アルボンとラティフィがギアボックス交換で5グリッド降格 / F1ロシアGP

2020年9月27日
アルボンとラティフィがギアボックス交換で5グリッド降格 / F1ロシアGP
アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)とニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)は、予選後にギアボックスを変更したため、F1ロシアGPの決勝で5グリッド降格ペナルティを科せられることになった。

アレクサンダー・アルボンは10番グリッドから15番グリッドに、ニコラス・ラティフィは19位から20位に降格する。

F1トスカーナGP 9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断

2020年9月13日
9周目:リスタートで4台が絡むクラッシュで赤旗中断/ F1トスカーナGP
F1トスカーナGPは、9周目に4台が絡むクラッシュが発生して赤旗中断となった。

オープニングラップでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がリタイアする接触事故によってセーフティカーが導入される。

F1ドライバー、退陣発表のウィリアムズ家に敬意「悲しい一日」

2020年9月4日
F1ドライバー、退陣発表のウィリアムズ家に敬意「悲しい一日」
ウィリアムズF1のドライバーであるジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは、退陣することが発表されたウィリアムズ家に敬意を表し、“悲しい一日”と称した。

先月、ドリルトン・キャピタルによるチーム買収を発表したウィリアムズF1は、9月3日(木)にウィリアムズ家がF1イタリアGPのチームの経営から退くこを発表した。

ウィリアムズF1、2021年もラッセル&ラティフィの続投が決定

2020年7月16日
ウィリアムズF1、2021年もラッセル&ラティフィの続投が決定
ウィリアムズF1は、2021年もジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィの二人がチームに残留することを発表した。

複数年契約を結んでいるジョージ・ラッセルは2021年末まで契約を延長していることが知られていたが、メルセデスF1の育成ドライバーの一員であるラッセルは、2021年にバルテリ・ボッタスに代わってメルセデスF1にステップアップする可能性が報じられていた。

ニコラス・ラティフィ 「チームのF1シミュレーターはゲームとは全然違う」

2020年6月20日
ニコラス・ラティフィ 「チームのF1シミュレーターはゲームとは全然違う」
ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズF1のファクトリーを訪れて開幕に向けて本格始動。チームの本格的なF1シミュレーターは、ロックダウン中に多くの時間を費やしたF1公式ゲーム『F1 2019』とは“全然違う”と語った。

来月の2020年のF1世界選手権の開幕にむけて、F1チームは準備を進めている。ファクトリーは、新型コロナウイルスの世界的な大流行によって7週間にわたって強制的に閉鎖されていたが、再び稼働を再開している。

ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィにゲーム配信について注意喚起

2020年4月23日
ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィにゲーム配信について注意喚起
ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズF1チームからバーチャルレースでのライブ配信について注意を促された。

今月、NASCARドライバーのカイル・ラーソンは、NASCAR公認のiRacingイベントのライブ配信中に人種差別的な発言をしたことで、所属チームであるチップ・ガナッシから解雇された。

ニコラス・ラティフィ 「ウィリアムズF1はアルファロメオと戦える」

2020年3月9日
ニコラス・ラティフィ 「ウィリアムズF1はアルファロメオと戦える」
2020年のF1世界選手権は、タイトル争いにほとんどの注意が向けられているが、興味深い戦いは最後尾で行われることになるかもしれない。

ウィリアムズは、2019年に最下位でシーズンを終えたが、昨年リザーブドライバーを務め、今年からレースドライバーに昇格したニコラス・ラティフィは新車FW43が“はるかに良くなっている”と語る。

F1 | ラティフィとストロールがアメリカのライセンスを取得した理由

2020年3月8日
F1 ラティフィとストロールがアメリカのライセンスを取得した理由
F1グリッドのカナダ人ドライバーであるランス・ストロールとニコラス・ラティフィは、2020年のF1世界選手権にむけてアメリカのライセンスを取得しなければならなかった。

各国にはNational Sporting Authority(ASN)があり、日本では日本自動車連盟(JAF)が公認を受けている。ドライバーは、FIAが認めた自国のASNからライセンスを取得する必要がある。

F1 | ニコラス・ラティフィ、ロズベルグが使用した“カーナンバー6”を選択

2020年1月20日
F1
今年ウィリアムズでF1デビューを果たすニコラス・ラティフィは、F1で使用する固定ナンバーとしてニコ・ロズベルグが使用していた“6”を選択したことを明らかにした。

昨年、F2をランキング2位で終えたニコラス・ラティフィは、2020年のF1世界選手権でジョージ・ラッセルのチームメイトとしてウィリアムズからF1デビューを果たす。
«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム