2022年 F1シンガポールGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2022年10月3日
2022年 F1シンガポールGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2022年 第17戦 F1シンガポールGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

マリーナ・ベイ市街地コースで行われたF1シンガポールGP決勝で、セルジオ・ペレスはレースを通じてシャルル・ルクレール(フェラーリ)からのプレッシャーに耐え、レース終了後に5秒加算ペナルティを科されながらも全ラップリードを記録してキャリア通算4勝目を挙げた。

2022年 F1シンガポールGP 決勝:スターティンググリッド

2022年10月2日
2022年 F1シンガポールGP 決勝:暫定スターティンググリッド
F1は、2022年F1シンガポールGP決勝のスターティンググリッドを発表した。

F1シンガポールGPの決勝レースに向けてジョージ・ラッセル(メルセデス)がエンジンを交換してピットレーンスタートを選択。12番グリッド以下のドライバーのグリッドが1つずつ繰り上がる。

ポールポジションに並ぶのはシャルル・ルクレール(レッドブル・レーシング)、2番グリッドにはセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)が並ぶ。

2022年 F1シンガポールGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2022年10月2日
2022年 F1シンガポールGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2022年 第17戦 F1シンガポールGPの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

ポールポジションを獲得したのはシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)。1分49秒412をマークして、2大会連続となる今シーズン9回目、通算18回目のポールポジションを獲得した。2番手には0.022秒の僅差でセルジオ・ペレス(レッドブル・レーシング)、そして、3番手には0.054秒差でルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季予選ベストリザルトを獲得した。

F1ドライバー、FIAに狭いピットレーンの安全性の見直しを要求

2022年9月28日
F1ドライバー、FIAに狭いピットレーンの安全性の見直しを要求
F1ドライバーは、FIA(国際自動車連盟)は狭いピットレーンでの潜在的な安全性の問題を検討する必要があると語る。

F1オランダGPが開催されたザントフォールトの週末には危険なアンセーフリリースのインシデントが多発。セルジオ・ペレス(レッドブル)は、ピットを離れるときにフェラーリがカルロス・サインツJr.のタイヤ交換時に放置したホイールガンを轢くというアクシデントがあった。

2023年F1シート争奪戦:4つの空席に絡む複雑な裏事情

2022年9月26日
2023年F1シート争奪戦:4つの空席に絡む複雑な裏事情
2023年のF1世界選手権では、アルピーヌ、アルファロメオ、ハース、ウィリアムズの4つチームのシートが1つずつ空席となっているが、様々な裏事情がそれぞれのシートに絡んでいる。

今週、2023年のF1シートに新たな動きがあった。9月22日(木)、アルファタウリF1は角田裕毅の2023年の残留を発表。翌23日(金)、ウィリアムズはニコラス・ラティフィが今シーズン限りでチームを離れることを発表した。

2023年F1シート争奪戦:3つの空席+1を巡る複雑な緊張状態

2022年9月16日
2023年F1シート争奪戦:3つの空席+1を巡る複雑な緊張状態
2023年のF1世界選手権にむけて現実的にオープンなF1シートはアルピーヌ、ハース、ウィリアムズの3つだけだが、そこにアルファタウリが絡んで複雑な様相となっている。

セバスチャン・ベッテルの引退、フェルナンド・アロンソのアストンマーティンへの移籍、そして、オスカー・ピアストリ/ダニエル・リカルドのマクラーレンのシートを巡る騒動によって引き起こされた2023年のF1ドライバー市場の衝撃の後、事態は相手の出方を窺う緊張状態となっている。

2022年 F1イタリアGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2022年9月12日
2022年 F1イタリアGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2022年 F1 第16戦 イタリアグランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝は7番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。12周目にトップに立つ圧倒的な速さでフェラーリの聖地モンツァでは初優勝5連勝。今季11勝目を挙げ、2022年のF1ワールドチャンピオン獲得にさらに近づいた。

2022年 F1オランダGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2022年9月5日
2022年 F1オランダGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2022年 F1 第15戦 オランダグランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はポールポジションからマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。中盤に1ストップ戦略を狙ったハードタイヤのメルセデス勢に迫られたが、バーチャルセーフティカーとセーフティカーを味方につけて優勝。4連勝で今季10勝目を挙げて2年連続で母国レースを制した。

2022年 F1オランダGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2022年9月4日
2022年 F1オランダGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2022年F1第15戦オランダグランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

大接戦となった予選は、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)を0.021秒の僅差で上回り、2年連続で母国レースでポールポジションを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム