ルイス・ハミルトン、2022年版スポーツ長者番付でトップ10圏外に転落

2022年5月16日
F1:ルイス・ハミルトン、2022年版スポーツ長者番付でトップ10圏外に転落
米経済誌フォーブスは、2022年版のスポーツ選手の長者番付を発表。7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、2022年版スポーツ長者番付でトップ10圏外に転落した。

ルイス・ハミルトンは、2017年に10位、2021年は8位にランクインして過去に2回トップ10にランクインしている。

ルイス・ハミルトン、ジョージ・ラッセルの好調ぶりで“不機嫌”に?

2022年5月12日
メルセデスF1のルイス・ハミルトン、ジョージ・ラッセルの好調ぶりで“不機嫌”に?
2022年のルイス・ハミルトンの問題は、単に競争力ないメルセデスF1マシンだけではない。F1レジェンドのニキラウド・の息子であるマティアス・ラウダによると、今年、7回のF1ワールドチャンピオンがとても「不機嫌」なのは、新しいチームメイトのジョージ・ラッセルのせいでもあると語る。

「彼はミッドフィールドで戦うことに本当に苦労している」とマティアス・ラウダはServusTVに語った。

マイアミGPはメルセデスF1の“政権交代”が表面化したレース週末?

2022年5月12日
マイアミGPはメルセデスF1の“政権交代”が表面化したレース週末?
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、F1マイアミGPはメルセデスF1の“政権交代”が表面化したレース週末だったとし、ジョージ・ラッセルがトップに立ったと主張する。

バーレーンでの開幕戦を除けば、ルイス・ハミルトンは、2022年シーズンのすべてのレースで、チームメイトのジョージ・ラッセルの後ろでレースをフィニッシュしている。だが、ハミルトンがイモラでポイントを落としたのに対し、ラッセルはすべてのレースをトップ5以内でフィニッシュしている。

ハミルトン、アクセサリー禁止令に反抗的 「次回は時計を4つ着けてくる」

2022年5月11日
F1:ルイス・ハミルトン、アクセサリー禁止令に反抗的 「次回は時計を4つ着けてくる」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、FIA(国際自動車連盟)によるアクセサリー禁止の動きに反抗的だ。

初開催のマイアミGPに先立ち、F1レースディレクターのニールス・ウィティヒは、コックピット内でアクセサリー禁止と耐火性下着の着用の取り締まりを強化し、F1チームに精査シートを提出するよう求めた。

ルイス・ハミルトン、ピットの判断を迫られ不満爆発「僕に決断させるな」

2022年5月11日
ルイス・ハミルトン、ピットの判断を迫られ不満爆発「僕に決断させるな」 / メルセデス F1 マイアミGP 決勝
ルイス・ハミルトンは、F1マイアミGP終盤のセーフティカー期間中にメルセデスF1チームが自分にピットインするかどうかの決定を委ねたことを疑問に思っている。

F1マイアミGPでルイス・ハミルトンはチームメイトのジョージ・ラッセルに次ぐ6位でフィニッシュ。ラッセルは、第1スティントを長く走り、セーフティカーを利用して、新しいミディアムタイヤに交換するピットストップを行って順位をキープした。

ルイス・ハミルトン 「運勢が変わるまでは頑張り続けるしかない」

2022年5月9日
ルイス・ハミルトン 「運勢が変わるまでは頑張り続けるしかない」 / メルセデス F1 マイアミGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1マイアミGPの決勝を6位で終えた。

6番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、スタートで順位を落とすも、それをリカバーして再び6番手でレースを進めていた。しかし、セーフティカーのタイミングがハードタイヤで第1スティントを延ばしていたチームメイトのジョージ・ラッセルに有利に働き、ステイアウトしたハミルトンは古いタイヤで為す術なく抜かれて7位でチェッカーを受けた。

ルイス・ハミルトン 「僕たちが望むスピードで前進できていない」

2022年5月8日
ルイス・ハミルトン 「僕たちが望むスピードで前進できていない」 / メルセデス F1 マイアミGP 予選
ルイス・ハミルトン(メルセデスF1)は、2022年F1第5戦マイアミGPの予選を6番手で終えた。

今週末、複数のアップグレードをW13に導入したメルセデスF1は、金曜日のフリープラクティスでは、ポーパシングの問題を含めて改善の兆しが見えていたが、土曜日には再び激しいバウンシングが見られた。

ハミルトンとベッテルの抗議は「幼稚」だと元F1ドライバー

2022年5月8日
ハミルトンとベッテルの抗議は「幼稚」だと元F1ドライバー
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、FIA(国際自動車連盟)によるアクセサリ―と非耐火性の下着の着用するという決定に対して抗議しているルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは「幼稚」だと非難した。

初開催のマイアミGPに先立ち、F1レースディレクターのニールス・ウィティヒは、コックピット内でアクセサリーを着用することの取り締まりを強化し、F1チームに精査シートを提出するよう求めた。

ルイス・ハミルトン 「まだバウンシングは治っていないけど改善している」

2022年5月7日
ルイス・ハミルトン 「まだバウンシングは治っていないけど改善している」 / メルセデス F1 マイアミGP 金曜フリー走行
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1第5戦マイアミGPの金曜フリー走行を4番手タイムで終えた。

メルセデスF1は、今週末のマイアミGPにフロントウイングやリアウイングを含めたアップデートを投入。午後の重い燃料ではバウンシングがまだ顔を出したが、午前中の暑さのなかでは軽減されていた。チームメイトのジョージ・ラッセルはFP2でトップタイムを記録しており、ハミルトンも改善を感じていると語る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム