フェラーリF1首脳 「ベッテルのチームを団結させる能力は誰にも負けない」

2022年8月17日
フェラーリF1首脳 「ベッテルのチームを団結させる能力は誰にも負けない」
スクーデリア・フェラーリのスポーティングディレクターを務めるローラン・メキースは、セバスチャン・ベッテルのチームを団結させる能力は「誰にも負けない」と称賛する。

セバスチャン・ベッテルは、2015年にレッドブルからフェラーに移籍。6シーズンを過ごし、チームで14勝を達成したが、もう少し何ができたかもしれないという感覚が常にあった。

レッドブルF1代表 「2013年はセバスチャン・ベッテルの最高の年」

2022年8月13日
レッドブルF1代表 「2013年はセバスチャン・ベッテルの最高の年」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルにとっての最高のシーズンは4回目のタイトルを獲得した2013年だと語る。

レッドブル・レーシングを去って以来、セバスチャン・ベッテルは同じ成功を収めることができず、BMWザウバーでスタートし、トロロッソ、レッドブル、フェラーリを経て、最後の所属チームとなったアストンマーティンF1で驚くべきF1キャリアを終えることを決断した。

フランツ・トスト 「ベッテルをトロロッソに入れるのに多大な努力を払った」

2022年8月13日
F1:フランツ・トスト 「ベッテルをトロロッソに入れるのに多大な努力を払った」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、セバスチャン・ベッテルに懐疑的な人もおり、2007年にトロロッソに連れてくるために多大な努力を払ったと語る。

セバスチャン・ベッテルは、BMWザウバーのテストドライバーとしてF1キャリアをスタートしたが、2007年にF1カナダGPで大クラッシュを喫したロバート・クビサの代役としてF1アメリカGPでデビューする機会が生まれた。

アルファタウリF1代表 「ベッテルはF1王者になるとすぐに確信した」

2022年8月13日
アルファタウリF1代表 「ベッテルはF1王者になるとすぐに確信した」
スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2007年にセバスチャン・ベッテルがトロ ロッソに加入してすぐに“物凄いドライバー”になることがわかったと語る。

F1ハンガリーGPに先立ち、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、2020年シーズン限りでF1から引退することを発表した。

ピエール・ガスリー 「F1デビュー年のベッテルからのアドバイスは忘れない」

2022年8月12日
ピエール・ガスリー 「F1デビュー年のベッテルからのアドバイスは忘れない」
アルファタウリF1のピエール・ガスリーは、2016年にF1キャリアをスタートさせたときにセバスチャン・ベッテルから受けた助けとアドバイスについて語った。

2016年にGP2でチャンピオンを獲得したピエール・ガスリーだったが、2017年にレッドブルの両チームのF1シートは埋まっていた。ガスリーは、日本へと向かい、スーパーフォーミュラに参戦することを選んだ。

レッドブルF1代表 「セバスチャン・ベッテルのフェラーリ移籍は正しかった」

2022年8月9日
レッドブルF1代表 「セバスチャン・ベッテルのフェラーリ移籍は正しかった」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、セバスチャン・ベッテルが2014年にフェラーリに移籍したのは正しかったと考えている。

セバスチャン・ベッテルは、2008年のF1イタリアGPでトロロッソでF1初優勝を発生した後、2009年にレッドブル・レーシングにステップアップし、チームと6年間成功を収めた。

セバスチャン・ベッテル、2000年代にホンダドライバーになっていた可能性

2022年8月8日
F1:セバスチャン・ベッテル、2000年代にホンダドライバーになっていた可能性
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、2000年代半ばにセバスチャン・ベッテルがホンダと契約していた可能性があり、もしその話が進んでいたら、F1キャリアは大きく異なっていただろうと明かした。

セバスチャン・ベッテルは、2007年のF1カナダGPでクラッシュしたロバート・クビサの代役として次戦F1アメリカGPでF1デビューを果たし、当時のF1史上最年少入賞記録を樹立した。

レッドブルF1首脳 「セバスチャン・ベッテルのF1引退は正しい決断」

2022年8月6日
レッドブルF1首脳 「セバスチャン・ベッテルのF1引退は正しい決断」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがF1から引退するという決断を“完全”に支持していると語る。

ヘルムート・マルコは、レッドブルF1の悪名高いドライバープログラムの責任者であり、現在35歳のセバスチャン・ベッテルをF1に送り出し、4回のF1ワールドチャンピオンへと導いた。

グラハム・レイホール 「インディカーにベッテルのためのシートはある」

2022年8月6日
グラハム・レイホール 「インディカーにベッテルのためのシートはある」
グラハム・レイホールは、セバチャン・ベッテルがレースを続けたいのであれば、インディカーに空席があると確信している。

先週、セバスチャン・ベッテルは、2022年シーズンの終わりに15年のスティントに終止符を打ち、F1から引退しることを発表した。F1から離れた後、レースを完全にやめるかどうかをまだ明らかにしていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム