ウィリアムズF1、フランスGPでラティフィにもアップグレードを投入

2022年7月21日
ウィリアムズF1、フランスGPでラティフィにもアップグレードを投入
ウィリアムズF1は、F1フランスグランプリでニコラス・ラティフィにもアップグレードパッケージを投入。アレクサンダー・アルボンが初めてアップグレードパッケージを走らせてから2レース後となる。

ウィリアムズF1は、シルバーストンでのF1イギリスGPでメジャーアップデートを投入したが、チームはその段階で1台分しか準備できなかった。そのため、ドライバーズチャンピオンシップで上位にいるアレクサンダー・アルボンに与えられ、F1オーストリアGPでも使用した。

ニコラス・ラティフィ 「2022年がF1での最後のシーズになるかもしれない」

2022年7月5日
ニコラス・ラティフィ 「2022年がF1での最後のシーズになるかもしれない」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2022年がF1での彼の最後のシーズンになる可能性があることを認めた。

ニコラス・ラティフィは、パフォーマンスの悪さのためによってウィリアムズF1によって追放されるという噂について語った。

「噂と批判はゲームの一部だ」とニコラス・ラティフィはシルバーストンでRTLに語った。

ニコラス・ラティフィ Q3初進出 「非常に特別な一日」 / ウィリアムズ

2022年7月3日
ニコラス・ラティフィ Q3初進出 「非常に特別な一日」 / ウィリアムズ F1イギリスGP 予選
ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズF1)は、2022年F1第10戦イギリスグランプリの予選でキャリア初となるQ3進出を果たし、10番手で終えた。

「トリッキーなコンディションのなかで非常に特別な一日だった。 Q2に到達することは素晴らしい成果であり、自信を高めることができた。そして、Q3は僕たちが期待していた以上のものだった」とニコラス・ラティフィはコメント。

ニコラス・ラティフィ 「ウィリアムズF1の2023年のシートは安全ではない」

2022年6月17日
ニコラス・ラティフィ 「ウィリアムズF1の2023年のシートは安全ではない」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2023年のシートが安全ではないと認める。

F1で3シーズン目を迎えているニコラス・ラティフィだが、2022年にハースF1のミック・シューマッハと並んでポイントを獲得していないグリッド上の2人のフルタイムドライバーのうちの1人となっており、困難な時期を迎えている。

ニコラス・ラティフィ 「グリッド侵害で10秒ペナルティは厳しすぎる」

2022年6月14日
ニコラス・ラティフィ 「グリッド侵害で10秒ペナルティは厳しすぎる」 / ウィリアムズ F1アゼルバイジャンGP 決勝
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで科された10秒のストップ&ゴー ペナルティに不満を露わにしている。

ニコラス・ラティフィは、アゼルバイジャングランプリのグリッドボックスをわずかにオーバーシュート。ウィリアムズF1のクルーは、新設にも彼を元の位置に戻した。問題は、すべての人員がグリッドを離れることを要求された後に彼がそれを行ったことだ。

ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1でラティフィと交代の噂を否定

2022年5月24日
ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1でラティフィと交代の噂を否定
ニコラス・ラティフィとニック・デ・フリースの両方は、現在、ウィリアムズF1のレースシートをかけて戦っているという噂を否定した。

F1スペインGPのフリー走行1回目では、ニック・デ・フリースがウィリアムズF1でF1グランプリ週末でデビューを果たし、レギュラードライバーのニコラス・ラティフィと対戦した。

ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィのシーズン途中の解雇を否定

2022年5月10日
ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィのシーズン途中の解雇を否定…しかし、オスカー・ピアストリを高く評価
ウィリアムズF1チームは、2022年シーズン中のニコラス・ラティフィの解雇の噂を否定。ラティフィのシートは「疑問の余地はない」と語った。

2022年シーズンが開幕してから、ミスを多発しているニコラス・ラティフィは、今季アルピーヌF1チームのリザーブドライバーとしてレースを離れているF2チャンピオンのオスカー・ピアストリにシートを奪われると噂されている。

ウィリアムズF1、シーズン途中でニコラス・ラティフィを解雇?

2022年5月4日
ウィリアムズF1、シーズン途中でニコラス・ラティフィを解雇?
ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィに満足していないのは明らかであり、彼がもたらす財政的支援にも関わらず、今シーズン中にドライバーを交代する可能性があると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語る。

今年、ウィリアムズF1で3シーズン目を迎えたニコラス・ラティフィだが、通算で7ポイントしか獲得できておらず、今年は新加入のアレクサンダー・アルボンが安定した競争力を発揮しているのに対し、ミスやクラッシュが目立っている。

ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1での将来に渦巻く噂

2022年4月28日
ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1での将来に渦巻く噂
ニコラス・ラティフィのウィリアムズF1での将来について噂が渦巻いている。

Sky Sports F1のテッド・クラヴィッツは、ウィリアムズF1がF2チャンピオンのオスカー・ピアストリをローン移籍させるというアルピーヌF1のオファーを検討しているとのパドックの噂を明かしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム