ロバート・クビサ、2019年のF1シート獲得に11億円の持参金を用意

2018年10月18日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2019年のウィリアムズのF1シートを獲得するために1000万ドル(約11億円)の持参金を用意したと報じられている。

Sport Express の報道によると、ポーランドの石油会社PKNオーレンが、ロバート・クビサのスポンサー料金として1000万ドルを投じる用意があると報道。

トロロッソ・ホンダ、ロバート・クビサの起用も検討?

2018年9月20日
F1 ロバート・クビサ トロロッソ・ホンダ
ロバート・クビサは、2019年のF1の選択肢はウィリアムズだけではないと語り、トロロッソ・ホンダも候補チームとして浮上している。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、最近、2019年のロバート・クビサが2019年のトロロッソ・ホンダのドライバー候補であることを示唆している。

ロバート・クビサ 「F1が駄目なら来季は他のカテゴリーを検討」

2018年9月12日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサは、2019年にF1シートを獲得できなかった場合は他のカテゴリーへ転向することになるだろうと語る。

ロバート・クビサは、2011年のプレシーズンに参戦したラリーで重傷を負ったことで、2010年の最終戦以降はF1でレースをしていない。

クレア・ウィリアムズ 「ストロールの後任候補はクビサ」

2018年9月11日
F1 ロバート・クビサ
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、ランス・ストロールがフォースインディアに移籍することになった場合、ロバート・クビサが後任を務める“可能性が高い”と語る。

カナダの大富豪であるローレンス・ストロールがチームを救済したことで、ランス・ストロールは近い将来レーシングポイント・フォースインディアに移籍するのは確実だと考えられている。

ロバート・クビサ、F1レース復帰の可能性も「推測の部分が大きい」

2018年9月5日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2018年シーズン後半にウィリアムズでF1復帰を果たすという推測にはあまり耳を傾けるつもりはないと語る。

噂では、ランス・ストロールが早ければロシアGPでウィリアムズを離脱し、父が買収したフォースインディアに移籍するとされている。

ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、シーズン中にドライバーが変更になる場合に代役を務めるのはロバート・クビサだと語っている。

ウィリアムズ 「ストロールが離脱した場合の代役はクビサ」

2018年9月2日
F1 ウィリアムズ ロバート・クビサ
ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、シーズン中にドライバーが変更になる場合に代役を務めるのはロバート・クビサだと述べた。

父親のローレンス・ストロールがチームを買収したことで、ランス・ストロールはシンガポールもしくはロシアでウィリアムズを離れてレーシングポイント・フォースインディアに加入すると強く噂されている。

ロバート・クビサ 「レースをしない役割を楽しめているのは“嬉しい驚き”」

2018年8月20日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、ウィリアムズでのF1テストドライバーとしての役割を楽しめているのは“嬉しい驚きだった”とし、他のドライバーがレースをするのを観るのはもっと難しいことだと予想していたと語る。

今年、ウィリアムズのリザーブ兼テストドライバーを務めるロバート・クビサは、これまでスペインとオーストリアでのフリー走行、そして5回の公式テストでF1マシンを走らせている。

ロバート・クビサ、ベルギーGPでレース復帰?オコンがマクラーレン?

2018年8月19日
F1 ロバート・クビサ
ランス・ストロールのフォース・インディア移籍、ロバート・クビサのウィリアムズでのF1復帰、そして、エステバン・オコンのマクラーレン移籍が来週末のF1ベルギーGPで起こる可能性があると Sky F1 のマーク・ヒューズが Motorsport Magazine で語っている。

「カルロス・サインツが2019年にフェルナンド・アロンソの後任としてマクラーレンと契約したことでドライバーマーケットのジグソーパズルのもうひとつのピースがはまった」とマーク・ヒューズは語る。

ロバート・クビサ 「70%は左手、30%を右手でドライブしている」

2018年8月18日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、負傷からの復帰後は、F1マシンを“70%は左手、30%を右手”でドライブしていると表現した。

今年、ウィリアムズのリザーブドライバーを務めるロバート・クビサ(33歳))は、これまで5日間の公式テストと2度のフリープラクティスで走行し、右腕に制約はあるものの、左手の技術のおかげでF1マシンのドライビングに適応している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム