シャルル・ルクレール:2018 F1バーレーンGP プレビュー

2018年4月5日
F1 バーレーングランプリ 2018年のF1世界選手権 シャルル・ルクレール ザウバー
アルファロメオ・ザウバーのシャルル・ルクレールが、2018年のF1第2戦バーレーンGPへの意気込みを語った。

シャルル・ルクレール (ザウバー)
「オーストラリアで初めてF1レースに出場して、レース週末を通してコース上で行われる全ての活動に慣れることができたので、2戦目に挑むのを楽しいにしている」

シャルル・ルクレール:2018 F1オーストラリアGP プレビュー

2018年3月20日
F1 オーストラリアグランプリ ザウバー 2018年のF1世界選手権
アルファロメオ・ザウバーのシャルル・ルクレールが、2018年のF1開幕戦オーストラリアGPへの意気込みを語った。

シャルル・ルクレール (ザウバー)
「メルボルンに行くのを本当に楽しみにしている。シーズン開幕戦はドライバーにとって常にエキサイティグだけど、今回は僕のキャリアで初めてのF1グランプリなので、さらに特別だ。メルボルンは去年のオーストラリアGPを観に行ったとき素敵な都市だということがわかった」

シャルル・ルクレール 「アルファロメオ・ザウバーは飛躍を遂げる」

2018年1月19日
F1 ザウバー アルファロメオ シャルル・ルクレール
今年、アルファロメオ・ザウバーでF1デビューを果たすシャルル・ルクレールは、最新版のフェラーリ製F1パワーユニットを搭載できることでチームは昨年から大きな飛躍を遂げると考えている。

2016年から財政難に陥っていたザウバーは、昨年、フェラーリから割引価格で供給された1年落ちのF1パワーユニットを搭載。しかし、もはや開発されることのないパワー不足のエンジンによってグリッド後方が低位置となった。

シャルル・ルクレール 「カーナンバー16は実は第3希望」

2017年12月10日
シャルル・ルクレール F1 アルファロメオ ザウバー
シャルル・ルクレールは、2018年にアルファロメオ・ザウバーでのF1デビューで着ける固定ナンバーの“16番”が第3希望だったことを明かした。

フェラーリのドライバーアカデミーに所属するモナコ出身のシャルル・ルクレール(20歳)は、今年のF2でチャンピオンを獲得。2018年にアルファロメオ・ザウバーで念願のF1デビューを果たすことなった。

シャルル・ルクレール 「ザウバーとの契約を秘密にするのは難しかった」

2017年12月6日
シャルル・ルクレール ザウバー アルファロメオ F1
シャルル・ルクレールは、ザウバーのF1シートを獲得したことを秘密にしておくのは“難しかった”と認める。

F1バドックでは、フェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールが2018年にザウバーでF1デビューを果たすことは既定路線として語られていたが、2日(土)にアルファロメオ・ザウバーの契約発表の場でようやく公表された。

シャルル・ルクレール、固定ナンバーは“16”を選択

2017年12月5日
シャルル・ルクレール アルファロメオ ザウバー F1
シャルル・ルクレールは、2018年にカーナンバー16をつけたアルファロメオ・ザウバーのF1マシンでF1デビューを飾る。

アルファロメオ・ザウバーは2日(土)にイタリア・ミラノ近郊のアルファロメオ歴史博物館で発表イベントを開催。その場でシャルル・ルクレールを2018年のF1ドライバーとして起用することを発表した。

シャルル・ルクレール、アルファロメオ・ザウバーで念願のF1デビュー

2017年12月3日
シャルル・ルクレール アルファロメオ ザウバー F1
シャルル・ルクレールは、2018年にアルファロメオ・ザウバーのレースドライバーとしてF1デビューすることが決定した。

アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えたザウバーは、2日(土)にイタリア・ミラノで記者会見を実施。シャルル・ルクレールとマーカス・エリクソンをレースドライバーに起用することを発表した。

【F2】 シャルル・ルクレール、2017年のチャンピオンを獲得!

2017年10月8日
シャルル・ルクレール フォーミュラ2
シャルル・ルクレールが、2017年 FIA フォーミュラ2選手権のチャンピオンを獲得した。

7日(土)、スペインのヘレス・サーキットで第10戦のレース1が開催され、シャルル・ルクレール(PREMA Racing)がポール・トゥ・ウィンで優勝。シャルル・ルクレールは、ランキング2位のオリバー・ローランドとの差を68ポイントに広げ、3レースを残してチャンピオンを獲得した。

シャルル・ルクレール 「スーパーフォーミュラを経由しないことを願う」

2017年9月30日
シャルル・ルクレール スーパーフォーミュラ
フェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールは、ストフェル・バンドーンやピエール・ガスリーのように日本でスーパーフォーミュラに参戦することなく、2018年にストレートにF1に進めることを願っている。

今年、F2選手権を支配しているシャルル・ルクレールだが、2015年のストフェル・バンドーン、2016年のピエール・ガスリーと同シリーズのチャンピオンたちは1年間スーパーフォーミュラに参戦しつつ、F1デビューを待たなければならなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム