドライバーにとって最悪の悪夢だ」と同情した。

昨年、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPでメルセデスから1回限りの出場を果たしたジョージ・ラッセルは、レースをリードし、F1初優勝にむけて順調に進んでいるように見えた。

ジョージ・ラッセル、3番グリッドも「表彰台は現実的ではなかった」

2021年9月27日
ジョージ・ラッセル、3番グリッドも「表彰台は現実的ではなかった」 F1ロシアGP 決勝
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1ロシアGPの決勝を10位でフィニッシュ。3番手スタートが自身2度目の表彰台に繋がると考えるのは非現実だったと認めた。

ジョージ・ラッセルは、マクラーレンのランド・ノリスとフェラーリのカルロス・サインツとともにF1ロシアGPの予選で衝撃的なトップ3を構成した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム