アレクサンダー・アルボン 「無線での“スイートスポット”をまだ探っている」

2023年1月18日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「無線での“スイートスポット”をまだ探っている」
アレクサンサー・アルボンは、ウィリアムズF1チームでの無線通信で「スイートスポット」を見つけることに取り組んでおり、チームに参加したときに「非常に攻撃的」だったことを認めている。

アレクサンダー・アルボンは、2020年末にレッドブル・レーシングフルタイムのラインナップから降ろさふぇて1年間リザーブドライバーを務めた後、2022年シーズンにウィリアムズF1チームのシートを獲得した。

アルボン 「リカルドがF1を離れることを選んだ理由は理解できる」

2023年1月4日
アレクダンサー・アルボン 「リカルドがF1を離れることを選んだ理由は理解できる」
アレクサンダー・アルボンは、ダニエル・リカルドがグリッドの後方にいるF1チームでドライブを追求するのではなく、F1から1年間離れることを選んだ理由を理解できると語る。

2023年にマクラーレンのF1シートを失うことが決定したダニエル・リカルドは、ハースやウィリアムズのようなチームとの潜在的な機会には深刻な関心を持っていないことを明らかにしていた。

F1交渉中のアルボンが日産のフォーミュラEテストをストライキした日

2022年12月29日
F1交渉中のアルボンが日産のフォーミュラEテストをストライキした日
アレクサンダー・アルボンは、2019年に日産とフォーミュラEでレースをする契約を結んでいた。しかし、レッドブルからトロ・ロッソのF1シートを打診されたアルボン陣営は、2回目の日産とのフォーミュラEを事実上ストライキした。

アレクサンダー・アルボンが日産のフォーミュラEカーで走ったのはほんの数時間だったかもしれませんが、その短い契約期間は、フォーミュラEの歴史の中で最も劇的なエピソードの1つとなっている。

アレクサンダー・アルボン、幻の2022年F1イタリアGP用ヘルメットを公開

2022年12月25日
アレクサンダー・アルボン、幻の2022年F1イタリアGP用ヘルメットを公開
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1イタリアGPで着用する予定だった幻のスペシャルヘルメットを公開した。

アレクサンダー・アルボンにとって2022年のF1イタリアGPは永遠に覚えている週末となるだろう。金曜日にいつものように仕事を終えたアルボンだが、土曜日の早朝、腹部の激しい痛みで目覚め、最終的に虫垂と診断された。

ウィリアムズF1首脳 「アレクサンダー・アルボンは優しすぎるときがある」

2022年12月7日
ウィリアムズF1首脳 「アレクサンダー・アルボンは優しすぎるときがある」
ウイリアムズのテクニカルディレクターであるフランソワ=グザヴィエ・ドメゾンは、アレクサンダー・アルボンには“優しすぎる”ときがあるとし、チームを厳しく“プッシュ”するよう求めた。

アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズでF1復帰に成功。2022年シーズンを通してニコラス・ラティフィに対して支配的であることを証明し、ミッドフィールドと比較して一般的にパフォーマンスに欠けていた車でチームにポイントをもたらした。

アレクサンダー・アルボン、F1ヘルメット落札でタイの孤児院に1400万寄付

2022年12月5日
アレクサンダー・アルボン、F1ヘルメット落札でタイの孤児院に1400万寄付
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、10月のF1シンガポールGPで惨めな時間を過ごしたが、マリーナ・ベイでの不運なレースから2か月が経ち、このイベントで使用したヘルメットは、タイの孤児院に素晴らしい利益をもたらした。

今年の3月、アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズ・レーシングのボスであるヨースト・カピートの兄弟であるフォルカー・カピートが運営する協会であるアイスマンチャリティーが支援するバンコク近郊のワット サケーオ孤児院を訪れた。

アレクサンダー・アルボン 「虫垂炎手術後まだフィットネスは戻っていない」

2022年12月1日
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボン 「虫垂炎手術後まだフィットネスは戻っていない」
ウィリアムズのF1ドライバーであるアレクサンダー・アルボンは、9月のモンツァでのF1イタリアGPの週末に虫垂炎に苦しんだ後、まだ完全にフィットネスを取り戻していないと語る。

アレクサンダー・アルボンは、土曜日の最終プラクティスと予選の前に病気に倒れてレースを欠場することを余儀なくされ、非常に短い通知でニック・デ・フリースが代役を務めた。

アレクサンダー・アルボン、ヘルメットにニコラス・ラティフィのロゴ

2022年11月20日
アレクサンダー・アルボン、ヘルメットにニコラス・ラティフィのロゴ / F1最終戦
アレクサンダー・アルボンは、2022年F1アブダビGPでヘルメットにニコラス・ラティフィのロゴを掲載している。

ニコラス・ラティフィは、今シーズン限りでウィリアムズとの契約を終了。今年チームメイトだったアレクサンダー・アルボンはFIA-F2時代にもラティフィとチームを組んでいた。

ウィリアムズF1のアルボン 「FP2を逃すことで心配なのは雨だけ」

2022年11月11日
ウィリアムズF1のアルボン 「FP2を逃すことで心配なのは雨だけ」 / F1ブラジルGP
アレクサンダー・アルボンは、F1ブラジルGPのフリー走行2回目を逃すことで心配なのは「雨だけ」だと語る。

アレクサンダー・アルボンは、金曜日のプラクティスをドライブし、予選を終えた後、土曜日の朝に行われる2回目のプラクティスを将来のチームメイトになる可能性があるローガン・サージェントに引き渡す。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム