トヨタ ハースと提携でF1復帰なら平川亮や宮田莉朋らにチャンス

2024年7月11日
トヨタ ハースと提携でF1復帰なら平川亮や宮田莉朋らにチャンス
トヨタが、ハースF1チームと提携してF1グリッドに復帰すれば、平川亮や宮田莉朋といったトヨタ系の日本人ドライバーへのチャンスが開かれることになる。

報道によると、トヨタ自動車は、2025年シーズンにもアメリカのハースF1チームと提携してグリッドに復帰する協議を行っているという。

トヨタ幹部 F1イギリスGPでハースF1のピット滞在はF1復帰の予兆?

2024年7月10日
トヨタ幹部 F1イギリスGPでハースF1のピット滞在はF1復帰の予兆?
トヨタが、ハースF1チームと提携してF1復帰するという噂が伝えられているが、先週末のF1イギリスGPでTOYOTA GAZOO Racingの加地雅哉の姿が目撃されている。

Formula.huは、パドック関係者の話としてトヨタがハースF1チームとの提携を検討していると報じた。2002年から2009年までF1に参戦していたトヨタは、ハースF1と交渉中で、もし契約が成立すれば、早ければ2025年からの参戦が可能になると報じている。

トヨタ F1復帰?ハースF1チームに提携の可能性を打診との報道

2024年7月10日
トヨタ F1復帰?ハースF1チームに提携の可能性を打診との報道
トヨタが、ハースF1チームに提携の可能性について打診したとRacingNews365が報じている。当初はアルファロメオがザウバーと結んだスポンサー契約のようなスポンサー契約となるという。しかし、Formula.hu は、トヨタの意欲とハースF1チームとの交渉の成功を考慮すると、2026年のプロジェクトの前に両者が緊密に協力し始める可能性が高いと報じている。

アウディはF1で「トヨタと同じような課題に直面する」とティモ・グロック

2024年6月17日
アウディはF1で「トヨタと同じような課題に直面する」とティモ・グロック
2026年にアウディがF1に参戦すれば、トヨタがF1参戦時に進歩を阻まれたのと同じような課題に直面する可能性がある。ティモ・グロックはアウディの参戦を歓迎しているが、トヨタF1チームのような結果を残さないためには、チームが克服すべきいくつかの課題があると指摘している。

アウディは、ザウバーF1チームの完全買収を決定し、2026年の参戦に向けてF1準備を本格化させている。

ル・マン24時間レース 決勝:トヨタ 7号車が僅差の2位表彰台獲得

2024年6月17日
ル・マン24時間レース 決勝:トヨタ 7号車が僅差の2位表彰台獲得
2024年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦となる第92回ル・マン24時間レースがフランス現地時刻の6月16日(日)にフィニッシュを迎えた。TOYOTA GAZOO Racing(TGR)のGR010 HYBRID 7号車がクラス最後尾から追い上げ、最後まで首位を争い2位表彰台を獲得。8号車は5位フィニッシュを果たした。

ル・マン24時間 僅差の予選でトヨタは2台共にハイパーポール進出ならず

2024年6月13日
ル・マン24時間 僅差の予選でトヨタは2台共にハイパーポール進出ならず
6月12日(水)、FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦となる第92回ル・マン24時間レースの練習走行に予選と公式なセッションが開始された。

この日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)の2台のGR010 HYBRIDは、予選で苦戦を強いられ、ハイパーポール進出を逃すこととなった。

ニック・デ・フリース 「ル・マン制覇は新たな章の最大の功績になる」

2024年6月12日
ニック・デ・フリース 「ル・マン制覇は新たな章の最大の功績になる」
ニック・デ・フリースは今週末、伝説のル・マンに向かい、第92回ル・マン24時間レースに出場する。ちょうど1年前、自宅でレースを観戦した。RacingNews365のインタビューで、トヨタWECドライバーがこのイベントへの期待と、日曜日に優勝する可能性について語った。

近年、デ・フリースには多くの変化があったが、最も顕著なのは2023年シーズン開幕10戦後にアルファタウリF1から解雇されたことだろう。その後、彼はマヒンドラとともにフォーミュラEに復帰し、最近上海で今シーズン初のポイントを獲得した。

トヨタ 2024年ル・マン24時間レース テストデーレポート

2024年6月10日
トヨタ 2024年ル・マン24時間レース テストデーレポート
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、6月9日(日)に行われた2024年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦ル・マン24時間レースのテストデーに参加し、1週間後に控えるシーズン最大のイベントへ向け更なる準備を進めた。世界チャンピオンとして直近の6戦中5戦でル・マン優勝を誇るTGRは、アルピーヌ、BMW、キャデラック、フェラーリ、イソッタ・フラスキーニ、ランボルギーニ、プジョー、そしてポルシェと共に、ル・マンでのトップカテゴリー参戦数が今世紀最多となる23台のハイパーカーの一員として、今年初めてサルト・サーキットを走行した。

レッドブルF1首脳 ダニエル・リカルドのイモラでRBシート喪失を否定

2024年5月11日
レッドブルF1首脳 ダニエル・リカルドのイモラでRBシート喪失を否定
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドが次戦F1エミリア・ロマーニャGPを前にRBチームから離脱する可能性を否定した。

リカルドにとって2024年F1シーズンの開幕戦が厳しいものとなったことを受け、オリカルドが間もなくRBチームから追放されるのではないかという憶測が飛び交った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム