シャルル・ルクレール F1バーレーンGP初日「メルセデスは強そう」

2024年3月1日
シャルル・ルクレール F1バーレーンGP初日「メルセデスは強そう」
シャルル・ルクレールは、2024年第1戦F1バーレーンGP初日のフリー走行を9番手タイムで終了。メルセデスをメインのライバルに挙げた。

「メルセデスは強そうだ」とルクレールはコメント。「でも、彼らがどの燃料(レベル)で走っていたのかはわからない。明日にはすべての答えが出ると思う」

ハミルトン フェラーリF1移籍も「メルセデスへの信頼は失っていない」

2024年2月29日
ルイス・ハミルトン フェラーリF1移籍も「メルセデスへの信頼は失っていない」
ルイス・ハミルトンは、契約条項を発動させ、フェラーリF1移籍への道を開いたが、メルセデスへの信頼を失ったことは否定している。

もちろん、2シーズン勝利に恵まれず、トト・ヴォルフもチームを誤った道に導いた責任を認めているのだから、そのような気持ちは理解できるが、7度のワールドチャンピオンであるハミルトンはそうではない。

シャルル・ルクレール F1バーレーンGP展望「勝てると思って挑む」

2024年2月29日
シャルル・ルクレール F1バーレーンGP展望「勝てると思って挑む」
シャルル・ルクレールは今週末の開幕戦バーレーンGPで自身とフェラーリが優勝を狙えることを期待しており、世界王者レッドブルを倒すために「全力を尽くす」ことを誓った。

ルクレールとカルロス・サインツはプレシーズンテストでオーバーホールされたレッドブル・RB20がパドックの多くの人々に衝撃を与えた後、レッドブルが新シーズンに向けて倒すべきチームであることに変わりはないとコメントした。

カルロス・サインツJr. フェラーリF1移籍のハミルトンに「恨みはない」

2024年2月29日
カルロス・サインツJr. フェラーリF1移籍のハミルトンに「恨みはない」
カルロス・サインツJr.は、7度のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンがフェラーリF1に移籍という「当然の決断」としたことを受け、自分はルイス・ハミルトンを恨んでいないと主張した。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスとの長い付き合いに終止符を打って来年サインツの後任としてフェラーリに移籍することになり、ハミルトンの発表の1週間前に複数年契約延長にサインしたフェラーリのシャルル・ルクレールとチームを組むことになる。

ルイス・ハミルトン フェラーリF1でも多様性の推進を継続

2024年2月29日
ルイス・ハミルトン フェラーリF1でも多様性の推進を継続
ルイス・ハミルトンは、現在のメルセデスチームで成果を上げた後、2025年のフェラーリF1チームでも多様性の推進を続けると語った。

メルセデスでの12年間の在任期間を通じて、ハミルトンはモータースポーツにおけるダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括性)を高めるための努力をますます強化し、それは次第にメルセデスチーム自体も巻き込んでいった。

ルイス・ハミルトン フェラーリF1移籍は「両親にも伝えていなかった」

2024年2月28日
ルイス・ハミルトン フェラーリF1移籍は「両親にも伝えていなかった」
ルイス・ハミルトンは、2025年にメルセデスF1チームを離れてフェラーリに移籍することを衝撃的な発表の日まで両親にも伝えていなかったと明かした。

ハミルトンがメルセデスのチームボスであるトト・ヴォルフと朝食をともにした翌日の2月1日朝、7度のチャンピオンであるルイス・ハミルトンが2025年の開幕戦からフェラーリに移籍するというニュースが流れた。

F1新規参入メーカーは2026年エンジンで「大きな挑戦に直面」とフェラーリ

2024年2月27日
F1新規参入メーカーは2026年エンジンで「大きな挑戦に直面」とフェラーリ
フェラーリのパワーユニットテクニカルディレクターであるエンリコ・グアルティエリは、F1の新エンジンメーカーは、2026年に施行されるF1新レギュレーションで「大きな挑戦」に直面するだろうと語った。

アウディ、そしてフォードが支援するレッドブル・パワートレインズは、2026年のF1パワーユニットレギュレーション変更に向け、既存のエンジンメーカー4社に加わる予定であり、アンドレッティ・キャデラックがそのサイクルの途中でリストに加わる可能性もある。

メルセデスF1代表 ハミルトンのフェラーリF1移籍を察したバスールの反応

2024年2月26日
メルセデスF1代表 ハミルトンのフェラーリF1移籍を察したバスールの反応
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、フェラーリF1のチーム代表であるフレッド・バスールからの返信が遅れたことが、ルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍が計画されていることが示唆されたと詳細に述べた。

ハミルトンは今季限りでメルセデスを去り、長年にわたるドイツ・メーカーとの関係に終止符を打つことになる。7度のワールドチャンピオンであるハミルトンは、フェラーリと複数年契約を結び、F1で最も成功を収めているチームと手を組むことになる。

サインツJr. ハミルトン襲来まで「フェラーリF1との交渉は順調だった」

2024年2月26日
カルロス・サインツJr. ハミルトン襲来まで「フェラーリF1との交渉は順調だった」
カルロス・サインツJr.は、2025年にルイス・ハミルトンが自身の後任となることが明らかになるまで、フェラーリF1との契約延長に関する話し合いは「正しい道」を進んでいたと明かした。

フェラーリは今月初め、すでに長期契約を結んでいたシャルル・ルクレールのパートナーとしてハミルトンと2025年からの複数年契約を結んだと発表した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム