アルファタウリF1代表 「ルクレールはサインツよりコンマ2秒速い」

2022年8月17日
アルファタウリF1代表 「ルクレールはサインツよりコンマ秒速い」
カルロス・サインツJr.は、すべてがうまくいけばフェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールと「互角に戦える」と語っているが、スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、純粋なペースではルクレールが優位に立っていると語る。

27歳のカルロス・サインツJr.は、シーズン前半にシャルル・ルクレールを下回っていたが、夏の間に徐々にゲームを上げ、決勝ではルクレールと同等のパフォーマンスを発揮し、イギリスグランプリでF1初優勝も果たした。

フェラーリF1首脳 「ベッテルのチームを団結させる能力は誰にも負けない」

2022年8月17日
フェラーリF1首脳 「ベッテルのチームを団結させる能力は誰にも負けない」
スクーデリア・フェラーリのスポーティングディレクターを務めるローラン・メキースは、セバスチャン・ベッテルのチームを団結させる能力は「誰にも負けない」と称賛する。

セバスチャン・ベッテルは、2015年にレッドブルからフェラーに移籍。6シーズンを過ごし、チームで14勝を達成したが、もう少し何ができたかもしれないという感覚が常にあった。

メルセデスF1代表 「レッドブルとフェラーリはポーパシング対策阻止で結託」

2022年8月16日
メルセデスF1代表 「レッドブルとフェラーリはポーパシング対策阻止で結託」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ポーパシング撲滅を目的とした措置に対するレッドブルとフェラーリの反対は、メルセデスを勝利のための戦いから遠ざけることに基づいていると考えている.

今シーズン、レッドブルとフェラーリは13回のグランプリ優勝すべてを分け合っており、それぞれ9勝と4勝を挙げている。一方、メルセデスは、シーズン序盤に過度なポーパシング(ポーポイズ現象)/バンシングを起こしたW13に悩まされた。

フェラーリF1代表 「後半戦もアプローチを変える必要はない」

2022年8月16日
フェラーリF1代表 「後半戦もアプローチを変える必要はない」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1ベルギーGPでシーズン後半が始まるとき、チームがアプローチを変える必要はないと主張する。

フェラーリは、2022年の開幕戦F1バーレーンGPでシャルル・ルクレールがポールポジション、勝利、ファステストラップを獲得し、チャンピオンシップへの挑戦を開始するという強力な意思表示でシーズンを開始した。

ロバート・シュワルツマン、フェラーリF1とのルーキーFP1に「興奮」

2022年8月15日
ロバート・シュワルツマン、フェラーリF1とのルーキーFP1に「興奮」
ロバート・シュワルツマンは、2022年シーズン後半にスクーデリア・フェラーリでF1レース週末にデビューし、2回のプラクティス セッションに参加することに「興奮している」と語った。

フェラーリF1チームのテストドライバーであるロバート・シュワルツマンは、ルーキードライバーにプラクティスセッションの機会を与えるという2022年のF1レギュレーションを満たすためにシーズン後半に2回のFP1でチームのために走ることが計画されている。

フェラーリF1 「チームオーダー論争は外野が騒いでいるだけ」

2022年8月15日
フェラーリF1 「チームオーダー論争は外野が騒いでいるだけ」
スクーデリア・フェラーリは、チームはF1ドライバーを同等に扱うことを目指しており、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.の間でのチームオーダーの使用について「フェラーリの内部よりも外部で議論されている」と感じている。

新しいF1レギュレーションが導入された2022年の早い段階で両方のチャンピオンシップで首位に立っていたフェラーリだったが、13戦を終えた段階でマックス・フェルスタッペンとレッドブルに大差をつけられ、タイトルの希望は薄れているように見える。

シャルル・ルクレール 「ミスの後に言い訳をするドライバーが理解できない」

2022年8月13日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「ミスの後に言い訳をするドライバーが理解できない」
スクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、一部のドライバーがコース上でミスをした後に言い訳をする理由が理解できないと語る。

現在、F1で5シーズン目を迎えているシャルル・ルクレールは、キャリアを通じて、事故を起こすごとに特に自分自身を批判してきた。

今年のF1フランスGPでは、レースをリードしているときにクラッシュを喫して、タイトル争いで貴重なポイントを失った。

フェラーリF1、ロバート・シュワルツマンをルーキーFP1に起用

2022年8月12日
フェラーリF1、ロバート・シュワルツマンをルーキーFP1に起用
スクーデリア・フェラーリのレースディレクターを務めるローラン・メキーズは、昨年のFIA-F2でランキング2位を獲得したロバート・シュワルツマンが、チームに割り当てられた2回のルーキーFP1セッションの両方でフェラーリF1-75をドライブすることを明らかにした。

22歳のロバート・シュワルツマンは、2017年からフェラーリ ドライバー アカデミーの一員であり、2021年シーズンの終わりにオスカー・ピアストリに次いでチャンピオンシップを2位で終えたFIA-F2を去り、2022年シーズンはスクーデリア・フェラーリのテスト ドライバーとして働いている。

フェラーリ、F1ベルギーGPでアップグレード版エンジンを投入

2022年8月11日
フェラーリ、F1ベルギーGPでアップグレード版エンジンを投入
スクーデリア・フェラーリは、今月末のF1ベルギーGPにアップグレードされたエンジンパッケージを導入する。

今年の初めに、特定のコンポーネントに対してF1エンジン開発の凍結が実施されたが、他のパーツは9月1日までアップグレードが許可されている。

F1チームには、パワー ユニットの信頼性を向上させる権限が与えられているが、パフォーマンスの向上には制限がある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム