インディカー | マーカス・エリクソン、チップ・ガナッシへの移籍が決定

2019年10月9日
インディカー
チップ・ガナッシ・レーシングは、2020年のインディカー・シリーズで3台体制に拡大し、マーカス・エリクソンが8号車をドライブすることを発表した。

元F1ドライバーのマーカス・エリクソンは、今年、アロー・シュミット・ピーターソン・モータースポーツからインディカーに参戦。16戦に出場し、デトロイトでは2位表彰台を獲得。6周のリードラップを記録し、88.5%の周回を走行する安定した走りをみせた。

マーカス・エリクソン、ライコネンの代役の必要がなかったことに怒り

2019年9月4日
F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンのインディカーでの所属チームの代表を務めるサム・シュミットは、エリクソンはF1ベルギーGPでキミ・ライコネンの代役を務めなかったことに“かなり怒っている”と語った。

キミ・ライコネンは、夏休みにスポーツをしていた際に左足の肉離れの怪我を負った。そのため、リザーブドライバーを務めるマーカス・エリクソンは、ポートランドでのインディカーを欠場してベルギーへと飛んだ。

マーカス・エリクソン、インディカーを欠場してスパに帯同で憶測

2019年8月29日
F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、今週末ポートランドで開催されるインディカーを欠場して、F1ベルギーGPでアルファロメオ・レーシングに帯同。様々な予測を生んでいる。

昨年、ザウバーのシートを喪失したマーカス・エリクソンは、今季からインディカーに転向。アロー・シュミット・ピーターソン・モータースポーツから参戦して、デトロイトで初表彰台を獲得し、現在ランキング17位につけている。

マーカス・エリクソン、マクラーレン参入で来季インディカーが不透明に

2019年8月28日
マーカス・エリクソン
元F1ドライバーのマーカス・エリクソンは、現在所属するアロー・シュミット・ピーターソン・モータースポーツが2020年からマクラーレンと提携することで、来季のインディカー参戦が不透明な状況に陥っている。

ザウバーのシートを喪失したマーカス・エリクソンは、今季からインディカーに転向。デトロイトで初表彰台を獲得し、現在ランキング17位につけている。

マーカス・エリクソン、アルファロメオF1とのタイヤテストを完了

2019年7月4日
F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは火曜日にレッドブル・リンクでピレリのF1タイヤテストを担当。アルファロメオ・レーシングとF1マシンに戻った。

F1で4年間ザウバー/アルファロメオとF1を戦ったマーカス・エリクソンは、今年初めてにインディカーに転向。シュミュット・ピーターソンから参戦し、デトロイトでは2位表彰台を獲得してランキング15位につけている。

マーカス・エリクソン、ピレリのタイヤテストでF1業務に復帰

2019年6月27日
F1 マーカス・エリクソン
マーカス・エリクソンは、来週レッドブル・リンクで開催されるピレリの2020年F1タイヤテストでアルファロメオ・レーシングとのF1業務に戻る。

今回のテストは、ピレリが主催する一連のテストのひとつであり、2020年のF1タイヤの構造やコンパンドを様々なサーキットで実施するために全チームが協力している。

マーカス・エリクソン、アルファロメオでのピレリのF1テスト担当を望む

2019年6月5日
F1 マーカス・エリクソン アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングのリザーブドライバーを務めるマーカス・エリクソンは、今シーズン中に2019年マシン『C38』をテストできることを望んでると語る。

アルアロメオ・レーシングは今シーズンのドライバーとしてキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィを起用。マーカス・エリクソンはF1シートを失った。

マーカス・エリクソン 「インディカーはF1カーのようには運転できない」

2019年2月11日
F1 マーカス・エリクソン
元F1ドライバーは、インディカーのマシン特性にまだ苦労していると認める。

昨年末でザウバーのF1シートを失ったマーカス・エリクソンは、今年からシュミット・ピーターソン・モータースポーツからインディカーにフル参戦。先週、ラグナ・セカで開催された公式プレシーズンテストで再びマシンを走らせた。

ザウバー 「エリクソンの存在がルクレールの開花に役立った」

2019年1月18日
F1 ザウバー シャルル・ルクレール
ザウバーのF1チーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、マーカス・エリクソンの存在が2018年にルーキーとしてF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールがF1に適応することに大きく役立ったと考えている。

アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えたザウバーは、フェラーリとの技術提携も手伝ってシーズン中に大きな改善を果たした。それと同調するようにシャルル・ルクレールもパフォーマンスを開花させ、2019年にキミ・ライコネンに代わってフェラーリへ移籍を果たすことになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム