ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィのシーズン途中の解雇を否定

2022年5月10日
ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィのシーズン途中の解雇を否定…しかし、オスカー・ピアストリを高く評価
ウィリアムズF1チームは、2022年シーズン中のニコラス・ラティフィの解雇の噂を否定。ラティフィのシートは「疑問の余地はない」と語った。

2022年シーズンが開幕してから、ミスを多発しているニコラス・ラティフィは、今季アルピーヌF1チームのリザーブドライバーとしてレースを離れているF2チャンピオンのオスカー・ピアストリにシートを奪われると噂されている。

ウィリアムズF1、シーズン途中でニコラス・ラティフィを解雇?

2022年5月4日
ウィリアムズF1、シーズン途中でニコラス・ラティフィを解雇?
ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィに満足していないのは明らかであり、彼がもたらす財政的支援にも関わらず、今シーズン中にドライバーを交代する可能性があると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語る。

今年、ウィリアムズF1で3シーズン目を迎えたニコラス・ラティフィだが、通算で7ポイントしか獲得できておらず、今年は新加入のアレクサンダー・アルボンが安定した競争力を発揮しているのに対し、ミスやクラッシュが目立っている。

ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1での将来に渦巻く噂

2022年4月28日
ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズF1での将来に渦巻く噂
ニコラス・ラティフィのウィリアムズF1での将来について噂が渦巻いている。

Sky Sports F1のテッド・クラヴィッツは、ウィリアムズF1がF2チャンピオンのオスカー・ピアストリをローン移籍させるというアルピーヌF1のオファーを検討しているとのパドックの噂を明かしている。

ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』

2022年4月9日
ラティフィ、接触のストロールに激怒『何をしていたのか分からない』 / F1オーストラリアGP予選
ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q1で接触事故を起こしたランス・ストロール(アストンマーティン)に怒りを露わにした。

ニコラス・ラティフィは、最初にランス・ストロールを先に行かせたが、セクター1でストロールは減速して、右側にスペースを開けていた。そのスペースにラティフィが入ると、ストロールは右にステアリングを切って両者はクラッシュ。ラティフィのマシンは大きなダメージを負った。

【動画】 ニコラス・ラティフィのリアブレーキが出火して爆発

2022年3月11日
【動画】 ニコラス・ラティフィのリアブレーキが出火して爆発 / F1バーレーンテスト 2日目
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、F1プレシーズンテスト2日目の早い段階で、FW44のブレーキから出火してコースアウト。マーシャルが消火にあたっている際に爆発するというトラブルがあった。

ニコラス・ラティフィの午前中の走行は、メインストレートでフロアの一部が壊れて中断されたが、その後はすべてが順調に進んでいるように見えた。

【動画】 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズF1 『FW44』 オンボード映像

2022年2月21日
【動画】 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズF1 『FW44』 オンボード映像
ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィが2022年F1マシン『FW44』でシルバーストン・サーキットを走行したオンボード映像をリリースした。

昨シーズンをランキング8位で終えたウィリアムズF1は、新しいレギュレーションが導入され、すべてのF1チームが白紙の状態からスタートする2022年シーズンが順位を上げるためのチャンスとして生かせることを期待している。

アレクサンダー・アルボンがFW44のシェイクダウンで感じた視界問題

2022年2月17日
F1:アレクサンダー・アルボンがFW44のシェイクダウンで感じた視界問題
ウィリアムズF1の2022年F1マシン『FW44』のシェイクダウンを行ったアレクサンダー・アルボンは、今シーズンの特定のトラックで2022年仕様のF1マシンが遭遇する可能性のある潜在的な視界の問題が浮き彫りになったと語る。

ウィリアムズF1は、2月15日(火)に2022年F1マシン『FW44』の新しいカラーリングを発表した後、シルバーストンでシェイクダウンを実施した。

ニコラス・ラティフィ 「FW44のカラーリングはコース上で“映える”はず」

2022年2月16日
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ 「FW44のカラーリングはコース上で“映える”はず」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2022年F1マシン『FW44』のカラーリングはコース上で“映える”だろうと語る。

ウィリアムズF1は2月15日(火)に『FW44』の発表イベントを開催。カラーリングは昨年のホワイトをベースにしたものから、ダークブルーに変更になり、チームのもうひとつのイメージカラーであるライトブルーに蛍光レッドのタッチが加えられた。

ニコラス・ラティフィ 「ハミルトンからサポートのメッセージを貰った」

2022年2月16日
F1:ニコラス・ラティフィ 「ハミルトンからサポートのメッセージを貰った」
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、昨年のF1アブダビGPの余波で殺害予告を含めた誹謗中傷を受けたことを告白した後、ルイス・ハミルトンを含めた多くのドライバーからサポートのメッセージを受け取ったと明かした。

ニコラス・ラティフィは、最終戦F1アブダビGPのレース終盤にクラッシュを喫してセーフティカーを登場させた。それがF1レースディレクターの物議を醸すルールの発令を誘発させ、マックス・フェルスタッペンの逆転勝利位とタイトル獲得を可能にした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム