ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1との2022年はルーキー感覚を味わった」

2023年1月29日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1との2022年はルーキー感覚を味わった」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年にチームに加入した最初のシーズンでまるで自分がルーキーであるかのような感覚を味わったと語った。

24歳のッジョージ・ラッセルは、2019年のF1オーストラリアGPでウィリアムズからF1デビューを果たし、昨年メルセデスのワークスチームへと卒業するまでに60回のグランプリ出走を積み重ねていた。

メルセデスF1首脳 「ウィリアムズでの苦境がラッセルの適応に役立った」

2023年1月23日
メルセデスF1首脳 「ウィリアムズでの苦境がラッセルの適応に役立った」
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、ジョージ・ラッセルがウィリアムズF1で後方でのレースを経験していたことで、ルイス・ハミルトンよりもメルセデスのトリッキーな2022年型マシンに「簡単」に順応できたと考えている。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1のジュニアドライバープログラムのメンバーとして5年を過ごした後、GP3とF2を連覇した後、ウィリアムズでF1デビュー。3シーズンを過ごした後、2022年からメルセデスF1のラインアップに加わった。

ミカ・ハッキネン 「ジョージ・ラッセルは今後もハミルトンを倒せる」

2023年1月14日
元F1王者ミカ・ハッキネン 「ジョージ・ラッセルは今後もハミルトンを倒せる」
2回のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、ジョージ・ラッセルにはメルセデスF1でルイス・ハミルトンを抑え込む能力があると考えている。

ジョージ・ラッセルは、2022年にフルタイムのドライバーとしてF1チームに加わる前に、数年間メルセデスのジュニアプログラムに参加し、ウィリアムズで3シーズンを過ごした。

ジョージ・ラッセル 「F1マシンの重量増加は安全問題になる危険性がある」

2023年1月9日
ジョージ・ラッセル 「F1マシンの重量増加は安全問題になる危険性がある」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1マシンの重量増加がドライバーの安全問題になる危険性があると考えている。

F1マシンの重量はここ数年で増加しており、新世代に入った2022年のF1マシンの最小重量はF1史上最も重い798kgに設定されている。

メルセデスF1代表、ラッセルのF1初勝利に立ち会えずも「後悔はない」

2022年12月29日
メルセデスF1代表、ラッセルのF1初勝利に立ち会えずも「後悔はない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1ブラジルGPでのジョージ・ラッセルのF1初優勝を見届けることができなかったが、遠くからインテルラゴスでのアクションに没頭し、見守っていた。

2014年にメルセデスF1チームの指揮を執って以来、トト・ヴォルフは過去9シーズンで今年の鈴鹿でのF1日本GPを含め、3戦しか欠場していない。11月に予定が詰め込まれていたため、サンパウロでのフライアウェイラウンドを欠場することを余儀なくされた。

ジョージ・ラッセルがメルセデスF1の契約を獲得した“1週間の我慢”

2022年12月28日
ジョージ・ラッセルがメルセデスF1の契約を獲得した“1週間の我慢”
ジョージ・ラッセルは、2015年にメルセデスF1のジュニアドライバーとして契約し、最終的に2022年にルイス・ハミルトンのチームメイトとしてメルセデスF1チームに昇格した。

ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウォルフとの連絡を1週間遅らせことが、ドライバー育成プログラムの場所を確保する上でいかに重要だったかを説明した。

ジョージ・ラッセル 「ハミルトンがいたことで僕のF1キャリアは救われた」

2022年12月27日
ジョージ・ラッセル 「ハミルトンがいたことで僕のF1キャリアは救われた」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンに彼のF1キャリアを救ってくれたと冗談を言ったと語る。

ウィリアムズでの3年間の修業期間を経て、今年、メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルは、W13の競争力の低さにも関わらず、9回連続でトップ 5 に入るという成績を収め、すぐにシートに値することを証明した。

メルセデスF1首脳 「ジョージ・ラッセルは良い仕事をしてくれた」

2022年12月16日
メルセデスF1首脳 「ジョージ・ラッセルは良い仕事をしてくれた」
メルセデスF1は、ジョージ・ラッセルの2022年のパフォーマンスをシーズン終了後に評価し、チームのすべての条件を満たす「信じられないほど良い仕事」をしたと称賛した。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズでの3年間のスティントの後、メルセデスに移籍し、すぐに輝かしいチームメイトのルイスハミルトンと肩を並べるようになった。

アルファタウリF1代表 「ジョージ・ラッセルはルイス・ハミルトンよりも強い」

2022年12月12日
アルファタウリF1代表 「ジョージ・ラッセルはルイス・ハミルトンよりも強い」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ジョージ・ラッセルはルイス・ハミルトンよりも「すでに強い」と考えており、2023年F1シーズンはシャルル・ルクレールとともにマックス・フェルスタッペンの最もタフな対戦相手になると主張している。

グラウンドエフェクトカーのW13に影響を与えたポーパシングと空力トラブルに悩まされたメルセデスF1の1年で、ジョージ・ラッセルはドライバーズランキングで4位となり、チームメイトのルイス・ハミルトンを35ポイントリードして2つ上位でブラックリーチームで最初のキャンペーンを締めくくった
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム