フレデリック・バスール 「ルクレールとの契約交渉は優先事項ではない」

2023年2月1日
フェラーリF1代表フレデリック・バスール 「ルクレールとの契約交渉は優先事項ではない」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるフレデリック・バスールは、シャルル・ルクレールとの契約交渉に優先順位をつけておらず、この問題に対処するための時間は十分にあると主張している。

シャルル・ルクレールとチームメートのカルロス・サインツはともに2024年末でスクーデリア・フェラーリとの契約が切れる。しかし、ルクレールの将来に関する憶測はすでに本格的になっている。

フェラーリF1代表 「2023年にナンバー1ドライバーは指名しない」

2023年1月30日
フェラーリF1代表 「2023年にナンバー1ドライバーは指名しない」
スクーデリア・フェラーリの新F1チーム代表であるフレデリック・バスールは、シャルル・ルクレールと将来について話し合うのを待っているが、2023年シーズンはナンバー1ドライバーを指名せずにスタートする。

カルロス・サインツは、2021年のチームメイトとしての最初のシーズンでシャルル・ルクレールを打ち負かしたが、昨年はルクレールの方がより一貫して競争力があり、ドライバーズチャンピオンシップでマックス・フェルスタッペンに次ぐ2位でフィニッシュした。

2023年にシャルル・ルクレールとランド・ノリスに迫る“望まないF1記録”

2023年1月28日
2023年にシャルル・ルクレールとランド・ノリスに迫る“望まないF1記録”
シャルル・ルクレールとランド・ノリスは2023年のF1世界選手権で、表彰台や優勝、そして、ルクレールに関してはおそらくF1タイトルを争うことを熱望しているが、この2人が更新する可能性のなる望まない記録もいくつかある....

シャルル・ルクレール - タイトルなしの最多ポールポジション
シャルル・ルクレールは土曜日の午後にF1で最速のドライバーであることは間違いない。

シャルル・ルクレール、フェラーリF1のプライベートテストで123周を走破

2023年1月27日
シャルル・ルクレール、フェラーリF1のプライベートテストで123周を走破
シャルル・ルクレールは、スクーデリア・フェラーリの毎年恒例の“ウェイクアップ”テストの最終日を担当し、フェラーリSF21のステアリングを握って3日間のプライベートテストを締めくくった。

シャルル・ルクレールは、2021年に2回のポールポジションと表彰台を獲得したSF21でフィオラノにあるチームのテスト施設で123周を完了した。

シャルル・ルクレール、ルイス・ハミルトンとファッションで意気投合

2023年1月21日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール、ルイス・ハミルトンとファッションで意気投合
シャルル・ルクレールは、F1のライバルであるルイス・ハミルトンと、グランプリレース以外にファッションについてよく話し合っていることを明かした。

ルイス・ハミルトンのファッション愛はよく知られており、メットガラなどのショーに頻繁に出席し、メルセデスF1のスポンサーとして導く手助けをしたトミー・ヒルフィガーと2018年にコラボレーションした自身のアパラルライン「TOMMY X LEWIS」を発表している。

カルロス・サインツ 「ルクレールとバスールの関係はフェラーリF1に有益」

2023年1月3日
カルロス・サインツ 「ルクレールとバスールの関係はフェラーリF1に有益」
カルロス・サインツは、シャルル・ルクレールとフェラーリF1の新しいチーム代表であるフレッド・バスールとの長年にわたる友情が彼を不利な立場に置くことはないとし、フェラーリF1にとって「有益」であることが証明されると考えている。

11月末に辞表を提出したマッティア・ビノットの後任として、ザウバー/アルファロメオの元F1チーム代表であるバスールが2023年からスクーデリア・フェラーリの指揮を執る。

シャルル・ルクレール 「2022年F1シーズンに2つの重大なミスを犯した」

2022年12月29日
シャルル・ルクレール 「2022年F1シーズンに2つの重大なミスを犯した」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2022年のF1世界選手権でドライバーズチャンピオンシップ2位を獲得したにもかかわらず、シーズン中に2つの“重大なミス”を犯したと感じている。

シャルル・ルクレールは、2022年F1シーズン序盤にチャンピオンシップを争っているように見え、最初の3つのレースのうち 2勝を挙げた。

シャルル・ルクレール 「メルセデスF1は2023年にタイトル争いに加わる」

2022年12月26日
シャルル・ルクレール 「メルセデスF1は2023年にタイトル争いに加わる」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、メルセデスF1チームが2023年も好調を維持し、レッドブルとともにF1タイトルをめぐる三つ巴の戦いを形成すると信じている。

メルセデスF1の2022年のキャンペーンは、F1のレギュレーション変更をきっかけに新世代F1マシンに発生した複雑な空力現象である慢性的なポーパシングによって損なわれた。

シャルル・ルクレール「レッドブルF1の1-2を阻止したことに満足感はない」

2022年12月12日
シャルル・ルクレール「レッドブルF1の1-2を阻止したことに満足感はない」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、2022年シーズンを「複雑な気持ち」で終えたとし、ドライバーズランキングでレッドブルF1の1-2を阻止したことも「あまり満足感はない」と勝った。

シャルル・ルクレールは、最初の3レースのうちバーレーンとオーストラリアの2レースで勝利して早い段階でポイントリードを獲得し、F1キャリアで初めてタイトルチャレンジを開始する準備ができているように見えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム