「ベッテルが最大5レースで調子を取り戻すことを願う」とレッドブルF1幹部

2021年4月12日
「ベッテルが最大5レースで調子を取り戻すことを望む」とレッドブルF1幹部
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、元教え子のセバスチャン・ベッテルがアストンマーティンF1という新しい環境に慣れるのに“5レース”もかからないことを望んでいる。

セバスチャン・ベッテルは、心身ともに疲れ果てたフェラーリF1での最終シーズンを終え、2021年にアストンマーティンF1に移籍。よりリラックスした雰囲気の中で再び集中し、4回のF1ワールドチャンピオンを獲得した頃のフォームをもう一度見つけることを目標にしている。

セバスチャン・ベッテル、ロックダウン中に有機農場の職業体験に参加

2021年4月12日
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテル、ロックダウン中に有機農場の職業体験に参加
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、2020年の最初のロックダウンによって空いてしまった時間に有機農業のインターンシップに参加していたことを明らかにした。

セバスチャン・ベッテルは、4回のF1ワールドチャンピオンを獲得し、53勝を挙げている近代のF1界のスターのひとりだ。そして、長年のライバルであるルイス・ハミルトンと同様に、環境問題、特にF1が与える影響をどのように減らすことができるかについて声を上げている。

シャルル・ルクレール 「サインツとはベッテルより緊密な関係を築いている」

2021年4月8日
フェラーリF1のシャルル・ルクレール 「サインツとはベッテルより緊密な関係を築いている」
フェラーリF1のシャルル・ルクレールは、セバスチャン・ベッテルよりも新たなチームメイトであるカルロス・サインツとの方がより緊密な関係を築けていると語る。

昨年、フェラーリF1はセバスチャン・ベッテルの放出を決定。今年からカルロス・サインツがマクラーレンから加入し、4回のF1ワールドチャンピオンであるベッテルはミッドフィールドのアストンマーティンF1で厳しいスタートを切っている。

レッドブルF1幹部 「ベッテルは1年間F1を離れろという忠告を聞くべきだった」

2021年4月5日
レッドブルF1幹部 「ベッテルは1年間F1を離れろという忠告を聞くべきだった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、元教え子のセバスチャン・ベッテルはフェラーリF1での時間が終わった後、F1から1年間離れるべきだったとの主張を繰り返した。

数年から困難なシーズンを過ごしたフェラーリF1から戦力外通告を受けた4回のF1ワールドチャンピオンだるセバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーティンにアイデンティティを改めたチームで新たなスタートを切った。

「セバスチャン・ベッテルの無線は接触自体よりも恥ずべきものだった」

2021年3月31日
「セバスチャン・ベッテルの無線は接触自体よりも恥ずべきものだった」と元F1ドライバーが酷評
セバスチャン・ベッテルのアストンマーティンF1移籍後の2021年シーズンは控えめに言っても悪いスタートとなった。4回のF1ワールドチャンピオンは週末を通してチームメイトのランス・ストロールに遅れをとり、レース中に大きな失言を犯した。

昨年、フェラーリF1で困難な状況だったセバスチャン・ベッテルだが、特にベッテルの母国ドイツのメディアは、マッティア・ビノットと彼のチームに責任があると擁護していた。しかし、チームを移籍したことでもはやセバスチャン・ベッテルは隠れる場所はなくなった。

フェラーリF1代表 「ようやく両方のドライバーを頼りにすることができる」

2021年3月31日
フェラーリF1代表 「ようやく両方のドライバーを頼りにすることができる」
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPをダブル入賞で終えた後、“やっと”二人の競争力のあるドライバーを頼ることができると物議を醸すような発言をしている。

フェラーリF1は、4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルを追放し、2021年にカルロス・サインツに交代することを決定した。

セバスチャン・ベッテル 「アロンソほど自惚れが強い人間ではない」

2021年3月30日
F1:セバスチャン・ベッテル 「アロンソほど自惚れが強い人間ではない」
4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェルナンド・アロンソとは異なり、自分が“最高”であると宣言することは決してないとし、ライバルの才能を軽視することは“無知”だと主張する。

フェルナンド・アロンソは2年ぶりにアルピーヌF1からグリッドに復帰。2回のF1ワールドチャンピオンであるアロンソは、F1で最も優れた才能のひとりに数えられており、アロンソ自身もそれに異議を唱えることは決してない。

セバスチャン・ベッテル、移籍初戦はほろ苦レース…10秒加算ペナルティ

2021年3月29日
セバスチャン・ベッテル、移籍初戦はほろ苦レース…10秒加算ペナルティ / アストンマーティン F1バーレーンGP決勝
アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPを15位でフィニッシュした。

フェラーリからアストンマーティンに移籍して心機一転で迎えた2021年シーズン。だが、セバスチャン・ベッテルの移籍初戦はスタート前から出鼻をくじかれた。予選Q1ではアタックができずにQ1で敗退したあげく、イエローフラッグを無視したとして5グリッド降格ペナルティを科せられて最後尾からレースをスタートした。

セバスチャン・ベッテル、予選でのイエローフラッグ無視で5グリッド降格

2021年3月28日
セバスチャン・ベッテル、予選でのイエローフラッグ無視で5グリッド降格 / 2021年 F1バーレーンGP
アストンマーティンF1のセバスチャン・ベッテルは、F1バーレーンGPの予選Q1でイエローフラッグを遵守して減速しなかったとして5グリッド降格ペナルティを科せられることが決定。最後尾からスタートすることになった。

セバスチャン・ベッテルは、Q1での最後のアタックを開始しようとしていたところ、その列を抜いてアタックを始めようとしたニキータ・マゼピン(ハース)がターン1でスピン。イエローフラッグが提示された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム