ルイス・ハミルトン フェラーリとのル・マン24時間レースは「興味なし」

2024年6月18日
ルイス・ハミルトン フェラーリとのル・マン24時間レースは「興味なし」
ルイス・ハミルトンは、2025年F1シーズンにメルセデスからスクーデリア・フェラーリに移籍するが、フェラーリとル・マン24時間レースに出場することに興味はないようだ。

フェラーリは日曜日、ニクラス・ニールセン、アントニオ・フォーコ、ミゲル・モリーナの50号車が世界耐久選手権の名物イベントでトップでチェッカーフラッグを受け、ル・マン24時間レースで2年連続の優勝を果たした。

ルイス・ハミルトン フェラーリF1に黒基調カラー要求の噂に「ノー」

2024年6月15日
ルイス・ハミルトン フェラーリF1に黒基調カラー要求の噂に「ノー」
ルイス・ハミルトンは、2025年F1シーズンにメルセデスからフェラーリに移籍した後、フェラーリに黒を基調としたカラーリングを採用するよう働きかけるという見方を否定した。

今年初め、ルイス・ハミルトンはメルセデスとの長く成功した関係に終止符を打ち、2025年からスクーデリア・フェラーリと複数年契約で移籍することを発表してF1界を揺るがした。

ジョージ・ラッセル 「ルイス・ハミルトンとは信頼してバトルができる」

2024年6月12日
ジョージ・ラッセル 「ルイス・ハミルトンとは信頼してバトルができる」 F1
ジョージ・ラッセルは、F1カナダGPの終盤でルイス・ハミルトンとホール・トゥ・ホイールのバトルをした際に、ハミルトンを「信頼」できると確信したと語った。

ラッセルは日曜日のレースの大半で経験豊富なチームメイトの先頭を走っていたにもかかわらず、最終シケインでマクラーレンのオスカー・ピアストリを追い抜こうとしたことでハミルトンの後ろに後退した。

ルイス・ハミルトン F1カナダGP「これまでで最悪のドライブのひとつ」

2024年6月10日
ルイス・ハミルトン F1カナダGP「これまでで最悪のドライブのひとつ」
ルイス・ハミルトンは、2024年F1第9戦カナダGPの決勝を4位でフィニッシュ。ウェットからドライに変わった終盤に表彰台争いから脱落したことに意気消沈し、「自分にとってはかなり残念な週末だった」と語った。

ハミルトンは、アップグレードされたメルセデスがペースの向上を見せた土曜日の最終プラクティスセッションでレッドブルのマックス・フェルスタッペンとチームメイトのジョージ・ラッセルをリードしたが、予選になるとタイヤ関連の苦戦により2人に追いつくことができなかった。

ルイス・ハミルトン F1カナダGP初日「メルセデスは上位に近づいている」

2024年6月8日
ルイス・ハミルトン F1カナダGP初日「メルセデスは上位に近づいている」
ルイス・ハミルトンは、2024年F1第9戦カナダGP初日のフリー走行を7番手で終了。雨の影響を受けた2回のプラクティスセッションから得られた限られたデータにもかかわらず、メルセデスがF1のトップに近づいていると信じている。

メルセデスがモナコで走らせた新型フロントウィングと連動する改良型フロントサスペンションのウィッシュボーンを導入した。このウイングは、シーズン当初の分離されたショートコードトッププレーンよりも、より伝統的な上部エレメントデザインを採用している。

ルイス・ハミルトン 2026年F1マシンの30kgの軽量化計画は「不十分」

2024年6月7日
ルイス・ハミルトン 2026年F1マシンの30kgの軽量化計画は「不十分」
ルイス・ハミルトンは、2026年に導入される新型F1マシンの30kgの軽量化計画は「正しい方向」への一方だとしながらも「不十分」であると主張した。

FIA(国際自動車連盟)は、今後のF1レギュレーションの全面見直しに関するガイドラインを発表し、その見出しは「より軽く、より機敏な車」という目標を達成したことを強調している。

フェラーリF1代表 ハミルトンとルクレールの“共喰い”は懸念せず

2024年6月5日
フェラーリF1代表 ハミルトンとルクレールの“共喰い”は懸念せず
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるフレデリック・バスールは、ルイス・ハミルトンの加入によって、チームメイトのシャルル・ルクレールが互いにポイントを奪い合い、チームのF1タイトル獲得のチャンスが損なわれるようなリスクはないと主張している。

フェラーリは、2025年にハミルトンをルクレールのチームメイトとして迎え入れる準備を進めており、F1のトップに返り咲くことができる新しい時代の始まりとなることを期待している。

ハミルトン マクラーレンF1の勝利は「メルセデスの問題がPUではない証拠」

2024年6月3日
ルイス・ハミルトン マクラーレンF1の勝利は「メルセデスの問題がPUではない証拠」
ルイス・ハミルトンは、マクラーレンがF1で真のレースウィナーとしての地位を確立したことは、メルセデスが苦戦している要因がエンジンではないことを証明していると主張している。

マクラーレンは昨シーズン、未完成のマシンでポイント獲得に苦戦していたが、シーズン半ばのアップデートにより、レッドブルの最も安定したライバルとして台頭した。

ルイス・ハミルトン フェラーリF1に側近をつれずに単身での移籍を準備

2024年6月2日
ルイス・ハミルトン フェラーリF1に側近をつれずに単身での移籍を準備
ルイス・ハミルトンは、2025年にスクーデリア・フェラーリに移籍する際、メルセデスから馴染みの顔ぶれが彼についてくる必要はないとし、単独で加入する準備ができていると認めた。

今シーズンの開幕前夜、ルイス・ハミルトンはメルセデスとの契約条項を発動し、フェラーリへの移籍に合意したと発表されたことで、F1ドライバー市場に火をつけた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム