コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給をFIAが正式に却下

2022年9月24日
コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給をFIAが正式に却下
FIA(国際自動車連盟)は、コルトン・ハータにF1スーパーライセンスを発給しないことを正式に発表した。

レッドブルは、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を実現するために、インディカーのレースウィナーであるコルトン・ハータを2023年のアルファタウリF1チームの後任として起用することを検討。

レッドブルF1、コルトン・ハータのDTMサプライズ出場計画も中止

2022年9月22日
レッドブルF1、コルトン・ハータのDTMサプライズ出場計画も中止
レッドブルF1は、コルトン・ハータを今週末にオーストリアで開催されるDTM(ドイツツーリングカー選手権)レースに出場させる計画を立てていたが、直前になってゲストエントリーは中止された。

計画が中止されたのレッドブルが、コルトン・ハータを2023年のアルファタウリのF1ドライバーに起用する計画を打ち切ったことと関連しているとみられる。

レッドブルF1首脳 「アンドレッティはコルトン・ハータの残留を望んだ」

2022年9月22日
レッドブルF1首脳 「アンドレッティはコルトン・ハータの残留を望んだ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2023年にコルトン・ハータをアルファタウリに乗せるという計画を打ち切った理由について語った。

FIAとF1チームの大部分は、インディカーのスター選手であるコルトン・ハータが2023年にアルファタウリと契約できるように、厳格なF1スーパーライセンスシステムの免除を認めることに反対した。

コルトン・ハータ 「特例でのF1スーパーライセンス発給など望まない」

2022年9月20日
コルトン・ハータ 「特例でのF1スーパーライセンス発給など望まない」
コルトン・ハータは、特例でF1に参加したくはなかったと語る一方で、FIA(国際自動車連盟)がインディカーの成功により多くのスーパーライセンスポイントを提供することを望んでいると語る。

インディカーの最初の4シーズンで 勝を挙げ、2020年と2021年のチャンピオンシップを3位と5位で終えたコルトン・ハータは、F1スーパーライセンスを取得するために必要な 40 ポイントのうち 32 ポイントしか持っていない。

レッドブルF1首脳 「コルトン・ハータの手続きはもう進めていない」

2022年9月20日
レッドブルF1首脳 「コルトン・ハータの手続きはもう進めていない」
コルトン・ハータのF1への夢は、レッドブルが必須のF1スーパーライセンスを確保するための努力を断念したことで、今のところ終わっている。

FIA(国際自動車連盟)が22歳のコルトン・ハータに厳格なポイントをベースとしたF1スーパーライセンス規則の免除を与えることを拒否したと報じられるなかで、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「コルトン・ハーターの手続きはもう進めていない」と述べた。

コルトン・ハータの父親、アルファタウリF1への移籍失敗を語る

2022年9月19日
コルトン・ハータの父親、アルファタウリF1への移籍失敗を語る
コルトン・ハータの父親は、アルファタウリF1への移籍が失敗したことが、息子のF1の夢の道のりへの終わりではないと信じている。

コルトン・ハータの名前は、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍を実現するための、アルファタウリF1チームの後任候補として突如浮上した。

グラハム・レイホール 「F1が望んでいるはアメリカ人ドではなく米ドル」

2022年9月18日
グラハム・レイホール 「F1が望んでいるはアメリカ人ドではなく米ドル」
インディカードライバーのグラハム・レイホールは、F1が望んでいるのはアメリカ人ドライバーではなく米ドルだけだと主張する。

最近、インディカードライバーのコルトン・ハータのF1スーパーライセンスを巡って多くの議論があった。レッドブルは、アメリカ人ドライバーのハータをピエール・ガスリーの後任としてアルファタウリのドライバーに起用しようとしたが、F1スーパーライセンスの免除は不可能とみて、その計画を打ち切ったとされている。

フェラーリ、コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給に断固反対

2022年9月16日
フェラーリ、コルトン・ハータへのF1スーパーライセンス発給に断固反対
フェラーリのF1チーム代表であるマッティア・ビノットは、コルトン・ハータに不可抗力を適用してF1スーパーライセンスを与えるという考えには断固として反対すると主張している。

現在、レッドブルは2023年のアルファタウリにコルトン・ハータを配置するために、F1スーパーライセンスの免除を求めている。これにより、ピエール・ガスリーがフェルナンド・アロンソの後任としてアルピーヌF1チームに移籍する可能性が高い。

コルトン・ハータの話題はポルシェとの決裂を逸らすレッドブルF1の煙幕?

2022年9月15日
コルトン・ハータの話題はポルシェとの決裂を逸らすレッドブルF1の煙幕?
コルトン・ハータの話題は、ポルシェとの交渉決裂から話題を逸らすためにレッドブルが張った煙幕だとの声もある。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アルピーヌF1チームが獲得を望むピエール・ガスリーの後任としてコルトン・ハータの名前を挙げ、ハータの加入が実現した場合のみ、ガスリーの移籍を許可するとしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム