ベッテル 「気候変動はF1でレースをすべきかに疑問を投げかけている」

2022年5月13日
セバスチャン・ベッテル 「気候変動はF1でレースをすべきかに疑問を投げかけている」
セバスチャン・ベッテルは、世界が直面している気候問題とエネルギー危機がF1でレースをするべきかどうかに疑問を投げかけていると語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、木曜日の夜に英国のテレビ番組『Question Time』に出演し、エネルギー危機に重点を置いて、現在の政治的および世界的な問題について話し合った。

セバスチャン・ベッテルにインディカー界からラブコール

2022年5月11日
F1:セバスチャン・ベッテルにインディカー界からラブコール
インディカーチームの共同所有者であるボビー・レイホールは、セバスチャン・ベッテルをロードアメリカでレイホール・レターマン・ラニガンのインディカーでテストする機会があれば飛びつくと語る。

アストンマーティンF1チームでドライブする4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、先週末のF1マイアミGPでのインタビューで、マイアミ・ガーデンズのストリートコースよりもロードアメリカなどの“本格的”な米国のトラックを好むと述べた。

【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解  / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの53周目に師弟関係にあるミック・シューマッハ(ハースF1チーム)とセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が9位を争っている際に接触。F1初ポイントを目指していたシューマッハのチャンスは潰えた。両者ともトップ10内でフィニッシュできなかったことに不満を感じつつも、お互いを非難することはしなかった。

F1での初ポイントフィニッシュを目指していたミック・シューマッハは、エステバン・オコン(アルピーヌ)と9位を争っていた際にターン17で膨らみ、セバスチャン・ベッテルに抜かれた。

ハミルトンとベッテルの抗議は「幼稚」だと元F1ドライバー

2022年5月8日
ハミルトンとベッテルの抗議は「幼稚」だと元F1ドライバー
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、FIA(国際自動車連盟)によるアクセサリ―と非耐火性の下着の着用するという決定に対して抗議しているルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは「幼稚」だと非難した。

初開催のマイアミGPに先立ち、F1レースディレクターのニールス・ウィティヒは、コックピット内でアクセサリーを着用することの取り締まりを強化し、F1チームに精査シートを提出するよう求めた。

F1:ベッテル、レーシングスーツにブリーフ重ね着でFIAの決定を嘲笑

2022年5月7日
F1:ベッテル、レーシングスーツにブリーフ重ね着でFIAの決定を嘲笑 / マイアミGP
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、マイアミGPのFP1でレーシングスーツの上からグレーのボクサーブリーフを重ね着して、宝飾品と下着を取り締まるというFIA(国際自動車連盟)の決定を嘲笑した。

FIAは、マイアミGPに先立って、宝飾品を禁止し、規則に準拠した下着を着用していることを確認するためにF1チームに検査書類を提出することを義務付けた。ガイドラインに従わない場合、ドライバーに罰金が科せられる可能性がある。

フェルナンド・アロンソ、ベッテルの後任としてアストンマーティンF1に移籍?

2022年5月6日
フェルナンド・アロンソ、ベッテルの後任としてアストンマーティンF1に移籍?
フェルナンド・アロンソは、2023年にセバスチャン・ベッテルの後任として、再びアストンマーティンF1チームのレーダーに乗っていると報じられている。

昨年、アルピーヌF1チームでF1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソは、2シーズン目となる今年、ポイントには反映されていないものの、パフォーマンス面では力強いスタートを切っている。

セバスチャン・ベッテル 「DRSなしでも抜けるF1マシンにするべき」

2022年5月3日
セバスチャン・ベッテル 「DRSなしでも抜けるF1マシンにするべき」
セバスチャン・ベッテルは、F1はドライバーがDRS(ドラックリダクションシステム)を使用せずに追い越すことができるような技術規則を導入する必要があると語る。

今年、F1は新しいレギュレーションが導入され、グラウンドエフェクト効果にダウンフォースの生成方法が変更された新世代F1マシンは、コーナーでお互いにより接近して追従できるようになった。

セバスチャン・ベッテル、レッドブルF1への復帰交渉を否定

2022年4月30日
セバスチャン・ベッテル、レッドブルF1への復帰交渉を否定
セバスチャン・ベッテルは、レッドブル・レーシングに復帰するとの噂を否定。チーム代表のクリスチャン・ホーナーとは久しく話をしていないと語った。

セバスチャン・ベッテルのF1での成功の頂点はレッドブル時代に築かれた。2010年から2013年までドライバーズタイトルを4連覇。その期間にレッドブル・レーシングもコンストラクターズタイトルを4連覇している。

セバスチャン・ベッテル、今季初入賞「チームにとって重要な結果」

2022年4月25日
セバスチャン・ベッテル、今季初入賞「チームにとって重要な結果」 / アストンマーティンF1 エミリア・ロマーニャGP 決勝
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティンF1チーム)は、2022年F1第4戦エミリア・ロマーニャGPで8位でフィニッシュし、今季初ポイントを獲得した。

新型コロナウイルスに感染して開幕2戦を欠場したセバスチャン・ベッテルは、復帰戦となった前戦で精彩を欠き、今週末にはF1引退に関する質問を受けるなど、厳しい状況に陥っていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム