シャルル・ルクレール 「日本ではファンの珍しい光景が見れる」

2022年10月6日
シャルル・ルクレール 「日本ではファンの珍しい光景が見れる」 / F1日本GP
フェラーリF1のシャルル・ルクレールが、2022年F1日本GPについての意気込みとともに、鈴鹿サーキット、そして、日本のファンについて語った。

「このトラックにいること自体が影響を与える」とバドックでシャルル・ルクレールは鈴鹿サーキットについての印象を語った。

ルクレール、5秒以内に喰らいつけず 「ペレスのタイヤは生き返った」

2022年10月3日
シャルル・ルクレール、5秒以内に喰らいつけず 「ペレスのタイヤは生き返った」 / スクーデリア・フェラーリ F1シンガポールGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、F1シンガポールGPを2位でフィニッシュ。セルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が終盤にDRSレンジを突破した後、ここまで差を開くことができたことに驚いたと認めた。

シャルル・ルクレールは、レースでの最後のセーフティカー期間の後、セルジオ・ペレスに対して首位争いを開始する準備ができているように見えた。

シャルル・ルクレール 2戦連続ポール 「勝って2019年の雪辱を果たしたい」

2022年10月2日
シャルル・ルクレール 2戦連続ポール 「勝って2019年の雪辱を果たしたい」 / スクーデリア・フェラーリ F1シンガポールGP 予選
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年 F1シンガポールGPでポールポジションを獲得。レースでも勝利を収めることで、セバスチャン ベッテルに負けてしまった2019 年のレースで「フラストレーション」を埋め合わせたいと語った。

土曜日、シャルル・ルクレールは、セルジオ ペレス(レッドブル・レーシング)をわずか0.022 秒差で上回ってポールポジションを獲得。ライバルのマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は8番手に沈み、ルイス・ハミルトン(メルセデス)は3番グリッドを獲得した。

シャルル・ルクレール 「ポールポジションを獲るつもりでいる」

2022年10月1日
シャルル・ルクレール 「ポールポジションを獲るつもりでいる」 / スクーデリア・フェラーリ F1シンガポールGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1シンガポールGPの金曜フリー走行で2番手タイムをマークした。

FP1で3番手タイムを記録を記録したシャルル・ルクレールは、FP2で1つ上のタイムを記録したが、ルクレールの1日は技術的な問題によって妨げられ、2回目のセッションの半分はガレージで立ち往生することとなった。

シャルル・ルクレール 「残りの6戦で来年に向けた準備を始めたい」

2022年9月30日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「残りの6戦で来年に向けた準備を始めたい」
シャルル・ルクレールは、3年ぶりのF1シンガポールGPに先立ってドライバーズチャンピオンシップでの敗北を受け入れたようであり、スクーデリア・フェラーリが「来年の準備を開始する」ことを望んでいる。

F1は、新型コロナウイルスのパンデミックに続く2年間の不在の後、2019年以来初めて今週末にシンガポールに戻る。今週末は一年で最も過酷な週末であり、シャルル・ルクレールは、日曜日にマリーナ ベイ サーキットで行われる拷問に備えて、できる限りの準備をするために特にハードなトレーニングを行ってきた。

ジャン・トッド 「シャルル・ルクレールには何かが欠けている」

2022年9月27日
ジャン・トッド 「シャルル・ルクレールには何かが欠けている」/ F1
元FIA会長のジャン・トッドは、シャルル・ルクレールは「偉大なチャンピオン」だが、フェラーリのドライバーには「何かが欠けている」と語る。

2022年シーズンの序盤、シャルル・ルクレールは序盤の3戦のうち2戦で優勝し、タイトル争いに繰り広げているように見えた。

シャルル・ルクレール 2位表彰台 「ティフォシのために勝ちたかった」

2022年9月12日
シャルル・ルクレール 2位表彰台 「ティフォシのために勝ちたかった」 / スクーデリア・フェラーリ F1イタリアGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1イタリアGPの決勝で2位表彰台を獲得。だが、ティフォシの前で勝利を挙げられなかったことに失望を表明した。

「モンツァはいつも素晴らしい。ポールスタートなので勝ちたかった。でも、今日はそうはいかなかった。表彰台の下でにいる僕たちのティフォシを見て、強くそう思った」とシャルル・ルクレールはコメント。

シャルル・ルクレール 「フェルスタッペンを倒すためにかなりリスクを冒した」

2022年9月11日
シャルル・ルクレール 「フェルスタッペンを倒すためにかなりリスクを冒した」 / フェラーリ F1イタリアGP 予選
シャルル・ルクレールは、2022年F1イタリアGPの予選でマックス・フェルスタッペンを倒してポールポジションを獲得するためにレズモの2つのコーナーでかなりのリスクを冒さなければならなかったと語った。

2台のフェラーリはランド・ノリスによって分断されたため、シャルル・ルクレールは、最後のQ3アタック中にチームメイトのカルロス・サインツJr.からトウを受けることができなかった。

シャルル・ルクレール 「レッドブルがどれだけ手の内を隠しているかは不明」

2022年9月10日
シャルル・ルクレール 「レッドブルがどれだけ手の内を隠しているかは不明」 / フェラーリ F1イタリアGP 金曜フリー走行
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1イタリアGPの金曜フリー走行を3番手タイムで終了。レッドブルへの警戒を強めている。

マックス・フェルスタッペンとレッドブルのチャンピオンシップリードに食い込もうとしているシャルル・ルクレールは、FP2トップのカルロス・サインツの1分21秒664のベンチマークから0.2秒弱の差で3番手でフィニッシュ。週末のフェラーリのスタートについてポジティブな見通しを示した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム