ピエール・ガスリー 「アルファタウリF1が序列のどの位置にいるか不明」

2022年5月16日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリF1が序列のどの位置にいるか不明」
スクーデリア・アルファタウリは、現在、コンストラクターズチャンピオンシップで7位に位置し、2022年のこれまでの5レース中4レースでポイントを獲得しているが、ピエール・ガスリーは、チームが序列のどの位置にいるかまだ確信が持てていないと認める。

開幕戦から連続していポイントを獲得してきたスクーデリア・アルファタウリだったが、その記録は、前戦のマイアミGPで終了した。ピエール・ガスリーはランド・ノリスとの衝突でリタイアし、角田裕毅はトップ10外でフィニッシュした。

F1で2年目の角田裕毅 「ピエール・ガスリーとより会話するようになった」

2022年5月15日
F1で2年目の角田裕毅 「ピエール・ガスリーとより会話するようになった」
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅は、F1での2シーズン目にチームメイトのピエール・ガスリーとより多くの話をするようになったで恩恵を受けていると語る。

角田裕毅のルーキーシーズンは浮き沈みのなるものとなり、評価の高いピエール・ガスリーとの差は大きかった。しかし、そのギャップは2022年には狭まっており、特にイモラでは角田裕毅がピエール・ガスリーをほぼすべてのセッションで上回った。

【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 ピエール・ガスリーとランド・ノリス 両者の見解 / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの41周目にランド・ノリス(マクラーレン)とピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が接触事故を起こして最終的にリタイア。両者は異なる見解を示しており、ノリスは、フェルナンド・アロンソとの接触で損傷した車で防御したガスリーとのこの事件を“愚か”と呼んだ。

ランド・ノリスは、ターン7でコース外を走行して勢いを失っていたピエール・ガスリーに接近。ターン8のアウトサイドからガスリーを追い抜こうとした。

【接触事故】 フェルナンド・アロンソとピエール・ガスリー 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 フェルナンド・アロンソとピエール・ガスリー 両者の見解 / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの39周目にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)とピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)が接触事故を起こした。

フェルナンド・アロンソは、ターン1で9番手のピエール・ガスリーを抜こうとインサイドを突いて接触。ガスリーの右リアサスペンションはダメージを負った。

ピエール・ガスリー 「アロンソとの接触まで順調にレースを進められていた」

2022年5月9日
ピエール・ガスリー 「アロンソとの接触まで順調にレースを進められていた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝をリタイアで終えた。

7番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、ポイント圏内でレースを進めていたが、38周目にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に接触されてマシンにダメージを負い、さらにピットに戻る途中にランド・ノリス(マクラーレン)とも接触し、リタイアでレースを終えた。

ピエール・ガスリー、予選7番手 「重要なときにまとめることができた」

2022年5月8日
ピエール・ガスリー、予選7番手 「重要なときにまとめることができた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP 予選
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの予選を7番手で終えた。

「かなり満足している。今年の僕たちの最高の予選であり、ここマイアミでそれを達成できたのは素晴らしいことだ」とピエール・ガスリーはコメント。

「今朝の車は感触があまり良くなく、かなり苦労していたので、今日はどの位置で予選を通過できるか分からなかったけど、重要なときにすべてをまとめて、7番手にたどり着くことができた」

ピエール・ガスリー 「僕たちはトップ10ギリギリのところにいる」

2022年5月7日
ピエール・ガスリー 「僕たちはトップ10ギリギリのところにいる」 / スクーデリア・アルファタウリ F1 マイアミGP 金曜フリー走行
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの金曜フリー走行を7番手タイムで終えた。

初開催のマイアミGPに向けてマイアミ・インターナショナル・オートドロームをシミュレーターで130周くらい走りこんできたピエール・ガスリーは、実際に走行してみて、シミュレーターでの準備作業とかなり近い感じていると語る。

ピエール・ガスリー、マイケル・ジョーダンとの会食は「人生で最高の経験」

2022年5月7日
F1:ピエール・ガスリー、マイケル・ジョーダンとの会食は「人生で最高の経験」
スクーデリア・アルファタウリのF1ドライバーであるピエール・ガスリーは、今週マイアミでNBAの伝説的なバスケットボール選手であるマイケル・ジョーダンと二人きりで会食した3時間は“人生で最高の経験”であり、永遠に忘れないと語った。

ピエール・ガスリーは、マイケル・ジョーダンと親しい彼のパーソナルスポンサーのおかげで、シカゴ・ブルズで伝説を築いたマイケル・ジョーダンと会食する機会を得た。

ピエール・ガスリー 「アルファタウリのF1マシンは7~8番手」

2022年5月6日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリのF1マシンは7~8番手」
ピエール・ガスリーは、2022年シーズン前半のパフォーマンスに基づき、スクーデリア・アルファタウリはフィールドの下半分に入ると考えている。

現在、スクーデリア・アルファタウリはコンストラクターズチャンピオンシップで7位につけており、角田裕毅はドライバーズチャンピオンシップで12位であり、チームメイトのピエール・ガスリーを1位4ポイント上回っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム