ラッセル F1バーレーンGP 「冷却問題は誤ったボディワーク選択が原因」

2024年3月3日
ジョージ・ラッセル F1バーレーンGP 「冷却問題は誤ったボディワーク選択が原因」
ジョージ・ラッセルは、2024年F1第1戦F1バーレーンGPの決勝を5位でフィニッシュ。メルセデスがオーバーヒートを起こしたのは、誤ったボディワークの選択のせいだったと明かした。

レース序盤は2番手を走行していたラッセルだが、チェッカーフラッグが振られたときにはマックス・フェルスタッペンから45秒以上遅れての5位に後退していた。

ラッセル F1バーレーンGP予選「レースペースが損なわれてないことを願う」

2024年3月2日
ジョージ・ラッセル F1バーレーンGP予選「レースペースが損なわれてないことを願う」 メルセデス
メルセデスのジョージ・ラッセルは、2024年F1第1戦F1バーレーンGPの予選で3位を獲得した後、1周のパフォーマンスでレースの展望を損なっていないことを願っている。

ラッセルは最終的に素晴らしい努力を見せて3位を獲得し、ルイス・ハミルトンはチームメイトにわずかコンマ2秒差だったにもかかわらず、さらに6つ後方で終了した。

メルセデスF1 ジョージ・ラッセル 「W15はバウンシングが復活」

2024年3月1日
メルセデスF1 ジョージ・ラッセル 「W15はバウンシングが復活」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、以前チームを悩ませていた「バウンシング」がメルセデス・W15 に戻ってきたことを明らかにした。

メルセデスは2022年にポーパシング、つまり新しいグラウンドエフェクトカーの結果としてバウンシングの感覚によって最も大きな打撃を受けた。

ジョージ・ラッセル 「僕にもメルセデスF1の空席について連絡が来る」

2024年2月27日
ジョージ・ラッセル 「僕にもメルセデスF1の空席について連絡が来る」
ジョージ・ラッセルは、2025年に向けて空席となっているメルセデスのF1シートについて、ドライバーたちから問い合わせの電話やメールを受け取っていることを明かした。

メルセデスは、フェラーリに移籍するために今季限りで退団という衝撃的な決断を下したルイス・ハミルトンの後任探しを始めている。

ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1時代の契約に“禁酒”条項

2024年2月27日
ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1時代の契約に“禁酒”条項
ジョージ・ラッセルはウィリアムズ・レーシングとの契約にF1レースの週末に飲酒することを禁じる厳しい条項が含まれていたことを明かした。そして、この黄金律はライバルたちによって日常的に破られているという。

ラッセルはF2(旧GP2)で同じイギリス期待のランド・ノリスを破り、2019年にウィリアムズのF1シートに昇格した。

メルセデスF1 ジョージ・ラッセル 「W15は昨年マシンより運転しやすい」

2024年2月22日
メルセデスF1 ジョージ・ラッセル 「W15は昨年マシンより運転しやすい」
ジョージ・ラッセルは、バーレーンで行われたプレシーズンテスト初日にメルセデス・W15を試乗し、2024年のF1世界選手権にむけて「ポジティブ」な スタートだったと最初の感想を語った。

ラッセルはレッドブルのマックス・フェルスタッペンとともに終日走行した2人のドライバーのうちの1人であり、メルセデスがマシンを交換する間、多少の遅れはあったものの、初日を通して122周を走った。

ジョージ・ラッセルはメルセデスF1のリードドライバーの器にあらず?

2024年2月19日
ジョージ・ラッセルはメルセデスF1のリードドライバーの器にあらず?
元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは、ルイス・ハミルトンが2024年末にフェラーリに移籍した後、ジョージ・ラッセルがメルセデスを率いるのに適しているかどうかについて疑問を投げかけている。

メルセデスは、ハミルトンが来年の開幕からフェラーリへの移籍を交渉できる契約破棄条項を発動させたことで揺れている。

ジョージ・ラッセル ハミルトンと同士討ちも「実力が拮抗すれば当たり前」

2024年1月6日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル ハミルトンと同士討ちも「実力が拮抗すれば当たり前」
ジョージ・ラッセルは、2023年F1シーズンでのメルセデスのチームメイトであるルイス・ハミルトンとの衝突は「パフォーマンスが近ければ普通のこと」だと考えている。

メルセデスのドライバーたちは、日本GPでポジションを争って2度接触しそうになったが、その後ハミルトンは鈴鹿の終盤、フェラーリのカルロス・サインツに対して自分のポジションを守るためにワンストップのラッセルDRSを先に行かせるという提案を無視した。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスの2024年F1マシン開発は良い状態にある」

2023年12月18日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスの2024年F1マシン開発は良い状態にある」
ジョージ・ラッセルは、メルセデスF1のマシンコンセプトが昨シーズンのように開発を急がないため、2024年にはより良い状態になると考えている。

メルセデスはゼロサイドポッドのデザインを試み、それが空力的に大きなメリットをもたらすと考えたが、2022年にはうまく機能させるのに苦労した。その年の終わりにラッセルがブラジルで優勝したことで、このコンセプトは翌シーズンも継続されたが、メルセデスはすぐにアプローチを変更しようとした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム