シャルル・ルクレール、ニキ・ラウダのフェラーリ312B3でクラッシュ

2022年5月16日
F1:シャルル・ルクレール、ニキ・ラウダのフェラーリ312B3でクラッシュ/ モナコ・ヒストリックGP
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、日曜日に2022年のモナコ・ヒストリックGPでのデモ走行中にニキ・ラウダのフェラーリ 312B3をクラッシュさせた。

シャルル・ルクレールは、元フェラーリのF1ドライバーで6回のル・マン ウィナーであるジャッキー・イクスと一緒にパレードの一環として、1972年のフェラーリ312B3を走らせた。だが、3周目に有名なラスカスでリアのコントロールを失った。

フェラーリF1、低速でのレッドブルへのアドバンテージ喪失に困惑

2022年5月15日
フェラーリF1、低速でのレッドブルへのアドバンテージ喪失に困惑
スクーデリア・フェラーリは、F1マイアミGPでシーズンを通して持っていた低速でのアドバンテージが失われた理由について答えを追い求めていると語る。

フェラーリとレッドブルの車の特徴とセットアップは、シーズンのオープニングフェーズを通じて著しく異なっている。レッドブル・レーシングのRB18は、ダウンフォース/ドラッグ構成を低くすることを選択した。これにより、最高速度と高速コーナーでのアドバンテージを得ている。

レッドブルF1代表 「フェラーリとのタイトル争いはイライラが少ない」

2022年5月15日
レッドブルF1代表 「フェラーリとのタイトル争いはイライラが少ない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今年のフェラーリとのF1タイトル争いは、2021年のメルセデスとの戦いよりもはるかにイライラが少ないなかで行われていると語る。

昨シーズン、クリスチャン・ホーナーとメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとの戦いは、時として個人的な口撃にも発展した。

レッドブルF1首脳、フェラーリに皮肉「サインツのクラッシュが予算を圧迫」

2022年5月14日
レッドブルF1首脳、フェラーリに皮肉「サインツのクラッシュが予算を圧迫」
レッドブルF1のモータスポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、スクーデリア・フェラーリから予算の使用についての追及について、チームはカルロス・サインツのクラッシュの犠牲になっているに違いないと皮肉った。

過去2戦でマックス・フェルスタッペンに敗北を喫したスクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、次戦F1スペインGPでF1-75に最初のメジャーアップデートを投入することを確認している。

フェラーリF1、極秘フィルミングデーでアップグレードをテスト

2022年5月14日
フェラーリF1、極秘フィルミングデーでアップグレードをテスト
スクーデリア・フェラーリは、金曜日にイタリアのモンツァ・サーキットで極秘のフィルミングデーを実施。F1スペンGPに向けたアップグレードをテストしたと見られている。

モンツァは、トラックへのアクセスが厳しく制限され、道路にはバリアを設置する厳戒態勢のなかで行われた。スパイショットは1枚しか流出しておらず、その写真もF1-75がバリアで大きく隠されており、重要な詳細は確認することができない。

フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”

2022年5月13日
マックス・フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”
F1マイアミGPで、マックス・フェルスタッペンにめった打ちにされたことは、スクーデリア・フェラーリにとって“心配の種”であるに違いないと元F1ドライバーのジョナサン・パーマーは語る。

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームでフロントロウを独占し、レッドブル・レーシングに団結して立つ向かう準備を整えた。

レッドブルF1 「フェラーリは我々の予算上限を心配している場合ではない」

2022年5月13日
レッドブルF1 「フェラーリは我々の予算上限を心配している場合ではない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが今年の予算上限を破ったことに関して、スクーデリア・フェラーリは何も心配する必要はないと主張する。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマティア・ビノットは、マイアミで2戦連続の敗北を喫した後、限られたコストのなかでレッドブル・レーシングの急速な開発は驚きだったと認めている。

フェラーリF1代表 「レッドブルとの差は最大でもわずか0.2秒」

2022年5月13日
フェラーリF1代表 「レッドブルとの差は最大でもわずか0.2秒」
スクーデリア・フェラーリは、ライバルであるレッドブル・レーシングに対して0.2秒しか失っていないと考えており、そのギャップを埋めることに着手している。

レッドブル・レーシングが、エミリア・ロマーニャGPで導入した空力の微調整と軽量化を中心としたアップグレードパッケージは、ペースにアドバンテージを与えたようだ。

レッドブルF1、フェラーリの違法テスト疑惑で緊張関係に発展?

2022年5月12日
レッドブルF1、フェラーリの違法テスト疑惑で緊張関係に発展?
レッドブル・レーシングのスクーデリア・フェラーリの2022年のF1タイトルをかけた戦いは礼儀正しいものだったが、緊張関係が高まりつつある。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、フェラーリとの戦いは、2021年のメルセデスとの戦いよりもはるかに礼儀正しいものだと語っていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム