ピエール・ガスリー 「マシンのペースはいい。アルピーヌはとても速そう」

2021年7月31日
ピエール・ガスリー 「マシンのペースはいい。アルピーヌはとても速そう」 / アルファタウリ・ホンダ F1ハンガリーGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1ハンガリーGPの金曜フリー走行を6番手で終えた。

「今日はとても満足のいく一日になった。シルバーストーンではやや苦戦しただけに尚更だし、パフォーマンスを取り戻せたのはいいことだ」とピエール・ガスリーはコメント。

ピエール・ガスリー 「レッドブルF1との関係は非常にポジティブ」

2021年7月30日
ピエール・ガスリー 「レッドブルF1との関係は非常にポジティブ」
ピエール・ガスリーは、2022年にレッドブルF1に戻るかどうかを知るために夏休みよりも長く待つことを期待していない。

ピエール・ガスリーは、2019シーズンのレッドブル・レーシングへの昇進を獲得したが、それはあまりにも早く来たコールであり、シーズン途中でトロロッソに戻ることにつながる一連の悪いパフォーマンスに繋がった。

ピエール・ガスリー 「ハンガリーで前半戦をしっかり締めくくることが重要」

2021年7月28日
ピエール・ガスリー 「ハンガリーで前半戦をしっかり締めくくることが重要」 / アルファタウリ・ホンダ F1ハンガリーGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、2021年第11戦F1ハンガリーGPへの意気込みを語った。

「前回のシルバーストンのレースは、最後のパンクで数ポイントを失いフラストレーションを感じた。8位さえ可能だったと思う。誰かがトラックに砂利を撒き散らして、それが僕のタイヤを切った」とピエール・ガスリーはコメント。

ピエール・ガスリー、アルファタウリF1での将来についてレッドブルと議論

2021年7月25日
ピエール・ガスリー、アルファタウリF1での将来についてレッドブルと議論
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコと最近“素晴らしいランチ”をともにしたとし、アルファタウリでの今後についてポジティブな見方とするようになったと語る。

最近、ヘルムート・マルコは、アルファタウリ・ホンダでのパフォーマンスについて“これまで見たなかで最高のガスリー”と称賛したが、レッドブル昇格について“現時点でその問題は発生しない”と2022年もセルジオ・ペレス続投を示唆していた。

ピエール・ガスリー、不運なパンク「とてもフラストレーションが溜まる」

2021年7月19日
ピエール・ガスリー、不運なパンク「とてもフラストレーションが溜まる」 / アルファタウリ・ホンダ F1イギリスGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1イギリスGPの決勝を11位で終えた。

12番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、ピットストップを遅らせる戦略に挑む。トラックリミット違反の警告を受けたことから、ドライビングを修正しつつ、DRSトレイン状態の中でレースを進める。

ピエール・ガスリー 「もっとポテンシャルがある。望んだ結果ではない」

2021年7月18日
ピエール・ガスリー 「もっとポテンシャルがある。望んだ結果ではない」 / アルファタウリ・ホンダ F1イギリスGP スプリント予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1イギリスGPのスプリント予選を12位で終えた。

12番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、オープニングラップでポジションをキープ。セルジオ・ペレス(レッドブル)のスピンによって順位を上げたものの、オープニングラップの接触とコースアウトによって後方から追い上げてきたカルロス・サインツ(フェラーリ)に前を行かれて12位フィニッシュした。

ピエール・ガスリー「Q2突破に必要なタイムには届かないことは分かっていた」

2021年7月17日
ピエール・ガスリー「Q2突破に必要なタイムには届かないことは分かっていた」 / アルファタウリ・ホンダ F1イギリスGP 予選
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、2021年F1イギリスGPの予選でQ2敗退を喫して12番手で終えた。

「FP1から、いつもよりはるかにマシンバランスに苦戦していた。予選に向けていくつか変更を加えたが、十分ではなかった」とピエール・ガスリーはコメント。

レッドブルF1首脳 「ピエール・ガスリーは2023年まで契約を結んでいる」

2021年7月15日
レッドブルF1首脳 「ピエール・ガスリーは2023年まで契約を結んでいる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーが2023年末までレッドブルと契約を結んでいることを確認した。

トロロッソでF1デビューを果たした後、ピエール・ガスリーは2019年にレッドブル・レーシングに昇格し、マックス・フェルスタッペンとチームを組んだが、期待されたパフォーマンスを発揮することができずに夏休み中にトロロッソに降格させられた。

ピエール・ガスリー 「スプリント予選はベースセットアップがより重要」

2021年7月14日
ピエール・ガスリー 「スプリント予選はベースセットアップがより重要」 / アルファタウリ・ホンダ F1イギリスGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーが、2021年第10戦F1イギリスGPへの意気込みを語った。

予選では定期的にQ3進出を果たす速さを見せているピエール・ガスリーだが、決勝ではインシデントや戦略ミスによってそのポジションを活かすことができないことが多い。スプリント予選が導入されるF1イギリスGPでは、決勝で結果を出すためにはベースセットアップがさらに重要になると語る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム