フィッティパルディ 「ハースF1のシートを獲得できなかったのは苦しい」

2022年3月15日
ピエトロ・フィッティパルディ 「ハースF1のシートを獲得できなかったのは苦しい」
ピエトロ・フィッティパルディは、2022年のハースF1チームのレースシートの候補から外れたことは『失望』であり『苦しい』と語る。

当初、ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンの後任を見つける必要が出た場合、チームの“ファーストコール”はリザーブドライバーでピエトロ・フィッティパルディだと語っていた。

ハースF1チーム、バーレーンテストにはフィッティパルディを起用

2022年3月7日
ハースF1チーム、バーレーンテストにはフィッティパルディを起用も正ドライバーには経験を求める
ハースF1チームは、バーレーンでの2回目のF1プレシーズンテストでリザーブドライバーのピエトロ・フィッティパルディを起用するが、ニキータ・マゼピンの代役としての正ドライバーには、より経験豊富なドライバーを求めている。

ハースF1チームは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領のウクライナとの戦争を受けて、ロシア人ドライバーであるニキータ・マゼピンとタイトルスポンサーのウラルカリ(マゼピンの父が所有)との契約を解除。

ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンとの契約打ち切りを決断との報道

2022年3月4日
ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンとの契約打ち切りを決断との報道
ハースF1チームが、ニキータ・マゼピンとの契約を打ち切り、2022年にリザーブドライバーのピエトロ・フィッティパルディを起用することを決断したとSky Germanyが報じている。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、スポーツ界ではロシア人アスリートを除外する動きが進素でいるが、FIA(国際自動車連盟)は中立的なFIA旗でF1レースに出場することを許可することを決定していた。

ハースF1代表 「マゼピンが走れない場合、フィッティパルディが第一候補」

2022年2月26日
ハースF1代表 「マゼピンが走れない場合、フィッティパルディが第一候補」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュイターナーは、ニキータ・マゼピンがチームで走れなくなった場合、代役のファーストチョイスはピエトロ・フィッティパルディだと語る。

ハースF1チームがウラルカリのスポンサーシップを破棄せざるを得ない場合、もしくはビザの制限によってニキータ・マゼピンが特定の国に入ることができない場合、それが一時的か永続的かを問わず、代わりのドライバーを見つける必要がある。

ピエトロ・フィッティパルディ、2021年もハースF1のリザーブを継続

2021年2月20日
ピエトロ・フィッティパルディ、2021年もハースF1のリザーブを継続
ピエトロ・フィッティパルディは、ハースF1チームとの契約を延長し、2021年もテスト兼リザーブドライバーの役割を担う。

24歳のピエトロ・フィッティパルディは、2020年の大部分のレースに帯同し、F1バーレーンGPでの大クラッシュでロマン・グロージャンが最終2戦を欠場した際に代役としてレース出場を果たした。

ロマン・グロージャン、最終戦F1アブダビGPの欠場を発表

2020年12月6日
ロマン・グロージャン、最終戦F1アブダビGPの欠場を発表
ハースF1のロマン・グロージャンは、先週末のF1バーレーンGPの大クラッシュで負った火傷の治療を続けるためにスイスに帰国することを決断。したがって、2020年のF1世界選手権の最終戦となるF1アブダビGPを欠場することが決定した。

今週末のF1サヒールGPでロマン・グロージャンの代役を務めているリザーブドライバーのピエトロ・フィッティパルディが、F1アブダビGPでもケビン・マグヌッセンと組んで再びハースのF1ドライバーを務める。

ピエトロ・フィッティパルディのF1スーパーライセンスは?

2020年12月3日
ピエトロ・フィッティパルディのF1スーパーライセンスは? / ハース F1サヒールGP
ピエトロ・フィッティパルディは、前戦F1バーレーンGPでマシンが炎上するクラッシュを喫したロマン・グロージャンの代役として今週末のF1サヒールGPでハースF1チームからF1デビューを果たす。

しかし、ピエトロ・フィッティパルディの記録を一目すると驚くべき詳細が明らかになる。彼は過去3年間の大会で1レースも勝っていない。

ハースF1、サヒールGPでグロージャンに代えてフィッティパルディを起用

2020年12月1日
ハースF1、サヒールGPでグロージャンに代えてフィッティパルディを起用
ハースF1は、12月6日に開催されるF1サヒールGPで、負傷したロマン・グロージャンに代えてピエトロ・フィッティパルディを起用することを発表した。フィッティパルディにとってはF1デビュー戦となる。

ロマン・グロージャンは、先週末のF1バーレーンGPでマシンが真っ二つになって炎上する大クラッシュ。事故の大きさを考えれば、命に別状がなかったのは幸いであり、グロージャンは両手の甲に火傷を負って病院で一夜を過ごした。

ハースF1、フィッティパルディとテレトラズをテスト兼リザーブに起用

2020年3月26日
ハースF1、フィッティパルディとテレトラズをテスト兼リザーブに起用
ハースF1チームは、2020年もピエトロ・フィッティパルディとルイ・デレトラズが引き続き公式テスト兼リザーブドライバーを務めることを発表した。

2回のF1ワールドチャンピオンのエマーソン・フィッティパルディの孫であるピエトロ・フィッティパルディ(23歳)は、2018年にハースF1チームと契約。2019年の公式テストドライバーになり、DTMとF3アジア選手権に参戦していた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム