シャルル・ルクレール 「2連勝で批判家たちを黙らせることができた」

2019年9月19日
F1 シャルル・ルクレール 「2連勝で批判家たちを黙らせることができた」
シャルル・ルクレールは、F1ベルギーGPで初勝利を挙げ、次ぐF1イタリアGPでフェラーリに9年ぶりに勝利をもたらしたことで、フェラーリがわずか2年目で自分をチームに昇格させたことを批判していた批判家たちを黙らせることができたと感じている。

フェラーリは、昨シーズン中盤にベテランのキミ・ライコネンに代えて、ザウバーでF1デビューを果たしたばかりのシャルル・ルクレールを起用することを決定して話題を呼んだ。

フェラーリ 「ようやく2019年F1マシンのコンセプトを理解し始めている」

2019年9月19日
フェラーリ 「ようやく2019年F1マシンのコンセプトを理解し始めている」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ようやく複雑な2019年F1マシン『SF90』の複雑なマシンコンセプトを理解し始めてきたと語る。

フェラーリのF1マシンが、トップスピードで優位に立っている、低速コーナーのパフォーマンスには明らかに苦戦している。今季、フェラーリは他チームとは異なるフロントウイングコンセプトを採用。ロードラッグだが、ダウンフォースが少ないことが苦戦の要因となっている。

レッドブル 「フェラーリのF1エンジンは予選で54馬力の優位性がある」

2019年9月19日
レッドブル 「フェラーリのF1エンジンは予選で54馬力の優位性がある」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・ホンダがFIA(国際自動車連盟)にフェラーリの2019年型パワーユニットの合法性を調査するよう最も激しくプッシュしているとの報道を否定した。

パワーサーキットであるスパ・フランコルシャンとモンツァでシャルル・ルクレールが2連勝を飾ったことで、フェラーリのF1エンジンの優位性がこれまで以上に明確になった。

シャルル・ルクレールのマネージャー、政治的な影響力を否定

2019年9月19日
F1 シャルル・ルクレールのマネージャー、政治的な影響力を否定
シャルル・ルクレールのマネージャーを務めるニコラス・トッドは、フェラーリ内で“ナンバー1”のセバスチャン・ベッテルよりもルクレールのステータスを上げるために政治的な影響力を使用しているとの噂を否定した。

シャルル・ルクレールのチーム内での立場は、ニコラス・トッドの父親が元フェラーリのF1チーム代表でFIA会長でもあるジャン・トッドであることが関係しているとの声も挙がっている。

レッドブル・ホンダとメルセデス、フェラーリのF1エンジンに疑惑の目

2019年9月18日
レッドブル・ホンダとメルセデス、フェラーリのF1エンジンに疑惑の目
レッドブルとメルセデスは、フェラーリの2019年型F1エンジンのパフォーマンスに疑惑の目を向けている。

パワーサーキットであるスパ・フランコルシャンとモンツァでシャルル・ルクレールが2連勝を飾ったことで、フェラーリのF1エンジンの優位性がこれまで以上に明確になった。

フェラーリF1代表 「今シーズンさらに勝利するチャンスはある」

2019年9月18日
フェラーリF1代表 「今シーズンさらに勝利するチャンスはある」
フェラーリのF1チーム代表マッティ・ビノットは、F1シンガポールGPでの挑戦については警戒しているものの、スパとモンツァだけが今シーズンでレースに勝つチャンスだったわけではないと主張する。

フェラーリのメルセデスとレッドブルに勝るストレートスピードの優位性は、シャルル・ルクレールの2戦連続ポール・トゥ・ウィンの助けとなった。

ルイス・ハミルトン 「僕の加入を望んでいるフェラーリファンもいる」

2019年9月17日
F1 ルイス・ハミルトン 「僕の加入を望んでいるフェラーリファンもいる」
ルイス・ハミルトンは、F1キャリアを終える前に赤いオーバーオールを着た自分を見たいと思ってくれているフェラーリファンがいることを光栄に思っていると語る。

ルイス・ハミルトンは、F1キャリアのなかでイタリアGPで5回優勝しており、昨年はキミ・ライコネンとフェラーリの勝利を見事に阻止して表彰台で大ブーイングを浴びた。

セバスチャン・ベッテル「シャルル・ルクレールの活躍は驚きではない」

2019年9月17日
セバスチャン・ベッテル「シャルル・ルクレールの活躍は驚きではない」
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリのチームメイトであるシャルル・ルクレールのパフォーマンスにはチーム内の誰も驚いてはいないとし、二人はF1タイトル候補に返り咲くためには理想的なコンビだと語る。

2015年にフェラーリに加入して以来、フェラーリの15勝のうち13勝を挙げているセバスチャン・ベッテルは、フェラーリのタイトル奪還のための重要な一員とみなされてきた。

ジャン・トッド「ルクレールにはシューマッハと同じリーダーの資質がある」

2019年9月17日
F1 ジャン・トッド「ルクレールにはシューマッハと同じリーダーの資質がある」
FIA会長のジャン・トッドは、シャルル・ルクレールには、フェラーリ史上最高のチャンピオンであるミハエル・シューマッハのようにチームをリードする資質があると考えている。

ジャン・トッドは、ミハエル・シューマッハが黄金時代を築いたときにフェラーリのチーム代表を務めていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム