シャルル・ルクレール フェラーリF1でタッグのハミルトンと「頻繁に会話」

2024年7月13日
シャルル・ルクレール フェラーリF1でタッグのハミルトンと「頻繁に会話」
シャルル・ルクレールは、2025年のフェラーリF1でのパートナーシップを前に、ルイス・ハミルトンと「かなり頻繁に」話をしていると明かした。

ルイス・ハミルトンは今年初め、2024年末にメルセデスを離れ、フェラーリへ電撃移籍することを発表した。7度の世界チャンピオンに輝いたハミルトンは、シャルル・ルクレールが2019年にフェラーリに加入して以来、3人目のフルタイムチームメイトとなる。

フェラーリF1代表 ルクレールのミスは「チームの競争力低下が一因」

2024年7月10日
フェラーリF1代表 ルクレールのミスは「チームの競争力低下が一因」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるフレデリック・バスールは、シャルル・ルクレールの最近のミスは、チームの競争力の低下を補おうとしたことから生じたものだと主張している。

ルクレールは、母国グランプリでの不運をモナコで勝利という形で払拭し、マックス・フェルスタッペンとのポイント差を31ポイントまで縮めたことで、タイトル争いの有力候補として名前が挙がった。

シャルル・ルクレール F1イギリスGP決勝「悪夢よりもひどいレース」

2024年7月8日
シャルル・ルクレール F1イギリスGP決勝「悪夢よりもひどいレース」
シャルル・ルクレールは、2024年F1イギリスGPの決勝でインターミディエイトに早めに交換したことでポイント獲得のチャンスを失い、現在のF1での苦難を「悪夢よりもひどい」と表現した。

11番グリッドからオープニングラップで3つ順位を上げたシャルル・ルクレールは、13周目にランス・ストロールをストウで追い抜いてレースの最初の3分の1で7番手を走行し、シルバーストン・サーキットに小雨が降り始める前に順位をさらに上げようとしていた。

シャルル・ルクレール F1イギリスGP予選Q2敗退は「実験の代償」

2024年7月7日
シャルル・ルクレール F1イギリスGP予選Q2敗退は「実験の代償」
シャルル・ルクレールは、衝撃的なQ2敗退に終わった2024年F1イギリスGPの予選で、フェラーリが行った実験の代償を払ったことを認めている。

フェラーリは、ここ最近の競争力を妨げていたバウンシングの問題を理解するために、最初の2時間のプラクティスでドライバー間でパーツを分割することを選択した。バルセロナでのアップデートなしのSF-24で走行したサインツのタイムを受け、ルクレールも以前のパッケージに戻したが、プラクティス最終セッションはウェットコンディションで行われた。

シャルル・ルクレール F1イギリスGP初日「マクラーレンはかなり前にいる」

2024年7月6日
シャルル・ルクレール F1イギリスGP初日「マクラーレンはかなり前にいる」
シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、2024年F1イギリスGPのプラクティス初日を終え、レッドブルとマクラーレンが「かなりリードしている」とライバルたちのペースを称賛した。

ルクレールはシルバーストンでの金曜日の第2セッションを0.6秒差で5番手、コース上でのスリップを何度もカメラに捉えられながら終えた。一方、サインツは8番手だった。

シャルル・ルクレール フェラーリF1のアップデートで「意図しない制限」

2024年7月3日
シャルル・ルクレール フェラーリF1のアップデートで「意図しない制限」
シャルル・ルクレールは、2024年F1オーストリアGPでの厳しい戦いの最中、フェラーリの最新のF1アップグレードが意図せぬ「制限」をマシンにもたらしたことを認めた。

フェラーリは今シーズン、8戦中2勝を挙げ、レッドブルに最も近いライバルとしてスタートしたが、過去3戦はそれほど簡単なものではないことが判明した。

ルクレール F1オーストリアGP予選「ミスがなければ3番手は可能だった」

2024年6月30日
ルクレール F1オーストリアGP予選「ミスがなければ3番手は可能だった」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第11戦オーストリアGPの予選を6番手で終了。Q3走行で犯したミスがなければ3番手は可能だと思っており、フェラーリのポテンシャルを発揮できなかったことを悔やんだ。

フェラーリの競争力低下はレッドブルリンクでも続き、シャルル・ルクレールはスプリントレースではチームメイトのカルロス・サインツに2つ遅れて7位でフィニッシュした。

ルクレール F1オーストリアGPスプリント予選「エンジンが止まった」

2024年6月29日
シャルル・ルクレール F1オーストリアGPスプリント予選「エンジンが止まった」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第11戦オーストリアGPのスプリント予選を10番手で終了。SQ3でラップタイムを記録できなかった謎のパワーユニットの問題を説明できずにいた。

SQ1とSQ2を特に問題なく完了したシャルル・ルクレールは、SQ3でピットレーン出口に向かって走行中にエンジンが停止した。エンジンを再始動してコースに戻ることはできたが、アウトラップを高速で走行していたにもかかわらず、フィニッシュラインに到達する数秒前にチェッカーフラッグが振られた。

ルクレール F1スペインGP決勝「サインツは母国で注目を集めようとした」

2024年6月24日
シャルル・ルクレール F1スペインGP決勝「サインツは母国で注目を集めようとした」
シャルル・ルクレールは、2024年F1第10戦スペインGPの決勝を5位でフィニッシュ。レース序盤にカルロス・サインツJr.とポジションを争っていたとき、チームメイトがフェラーリの指示に従わなかったのではないかと疑っている。

カルロス・サインツJr.は3周目の1コーナーでシャルル・ルクレールを追い抜いたが、そのままコースアウトした。ルクレールは、チームメイトがカタロニア・サーキットの高速最終コーナーでタイヤを温存するようにという両ドライバーへのレース前の指示を無視したと考えている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム