2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年6月21日
2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン。47周目のセーフティカーで“フリー”なピットストップを行ったカルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)に対してタイヤ面で不利な立場での戦いとなり、最後のリスタート後は常にDRS圏内にいるサインツのプレッシャーに晒されたが、0.993秒の僅差でトップでチェッカーを受けた。

2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)

2022年6月21日
2022年 F1カナダGP 決勝:ドライバーコメント(11位~DNF)
2022年F1第9戦カナダグランプリの決勝で11位~DNFだったドライバーのコメント。

ジル・ヴィルヌーヴ・サーキットは、DRSトレインに入るとオーバーテイクが難しく、2回のバーチャルセーフティカー、1回のセーフティカーが入り、後方から戦略で挽回を目指すドライバーにとっては困難なレース展開となった。

2022年 F1カナダGP 予選:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年6月19日
2022年 F1カナダGP 予選:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1第9戦カナダグランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

ウェットコンディションとなった予選でポールポジションを獲得したのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。唯一盤石と言ってもいい走りを見せ、今季2回目、通算15回目のポールポジションを獲得した。

2022年 F1カナダGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)

2022年6月19日
2022年 F1カナダGP 予選:ドライバーコメント(11位~20位)
2022年F1第9戦カナダグランプリの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

ウェットコンディションでスタートしたF1カナダグランプリの予選は、路面がどんどん改善し、特に台数の多い最初のセグメントではトラフィックを含めてアタックするタイミングが大きな鍵を握ることになった。

F1、ドライバーの安全のためにポーポイズ現象を軽減する技術指令を発行

2022年6月17日
F1、ドライバーの安全のためにポーポイズ現象を軽減する技術指令を発行
F1の統治機関であるFIA(国際自動車連盟)は、ポーパシング(ポーポイズ現象)についてコメントが相次いだ後、F1ドライバーの安全性を向上させるために技術指令を発行した。

2022年に導入された新世代F1マシンは、後続のドライバーの妨げになっていた車からの汚れた空気の影響を最小限に抑えることを目的として設計され、グランドエフェクトカーへと生まれ変わった。

F1ドライバー、予選でのフラッグの原因にペナルティを科す動きを支持

2022年6月15日
F1ドライバー、予選でのフラッグの原因にペナルティを科す動きを支持
F1ドライバーは、予選で赤旗または黄旗の原因となり、ライバルのラップを台無しにしたドライバーにペナルティを科すというFIA(国際自動車連盟)の潜在的なイニシアチブに支援を表明した。

先週末のF1アゼルバイジャンGPでは、フェルナンド・アロンソが予選Q1の終わりにエスケープロードに出てイエローフラッグを出し、彼を倒す可能性のある後続のドライバーのラップを台無しにしたことでこの問題が話題となった。

FIA会長、反発を受けて「今のF1ドライバーは政治的すぎる」発言を撤回

2022年6月14日
FIA会長、反発を受けて「今のF1ドライバーは政治的すぎる」発言を撤回
FIA会長のモハメド・ビン・スライエムは、F1ドライバーが政治的になりすぎていることを示唆した後、ソーシャルメディアで反発を受け、その発言を撤回した。

最近、モハメド・ビン・スライエムは「政治家になること」はモーターレースに関連する人々の役割でないとし、純粋主義者だったアラン・プロストやニキ・ラウダのようなF1ドライバーとは対照的だとSpeed Weekに語っていた。

F1ドライバー、メルセデス勢以外もポーパシングに懸念を表明

2022年6月14日
F1ドライバー、メルセデス勢以外もポーパシングに懸念を表明
新世代F1マシンのポーパシング問題は、ストリート・サーキットで開催されたアゼルバイジャングランプリでドライバーの間でひときわ蔓延した。

グラウンドエフェクト効果のコンセプトへの切り替えが見られた現在のF1レギュレーションは、マシンが上下に振動する“ポーパシング”もしくは“バウンシング”として知られる副作用をもたらした。

2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)

2022年6月13日
2022年 F1アゼルバイジャンGP 決勝:ドライバーコメント(優勝~10位)
2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

優勝はレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン。今季5勝目、通算25勝目をマーク。セルジオ・ペレスも2位に続いてレッドブル・レーシングが1-2フィニッシュ。3位にはジョージ・ラッセル、4位にはルイス・ハミルトンとメルセデスF1勢が続いた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム