フェラーリF1 「アップグレード版エンジンの導入はリスクだった」

2021年10月17日
フェラーリF1 「アップグレード版エンジンの導入はリスクだった」
フェラーリF1は、最近のレースでアップグレードされたF1エンジンを導入することにはいくつかのリスクがあったと認めるが、現在、その利点は疑いの余地のないものとなったと語る。

フェラーリF1は、今シーズン後半まで新しいハイブリッドシステムの導入を見送り、2022年にエンジンが凍結されるまで開発時間を最大化することを選んだ。

シャルル・ルクレールは“エンツォ・フェラーリ”タイプのF1ドライバー

2021年10月15日
シャルル・ルクレールは“エンツォ・フェラーリ”タイプのF1ドライバー  - ピエロ・フェラーリ
ピエロ・フェラーリは、シャルル・ルクレールがフェラーリの創設者である“エンツォ・フェラーリ”タイプのF1ドライバーだと高く評価。ルクレールはこの発言に感激したと語る。

伝説のフェラーリの創設者エンツォ・フェラーリの息子であるピエロは「シャルルは完全に私の父の好みに合っていたであろうドライバーだ」とピエロは Speedweek に語った。

シャルル・ルクレール、美人ガールフレンドと3シーターF1マシンで走行

2021年10月13日
シャルル・ルクレール、美人ガールフレンドと3シーターF1マシンで走行
シャルル・ルクレールの美人ガールフレンドであるシャーロット・シネ(Charlotte Sine)が、2シーターF1マシンでの体験を嬉しそうにSNSに投稿している。

F1トルコGPで0ストップ戦略が成功せず、表彰台を逃して4位でフィニッシュしたシャルル・ルクレールは、翌日マラネロのサーキットにいた。

F1トルコGP:カルロス・サインツ、ドライバー・オブ・ザ・デイ初選出

2021年10月12日
F1トルコGP:カルロス・サインツ、ドライバー・オブ・ザ・デイ初選出
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1トルコGPで自身初めてとなるドライバー・オブ・ザ・デイに選出された。

“ドライバー・オブ・ザ・デイ”はグランプリで活躍したドライバーをファン投票で決定。PU交換ペナルティによって19番手スタートとなったカルロス・サインツは、最終的に11ポジションを上げて8位入賞を果たした。

シャルル・ルクレール 「タイヤ戦略のギャンブルに後悔はない」

2021年10月11日
シャルル・ルクレール 「タイヤ戦略のギャンブルに後悔はない」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、表彰台を逃したにもかかわらず、F1トルコGPでタイヤ戦略でギャンブルをしたことに「後悔はない」と語る。

シャルル・ルクレールは、レースの大部分で3番手を走行し、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が新品のインターに交換することためにピットインしたことで、トップを走行することになった。

カルロス・サインツ、スリップストリームを与えてルクレールに援護射撃

2021年10月10日
フェラーリF1のカルロス・サインツ、スリップストリームを与えてルクレールに援護射撃 / F1トルコGP 予選
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1トルコGPで完璧なタイミングでスリップストリームを与えることで、シャルル・ルクレールの4番グリッド獲得を援護射撃した。

今週末に向けてフェラーリのアップグレード版F1パワーユニットを投入したカルロス・サインツは、金曜日の段階で最後尾スタートが決定していた。

カルロス・サインツ 「ここでPU交換ペナルティを受けることを後悔」

2021年10月9日
フェラーリF1のカルロス・サインツ 「ここでPU交換ペナルティを受けることを後悔」 F1トルコGP 金曜フリー走行
フェラーリF1のカルロス・サインツは、F1トルコGP初日の両方のセッションでチームメイトのシャルル・ルクレールが競争力のあるペースを設定してのを目撃し、イスタンブール・パークでPU交換ペナルティを受けることを少し後悔していると認める。

今週末、カルロス・サインツは4基目の新品のパワーユニットを投入したことで降格ペナルティによって最後尾スタートが決定したなかで初日を迎えた。チームメイトのシャルル・ルクレールはフリー走行2回目にトップから0.166秒差の2番手につけた。

ランド・ノリス 「将来フェラーリF1に移籍する可能性は閉ざさない」

2021年10月8日
ランド・ノリス 「将来フェラーリF1に移籍する可能性は閉ざさない」
ランド・ノリスは、将来フェラーリF1に移籍することにオープンであり、10年後くらいに赤いレーシングスーツを着ている可能性もあり得ると語る。

マクラーレンF1のランド・ノリスは、現時点で最も評価の高い若手ドライバーのひとりであり、素晴らしい2021年シーズンを過ごしている。その強力ナパフォーマンスにより、今年初めてに契約は延長され、少なくとも2023年まではマクラーレンF1に残ることになっている。

フェラーリF1、トルコGPでカルロス・サインツにアップデート版PUを投入

2021年10月7日
フェラーリF1、トルコGPでカルロス・サインツにアップデート版PUを投入
フェラーリF1、F1トルコGPに先駆けてはカルロス・サインツのマシンにアップグレード版のF1エンジンを搭載することを決定。サインツは今週末のF1トルコGPで後方グリッドからスタートすることが決定した。

チームメイトのシャルル・ルクレールは、前戦F1ロシアGPでアップグレードされたフェラーリのハイブリッドシステムをデビューさせており、いずれはカルロス・サインツにも同じものが与えられることは予想されていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム