ピレリ、キミ・ライコネンのタイヤ故障は「外部からのダメージが原因」

2017年7月27日
キミ・ライコネン F1 フェラーリ
ピレリは、F1イギリスGPでのキミ・ライコネンのタイヤトラブルについて、原因でタイヤ自体によるものではなく、外部からのダメージによるものだと結論づけた。

F1イギリスGP決勝の残り2周、2位を走行していたキミ・ライコネンの左フロントタイヤにトラブルが発生。翌周にはチームメイトのセバスチャン・ベッテルの左フロントタイヤもパンクした。

ルイス・ハミルトン、2019年にフェラーリに移籍?

2017年7月19日
ルイス・ハミルトン F1 フェラーリ
ルイス・ハミルトンが、2019年にフェラーリに移籍する可能性があると Daily Mail が報じている。

同紙によると、ルイス・ハミルトンは、F1キャリアをフェラーリで終えるという夢に友人に打ち明けたとし、2019年にセバスチャン・ベッテルとシートを交換する可能性があると報じた。

ルイス・ハミルトンとメルセデスの契約は2018年末に期限を迎える。一方のセバスチャン・ベッテルは今シーズン末でフェラーリとの契約が期限を迎える。

フェラーリ、シャルル・ルクレールをF1ハンガリーテストに起用

2017年7月19日
フェラーリ F1 シャルル・ルクレール
フェラーリは、F1ハンガリーGP後に開催される2日間のインシーズンテストにジュニアドライバーのシャルル・ルクレールを起用する。

今年、プレマからF2に参戦するシャルル・ルクレール(19歳)は、フィーチャーレースで4勝、スプリントレースで1勝を挙げ、2位に67ポイント差をつけてチャンピオンシップをリードしている。

フェラーリ、セバスチャン・ベッテルに150億円の新契約をオファー

2017年7月18日
フェラーリ F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、セバスチャン・ベッテルに新たに1億1200万ユーロ(約154億円)の3年契約をオファーしたと Hebdo が報じた。

セバスチャン・ベッテルの現在のフェラーリとの契約は今シーズン末で期限を迎える。

先週末のオーストリアで、セルジオ・マルキオンネは、フェラーリとのセバスチャン・ベッテルの将来は彼自身の手に委ねられていると述べていた。

フェラーリ:タイヤ故障で無念の結果 / F1イギリスGP

2017年7月17日
フェラーリ F1 イギリスグランプリ
フェラーリは、F1イギリスGPの決勝で、キミ・ライコネンが3位、セバスチャン・ベッテルが7位でレースを終えた。

キミ・ライコネン (3位)
「終了間際の数周まではそれほど悪くないレースだった。突然、問題に見舞われて、何の前触れもなく左フロントタイヤが壊れた。タイヤの空気は抜けなかったけど、ラバーが壊れて、はがれてしまった。問題がなければ2位を確保できていたので残念だ。僕たちはもっと良い結果に相応しかった」

フェラーリ:F1イギリスGP 予選レポート

2017年7月16日
フェラーリ F1 イギリスグランプリ
フェラーリは、F1イギリスGPの予選でキミ・ライコネンが2番手、セバスチャン・ベッテルが3番手だった。

キミ・ライコネン (2番手)
「予選での僕のクルマのハンドリングは今週末の他のどの時点よりも良かったし、それには本当に満足している。もちろん、僕たちは常にもっと上位でフィニッシュしたいけど、今日はだいたい自分たちにできることをやれたと思う」

セバスチャン・ベッテル、シールドでの初走行は「めまいがした」

2017年7月15日
セバスチャン・ベッテル F1 イギリスグランプリ
セバスチャン・ベッテルは、F1イギリスGPのフリー走行1回目に新しいコックピット保護デバイス『シールド』を全ドライバーのなかで最初にテスト。だが、わずか1周のインスタレーションラップで外しており、第一印象はそれほど良いものではなかったと語った。

FIAは、2018年にF1にコックピット保護システムを導入することを目指しており、F1イギリスGPのフリー走行1回目ではフェラーリが『シールド』を準備し、セバスチャン・ベッテルが初テストを実施した。

フェラーリ:F1イギリスGP 金曜フリー走行レポート

2017年7月15日
フェラーリ F1 イギリスグランプリ
フェラーリは、F1イギリスGPの金曜フリー走行でキミ・ライコネンが3番手タイム、セバスチャン・ベッテルが4番手タイムだった。

キミ・ライコネン (3番手)
「かなりまともな一日だった。他の場所よりもストレートなセッションだったし、問題も発生しなかった。午前中からフィーリングはいい感じだった。もちろん、最初にトラックを走行するときはいつもコンディションについてちょっとした当てずっぽうな部分はあるけどね」

【動画】 セバスチャン・ベッテル、シールド搭載マシンで実走テスト

2017年7月14日
セバスチャン・ベッテル F1 イギリスグランプリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1イギリスGPのフリー走行1回目にコックピット保護デバイス“シールド”を装着したマシンでの実走テストを行った。

14日(金)、F1イギリスGPが開幕。セバスチャン・ベッテルは、シールドが搭載されたフェラーリ SF70Hで真っ先にコースイン。1周のインスタレーションラップを完了させ、全F1ドライバーのなかで初めてシールドでの実走テストを行った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム