ロバート・クビサ、F1ハンガリーGPでもフリー走行1回目に出走

2020年7月17日
ロバート・クビサ、F1ハンガリーGPでもフリー走行1回目に出走 / アルファロメオF1
ロバート・クビサは、2020年のF1世界選手権 第3戦 F1ハンガリーGPのフリー走行1回目に再びアルファロメオ C39を走らせる。

昨年末でウィリアムズF1を離れたロバート・クビサは、今年アルファロメオF1の公式リザーブドライバーに就任。プレシーズンテストでC39を走らせていたクビサは、第2戦F1シュタイアーマルクGPのフリー走行1回目に再び活動を開始した。

ロバート・クビサ、F1シュタイアーマルクGPのFP1に出走

2020年7月8日
ロバート・クビサ、F1シュタイアーマルクGPのFP1に出走 / アルファロメオF1
アルファロメオF1は、F1シュタイアーマルクGPのフリー走行1回目にロバート・クビサがアントニオ・ジョビナッツィに代わって出走することを発表した。

2019年にウィリアムズでF1復帰を果たしたロバート・クビサは、今季はアルファロメオF1のリザーブドライバーに就任。プレシーズンテストは新車C39で午前中に2回の走行を行っていた。

ニック・ハイドフェルド 「ロバート・クビサの態度は好きではなかった」

2020年4月23日
ニック・ハイドフェルド 「ロバート・クビサの態度は好きではなかった」 / F1見聞録
元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、10年以上前にBMWザウバーで4シーズンをチームメイトとして過ごしたロバート・クビサの態度に満足していなかったと明かす。

ニック・ハイドフェルドは、昨年のロバート・クビサのF1復帰は“驚くべき”ことだと称賛し、これまでのチームメイトのなかで最も“完成された”ドライバーだったとしつつも、決して良好な関係ではなかったと語る。

ロバート・クビサ 「ゲームがリアルなF1に取って代わるわけがない」

2020年4月23日
ロバート・クビサ 「ゲームがリアルなF1に取って代わるわけがない」
アルファロメオF1のリザーブドライバーを務めるロバート・クビサは、ゲームがリアルのレースに取って代わることはなどないと断言する。

F1は、新型コロナウイルスによる中断期間を利用して公式F1ゲーム『F1 2019』を使ったバーチャルGPを開催。すでに3回の大会が行われ、7名の現役F1ドライバーが参加している。

ロバート・クビサ 「マックス・フェルスタッペンはすべてのエリアで強い」

2020年4月23日
ロバート・クビサ 「マックス・フェルスタッペンはすべてのエリアで強い」 / レッドブル・ホンダF1
2019年に1年だけのF1復帰となったロバート・クビサだが、ライバルたちの活躍を目のあたりにしたなかで、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンに感銘を受けたと語る。

競争力に欠けるウィリアムズで勝利を合わそうことができなかったロバート・クビサだが、現世代に最高のドライバーについて質問された際に挙げた名前は意外にもマックス・フェルスタッペンだった。

F1:ロバート・クビサ、フォーミュラEマシンを極秘にテスト

2020年4月20日
F1:ロバート・クビサ、フォーミュラEマシンを極秘にテスト
ロバート・クビサは、フォーミュラEマシンを極秘にテストしていたことを認めた。

昨年、ウィリアムズのF1シートを失ったロバート・クビサは、2020年にアルファロメオ・レーシングのリザーブドライバーに就任。平行してDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦することが決定している。

元フェラーリF1代表 「アロンソとクビサが組んでいたら楽しかっただろう」

2020年4月8日
元フェラーリF1代表 「アロンソとクビサが組んでいたら楽しかっただろう」
フェラーリF1チームでフェルナンド・アロンソとロバート・クビサが組んだら“楽しかった”だろう。そう語るのは元チーム代表のステファノ・ドメニカリだ。

ロバート・クビサは、2012年のF1世界選手権でフェルナンド・アロンソのチームメイトとしてフェラーリでレースをする契約を結んでいた。しかし、ルノーに所属していた2011年のF1シーズン開幕戦、イタリアで開催された“ラリー・ロンデ・ディ・アンドラ”に参戦した際にガードレールにクラッシュし、生死に関わるほどの大怪我を負った。

ロバート・クビサ 「F1復帰がウィリアムズじゃなければ・・・」

2020年3月5日
ロバート・クビサ 「F1復帰がウィリアムズじゃなければ・・・」
ロバート・クビサは、昨年もっと良いマシンでF1復帰できていれば、今でもF1でレースをしていたと考えている。

代わりにロバート・クビサは、現在アルファロメオ・レーシングのリザーブドライバーを務めており、2020年はBMWのカスタマーチームからDTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦する。

F1 | ロバート・クビサ、初日の最速タイムを記録も「あまり意味はない」

2020年2月27日
F1 ロバート・クビサ、初日の最速タイムを記録も「あまり意味はない」
アルファロメオ・レーシングのロバート・クビサは、2回目のF1バルセロナテスト初日のトップタイムを記録したが、現時点で最速であることはあまり意味のないことだと語る。

ロバート・クビサは、ウィリアムズを離れて今年アルファロメオ・レーシングでリザーブドライバーとなり、BMWからDTMに初参戦することが決定しているが、両方のプレシーズンテストでアルファロメオ・レーシングの新車C39で走行する機会を与えられた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム