ジョージ・ラッセル、第2戦で2基目のメルセデスパワーユニットを搭載

2020年7月9日
ジョージ・ラッセル、第2戦で2基目のメルセデスパワーユニットを搭載 / ウィリアムズF1 シュタイアーマルクGP
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、今週末の第2戦F1シュタイアーマルクGPで新品のメルセデスのパワユニットを搭載する。

先週末の開幕戦F1オーストリアGPで、ジョージ・ラッセルは12番手まで順位を上げていたが、49周目にエンジントラブルに見舞われてコース上にストップ。レースにスパイスを加えた2回目のセーフティカーの原因になった。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1が若手を乗せることを願っている」

2020年5月30日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1が若手を乗せることを願っている」
メルセデスF1と育成契約を結んでウィリアムズからF1に参戦しているジョージ・ラッセルは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンの次のチームメイトとしてフェラーリのように若手ドライバー = 自分を昇格させることを望んでいると語る。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがルイス・ハミルトンと素晴らしいパートナーシップを結成しているにも関わらず、次のパートナーを内部で探すことを望んでいることを認めている。

ジョージ・ラッセル 「同世代のF1ドライバーへの嫉妬はある」

2020年5月17日
ジョージ・ラッセル 「同世代のF1ドライバーへの嫉妬はある」
ウィリアムズのF1ドライバーを務めるジョージ・ラッセルは、2021年にトップチームでF1を戦う同世代のドライバーたちに“嫉妬”を感じていることを認める。

今週、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱をきっかけに、カルロス・サインツのフェラーリ移籍、ダニエル・リカルドのルノーからマクラーレンへの移籍など、上位チームのドライバー体制に大きな変動が起こった。

ラッセル 「フェルスタッペンでもメルセデスF1からのオファーは断れない」

2020年4月21日
ラッセル 「フェルスタッペンでもメルセデスF1からのオファーは断れない」
ウィリアムズのF1ドライバーであるジョージ・ラッセルは、メルセデスF1からオファーがあれば、例え、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)と言えども断ることはできないだろうと語る。

2021年のF1ドライバー市場は、新型コロナウイルスのパンデミックによってレースが行われないことでやや複雑な状況となっている。

ジョージ・ラッセル、進歩を実感も「ウィリアムズはまだ最も遅いマシン」

2020年3月2日
F1 ジョージ・ラッセル、進歩を実感も「ウィリアムズはまだ最も遅いマシン」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズはF1プレシーズンテストで良好なパフォーマンスを示したものの、まだF1グリッドでは最も遅いマシンだと考えている。

昨年とは異なり、ウィリアムズは2020年のF1バルセロナテストで新車FW43でライバルと同様のタイムを叩き出し、メルセデスのF1パワーユニットの問題を除いては順調にプログラムを進めた。

ウィリアムズF1、2020年F1マシン『FW43』のカラーリングに“赤”を追加

2020年2月11日
ウィリアムズF1、2020年F1マシン『FW43』のカラーリングに“赤”を追加
ウィリアムズF1チームのドライバーであるジョージ・ラッセルは、2020年F1マシン『FW43』のカラーリングに“赤”が追加されることをリークした。

ウィリアムズは、プレシーズンテスト2日前となる2月17日の英国時間8時に2020年F1マシン『FW43』の画像を公開することを発表するが、最新のディザー映像では差し色で赤が配置されるなど、赤が追加されることを匂わせていた。

F1 | ジョージ・ラッセル、ウィリアムズ FW43でシート合わせを完了

2020年2月9日
F1
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1チームの2020年F1マシン『FW43』でシート合わせを完了させた。

メルセデスのジュニアドライバーである2018年のF2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、昨年ウィリアムズでF1デビュー。しかし、前年マシンに競争力はなく、2019年に唯一ポイントを獲得できないドライバーとなった。

F1 | アレクサンダー・アルボンとジョージ・ラッセルがカート対決

2020年1月26日
F1
カート時代からのライバルであるアレクサンダー・アルボンとジョージ・ラッセルが、オフシーズンにカートで対決。仲の良さを示した。

F1ドライバーは、2020年のF1世界選手権にむけた準備に全力を注ぐ始めており、多くのドライバーがジムで身体を鍛えている画像やムービーをSNSで共有している。

F1 | ジョージ・ラッセル 「メルセデスは僕を信じてくれている」

2020年1月9日
F1
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1はまだ自分に将来のF1スターになるポテンシャルがあると信じてくれていると語る。

メルセデスのジュニアドライバーであるジョージ・ラッセルは、昨年ウィリアムズでF1デビュー。2019年に唯一ポイントを獲得できないドライバーとなったが、メルセデスとの自分の地位に害を与えたとは考えていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム