アンドレッティ、アルピーヌF1との“ハース-フェラーリ型”の連携は不可能?

2022年5月19日
アンドレッティ、アルピーヌF1との“ハース-フェラーリ型”の連携は不可能?
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、同チームがフェラーリと密接に技術提携を結んでF1に参戦したときのように、マイケル・アンドレッティがアンドレッティ・グローバルをアルピーヌF1チームと連携させることを計画しているという噂にケチをつけた。

ハースF1チームは、2016年にフェラーリの助けを借りてF1に参戦。最初からフェラーリと提携し、可能な限りすべてのパーツを購入するだけでなく、風洞も利用した。

アルピーヌF1 「コロナ禍のテレワークがシャシーとPU部門の連携を改善」

2022年5月18日
アルピーヌF1 「コロナ禍のテレワークがシャシーとPU部門の連携を改善」
アルピーヌF1チームのエグゼクティブディレクターであるブルーノ・ファミンは、新型コロナウイルスののパンデミックによって強制されたテレワークの慣行が、チームのシャシー側とエンジン側の間のコラボレーションを改善するのに役立ったと考えている。

英国のエンストーンに拠点を置くシャシー担当チームと、フランスのヴィリー・シャティヨンにあるルノースポールのエンジン施設の統合の改善は、アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシが掲げる目標の1つだった。

アルピーヌ/ルノー、アンドレッティのF1参入を援護射撃

2022年5月18日
アルピーヌ/ルノー、アンドレッティのF1参入を援護射撃
アルピーヌ/ルノーは、マイケル・アンドレッティがF1に11番目のチームとして参入するための努力を支持している。

リバティメディア、FIA、そして、既存のF1チームの少なくとも半分は、アンドレッティのF1参入についての熱意は鈍い。だが、マイケル・アンドレッティの元F1雇用主であるマクラーレンはアンドレッティの努力をサポートしてる。

ルノーF1 「2026年の新世代F1エンジンの開発はすでに進んで段階にある」

2022年5月3日
ルノーF1 「2026年の新世代F1エンジンの開発はすでに進んで段階にある」
ルノーのF1エンジン責任者は、2026年の新しいレギュレーションに合わせて設計される同社の次世代F1エンジンの開発が“進んだ段階”にあると語る。

F1は、2022年にシャシー側で抜本的なレギュレーション変更を導入したが、F1パワーユニットも今後数年で同じように変更される。2026年に到着する予定の新しいエンジン規制を定義するための協議が続いており、アウディとポルシェが新規メーカーとして参入する予定となっている。

アルピーヌF1チーム 「信頼性問題はルノーPU固有のものではない」

2022年5月3日
アルピーヌF1チーム 「信頼性問題はルノーPU固有のものではない」
アルピーヌF1チームのブルーノ・ファミンは、エンジンメーカー全体の透明性が、シーズン初期の信頼性問題が、ルノーのパワーユニット固有のものではないことをチームに安心させるのに役立ったと語る。

ヴィリー・シャティヨンのルノーのF1エンジン部門のエグゼクティブディレクターであるブルーノ・ファミンは、必要な修正をすでに行っており、メーカーのシーズン初期の信頼性の問題を過度に心配していない持っていないと説明する。

ルノーCEO、アルピーヌF1チームの“足踏み状態”を否定

2022年4月29日
ルノーCEO、アルピーヌF1チームの“足踏み状態”を否定
アルピーヌF1チームは、フェラーリやメルセデスが最近F1で享受しているような成功への構築段階にあるとルノーのCEOをであるルカ・デメオは主張する。

ルノーが所有するアルピーヌF1チームは基本的にF1足踏み状態にあると考える人もいるが、ルノーのワークスチームのF1プロジェクトは常にミッドフィルド上部のどこかに位置している。

ルノー、アンドレッティと提携してF1参戦をサポート

2022年4月28日
ルノー、アンドレッティと提携してF1参戦をサポート
ルノーのCEOであるルカ・デメオは、2024年にF1の新しいチームになるというマイケル・アンドレッティの入札をサポートするために手を組んだことを認めた。

FIA(国際自動車連盟)とリバティメディアは、マイケル・アンドレッティが率いる『アンドレティ・グローバル』に対してF1への扉をまだ開いていないが、ルノーはアンドレッティがゴーサインを得たときに備えて、F1エンジンを供給するためにサインアップした。

ルノーCEO 「自分がルノーF1の歴史に終止符を打つことにならずうれしい」

2022年4月21日
ルノーCEO 「自分がルノーF1の歴史に終止符を打つことにならずうれしい」
ルノーのCEOを務めるルカ・デメオは、自分がルノーのF1活動の歴史に終止符を打つ人間にならなかったことをうれしく思っていると語った。

54歳のイタリア出身のルカ・デメオは、5年間、シュコダの社長を務めた後、2020年7月にルノーのCEOに就任。ルノーは1977年のF1イギリスGP以来エンジンサプライヤーとしてF1に参加しているが、ルカ・デメオが就任した際、同社がF1からの撤退を計画しているというニュースで溢れていた。

アルピーヌF1 「ルノーの新型F1エンジンはベストから10馬力以内」

2022年4月19日
アルピーヌF1 「ルノーの新型F1エンジンはベストから10馬力以内」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、最新のルノーのF1エンジンが2022年グリッドで最高のエンジンの10馬力以内にあると信じている。

昨年までのアルピーヌF1チームにとって、ルノーのF1パワーユニットのパフォーマンス不足はハンディキャップとなっていたが、今シーズンに向けてヴィリー=シャティヨンにあるルノーのF1パワートレイン部門は、初採用となるスプリット・ターボ方式のレイアウトへの移行を含む主要なアップグレードを導入した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム