シャルル・ルクレールは“エンツォ・フェラーリ”タイプのF1ドライバー

2021年10月15日
シャルル・ルクレールは“エンツォ・フェラーリ”タイプのF1ドライバー  - ピエロ・フェラーリ
ピエロ・フェラーリは、シャルル・ルクレールがフェラーリの創設者である“エンツォ・フェラーリ”タイプのF1ドライバーだと高く評価。ルクレールはこの発言に感激したと語る。

伝説のフェラーリの創設者エンツォ・フェラーリの息子であるピエロは「シャルルは完全に私の父の好みに合っていたであろうドライバーだ」とピエロは Speedweek に語った。

シャルル・ルクレール、美人ガールフレンドと3シーターF1マシンで走行

2021年10月13日
シャルル・ルクレール、美人ガールフレンドと3シーターF1マシンで走行
シャルル・ルクレールの美人ガールフレンドであるシャーロット・シネ(Charlotte Sine)が、2シーターF1マシンでの体験を嬉しそうにSNSに投稿している。

F1トルコGPで0ストップ戦略が成功せず、表彰台を逃して4位でフィニッシュしたシャルル・ルクレールは、翌日マラネロのサーキットにいた。

シャルル・ルクレール 「タイヤ戦略のギャンブルに後悔はない」

2021年10月11日
シャルル・ルクレール 「タイヤ戦略のギャンブルに後悔はない」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、表彰台を逃したにもかかわらず、F1トルコGPでタイヤ戦略でギャンブルをしたことに「後悔はない」と語る。

シャルル・ルクレールは、レースの大部分で3番手を走行し、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が新品のインターに交換することためにピットインしたことで、トップを走行することになった。

カルロス・サインツ、スリップストリームを与えてルクレールに援護射撃

2021年10月10日
フェラーリF1のカルロス・サインツ、スリップストリームを与えてルクレールに援護射撃 / F1トルコGP 予選
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1トルコGPで完璧なタイミングでスリップストリームを与えることで、シャルル・ルクレールの4番グリッド獲得を援護射撃した。

今週末に向けてフェラーリのアップグレード版F1パワーユニットを投入したカルロス・サインツは、金曜日の段階で最後尾スタートが決定していた。

シャルル・ルクレール 「弱点のウェットを学ぶために敢えてQ2で走った」

2021年9月26日
シャルル・ルクレール 「弱点のウェットを学ぶために敢えてQ2で走った」 F1ロシアGP 予選
フェラーリのシャルル・ルクレールが、PU交換ペナルティによって後方スタートが決まっているにも関わらず、予選Q2で走行を行った理由を説明した。

今週末、シャルル・ルクレールは、アップグレード版のパワーユニットを投入。年間使用基数を越えていることからグリッドペナルティで最後尾まで降格することが決まっていた。

シャルル・ルクレール 「新型PUの改善はデータにも表れている」

2021年9月25日
シャルル・ルクレール 「新型PUの改善はデータにも表れている」 フェラーリ F1ロシアGP 金曜フリー走行
フェラーリのシャルル・ルクレールは、新しいF1エンジンが以前からステップアップを果たしていると感じており、それはチームのデータでも確認できていると語る。

フェラーリは、F1ロシアGPに先立って、シャルル・ルクレールのエンジンを交換することを決定。彼らが取り組んできたアップグレードされたユニットを彼に与えた。

シャルル・ルクレール 「新型MGU-Hに大きな変化は期待していない」

2021年9月24日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「新型MGU-Hに大きな変化は期待していない」 F1ロシアGP記者会見
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2022年のまったく新しいF1パワーユニットのデータ収集を目的としてF1ロシアGPで新型MGU-Hを投入してグリッド最後尾からスタートするが、新しいコンポーネントがレースで順位を上げることになる後押しになるとの見方を否定した。

フェラーリF1は木曜日の朝、F1ロシアGPで「2022年マシンプロジェクトの経験を積むために」新しいコンポーネントを投入すること発表。

フェラーリF1、10馬力アップと噂の新型PUをルクレールに先行投入

2021年9月23日
フェラーリF1、10馬力アップと噂の新型PUをルクレールに先行投入 / F1ロシアGP
フェラーリF1は、10馬力アップが噂されるアップグレード版のハイブリッドシステムを備えた新しいエンジンをF1ロシアGPでシャルル・ルクレールに投入することを確認。エンジン交換によってルクレールは決勝を最後尾からスタートする。

2022年型のF1パワーユニットが先行投入されるこのシステムについて、フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、“まもなく”投入されると話していたが、今週末のF1ロシアGPのシャルル・ルクレールのマシンで早くも登場することになった。

シャルル・ルクレール、移籍のラッセルに助言 「王者から学び、楽しめ」

2021年9月18日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、移籍のラッセルに助言 「王者から学び、楽しめ」
フェラーリのシャルル・ルクレールは、2022年にメルセデスに移籍して7回のF1ワールドチャンピオンのチームメイトとなるジョージ・ラッセルに「王者から学び、楽しむ」ようアドバイスした。

シャルル・ルクレールは、2019年にミッドフィールドのザウバーからフェラーリに移籍。4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルのチームメイトとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム