F1:フェルスタッペンvsハミルトン、お互いへの信頼で成り立つ好バトル

2021年5月6日
F1:フェルスタッペンvsハミルトン、お互いへの信頼で成り立つ好バトル
2021年のF1タイトルを争うルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、お互いを信頼しているからこそ、躊躇せずに激しいバトルができているとそれぞれに語る。

F1ポルトガルGPは、マックス・フェルスタッペンがリスタート後にルイス・ハミルトンを抜いたが、すぐに順位を取り戻したハミルトンがレースを制し、フェルスタッペンに対するチャンピオンシップのリードを8ポイントに広げた。

ルイス・ハミルトン、逆転優勝「このようなレースのために生きている」

2021年5月3日
ルイス・ハミルトン、逆転優勝「このようなレースのために生きている」 / メルセデス F1ポルトガルGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2021年のF1世界選手権 第3戦 F1ポルトガルGPの決勝で今季2勝目を挙げた。

2番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、セーフティカーの後の7周目のリスタートでマックス・フェルスタッペンに抜かれて3番手に順位を落とすも、11周目に抜き返すと、20周目にチームメイトのバルテリ・ボッタスを抜いてトップに浮上。

ルイス・ハミルトン 「ラップをまとめることができなかった」

2021年5月2日
ルイス・ハミルトン 「ラップをまとめることができなかった」…通算100回目のポールは預け / F1ポルトガルGP 予選
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1ポルトガルGPの予選で0.007秒差でチームメイトのバルテリ・ボッタスに敗れ、100回目のポールポジションはお預けとなった。

昨年のF1ポルトガルGPでポールポジションを獲得していたルイス・ハミルトンだったが、Q3の走行ではバルテリ・ボッタスを倒すために十分な速さでラップを繋ぎ合わせることができなかった。

ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダとのポール争いは接戦になる」

2021年5月1日
ルイス・ハミルトン 「レッドブル・ホンダとのポール争いは接戦になる」 / メルセデス F1ポルトガルGP 金曜フリー走行
メルセデスはF1ポルトガルGPの金曜日の両方のプラクティスセッションでタイムシートのトップに立ったが、ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの二人ともが、予選ではレッドブル・ホンダとポールポジションをかけたエキサイティングな戦いになると予想する。

FP1ではバルテリ・ボッタスがマックス・フェルスタッペンにわずか0.025秒差でトップタイムをマークしたが、FP2ではルイス・ハミルトンがその差を0.143秒差まで広げた。

マックス・フェルスタッペン、ハミルトンと“肩がぶつかった”騒動を説明

2021年5月1日
F1:マックス・フェルスタッペン、ハミルトンと“肩がぶつかった”騒動を説明
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1エミリア・ロマーニャGPの予選後に話題となったルイス・ハミルトンと“肩がぶつかった”件についてコメントした。

F1エミリア・ロマーニャGPではルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。マックス・フェルスタッペンはチームメイトのセルジオ・ペレスの後塵を拝して3番手だった。

フェルスタッペンとハミルトンのライバル関係が激化?あるシーンが話題

2021年4月30日
F1:フェルスタッペンとハミルトンのライバル関係が激化? あるシーンが話題
マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンがF1エミリア・ロマーニャGP後の予選で見せたあるシーズンが話題になっている。ヨス・フェルスタッペンもそこに注目する一人だ。

F1エミリア・ロマーニャGPではルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。マックス・フェルスタッペンはチームメイトのセルジオ・ペレスの後塵を拝して3番手だった。

レッドブルF1幹部 「ハミルトンはフェルスタッペンの脅威に困惑している」

2021年4月30日
レッドブルF1幹部 「ハミルトンはフェルスタッペンの脅威に困惑している」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、絶対王者ルイス・ハミルトンが突然ミスを犯しているのは、マックス・フェルスタッペンからの本格的な挑戦に対処することに苦労しているからだと語る。

F1エミリア・ロマーニャGPでは、いつもは冷静なルイス・ハミルトンがバックマーカーを抜くことを焦って濡れた路面に足元をすくわれてコースアウトしてノーズを壊すいう、ハミルトンらしくないミスを犯した。

レッドブルF1代表 「イモラでのルイス・ハミルトンは非常に幸運だった」

2021年4月28日
レッドブルF1代表 「イモラでのルイス・ハミルトンは非常に幸運だった」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エミリア・ロマーニャGPでメルセデスF1のルイス・ハミルトンが2位表彰台まで挽回できたのは“非常に幸運だった”と語る。

ルイス・ハミルトンは、レース中盤に周回遅れのジョージ・ラッセルを抜こうといて濡れた路面でコースアウトを喫してフロントウイングを壊し、グラベルで立ち往生。なんとかグラベルから脱出したが、周回遅れになっていた。

レッドブルF1幹部 「ラッセルの事故なしでハミルトンの2位はなかった」

2021年4月26日
レッドブルF1幹部 「ラッセルの事故なしでハミルトンの2位はなかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルのクラッシュがなければ、ルイス・ハミルトンが2位表彰台を獲得することはなかったとラッセルを非難するメルセデスF1のトト・ヴォルフを皮肉った。

メルセデスF1の育成ドライバーであるウィリアムズのジョージ・ラッセルは、F1エミリア・ロマーニャGPで親チームのバルテリ・ボッタスをリタイアさせたことで、メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフに非難された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム