ルイス・ハミルトン 「他のF1ドライバーに片膝立ちを強要した事実はない」

2020年7月7日
ルイス・ハミルトン 「他のF1ドライバーに片膝立ちを強要した事実はない」
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、他のF1ドライバーたちに片膝をつくことを強制した事実はないと述べ、人種差別への反対を表明する方法はそれぞれに選択する権利があると語った。

F1オーストリアGPのレース前のオーストリア国家斉唱の際、F1ドライバーは「End Racism( 人種差別を撤廃)」のメッセージが書かれたTシャツを着用して整列。ルイス・ハミルトンは含めた14名は片膝をついたが、他の6名は起立したままだった。

F1オーストリアGP 決勝:完走した11名のドライバーのコメント

2020年7月6日
F1オーストリアGP 決勝:完走した11名のドライバーのコメント
2020年のF1世界選手権 第1戦 オーストリアGPの決勝が7月5日(日)にシュピールベルクのレッドブル・リンクで行われた。

完走11台というサバイバルレースを制したのはメルセデスF1のバルテリ・ボッタス。リードを一度も譲らずに勝利を掴み取った。その後ろでは様々なバトルとドラマがあった。デビュー戦となったニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)は残念ながらあと1台届かなかった。完走した11台のコメントは以下。

F1オーストリアGP 決勝:リタイアを喫した9名のドライバーのコメント

2020年7月6日
F1オーストリアGP:リタイアを喫した9名のドライバーのコメント
2020年のF1世界選手権 第1戦 オーストリアGPの決勝が7月5日(日)にシュピールベルクのレッドブル・リンクで行われた。

レースは3台のセーフティカーが入るトラブル多発の展開となった。各チーム、PUやブレーキ、電気系と様々な問題を抱えた。序盤は3連戦が予定されており、迅速な解決が求められる。リタイアを喫した9名のドライバーのコメントは以下。

F1ドライバー、人種差別反対の“片膝立ち”のゼスチャーに各々の主義

2020年7月6日
F1ドライバー、人種差別反対の“片膝立ち”のゼスチャーに各々の主義
2020年のF1世界選手権 第1戦 オーストリアGPの決勝レース前、全F1ドライバーが揃って人種差別に対する抗議を表明。14名のドライバーは片膝をついたが、6名のドライバーは起立したまま活動へのサポートを表現した。

レース前のオーストリア国家斉唱の際、F1ドライバーは「End Racism( 人種差別を撤廃)」のメッセージが書かれたTシャツを着用して整列。コントロールラインにも同じメッセージが書かれた。

F1オーストリアGP 予選:トップ10 ドライバーコメント

2020年7月5日
F1オーストリアGP 予選:トップ10 ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権 第1戦 オーストリアGPの予選が7月4日にシュピールベルクのレッドブル・リンクで行われた。

新シーズン最初のポールポジションを獲得したのはメルセデスF1のバルテリ・ボッタス。チームメイトのルイス・ハミルトンを0.012秒の僅差で抑えた。3番グリッドにはレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンがトップ10で唯一のミディアムタイヤで並ぶ。

F1オーストリアGP 予選:ドライバーコメント(11~20番手)

2020年7月5日
F1オーストリアGP 予選:ドライバーコメント(11~20番手)
2020年のF1世界選手権 第1戦 オーストリアGPの予選が7月4日にシュピールベルクのレッドブル・リンクで行われた。

予選Q2では4回のF1ワールドチャンピオンであるフェラーリF1のセバスチャン・ベッテルはまさかの敗退。それでもタイヤを選択できるなかで最前列である11番グリッドからのスタートで巻き返しを図る。

2020年 F1オーストリアGP:予選トップ3ドライバーのコメント

2020年7月4日
F1オーストリアGP:予選トップ3ドライバーのコメント
2020年のF1世界選手権の第1戦 F1オーストリアGPの予選が7月4日(土)にレッドブル・リンクで行われ、メルセデスF1のバルテリ・ボッタスがポールポジションを獲得した。

ようやく2020年F1マシンの真の実力がベールを脱いだ。ポールポジションを獲得したバルテリ・ボッタスは、2回目のアタックでコースオフを喫するも、1回目の1分02秒939を上回るドライバーは現れず、通算12回目のポールポジションを獲得した。

F1オーストリアGP 金曜フリー走行:トップ10ドライバーコメント

2020年7月4日
F1オーストリアGP 金曜フリー走行 : トップ10ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権が再開。7月3日(金)にF1オーストリアGPの2回のフリー走行が行われた。

両方のセッションでメルセデスF1のルイス・ハミルトンがトップタイムを記録。メルセデスが1-2体制で新シーズンのスタートを切った。3番手にはレーシング・ポイントF1のセルジオ・ペレスが続き、ライバル勢に脅威を与えている。

ミカ・ハッキネン 「2020年のF1は3つ巴のタイトル争いになる」

2020年6月28日
ミカ・ハッキネン 「2020年のF1は3つ巴のタイトル争いになる」
元F1ワールドチャンピオンのミカ・ハッキネンは、2020年のF1世界戦選手権は、ルイス・ハミルトンにバルテリ・ボッタスとマックス・フェルスタッペンが挑戦する“3つ巴”のタイトル争いになると考えている。

3年連続でタイトルを獲得し、6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、今年もタイトルを獲得すれば、前人未踏と考えられていたミハエル・シューマッハの7回の最多F1ワールドチャンピオン記録に並ぶ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム