レッドブルF1首脳 「ベッテルに適切なタイミングで市場に出るよう勧めた」

2021年1月19日
レッドブルF1首脳 「ベッテルに適切なタイミングで市場に出るよう勧めた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルに“適切なタイミング”でF1のドライバー市場に戻れるように2021年にサバティカルをとるよう勧めたことを明かした。」

昨年5月、セバスチャン・ベッテルはフェラーリF1から戦力外通告を受けた。その後、将来を熟考したセバスチャン・ベッテルは、かつての恩師であるヘルムート・マルコにアドバイスを求めた。

セバスチャン・ベッテル 「新チームとのテスト不足は心配ない」

2021年1月15日
アストンマーティンF1加入のセバスチャン・ベッテル 「新チームとのテスト不足は心配ない」
セバスチャン・ベッテルは、2021年のF1世界選手権に先立って、新たに加入するアストンマーティンのF1マシンで多くの走行ができないことは心配ないと語る。

昨年末でフェラーリを離れたセバスチャン・ベッテルは、レーシング・ポイントからリブランドされたアストンマーティンF1チームに加入し、2021年は赤からグリーンのF1マシンに乗り換える。

アストンマーティンF1 「ベッテルとストロールは理想的なブレンド」

2021年1月14日
アストンマーティンF1 「ベッテルとストロールは理想的なブレンド」
アストンマーティンF1は、セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールという2021年のドライバーラインナップは“理想的なブレンド”であり、お互いに成功を収めているためにプッシュすると考えている。

2021年にアストンマーティンF1として新たなスタートを切るチームは、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルとチームオーナーのローレンス・ストロールの息子であるランス・ストロールというペアを選択した。

セバスチャン・ベッテル、メルセデスF1エンジンでの走行は3月までお預け

2021年1月12日
アストンマーティンF1加入のセバスチャン・ベッテル、メルセデスF1エンジンでの走行は3月までお預け
アストンマーティンF1に加入したセバスチャン・ベッテルだが、メルセデスのF1エンジンでの初走行は3月のプレシーズンテストまでお預けとなる。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、昨年末に6年間過ごしたフェラーリF1を離れ、今年レーシング・ポイントからアストンマーティンF1へと改名したチームに加入した。

ミック・シューマッハ 「F1でベッテルと戦えるとは思ってもいなかった」

2021年1月10日
ミック・シューマッハ 「F1でベッテルと戦えるとは思ってもいなかった」
ミック・シューマッハは、F1でセバスチャン・ベッテルと戦うことになるとは思ってもいなかったと語る。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子ミック・シューマッハは、2020年にFIA-F2でチャンピオンを獲得し、2021年にハースF1チームからF1デビューを果たす。

セルジオ・ペレス 「ベッテルのアストンマーティンF1移籍は正しい決断」

2021年1月8日
セルジオ・ペレス 「ベッテルのアストンマーティンF1移籍は正しい決断」
セルジオ・ペレスは、セバスチャン・ベッテルが純粋なレースチームであるアルトンマーティンF1に加入することを“正しい決断”であり、同チームで“楽しい時間”を過ごせると考えている。

セバスチャン・ベッテルは、セルジオ・ペレスに代わって2021年にアストンマーティンF1でランス・ストロールをチームを組む。一方、ペレスはレッドブル・レーシングでF1グリッドに残る。

セバスチャン・ベッテル 「アストンマーティンF1を成功させる決意」

2021年1月8日
セバスチャン・ベッテル 「アストンマーティンF1を成功させる決意」
セバスチャン・ベッテルが、アストンマーティンF1のドライバーとしてコメントを発表。チームをさらに成功させるために“信じられないほどの決意”を持っていると語った。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、昨シーズンのシャットダウン期間中に6年間を過ごしたフェラーリF1から戦力外通告を受け、2021年からアストンマーティンF1に加入することが決定した。

セバスチャン・ベッテル 「メルセデスのF1エンジンに本当に興奮している」

2021年1月7日
セバスチャン・ベッテル 「メルセデスのF1エンジンに本当に興奮している」 / アストンマーティンF1
セバスチャン・ベッテルは、2021年からアストンマーティンF1のドライバーとしての新しい冒険を楽しみにしており、特にメルセデスのF1エンジンを走らせることに興奮していると語る。

過去6年間、フェラーリの赤いレーシングスーツを着てきたセバスチャン・ベッテルだが、2021年からアストンマーティンに移籍。2月に英国ゲイトンになるアストンマーティンの本社で開催される発表会では、伝統のブリティッシュグリーンのカラーリングを纏ったマシンとレーシングスーツを披露すると考えられている。

レッドブルF1首脳 「ベッテルは2018年のF1ドイツGPで自信を失った」

2021年1月4日
レッドブルF1首脳 「ベッテルは2018年のF1ドイツGPで自信を失った」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがフェラーリF1チームで目標を達成できなかったのは、2018年のF1ドイツGPでのクラッシュに起因する“自信喪失”が原因だと分析する。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリでさらにタイトルを増やすことを期待して2015年にフェラーリに加入したが、メルセデスに挑戦するチャンスがあった2017年と2018年にその目標を達成することができなかった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム