ニコラス・ラティフィ 「モータースポーツはいつもうまくいくとは限らない」

2022年11月21日
ニコラス・ラティフィ 「モータースポーツはいつもうまくいくとは限らない」 / F1最終戦
ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズ、そして、現時点でF1での最後のレースとなった2022年F1アブダビGPの決勝をリタイアで終えた。

今シーズン限りでウィリアムズを離れるニコラス・ラティフィにとってF1でのラストレースとなったF1アブダビGP。最後尾グリッドから後方でのレースを強いられたラティフィは39周目にミック・シューマッハ(ハースF1チーム)にヒットされてスピン。

ウィリアムズF1退団のニコラス・ラティフィ、インディカー転向報道に呆れる

2022年10月22日
ウィリアムズF1退団のニコラス・ラティフィ、インディカー転向報道に呆れる
ウィリアムズF1を今シーズン限りで退団するニコラス・ラティフィは、今週、2023年にF1からインディカーへの移行を予測した“質の悪いジャーナリズム”を非難した。

ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズ・レーシングで3シーズンを過ごした後に放出されることが決定しており、後任としてアメリカ人のローガン・サージェントの起用が今週末のF1アメリカGPで発表されるとも噂されている。

ニコラス・ラティフィ 鈴鹿F1史に爪痕を残したコースミスと今季初入賞

2022年10月10日
ニコラス・ラティフィ 鈴鹿F1史に爪痕を残したコースミスと今季初入賞 / F1日本GP
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、F1日本GPの金曜フリー走行で鈴鹿サーキットでコースを間違えて最終シケイン手前の旧ピットレーン入り口を曲がってしまい切り返すという記憶に残るシーンを提供した。

F1 TV放送では、ニコラス・ラティフィが車を非難しているように見えるラジオクリップが流れたが、彼は今、それが自分のミスだったことを正直に告白した。

【動画】 ニコラス・ラティフィ、FP2でコースを間違える / F1日本GP

2022年10月7日
【動画】 ニコラス・ラティフィ、FP2でコースを間違える / F1日本GP
ニコラス・ラティフィは、2022年F1日本GPのフリー走行2回目に鈴鹿サーキットでコースを間違えてファンの失笑を買った。

ファンが撮影してTwitterにアップした動画では最終シケイン手前の旧ピットレーン入り口を曲がってしまい切り返しているシーンが収められている。鈴鹿サーキットは初体験のニコラス・ラティフィだが、すでにFP1を経験している。

ニコラス・ラティフィ、F1日本GPで5グリッド降格ペナルティ

2022年10月5日
ニコラス・ラティフィ、F1日本GPで5グリッド降格ペナルティ
ウィリアムズのF1ドライバーであるニコラス・ラティフィは、シンガポールで周冠宇と衝突した後、F1日本GPで5グリッド降格のペナルティを受けた。

ウェットからドライへのレースの7周目、周冠宇は、ターン5の外側で18位を争っていたニコラス・ラティフィをパスしようとした。しかし、ラティフィは周冠宇をウォールに押し付けたように見え、接触によって周冠宇のマシンの右フロントコーナーは破壊され、その場でレースからリタイアを余儀なくされた。

周冠宇、接触のニコラス・ラティフィを痛烈批判 「意識の問題」

2022年10月3日
周冠宇、接触のニコラス・ラティフィを痛烈批判 「意識の問題」 / F1シンガポールGP 決勝
周冠宇(アルファロメオ)は、F1シンガポールGPで彼に接触し、両者リタイアに追い込んだニコラス・ラティフィの“意識”に疑問を呈した。

F1シンガポールGPの7周目のターン5でニコラス・ラティフィは左側のウォールに周冠宇を押し込んだ。接触で右フロントタイヤが壊れた周冠宇は、エスケープロードで悔しそうに手を振った。

ニコラス・ラティフィ 「デ・フリースに敗れたことが決定要因ではない」

2022年9月30日
ウィリアムズF1退団のニコラス・ラティフィ 「デ・フリースに敗れたことが決定要因ではない」
ニコラス・ラティフィは、F1イタリアGPで代役のニック・デ・フリースに敗れる前から、ウィリアムズが向かっていた「方向性を知っていた」と語る。

ウィリアムズは先週、レースドライバーとして3年間務めた後、2022年シーズンの終わりにニコラス・ラティフィからチームを離れることを発表した。

ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1を2022年限りで離脱することを発表

2022年9月23日
ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1を2022年限りで離脱することを発表
ニコラス・ラティフィが、ウィリアムズ・レーシングとの契約が満了する2022年限りでチームを離れることが発表された。

ニコラス・ラティフィは、2020年のF1オーストリアGPでウィリアムズ・レーシングから F1 デビュー。これまでに55回のグランプリスタートを果たし、2021年F1ハンガリーGPでのF1初ポイント獲得を含め、通算7ポイントを獲得している。

ウィリアムズF1代表 「ラティフィはアブダビのクラッシュで不振に陥った」

2022年9月19日
ウィリアムズF1代表 「ラティフィはアブダビのクラッシュで不振に陥った」
ウィリアムズ・レーシングのF1チーム代表を務めるヨースト・カピートは、ニコラス・ラティフィのアブダビでのクラッシュに対する否定的な反応が、今シーズンの彼のドライビングに影響を与えたと考えている。

ニコラス・ラティフィは、物議を醸したシーズンの終わりの偶発的な攻撃対象となった。彼の後半のクラッシュがセーフティカーをもたらし、タイトルレースを劇的に変えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム