レッドブルF1首脳 「角田裕毅は一発の速さではすでにガスリーと同レベル」

2022年8月16日
レッドブルF1首脳 「角田裕毅は一発の速さではすでにガスリーと同レベル」
レッドブルは、2023年シーズンで契約が切れるピエール・ガスリーが他の機会を追求するための扉を開いているようだ。

ピエール・ガスリーは、2019年にマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてレッドブル・レーシングに昇格したが、わずか12レースで再びジュニア チームに降格。だが、その後、F1グリッドで有数のパフォーマーとして評価を再構築した。

ピエール・ガスリー 「前進するために一歩引いて全体像を見る必要がある」

2022年8月15日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「前進するために一歩引いて全体像を見る必要がある」
ピエール・ガスリーは、2022年F1シーズン後半に前進する方法を理解するために、スクーデリア・アルファタウリは「一歩離れて見る」必要があると考えている。

スクーデリア・アルファタウリは、シーズン前半にミッドフィールドでの戦いで苦戦し、現在、コンストラクターズランキングで27ポイントを獲得し、9位のアストン マーティンにわずか7ポイント差の8位につけている。

ピエール・ガスリー、ポーパシングの影響で病院でMRI検査

2022年8月13日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー、ポーパシングの影響で病院でMRI検査
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、F1アゼルバイジャンGPの週末にポーパシング(ポーポイズ現象)の影響が大きく、病院でMRI検査を受けることを余儀なくされたことを明かした。

F1チームとドライバーは、新しいグラウンドエフェクト効果の技術規則の副作用として発生したポーパシングに対処する方法を見つけるのに苦労しており、2022年のF1グリッド全体でポーパシングまたはバウンシングが大きな問題となっている。

ピエール・ガスリー 「F1のトップチームに移籍する準備はできている」

2022年8月12日
ピエール・ガスリー 「F1のトップチームに移籍する準備はできている」
ピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシング時代よりも「はるかに完成された」ドライバーになっており、F1のトップチームに移籍の準備ができていると信じている。

ピエール・ガスリーは、わずか12レースを終えた後にレッドブル・レーシングから解雇された後、F1で評判を取り戻してきた。レッドブル・レーシングのホットシートが少し熱すぎると感じたレッドブルのジュニアドライバーは彼が初めてではなかったが、ガスリーはアルファタウリでクオリティを示してきた。

ピエール・ガスリー 「F1デビュー年のベッテルからのアドバイスは忘れない」

2022年8月12日
ピエール・ガスリー 「F1デビュー年のベッテルからのアドバイスは忘れない」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、2016年にF1キャリアをスタートさせたときにセバスチャン・ベッテルから受けた助けとアドバイスについて語った。

2016年にGP2でチャンピオンを獲得したピエール・ガスリーだったが、2017年にレッドブルの両チームのF1シートは埋まっていた。ガスリーは、日本へと向かい、スーパーフォーミュラに参戦することを選んだ。

レッドブル、ピエール・ガスリーの2023年のアルピーヌF1チーム移籍を除外

2022年8月10日
レッドブル、ピエール・ガスリーの2023年のアルピーヌF1チーム移籍を除外
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ、およびスクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、ピーエル・ガスリーと2023年のアルピーヌF1チームの空席を結びつける推測を真っ向から否定した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリをアルピーヌF1チームから奪うことは濃厚とされ、ルノーが所有するチームにとっての完璧な“プランB”は、ピエール・ガスリーとエステバン・オコンというオールフレンチのラインナップになると考える人もいる。

ガスリー 「トラックリミットについてF1レースディレクターと良い議論」

2022年8月7日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「トラックリミットについてF1レースディレクターと良い議論」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、F1ハンガリーGPの予選Q1でスチュワードの「非常に議論の余地のある」判断によってファステストラップを奪われた後、ハンガリーでF1レースディレクターとトラックリミットの厄介な問題について長い議論をしたと語った。

F1ハンガリーでは、トラック リミットが再び多くの議論の中心となり、ピエール・ガスリーのチームメイトである角田裕毅とミック・シューマッハがトラックリミット違反で制裁を受け、レッドブルのセルジオ・ペレスに科されたペナルティは、さらなる調査の結果、スチュワードによって取り消された。

ピエール・ガスリー 「ピットレーンから12位は満足と言わざるを得ない」

2022年8月1日
ピエール・ガスリー 「ピットレーンから12位は満足と言わざるを得ない」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝レースを12位で終えた。

予選を19番手で終えていたピエール・ガスリーは、事前承認を受けずにF1パワーユニットを交換したことでピットレーンスタートとなり、その際にセットアップも変更。その結果、マシンのペースは上がったとガスリーは語る。

ピエール・ガスリー、F1パワーユニット一式を交換してピットレーンスタート

2022年7月31日
ピエール・ガスリー、F1パワーユニット一式を交換してピットレーンスタート / F1ハンガリーGP
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1パワーユニット一式を新品に交換。事前承認なしの交換だっためピットレーンスタートとなる。

ピエール・ガスリーは、F1ハンガリーGPの予選でQ1敗退を喫して19番グリッドからスタートする予定だった。そこでスクーデリア・アルファタウリは、F1パワーユニット一式を交換することを決定。年間使用基数を超えたことでグリッド降格ペナルティが決定した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム