ハースF1代表、セバスチャン・ベッテルの中団チーム移籍の噂を疑問視

2020年5月28日
ハースF1代表、セバスチャン・ベッテルの中団チーム移籍の噂を疑問視
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルが2021年もF1を継続することを決断したとしても、ミッドフィールドチームに移籍する可能性は低いと考えている。

セバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを発表。だが、現時点で2021年のF1グリッドにおける選択肢はほとんどないと言っていいだろう。

フェリペ・マッサ 「フェラーリF1での無冠はベッテルだけが問題ではない」

2020年5月28日
フェリペ・マッサ 「フェラーリF1での無冠はベッテルだけが問題ではない」
元フェラーリのF1ドライバーであるフェリペ・マッサは、セバスチャン・ベッテルが所属中にフェラーリF1にタイトルを奪還することができなかったのは、チームが“完全に完璧”ではなかったためだと考えている。

セバスチャン・ベッテルとフェラーリF1は2020年シーズン末で別々の道を進む。ベッテルにはまだ2020年にF1タイトルをもたらす最後の機会があるが、2015年からタイトルを獲得できていないのは、ミスの多さも関連づけられている。

セバスチャン・ベッテルのメルセデスF1移籍は現実的ではない?

2020年5月26日
セバスチャン・ベッテルのメルセデスF1移籍は現実的ではない?
元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、セバスチャン・ベッテルのメルセデスF1への移籍は現実的ではないと考えている。

セバスチャン・ベッテルの将来は当面は不透明だ。ベッテルは今シーズン限りでフェラーリを去るが、2021年に何をするかはまだ発表していえない。

レッドブルF1代表、ベッテルのメルセデスF1移籍の噂を煽る

2020年5月26日
レッドブルF1代表、ベッテルのメルセデスF1移籍の噂を煽る
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルが2021年にメルセデスに移籍する可能性があるとの噂を煽った。

2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを決断したセバスチャン・ベッテルはF1からの引退を選択する可能性もある。レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンと2023年まで契約を結んでおり、今のところ、アレクサンダー・アルボンにも満足しているため、新しいドライバーを探す必要はない。

セバスチャン・ベッテル、2021年のレッドブル・ホンダF1移籍を希望?

2020年5月26日
セバスチャン・ベッテル、2021年のレッドブル・ホンダF1移籍を希望?
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2021年にレッドブル・ホンダF1への移籍を希望しているようだ。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは話し合いの場を設けたことを認めた。

セバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを決断。2021年以降の去就が注目を集めている。

「セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1に行くべき」

2020年5月25日
「セバスチャン・ベッテルはアストンマーティンF1に行くべき」とデビッド・クルサード
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、セバスチャン・ベッテルのF1キャリアの“思いがけない”オプションとしてアストンマーティンF1チームの名前を挙げた。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りで契約が満了となるフェラーリを離れるが、まだ2021年のF1シートを確保しておらず、将来は不透明なままだ。

セバスチャン・ベッテルが無冠でフェラーリF1を去る一因は団結の欠如?

2020年5月25日
セバスチャン・ベッテルが無冠でフェラーリF1を去る一因は団結の欠如?
元フェラーリF1のチーム代表であり、現FIA会長のジャン・トッドは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリF1でミハエル・シューマッハの成功を繰り返すことができなかったのはチームの団結の欠如が一因であり、それが最終的に離脱へとつながったと考えている。

フェラーリF1との6年目で最後のシーズンとなる2020年にチャンピオンを獲得できない限り、セバスチャン・ベッテルは幼少期のヒーローであるミハエル・シューマッハの成功に倣うという夢を達成できずにチームを去ることになる。

レッドブルF1 「ベッテルと復帰についてあらゆる可能性を話し合った」

2020年5月24日
レッドブルF1 「ベッテルと復帰についてあらゆる可能性を話し合った」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルと話し合ってレッドブル復帰について様々な可能性を模索していたことを明かし、現時点ではメルセデス移籍かF1引退かの二択しかないだろうと考えている。

先週、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを発表。2021年以降の次のキャリアについて様々な憶測を生んでいる。

「メルセデスでハミルトンとベッテルが組めばF1に大きな価値をもたらす」

2020年5月22日
「メルセデスでハミルトンとベッテルが組めばF1に大きな価値をもたらす」とバーニー・エクレストン
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、メルセデスがルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルという“スーパーチーム”を起用すればF1は面白くなるだろうと語る。

2020年シーズン限りでフェラーリF1を離脱することを発表していらい、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの将来は推測の対象となっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム