メルセデスF1代表 「クビサはあの事故がなければF1王者になっていた」

2019年12月5日
メルセデスF1代表 「クビサはあの事故がなければF1王者になっていた」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ロバート・クビサはラリーでの事故がなければF1ワールドチャンピオンになったいたと考えており、今後は“異なる役割でのワールドチャンピオン”になるだろうと語る。

今年、2011年のラリー事故から8年ぶりにウィリアムズで奇跡ともいえるF1復帰を果たしたロバート・クビサだが、結果を残すことができず、1シーズンでグリッドを離れることになった。

ロバート・クビサ 「ウィリアムズは僕の経験をほとんど活用しなかった」

2019年11月29日
ロバート・クビサ 「ウィリアムズは僕の経験をほとんど活用しなかった」
ロバート・クビサは、ウィリアムズは2019年に自分の経験を最大限に生かしていなかったと語る。

F1アブダビGPが“おそらく”F1でのラストレースだと認めるロバート・クビサは、来年はDTMへの参戦にターゲットにしており、スポンサーのPKNオーレンの次の動きを補完するためにF1でリザーブドライバーの役割と組み合わせることを目指している。

ハースF1チーム代表 「ロバート・クビサからの来週までの回答を期待」

2019年11月28日
ハースF1チーム代表 「ロバート・クビサからの来週までの回答を期待」
ハースのF1チーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ロバート・クビサに2020年のテスト兼開発ドライバーとしてのオファーしていることを認め、来週までに回答をもらえることを期待していると語る。

今年、ラリーでの事故から8年ぶりにF1復帰を果たしたロバート・クビサだが、期待外れなシーズンに終わり、今シーズン限りでウィリアムズを去る決断を下した。

ロバート・クビサ、レーシングポイントとリザーブドライバー契約との報道

2019年11月25日
ロバート・クビサ、レーシングポイントとリザーブドライバー契約との報道
ロバート・クビサが、2020年のレーシング・ポイントF1チームのリザーブドライバーとして契約し、来季はDTM(ドイツツーリングカー選手権)にも参戦すると報じられている。

今年、2011年のラリー事故から8年ぶりにウィリアムズでF1復帰を果たしたロバート・クビサだが、今シーズン限りでチームを離れることをすでに決定している。

ロバート・クビサ、マックス・フェルスタッペンとのニアミス事故を謝罪

2019年11月19日
ロバート・クビサ、マックス・フェルスタッペンとのニアミス事故を謝罪
ロバート・クビサは、F1ブラジルGPのピットストップ時のマックス・フェルスタッペンとのニアミス事故を謝罪した。

マックス・フェルスタッペンは、F1ブラジルGPで優勝したが、1回目のピットストップ時にロバート・クビサのウィリアムズのマシンが目の前に飛び出し、タイムロスを強いられた。

ロバート・クビサ 「ハースが縁石を濡らしたことによる不運なクラッシュ」

2019年11月16日
ロバート・クビサ 「ハースが縁石を濡らしたことによる不運なクラッシュ」 / F1ブラジルGP初日
ウィリアムズのロバート・クビサは、F1ブラジルGPのフリー走行2回目にクラッシュ。前を走っていたマグヌッセンがコースオフして縁石に水をかけたことが原因での事故に“本当にショックを受けている”と語る。

ウィリアムズの開発ドライバーであるニコラス・ラティフィにFP1を譲ったロバート・クビサは、FP2のわずか数分でセナSの途中で体勢を崩してウォールにクラッシュした。

ハースF1、ロバート・クビサに2021年のF1シートを含めてオファー?

2019年11月5日
ハースF1、ロバート・クビサに2021年のF1シートを含めてオファー?
ハースのF1チーム代表ギュンター・シュタイナーは、2020年以降もロバートクビサと契約することに非常に熱心だと語る。

今年限りでウィリアムズを去ることが決定しているロバート・クビサは、2020年にF1チームの開発ドライバーの役割を受け入れる可能性があると報じられており、ハースとレーシングポイントにリンクされている。

ウィリアムズ、ロバート・クビサに要求「批判的な会話はチーム内で」

2019年10月31日
ウィリアムズ、ロバート・クビサに要求「批判的な会話はチーム内で」
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィライムズは、ロバート・クビサに対して、苦戦を強いられているチームへの批判を“内部的”に議論してくれることが好ましいと要求した。

ロバート・クビサ自身はそれを否定しているが、今シーズン限りで去ることが決定ているウィリアムズとの関係が悪化しているのは明らかだ。

「状況は簡単ではないが、僕はまだチームと良い関係を保っている」とロバート・クビサは語っている。

ロバート・クビサ 「ウィリアムズとの間に軋轢はない」

2019年10月26日
ロバート・クビサ 「ウィリアムズとの間に軋轢はない」
ロバート・クビサは、F1日本GP後にチームを批判したが、ウィリアムズとの間の軋轢は否定した。

F1日本GPで、ロバート・クビアは金曜日に新型フロントウイングを試して好感触を得ていたが、ウィリアムズは予選と決勝にむけて旧型に戻すことをクビサに説明せずに決断したことで怒りを露わにしていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム