ジョージ・ラッセル 「深夜2時にバスルームで代役の電話を受けた」

2020年12月4日
ジョージ・ラッセル 「深夜2時にバスルームで代役の電話を受けた」 / メルセデス F1サヒールGP 木曜記者会見
ジョージ・ラッセルは、火曜日の深夜にバーレーンのホテルのバスルームにいたときにメルセデスF1のチーム代表のトト・ヴォルフからルイス・ハミルトンの代役に起用するという電話を受けたと明かした。

メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスの感染したことを発表した翌日の12月3日(水)の朝にウィリアムズが1回限りのリリースに応じ、F1サヒールGPでジョージ・ラッセルがメルセデスF1のマシンを走らせることを発表した。

シャルル・ルクレール 「メルセデスF1のラッセルが優勝するに一票」

2020年12月4日
シャルル・ルクレール 「メルセデスF1のラッセルが優勝するに一票」 / F1サヒールGP 木曜記者会見
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、今週末のF1サヒールGPでメルセデスF1デビューを果たすジョージ・ラッセルが優勝することに“賭ける”と語る。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルス感染によって2007年のF1デビュー以来初めてグランプリを欠場することになった7回のF1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPでメルセデスF1から参戦するという夢のような機会を得た。

ストフェル・バンドーン 「ジョージ・ラッセルは今回の機会にふさわしい」

2020年12月4日
ストフェル・バンドーン 「ジョージ・ラッセルは今回の機会にふさわしい」 / メルセデス F1サヒールGP
メルセデスF1のリザーブドライバーであるストフェル・バンドーンは、ルイス・ハミルトンの代役として自分ではなく、ジョージ・ラッセルを起用するというチームの選択を尊重していると語った。

ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスの感染してF1サヒールGPの欠場を余儀なくされたことで、メルセデスF1は代役を起用する必要に迫られた。

ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンでシート合わせを完了

2020年12月3日
ジョージ・ラッセル、メルセデスのF1マシンでシート合わせを完了
ジョージ・ラッセルは、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPに向けてメルセデスF1のマシン『W11』でシート合わせを完了させたことを報告した。

メルセデスF1は12月2日(水)、新型コロナウイリスに感染して欠場を余儀なくされたルイス・ハミルトンの代役として、同チームの契約ドライバーであり、今年ウィリアムズF1から参戦しているジョージ・ラッセルを起用することを発表した。

メルセデスF1代表、ラッセルの代役を可能にしたウィリアムズに感謝の意

2020年12月2日
メルセデスF1代表、ラッセルの代役を可能にしたウィリアムズに感謝の意
メルセデスF1は、新型コロナウイルスに感染して今週末のF1サヒールGPに出場できないルイス・ハミルトンの代役としてジョージ・ラッセルを起用することを発表。

ジョージ・ラッセルは、今週末バーレーンでメルセデスF1に参加するために、パートナーチームのウィリアムズF1からリリースされた。

【速報】 メルセデスF1、ハミルトンの代役としてラッセル起用を発表

2020年12月2日
【速報】 メルセデスF1、ハミルトンの代役としてラッセル起用を発表 / F1サヒールGP
メルセデスF1は、今週末のF1サヒールGPで新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンに代えて、ジョージ・ラッセルを起用することを正式発表した。

ウィリアムズF1は交渉の末、ジョージ・ラッセルをメルセデスF1にローンでリリースすることに合意。今週、ジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンに代わって、メルセデスW11をドライブすることが発表された。

メルセデスF1、ジョージ・ラッセルの代役起用についてウィリアムズと交渉

2020年12月2日
メルセデスF1、ジョージ・ラッセルの代役起用についてウィリアムズと交渉 / F1サヒールGP
メルセデスF1は、新型コロナウイルスに感染したことでF1サヒールGPを欠場するルイス・ハミルトンの代役として、ジョージ・ラッセルを起用することについてウィリアムズF1と交渉していると報じられている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、火曜日に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことで10日間の隔離が必要となり、今週末のF1サヒールGPを欠場することが決定した。

ジョージ・ラッセル、PUエレメント交換で20グリッド降格ペナルティ

2020年11月14日
ジョージ・ラッセル、PUエレメント交換で20グリッド降格ペナルティ / ウィリアムズ F1トルコGP
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1トルコGPに向けて年間使用基数を超えたパワーユニットエレメントを投入したことで、グリッド降格ペナルティを受け、最後列からのスタートがほぼ確定した。

ジョージ・ラッセルは、今週末のF1トルコGPに向けて、4基目の内燃エンジン(ICE)、ターボチャージャー、MGU-Hを投入。いずれも年間使用基数である3基を超過したことで20グリッド降格ペナルティを受けることになった。今季エンジンペナルティによって降格するドライバーはラッセルが初めてとなる。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズF1のシート喪失の噂は心配だった」

2020年11月10日
ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズF1のシート喪失の噂は心配だった」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1が今シーズン限りで自分との契約を終了し、2021年に傍観する可能性があるとの噂話を不安に感じていたと認める。

将来のスター候補の才能と見なされているジョージ・ラッセルだが、ドリルトン・キャピタルがウィリアムズF1を買収して新たなオーナーになったことでシートが脅威にされされているとの噂が広まった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム