ウィリアムズF1技術者 「ラッセルはハミルトンとバトンの中間のスタイル」

2022年1月15日
ウィリアムズF1技術者 「ラッセルはハミルトンとバトンの中間のスタイル」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルが、ルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンの中間のような独特なドライビングスタイルを持っていると感じている。

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、2019年にウィリアムズでF1デビュー。グローブのチームで3シーズンを過ごした後、2022年にメルセデスF1に昇格し、これまでのキャリアで最大の挑戦に備えている。

アラン・プロスト 「ルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は五分五分」

2022年1月13日
アラン・プロスト 「ルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は五分五分」
アラン・プロストは、沈黙を続けるルイス・ハミルトンがF1を続ける可能性は「五分五分」だと考えている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのF1レースディレクターのマイケル・マシが決定した物議を醸すセーフティカー手順の後、最終ラップでライバルであるマックス・フェルスタッペンにリードを奪われてタイトルを失った。

ジョージ・ラッセル 「ハミルトンとチームとして協力することが鍵」

2022年1月7日
メルセデスF1加入のジョージ・ラッセル 「ハミルトンとチームとして協力することが鍵」
メルセデスF1に移籍したジョージ・ラッセルは、F1の新しいレギュレーションのサイクル初期段階はチームの急速な発展を意味するため、2022年はルイス・ハミルトンと調和して協力できることが重要だと語る。

ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1からステップアップし、新レギュレーションの到来とともにバルテリ・ボッタスの後任としてメルセデスF1に加入する。

ルイス・ハミルトン、パガーニ ゾンダ760LHを13億円で売却との報道

2022年1月6日
F1:ルイス・ハミルトン、パガーニ ゾンダ760LHを13億円で売却との報道
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、カスタマイズされた『パガーニ ゾンダ760LH』を1000万ユーロ(約13億円)で売却したと報じられている。

イタリアのQuattroruoteからの報告によると、先月、ルイス・ハミルトンは、2014年に推定140万ユーロ(約1億8000万円)で購入してモナコのガレージを飾った『パガーニ ゾンダ760LH』を英国に拠点を置くコレクターに売却。820万ユーロ(約11億円)の利益を得たと報じた。

ルイス・ハミルトン、ブラッド・ピット主演のF1を題材とした映画に関与?

2022年1月6日
ルイス・ハミルトン、ブラッド・ピット主演のF1を題材とした映画に関与?
ルイス・ハミルトンが、F1を題材にした新しいハリウッド映画の製作に関与していると報じられている。

Deadlineによると、この映画は、若いドライバーを指導するために引退を撤回したレーサーを演じる主演のブラッド・ピットが、若いドライバーのチームメイトとしてコース上で最後の栄冠を目指すというストーリー。

「ルイス・ハミルトンはF1を辞めるとは一言も言っていない」とFIA新会長

2022年1月5日
「ルイス・ハミルトンはF1を辞めるとは一言も言っていない」とFIA新会長
新たにFIA会長に選出されたモハメド・ビン・スライエムは、ルイス・ハミルトンがF1を引退することはないと確信していると語る。

ルイス・ハミルトンは、最終戦アブダビGPの最終ラップでマックス・フェルスタッペンに抜かれ、前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオン獲得は叶わなかった。

ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」

2022年1月5日
ニコ・ロズベルグ 「ハミルトンとメルセデスF1の敗北を見るのは辛かった」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、メルセデスF1は彼の“ファミリー”のままであり、ルイス・ハミルトンが2021年のタイトル争いに敗れるのを見るのは辛かったと語る。

ルイス・ハミルトンは、F1アブダビGPのレース終盤のニコラス・ラティフィのクラッシュがセーフティカーを引き起こすまで、前人未踏の8回のF1ワールドチャンピオンを手中に収めているように見えた。

バルテリ・ボッタス 「ハミルトンと組んで自分自身について多くを学んだ」

2022年1月2日
F1:バルテリ・ボッタス 「ハミルトンと組んで自分自身について多くを学んだ」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1でルイス・ハミルトンと組んだことで、F1の精神的な側面について多くの教訓を得たと語った。

バルテリ・ボッタスは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンと5年間チームを組んだ後、今シーズン末でメルセデスF1を離れた。その時間の中で、全体的にはハミルトンが優位に立っていた。

マクラーレンF1代表、ルイス・ハミルトンの“ロケット”エンジン説を疑問視

2021年12月29日
マクラーレンF1代表、ルイス・ハミルトンの“ロケット”エンジン説を疑問視
マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、F1ブラジルGPで“ロケット”と称されたルイス・ハミルトンのエンジンと比較して、メルセデスのF1パワーユニットのデータに実際の違いは見られなかったと語る。

メルセデスF1は、2021年のF1ブラジルGPでルイス・ハミルトンに新品エンジンを投入。その金曜予選で失格となり、スプリント予選後で10グリッド降格ペナルティを受けたルイス・ハミルトンだが、その逆境を跳ねのけて優勝を果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム