2022年 F1ポイントランキング (第13戦ハンガリーGP終了時点)

2022年8月1日
2022年 F1ポイントランキング (第13戦ハンガリーGP終了時点)
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリが終了。マックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングが両方のチャンピオンシップでリードを広げた。

10番グリッドから大逆転勝利を収めたマックス・フェルスタッペン(レーシング)は、6位でフィニッシュしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)との差を80ポイントまで拡大。3位表彰台を獲得したジョージ・ラッセル(メルセデス)がカルロス・サインツJr.(フェラーリ)を抜いてランキング3位に浮上した。

F1ハンガリーGP 決勝:レッドブルF1のフェルスタッペンが逆転で今季8勝目

2022年8月1日
F1ハンガリーGP 決勝:レッドブルF1のフェルスタッペンが逆転で今季8勝目!メルセデスF1が2戦連続ダブル表彰台
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝が7月31日(日)にブダペストのハンガロリンクで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が優勝した。

スタート前に雨が降ったハンガロリンクだが、路面は気温18度、路面温度26度のドライコンディションで70周のレースはスタート。レース中に小雨が降る時間帯もあったが、最後までスリックタイヤでのレースとなった。

F1ハンガリーGP 決勝 速報:マックス・フェルスタッペンが優勝!

2022年7月31日
F1ハンガリーGP 決勝 速報:マックス・フェルスタッペンが優勝!角田裕毅は19位
F1ハンガリーGP決勝の結果速報。2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝レースが7月31日(日)にハンガロリンクで行われた。

優勝はマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。10番グリッドからスタートタイヤにソフトを選択したことが奏功。ミディアムでスタートしたフェラーリ勢とは異なり、第3スティントにミディアムを選択できたことが有利に働き、今季8勝目を挙げた。

F1ハンガリーGP 予選:メルセデスF1のジョージ・ラッセルが初ポール獲得

2022年7月31日
F1ハンガリーGP 予選:メルセデスF1のジョージ・ラッセルが初ポール獲得!フェラーリの2台が続く
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選が7月30日(土)にブダペストのハンガロリンクで行われ、ジョージ・ラッセル(メルセデス)がポールポジションを獲得した。

直前に行われたFP3はウェットコンディションだったが、予選は天気予報に反してドライコンディション。各チームは初日のデータを頼りに予選走行に向けてセットアップを変更することになった。

F1ハンガリーGP 予選 速報:ジョージ・ラッセルが初ポール獲得!

2022年7月31日
F1ハンガリーGP 予選 速報:ジョージ・ラッセルが初ポール獲得!フェルスタッペン10番手
F1ハンガリーGP 予選の結果速報。2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの公式予選が7月30日(土)にハンガロリンクで行われた。

ドライコンディションで行われた予選。ポールポジションを獲得したのはジョージ・ラッセル(メルセデス)。2番手にはカルロス・サインツJr.、3番手にはシャルル・ルクレールとスクーデリア・フェラーリの2台が続いた。

F1ハンガリーGP 予選Q2:レッドブルF1のセルジオ・ペレスが敗退

2022年7月30日
F1ハンガリーGP 予選Q2:レッドブルF1のセルジオ・ペレスが敗退
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選Q2が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)がトップで通過した。

15台から10台に絞り込まれる15分間のQ2。今年、トップ10ドライバーは決勝でQ2をタイムを出したタイヤでスタートするというルールは撤廃され、Q3に進出したドライバーも決勝で自由にタイヤを選べるようになっている。

F1ハンガリーGP 予選Q1:アルファタウリF1が2台揃って敗退

2022年7月30日
F1ハンガリーGP 予選Q1:アルファタウリF1が2台揃って敗退
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの予選Q1が行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップで通過した。

雨は上がり、18分間のQ1セッションは気温22度、路面温度30度のドライコンディションでスタート。このセッションでは5台が脱落。全ドライバーがソフトタイヤを使用した。

F1ハンガリーGP FP3:ラティフィがウェット最速でウィリアムズが1-3

2022年7月30日
F1ハンガリーGP FP3:ラティフィがウェット最速でウィリアムズが1-3 ベッテルがクラッシュ
2022年F1第13戦ハンガリーグランプリのフリー走行3回目が7月30日(土)にブダペストのハンガロリンクで行われ、ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)がトップタイムをマークした。

セッション開始前に大粒の雨が降り、気温19度、路面温度22度のウェットコンディションで60分のFP3セッションはスタート。終盤にかけて雨は上がったが、路面は最後までウェットのまま進行した。

F1ハンガリーGP フリー走行3回目 速報:ニコラス・ラティフィがトップ

2022年7月30日
F1ハンガリーGP フリー走行3回目 速報:ニコラス・ラティフィがトップ 角田裕毅は17番手
F1ハンガリーGP フリー走行3回目の結果速報。2022年F1第13戦ハンガリーグランプリのFP3セッションが7月30日(土)にハンガロリンクで行われた。

土曜日のハンガロリンクの天候は雨。気温19度、路面温度22度のウェットコンディションで60分間のセッションはスタート。序盤は大粒の雨が降っていたが、終盤は雨が上がり、路面コンディションが変化するなかでセッションは行われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム