「ベッテルはF1引退後は養蜂家がお似合い」とゲルハルト・ベルガー

2021年9月22日
「セバスチャン・ベッテルはF1引退後は養蜂家がお似合い」とゲルハルト・ベルガー
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、セバスチャン・ベッテルは、F1から引退した後、他のレーシングシリーズに転向するのではなく“養蜂”にフルタイムで集中するべきだと冗談めかして語る。

アストンマーティンF1は、セバスチャン・ベッテルの契約オプションを行使し、2022年もチームに残留することを発表。だが、決定が遅れたため、ベッテルは2022年にF1を引退するのではないかとの噂もあった。

「セバスチャン・ベッテルのF1引退を心配していた」とシューマッハ

2021年9月18日
「セバスチャン・ベッテルのF1引退を心配していた」とシューマッハ
ラルフ・シューマッハは、セバスチャン・ベッテルが2022年もアストンマーティンのF1ドライバーを継続するというニュースを歓迎しており、ベッテルがF1を引退しようとしているのではないかと“心配”していたと語る。

昨年、セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1に移籍。当初は複数年契約だと考えられていたが、チーム代表のオトマー・サフナウアーは、実際にはそれが“1+1契約”であることを明らかにしていた。

セバスチャン・ベッテル 「アストンマーティンF1の力を信じている」

2021年9月17日
セバスチャン・ベッテル 「アストンマーティンF1の力を信じている」
セバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1への残留が決定。2022年シーズンへの希望を明らかにした。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、ランス・ストロールとともに2022年もアストンマーティンF1への残留が決定。チームは同じラインナップで2年目を迎える。

アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表

2021年9月16日
アストンマーティンF1、2022年のベッテルとストロールの残留を正式発表
アストンマーティンF1は、2022年もセバスチャン・ベッテルとランス・ストロールというランナップを継続することを正式に発表した。

アストンマーティンF1は、フェラーリから加入した4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと1+1の契約に合意しており、2022年のベッテルの契約を延長するオプションを行使したことを発表した。

アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルとの亀裂を否定

2021年9月14日
アストンマーティンF1、セバスチャン・ベッテルとの亀裂を否定
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、チームとセバスチャン・ベッテルの間の亀裂が契約交渉を遅らせるとの噂を否定した。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリでの6年間のシーズンを終えて、2021年にアストンマーティンF1に加入した。

ニック・デ・フリース、アストンマーティンF1のベッテルのシートを狙う?

2021年9月12日
ニック・デ・フリース、アストンマーティンF1のベッテルのシートを狙う?
ニック・デ・フリースは、2022年のアストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルのシートに新たにリンクされている。

メルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズが、レッドブルが支援するアレクサンダー・アルボンと2022年の契約を発表したとき、一部の人は驚いた。メルセデスのフォーミュラEチームでチャンピオンを獲得していることもあり、サポートするメルセデスF1のトト・ヴォルフが影響力を示すことが期待されていたからだ。

セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンF1との来季はまだ未確定

2021年9月10日
セバスチャン・ベッテル、アストンマーティンF1との来季はまだ未確定
セバスチャン・ベッテルは、 近い将来、アストンマーティンF1との自信の将来についての発表を期待していると語る。

フェラーリから戦力外通告を受けたセバスチャン・ベッテルは、2022年に新生アストンマーティンF1に加入。基本契約は1年契約であり、2022年シーズン末まで延長するオプションが含まれている。

セバスチャン・ベッテルの温情でハースF1勢の降格ペナルティは回避

2021年9月5日
セバスチャン・ベッテルの温情でハースF1勢の降格ペナルティは回避 / F1オランダGP予選
セバスチャン・ベッテルのスチュワードの発言によって、ハースF1のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンは、F1オランダGPの予選Q1でベッテルをブロックしたことへのペナルティを免れることになった。

ハースF1の両ドライバーは、Q1の最終アタックを良いポジションで進めるためにやり合っていた。そこにフライングラップのセバスチャン・ベッテルが最終コーナーで二人に近づき、マゼピンが急に向きを変えたことで、ベッテルは回避行動を強いられた。

セバスチャン・ベッテル 「F1サーキットにもっとバンクを増やしてほしい」

2021年9月4日
セバスチャン・ベッテル 「F1サーキットにもっとバンクを増やしてほしい」 / F1オランダGP 金曜フリー走行
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、ザントフォールトに追加されたバンクを絶賛。金曜日の走行を終え、F1サーキットにバックをもっと増やしてほしいと語った。

36年ぶりのF1開催となったザントフォールトは、ターン3トターン14にインディアナポリスの2倍の傾斜角を持つバンクを追加するなど、いくつか大規模な改修が行われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム