アルピーヌF1のエステバン・オコン 「アロンソが残留するなら幸せ」

2022年6月26日
アルピーヌF1のエステバン・オコン 「アロンソが残留するなら幸せ」
エステバン・オコンは、アルピーヌF1チームがF1のレジェンドであるフェルナンド・アロンソとの契約を延長するならば幸せだと語る。

現在、アルピーヌF1チームは、2023年に40歳のフェルナンド・アロンソを残留させるか、もしくはF2チャンピオンで将来有望なルーキーのオスカー・ピアストリにデビューのチャンスを与えるかで頭を悩ませていると伝えられている。

ケビン・マグヌッセン 「オコンは卑劣な無線メッセージでFIAを騙した」

2022年6月23日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「オコンは卑劣な無線メッセージでFIAを騙した」
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、自分に損傷したフロントウイングについてエステバン・オコンの卑劣な無線メッセージがFIAを騙したこと批判。F1ドライバーはグランプリ中に「楽に」FIAに影響を与えることができると語った。

ケビン・マグヌッセンは、F1カナダグランプリのオープニングラップでルイス・ハミルトンと接触し、フロントウィングが曲げたように見えた。

フェルナンド・アロンソ 「最終アタックのタイミングを勘違いしてしまった」

2022年5月22日
フェルナンド・アロンソ 「最終アタックのタイミングを勘違いしてしまった」 / アルピーヌF1チーム スペインGP 予選
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を17番手で終えた。

初日のフリープラクティスでは、3強チームに次ぐ位置にいたフェルナンド・アロンソだったが、土曜日になるとその勢いは影を潜めた。さらに予選では最適なタイミングでアタックすることができずにQ1で敗退。母国グランプリを17番グリッドからスタートすることになった。

エステバン・オコン、2019年のF1浪人を回顧「メルボルンの駐車場で泣いた」

2022年5月19日
エステバン・オコン、2019年のF1浪人を回顧「メルボルンの駐車場で泣いた」
エステバン・オコンは、F1のグランプリウィナーであり、F1グリッドで最も確立された若い才能である1人だ。しかし、2019年にどん底を味わっている。

F1での彼の形成期の確かな実績にもかかわらず、エステバン・オコンは、レーシング・ポイントが、セルジオペレスのチームメイトとしてランス・ストロール(当時の新しいチームオーナーのローレン・スストロールの息子)を起用する決定により、2018年の終わりにF1シートを失った。

アルピーヌF1、エステバン・オコンにもアップデート版フロアを導入

2022年5月6日
アルピーヌF1、エステバン・オコンにもアップデート版フロアを導入 / マイアミGP
アルピーヌF1チームは、今週末のマイアミGPでエステバン・オコンのA522のフロアをアップデートし、イモラで新しいエレメントを走らせていたフェルナンド・アロンソと同等にすることを確認した。

残念ながら、フェルナンド・アロンソはミック・シューマッハとのオープニングラップの接触に続いてレースからリタイアすることを余儀なくされたため、アップグレードを生かすことができなかった。

フェルナンド・アロンソ 「フロントローさえ狙えたかもしれない」

2022年4月10日
フェルナンド・アロンソ 「フロントローさえ狙えたかもしれない」 / アルピーヌF1チーム F1オーストラリアGP予選
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの予選Q3でクラッシュを喫して10番手で終えた。

今週末、各セッションで上位に顔を出していたフェルナンド・アロンソは、予選でも速さを見せていた。Q3でもセクター1を自己ベスト、セクター2で区間ベスト、セクター3でも自己ベストを更新していたが、ハイドロ系の問題でシフトダウンできなくなり、クラッシュでセッションを終えた。

アルピーヌF1代表 「今後もアロンソとオコンには自由にレースをさせる」

2022年4月4日
アルピーヌF1代表 「今後もアロンソとオコンには自由にレースをさせる」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソとエステバン・オコンが戦うのを止める理由はないと考えている。

F1サウジアラビアGPでは、アルピーヌF1チームのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンが数周にわたってスリリングがチームメイトバトルを展開。最終的にチームはエステバン・オコンにポジションを維持するように指示し、オコンはアルファロメオF1のバルテリ・ボッタスにかわされた。

エステバン・オコン 「ルノーPUの進歩で臆することなく戦えている」

2022年4月2日
エステバン・オコン 「ルノーPUの進歩で臆することなく戦えている」 / アルピーヌF1チーム
アルピーヌF1チームのエステバン・オコンは、最新のルノーのF1エンジンのアップグレードによって、F1サウジアラビアGPでバトルで“誰にも臆する”必要はなくなったと語る。

レースの早い段階でエステバン・オコンはチームメイトのフェルナンド・アロンソと戦い、アロンソが駆動系のトラブルでリタイアした後、最終的に6位でレースをフィニッシュした。

エステバンオコン、7位入賞 「今日のパフォーマンスはポジティブ」

2022年3月21日
エステバンオコン、7位入賞 「今日のパフォーマンスはポジティブ」 / アルピーヌF1チーム バーレーンGP
アルピーヌF1チームのエステバン・オコンは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの決勝レースで7位入賞を果たした。

「今日にはとても満足満足している。チームとしてダブル入賞でシーズンの素晴らしいスタートを切ることができた。今日の僕たちのペースは強力で、いくつかの良いオーバーテイクができたし、チームは戦略に関して正しいコールをしてくれた」とエステバン・オコンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム