ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ、PU交換でグリッド降格ペナルティ

2021年9月26日
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ、PU交換でグリッド降格ペナルティ / F1ロシアGP 予選
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、F1ロシアGPの予選前にPUを交換したことで最後尾スタート組みに加わった。だが、エンジンペナルティがなければ、Q3に進出することができたとラティフィは感じている。

ニコラス・ラティフィは、予選Q1をチームメイトのジョージ・ラッセルを上回る10番手タイムで突破。だが、パワーユニット交換によって後方への降格が決定していたため、ウィリアムズはQ2でラティフィを走らせないことを選択した。

ニコラス・ラティフィ、アルボンとのウィリアムズF1での再タッグに興奮

2021年9月19日
ニコラス・ラティフィ、アルボンとのウィリアムズF1での再タッグに興奮
ニコラス・ラティフィは、F2時代にチームメイトだったアレクサンダー・アルボンと2022年にウィリアムズF1で再び仕事をするのを楽しみにしていると語る。

ニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボンは、2018年にカンポスでチームメイトとしてF2を戦い、2019年にアルボンとトロロッソ(現アルファタウリ)でF1デビュー。ラティフィは2019年にF2をランキング2位で終えた後、1年遅れでウィリアムズでF1デビューを果たした。

【動画】 ニコラス・ラティフィ、間一髪でウサギとの衝突を回避

2021年9月11日
【動画】 ニコラス・ラティフィ、間一髪でウサギとの衝突を回避 / F1イタリアGP 予選
ニコラス・ラティフィは、2021年F1イタリアGPの予選で間一髪でウサギとの衝突を免れた。

20台のマシンでトラフィックが大きな問題となった予選Q1。ニコラス・ラティフィのマシンの前に突然ウサギが飛び出してきた。間一髪で衝突を免れたラティフィは『ウサギがコースを横切ってぶつかりそうだった』と無線で伝えた。

ウィリアムズF1、アレクサンダー・アルボンとの2022年の契約を発表!

2021年9月9日
ウィリアムズF1、アレクサンダー・アルボンとの2022年の契約を発表!ニコラス・ラティフィの残留も決定
ウィリアムズF1は、アレクサンダー・アルボンと2022年のドライバーとして新たに契約を結んだことを発表。同時にニコラス・ラティフィが来季も残留することを発表した。

アレクサンダー・アルボンは、2019年にトロロッソでF1デビューし、シーズン途中にレッドブル・レーシングに昇格して2022年に2回の表彰台を獲得。。2020年末でシートを失ったが、今季はレッドブル・レーシングのテスト兼リザーブドライバーを務めながら、DTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦している。

ニコラス・ラティフィ、ギアボックス&パーツ交換でピットレーンスタート

2021年9月5日
ニコラス・ラティフィ、ギアボックス&パーツ交換でピットレーンスタート / F1オランダGP 決勝
ウィリアムズは、ニコラス・ラティフィのギアボックスを交換するとともに、セットアップを変更。ラティフィはF1オランダGPの決勝をピットレーンからスタートすることになった。

ニコラス・ラティフィは、予選Q2終盤にターン8で高速でバリアにクラッシュ。衝撃は38Gを記録され、ギアボックスのダメージが懸念されていた。

ニコラス・ラティフィ、38Gのクラッシュでギアボックス交換は不可避

2021年9月5日
ニコラス・ラティフィ、38Gのクラッシュでギアボックス交換は不可避 / F1オランダGP 予選
ウィリアムズのニコラス・ラティフィは、F1オランダFPの予選で大クラッシュを喫した後、ギアボックス交換によりグリッド降格ペナルティを回避できれば“驚くだろう”と語る。

ニコラス・ラティフィは、今シーズン2度目のQ3進出を目指していたが、セッション終盤にホイールを芝生に落とし、ターン8のバリアにスピンオフした。この事故によってQ2セセッションは赤旗となり、そのまま終了した。

ウィリアムズのF1ドライバー、一緒に彼女同伴でバカンス

2021年8月15日
ウィリアムズのF1ドライバー、一緒に彼女同伴でバカンス
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは、彼女同伴で一緒に休暇を過ごしている。

チームメイト同士で仲がいいことは珍しいことはなく、F1ドライバーのなかには仲間のドライバーと休日にカートをして過ごすこともしばしばある。

ウィリアムズF1とジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは、サマーブレイクをミコノス島で過ごしており、それぞれのガールフレンドであるカルメンとサンドラと一緒にダウンタイムを過ごしている。

ウィリアムズF1代表 「ラティフィは入賞でF1に値する理由を示した」

2021年8月11日
ウィリアムズF1代表 「ラティフィは入賞でF1に値する理由を示した」
ニコラス・ラティフィは、昨シーズンにウィリアムズでF1デビューを果たして以来、ジョージ・ラッセルの陰に隠れている。しかし、F1ハンガリーGPで7位でフィニッシュし、過去2年間のチームのベストリザルトを得たのはラティフィであり、CEO兼チームプリンシパルのヨスート・カピトは、それが彼の居場所に値することを証明する走りであったと信じている。

ニコラス・ラティフィ、待望のF1初ポイント 「アメージングな結果」

2021年8月2日
ニコラス・ラティフィ、待望のF1初ポイント 「アメージングな結果」 / ウィリアムズ F1ハンガリーGP 結果
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2021年F1ハンガリーGPを8位でフィニッシュ。待望のF1初ポイントを獲得した。

「チームにとってアメージングな結果だし、僕たちのためにとてもうれしく思う。チームは過去数レースでポイントのドアをノックしていたし、やっと2台がポイントを獲得し、チャンピオンシップで8位に順位を上げることができたのはアメージングだ」とニコラス・ラティフィはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム