ルノーF1チーム 「2019年はこれまでで最も厳しいシーズン」

2019年10月19日
ルノーF1チーム 「2019年はこれまでで最も厳しいシーズン」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2019年はこれまでで最もチャレンジングなシーズンだと認める。

2018年にベスト・オブ・ザ・レストとなるランキング4位でシーズンを終えたルノーは、2019年にダニエル・リカルドを獲得し、3強チームにチャレンジすることが期待された。

ルノーF1チーム、“ブレーキゲート”が有罪判決の場合のシナリオ

2019年10月18日
ルノーF1チーム、“ブレーキゲート”が有罪判決の場合のシナリオ
ルノーF1チームのブレーキシステムにまつわる“ブレーキゲート”スキャンダルに有罪判決が下された場合、どのようなシナリオが考えられるかについて f1sport.it が考察した。

F1日本GPのレース終了後、レーシングポイントは、ルノーが不正行為をしているとして12ページの書類をFIAに提出。ルノーはブレーキバランスを自動的に調整するシステムを使用していると考えられている。

ルノーF1チーム、風洞のアップグレードのための閉鎖で開発が遅延

2019年10月18日
ルノーF1チーム、風洞のアップグレードのための閉鎖で開発が遅延
ルノーF1チームの空力開発は、風洞をアップグレードするために閉鎖を迫られたことで“遅延”している。

昨年、コンストラクターズ選手権を4位で終えたルノーだが、の今季マシン『R.S.19』は空力特性に苦しんでおり、期待していたパフォーマンスを十分に提供できていない。

ルノーF1チームの“ブレーキゲート”問題は所属ドライバーにも波及?

2019年10月17日
ルノーF1チームの“ブレーキゲート”問題は所属ドライバーにも波及?
ルノーF1チームの“ブレーキゲート”問題は所属ドライバーをも巻き込んだ大きなトラブルに発展する可能性があると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは考えている。

F1日本GPのレース終了後、レーシングポイントは、ルノーが不正行為をしているとして12ページの書類をFIAに提出。ルノーはブレーキバランスを自動的に調整するシステムを使用していると考えられている。

ルノーのF1マシンの規定違反は重大? 最大規模の厳罰の可能性

2019年10月17日
ルノーのF1マシンの規定違反は重大? 「大きな利点を得ている可能性」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ルノーのF1マシンは、現在FIA(国際自動車連盟)が調査している自動ブレーキバイアスシステムから“大きな利点”を得ている可能性があると考えている。

F1日本GPのレース終了後、レーシングポイントは、ルノーの“プリセットラップディスタンスディペンデントブレーキバイアスアジャストメントシステム”が違法であるとして12ページの書類をFIAに提出した。

レッドブルF1 「ルノーはマックス・フェルスタッペンを苛立たせていた」

2019年10月16日
レッドブルF1 「ルノーはマックス・フェルスタッペンを苛立たせていた」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ルノーとパートナーシップを組んでいた時代を回想。ルノーの物事の進め方にマックス・フェルスタッペンが不満を抱いていたことを明らかにした。

レッドブル・レーシングとルノーのパートナーシップは、2010年から2013年までF1のダブルタイトル4連覇を達成したが、2014年にV6ターボハイブリッドエンジンが導入されて以降、レッドブルはルノーのF1エンジンのパフォーマンスと信頼性について批判を繰り返し、緊張関係が高まっていた。

FIA、異議申し立てを受けてルノーのF1マシンのパーツを押収

2019年10月15日
FIA、異議申し立てを受けてルノーのF1マシンのパーツを押収
FIA(国際自動車連盟)は、レーシング・ポイントF1チームによるルノーのF1マシンのブレーキバイアスシステムの違法性についての異議申し立てを受け、ルノーのF1マシンのパーツを押収し、調査を開始した。

F1日本GPの決勝レース後、レーシングポイントは、ルノーの“プリセットラップディスタンスディペンデントブレーキバイアスアジャストメントシステム”が違法であるとの異議が申し立てを行い、両チームの代表者がスチュワードに召集された。

ルノーF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
ルノーF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ルノーF1チームは、2019年F1日本GPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが10位でレースを終えた。

シリル・アビテブール(チーム代表)
「土曜日の走行がなく、日曜日の朝早くからすべてを完璧にこなすことが求められる奇妙な週末だった。残念ながら、我々が経験したのは正反対で、予選では2台とも別々のトラブルを抱えた。後方のスターティンググリッドだったにもかかわらず、決して諦めず、集中し続けた」

ダニエル・リカルド、6位に昇格 「チームにふさわしい結果」

2019年10月14日
ダニエル・リカルド、6位に昇格 「チームにふさわしい結果」 / F1日本GP 決勝
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、F1日本GPの決勝レースを7位でフィニッシュ。シャルル・ルクレールのペナルティによって6位という結果を手にした。

「チームは今日のこの結果にふさわしい。最近はポイントを獲得できないレースが続いていたので、少しフラストレーションを感じていたので、今日の7位(レース後、ルクレールのペナルティによって6位に昇格)は素晴らしい結果だ」とダニエル・リカルドはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム