アレクサンダー・アルボン 「2022年F1マシンのシミュレーター経験は有利」

2021年10月20日
アレクサンダー・アルボン 「2022年F1マシンのシミュレーター経験は有利」 レッドブルF1で開発作業を担当
アレクサンダー・アルボンは、今シーズンにレッドブルF1の開発ドライバーとしてシミュレーターで2022年F1マシンの開発に携わってきた時間が、来シーズンに有利になると考えている。

今年はレッドブルF1の開発兼リザーブドライバーとしてグランプリレースから離れていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年にメルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズでF1復帰することが決定している。

ジョージ・ラッセル 「アルボンからまだビールを奢ってもらってない」

2021年10月20日
F1:ジョージ・ラッセル 「アルボンからまだビールを奢ってもらってない」
ジョージ・ラッセルは、アレクサンダー・アルボンをウィリアムズF1の後任ドライバーとして推薦したことへのお礼としてビールをまだ奢ってもらうという約束はまだ果たされていないと語る。

今年レッドブルF1のリザーブドライバーとして1年間主力を外されていたアレクサンダー・アルボンだが、2022年にメルセデスF1に移籍するジョージ・ラッセルの後任としてウィリアムズF1加入が決定。F2時代のチームメイトであるニコラス・ラティフィと再タッグを組む。

アレクサンダー・アルボン 「ガスリーのペナルティはおかしい」

2021年10月15日
アレクサンダー・アルボン 「ガスリーのペナルティはおかしい」 F1トルコGP 決勝
アレクサンダー・アルボンは、F1トルコGPのスチュワードがフェルナンド・アロンソとの1コーナーでの接触についてピエール・ガスリーを罰することは完全に間違っていたと信じている。

ウエットコンディションで開催されたF1トルコGPのオープニングラップで、ピエール・ガスリーは、右側のフェルナンド・アロンソと左側のセルジオ・ペレスにサイドイッチされる形となった。

アレクサンダー・アルボン、F1トルコGPで角田裕毅のドライバーコーチ役

2021年10月10日
アレクサンダー・アルボン、F1トルコGPで角田裕毅のドライバーコーチ役
F1トルコGPでは、レッドブルF1のアレクサンダー・アルボンが、アルファタウリ・ホンダのルーキーである角田裕毅のドライバーコーチを務めている。

角田裕毅にとって、今週末のイスタンブール・パークは初走行であり、週末を通して、アレクサンダー・アルボンからアドバイスを受けている。その甲斐あってか、角田裕毅はチームメイトのピエール・ガスリーから1秒遅れの10番手ではあったが、3度目となるQ3進出を果たした。

「ヘルムート・マルコを“悪役”キャラとするのは間違った描写」

2021年10月7日
「ヘルムート・マルコを“悪役”キャラとするのは間違った描写」とレッドブルF1のアルボン
レッドブルF1のアレクサンダー・アルボンは、ヘルムート・マルコがメディアで“悪役”キャラとして描写されるのは間違った認識だと語る。

マックス・フェルスタッペンのチームメイトを3年間務めたダニエル・リカルドが2018年にチームを去って以来、ピエール・ガスリー、アレクサンダー・アルボン、セルジオ・ペレスと短期間で3名のドライバーがレッドブルF1のセカンドシートに座っている。

アレクサンダー・アルボン 「F1でレースができずに見ているのは拷問だった」

2021年10月5日
レッドブルF1のアレクサンダー・アルボン 「F1でレースができずに見ているのは拷問だった」
アレクサンダー・アルボンは、2021年F1シーズンの開始時に、レースをするのではなく、見ている側に回ることは“拷問”だったと語る。

アレクサンダー・アルボンは、レッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスと交代することを決定したことで、今年はレースシートがない状況となった。レッドブルF1のテスト兼リザーブドライバーの役割を果たしているアルボンは、シーズンを通して多くのグランプリ週末に帯同している。

ウィリアムズF1代表 「アルボンとの契約はBチームではないことの証明」

2021年10月4日
ウィリアムズF1代表 「アルボンとの契約はBチームではないことの証明」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、アレクサンダー・アルボンと契約することでウィリアムズがメルセデスのBチームではないことを証明したと考えているが、それがアルボンが選ばれた理由ではないと語る。

ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍することが決定し、後任としてニコラス・ラティフィのチームメイトを務めるドライバーには、現在、レッドブルF1でリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが選ばれた。

アルボン 「フェルスタッペンの僚友にプレッシャーが伴うという説は神話」

2021年10月2日
F1:アレクサンダー・アルボン 「フェルスタッペンの僚友にプレッシャーが伴うという説は神話」
アレクサンダー・アルボンは、3年で3人もチームメイトが変わっていることで、マックス・フェルスタッペンのチームメイトになることにはさらなるプレッシャーが伴うという主張を否定した。

アレクサンダー・アルボンは、一時的にレッドブル・レーシングでマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めた。2019途中に成績不振のピエール・ガスリーに代わってチームに加入した。

ウィリアムズF1 「アルボン加入はレッドブルとの関係の始まりではない」

2021年9月29日
ウィリアムズF1 「アルボン加入はレッドブルとの関係の始まりではない」
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、2022年にアレクサンダー・アルボンが加入することが、必ずしもレッドブルとの強固なつながりが始まったわけではないと語る。

今月初めに、ウィリアムズF1は、メルセデスに移籍するジョージラッセルに代わって、2022年に現在のレッドブルF1のリザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンと契約したと発表した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム