フェラーリ、レッドブルの年間3基のF1エンジン制限撤廃の試みを阻止

2017年11月19日
フェラーリ F1 レッドブル・レーシング ペナルティ
フェラーリは、2018年の3基までのF1エンジン制限を廃止しようとするレッドブルの動きを阻止した。

今シーズン、F1パワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティはすでに問題となっており、F1のスポーティングディレクターはエンジンペナルティがF1を“茶番化”していると述べている。

フェラーリ:ベッテル優勝でダブル表彰台 / F1ブラジルGP

2017年11月13日
セバスチャン・ベッテル キミ・ライコネン F1 ブラジルグランプリ
フェラーリは、F1ブラジルGPの決勝で、セバスチャン・ベッテルが優勝。キミ・ライコネンも3位表彰台を獲得し、ダブル表彰台を成し遂げた。

セバスチャン・ベッテル (優勝)
「ミスをする余裕のないシーズンで最も難しいレースのひとつだった。スタートは完璧ではなかったけど、ボッタスを倒すには十分だった。その後、バルテリは常にとても接近していたし、僕たちは同じペースだったけど、懸命にプッシュして、ギャップを広げることができた」

フェラーリ:ポールは逃すも勝利を目指す / F1ブラジルGP 予選

2017年11月12日
セバスチャン・ベッテル キミ・ライコネン フェラーリ ブラジルグランプリ
フェラーリは、F1ブラジルGPの予選で、セバスチャン・ベッテルが2番手、キミ・ライコネンが3番手だった。

セバスチャン・ベッテル (2番手)
「僕たちは金曜日から改善しているし、そこが重要だ。今日のクルマには満足していたけど、最後の走行での1コーナーでのブレーキングはちょっと慎重すぎたかもしれない。アウトラップの最後に良い走りをしていたので、予想よりもグリップはあったかもしれない」

フェラーリ:F1ブラジルGP 金曜フリー走行レポート

2017年11月11日
フェラーリ F1 ブラジルグランプリ セバスチャン・ベッテル
フェラーリは、F1ブラジルGPの金曜フリー走行でセバスチャン・ベッテルが4番手タイム、キミ・ライコネンが6番手タイムだった。

セバスチャン・ベッテル (4番手)
「最終的に雨は降らなかったので、予想していたよりも多くの走行ができた。今日は多くの周回を走り込むことができて良かった。適切なバランスを見つける必要があるし、それは予選セッションとレースでペスを上げるのに役立つはずだ」

セバスチャン・ベッテル 「バクーでの一件が最大の過ちだった」

2017年11月10日
セバスチャン・ベッテル フェラーリ 2017年のF1世界選手権
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリの今季タイトルに打撃を与えたと思われるドライバーエラーの中で最大の過ちだったのは、物議を醸したF1アゼルバイジャンGPでのルイス・ハミルトンとの接触だったと語った。

今週、フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、技術的なトラブルとドライバーの“ミスジャッチ”のコンビネーションが、フェラーリが両方のチャンピオンシップを逃した要因だと述べていた。

セバスチャン・ベッテル:2017 F1ブラジルGP プレビュー

2017年11月10日
セバスチャン・ベッテル フェラーリ F1 ブラジルグランプリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、インテルラゴス・サーキットで開催されるF1ブラジルGPへの意気込みを語った。

セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)
「時間が経って、それが助けになっている。メキシコは大きな失望だったけど、ここはまた別のレースだし、新しいチャレンジだ。楽しみにしている。最後の2つのグランプリではチームとして全てをうまくやって、週末を楽しみたい」

キミ・ライコネン:2017 F1ブラジルGP プレビュー

2017年11月10日
キミ・ライコネン フェラーリ F1 ブラジルグランプリ
フェラーリのキミ・ライコネンが、インテルラゴス・サーキットで開催されるF1ブラジルGPへの意気込みを語った。

キミ・ライコネン (フェラーリ)
「インテルラゴスは素晴らしいトラックだ。短くて、それほどコーナーは多くない。ここでのレースはかなりトリッキーだし、通常、多くのことが起こる。良いレースもあったし、悪いレースもあったけど、いつもとても面白い」

バーニー・エクレストン 「フェラーリのF1撤退はありえる」

2017年11月6日
フェラーリ F1レギュレーション リバティメディア
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、2021年のF1エンジンレギュレーションの方向性によってはフェラーリのF1撤退は現実のものになるかもしれないと語る。

フェラーリは、全てのF1世界選手権に参戦している唯一のメーカーであり、16回のワールドタイトル、15回のドライバーズタイトル、227勝を挙げ、F1で最も成功を収めたチームでもある。

セルジオ・マルキオンネ 「フェラーリは2017年の“痛い教訓”から学ぶ」

2017年11月5日
フェラーリ 2017年のF1世界選手権 セルジオ・マルキオンネ
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、フェラーリは2017年の何が悪かったかを学び、2018年により強くなって戻ってくると約束した。

今年、フェラーリは力強い選手権のスタートを切った。しかし、夏以降にその勢いを維持することに苦しんだことで、ルイス・ハミルトンはセバスチャン・ベッテルとの差を縮めていき、首位に浮上してからは一気に引き離して先週末のメキシコでタイトルを手に入れている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム