セバスチャン・ベッテル 「再びアロンソと戦えたのは特別なことだった」

2022年1月17日
F1:セバスチャン・ベッテル 「再びアロンソと戦えたのは特別なことだった」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルにとって、2021年は困難なシーズンとなったが、古いライバルであるフェルナンド・アロンソとの戦いにいくつか楽しみを見い出していた。

かつてタイトルを争った2人のF1ワールドチャンピオンは、フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1で2年ぶりにグリッドに戻ってきたことで、再びコース上で再会した。

キミ・ライコネン 「セバスチャン・ベッテルの仕事へのアプローチは特殊」

2022年1月16日
F1:キミ・ライコネン 「セバスチャン・ベッテルの仕事へのアプローチは特殊」
キミ・ライコネンは、フェラーリ時代にチームメイトとなったセバスチャン・ベッテルとの時間を振り返り、ベッテルの仕事へのアプローチは“特殊”なものだったと振り返る。

キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルは、2015年から2018年までフェラーリF1でチームメイトとなり、コース内外で良い関係を共有した。

セバスチャン・ベッテル 「アロンソの表彰台はモチベーションになった」

2022年1月11日
F1:セバスチャン・ベッテル 「アロンソの表彰台はモチベーションになった」
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)がF1カタールGPで表彰台を獲得するのを見ることが“大きなモチベーション”になったと認める。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、11月にロサイル・インターナショナル・サーキットで開催されたレースで強力なパフォーマンスを発揮して3位でフィニッシュ。2014年以来となる表彰台を獲得した。

セバスチャン・ベッテルは引退前にレッドブルF1に復帰して速さを示すべき?

2022年1月10日
セバスチャン・ベッテルは引退前にレッドブルF1に復帰して速さを示すべき?
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、セバスチャン・ベッテルはレッドブルF1に戻り、現在の彼がどれだけ速いかを人々に示すべきだと考えている。

2020年にフェラーリF1を去った4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2021年の大部分でパフォーマンスに欠けるアストンマーティンF1でミッドフィールドに留まることになった。

セバスチャン・ベッテル 「ミックとの関係はメンターというよりも友人」

2022年1月5日
F1:セバスチャン・ベッテル 「ミックとの関係はメンターというよりも友人」
セバスチャン・ベッテルは、ミック・シューマッハとの緊密な関係は、メンターというよりも友情に基づいていると語る。

同じドイツ出身のセバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハは、レース週末に意見交換する様子がよく見られている。

セバスチャン・ベッテル 「F1ドライバーは10回もsh*tと叫ぶべきではない」

2021年12月28日
セバスチャン・ベッテル 「F1ドライバーは10回もsh*tと叫ぶべきではない」
セバスチャン・ベッテルは、F1チームとの無線が、子供たちに正しい言葉遣いを示そうとする自分の努力の邪魔になることがあると語る。

妻のハンナと3人の父親として、34歳のセバスチャン・ベッテルは、限度を超えた場合はビープ音が鳴るもの、最も下品な無線メッセージがテレビ視聴者に放送される傾向があると踏まれ場、自分の責任を十分に認識している。

セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1での最終年より今の場所は幸せ」

2021年12月23日
セバスチャン・ベッテル 「フェラーリF1での最終年より今の場所は幸せ」
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1での最終年よりも、アストンマーティンF1の今の場所を幸せに感じていると認める。

フェラーリF1は、2021年に向けて5シーズンドライバーを務めた4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを放出することを決定した。2020年のシーズン開幕前のタイミングも影響して、ベッテルはペースに苦労し、いくつかのミスも犯すことになった。

セバスチャン・ベッテル、ミック・シューマッハのF1ルーキーシーズンを称賛

2021年12月21日
セバスチャン・ベッテル、ミック・シューマッハのF1ルーキーシーズンを称賛 「パドックに最初に来て最後に帰る」
セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハが素晴らしい友人であることは周知の事実だ。そして、4回のF1ワールドチャンピオンはハースF1のルーキーの厳しい最初のシーズンの労働倫理を賞賛した。

アルトンマーティンF1に所属するセバスチャン・ベッテルは、ミック・シューマッハのメンターの役割を果たした。ハースF1は、2022年に次世代F1マシンに焦点を当てるためにVF-21の開発を断念することを決定。ミック・シューマッハはノーポイントでシーズンをF1デビューシーズンを終えた。

セバスチャン・ベッテル、オーバーテイクアワード受賞も「素直には喜べない」

2021年12月19日
F1:セバスチャン・ベッテル、オーバーテイクアワード受賞も「素直には喜べない」
セバスチャン・ベッテルは、今年から新設された『オーバーテイクアワード』を受賞。しかし、予選で“あまりにも頻繁”に後方スタートとなった結果であり、必ずしも喜べるものではないと感じている。

F1は、2021年に最もオーバーテイクをしたF1ドライバーを称える『オーバーテイクアワード(Crypto.com Overtake Award)』を創設。シーズン終了後に特別な専用トロフィーがウィナーに贈られる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム