ルノー:F1モナコGP 予選レポート

2017年5月28日
ルノー F1 モナコGP 予選
ルノーは、F1モナコGPの予選で、ニコ・ヒュルケンベルグが12番手、ジョリオン・パーマーが17番手だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (12番手)
「今日はクルマからベストを引き出せたと思う。僕たちは週末ずっと木曜日のタイムグリップ不足とバランスに苦しんできたし、それが木曜日のタイムにも反映されていた」

【動画】 ルノー F1参戦40周年記念 デモ走行 / F1モナコGP

2017年5月27日
ルノー F1参戦40周年記念 デモ走行 F1モナコGP
今年、F1参戦40周年を迎えたルノーが、F1モナコGPが開催されているモンテカルロ市街地コースでデモ走行を実施。ジャン・ピエール・ジャブイーユが『RS01』、アラン・プロストが『RE40』を走らせた。

ルノーは、1977年にF1史上初のターボ車『RS01』でフルコンストラクターとして参戦を開始。デビュー戦となったF1イギリスGPでジャン・ピエール・ジャブイーユはターボのトラブルでリタイアした。

ルノー:F1モナコGP 木曜フリー走行レポート

2017年5月26日
ルノー F1 モナコGP
ルノーは、F1モナコGPの木曜フリー走行で ニコ・ヒュルケンベルグ が17番手タイム、ジョリオン・パーマー が18番手タイムだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (17番手)
「午前中はペースをつかめなかったけど、メカニックたちが仕事をこなしてくれたおかげで午後は進歩できた。最初に走行時間を失ってしまっていたから、少しだけ遅れはあったけど、午後は何も問題なかった」

「ルノーはアロンソにチャンピオンマシンを提供できない」とプロスト

2017年5月24日
フェルナンド・アロンソ ルノー
フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダが2018年にワールドチャンピオンを獲得するマシンを提供できないと感じれば、他チームへ移籍する意向を示しているが、問題はアロンソにそのようなマシンを提供するチームはオプションになることだ。

メルセデス、フェラーリ、レッドブルは現在のドライバーに満足しており、フェルナド・アロンソの雇用に関心を示していない。特にフェラーリの離脱は決していいカタチではなかった。

ニコ・ヒュルケンベルグ:2017 F1モナコGP プレビュー

2017年5月24日
ニコ・ヒュルケンベルグ F1 モナコGP
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ルノー)
「モナコのようなトラックは他にはないし、一年のハイライトだ。あらゆる点でユニークでスペシャルだし、本当に楽しみにしている。カレンダーで最もグラマラスなグランプリだと思うし、あの熱気とスピードの感覚を得られる場所は他にはない」

ジョリオン・パーマー:2017 F1モナコGP プレビュー

2017年5月24日
ジョリオン・パーマー F1 モナコGP
ジョリオン・パーマーが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

ジョリオン・パーマー (ルノー)
「モナコがどれくらいエキサイティングか? 本当に楽しいし、似たようなものはないね。豪華でグラマラスでユニークなイベントだ。ヨットが停泊して、お金持ちや有名人が集まる。その全てが本当に楽しい場所と素晴らしいイベントを作り出している」

ルノー、フェルナンド・アロンソ加入の噂に「彼が決めること」

2017年5月17日
フェルナンド・アロンソ F1 ルノー
ルノーは、2018年にフェルナンド・アロンソを獲得することがチームの優先事項ではないことを示唆している。

フェルナンド・アロンソは、マクラーレン・ホンダとの契約が今シーズン末で期限を迎え、10年以上前に2年連続でF1ワールドチャンピオンを獲得したルノーへの復帰が噂されている。

ニコラス・ラティフィ、ルノー R.S.17でピレリのタイヤテストを実施

2017年5月17日
ニコラス・ラティフィ F1 ルノー
ルノーF1チームのテストドライバーを務めるニコラス・ラティフィが、今週カタロニア・サーキットで開催されるピレリの2018年タイヤの開発テストに参加し、ルノー R.S.17での初走行を行うことになった。

カナダ出身のニコラス・ラティフィ(21歳)は、昨年テストドライバーとしてルノーF1チームに加入。テストドライバーとしての役割とともにパートナーであるインフィニティのカナダでのブランドアンバサダーを務めている。

ルノー:ヒュルケンベルグが粘りのレースで6位入賞 / F1スペインGP

2017年5月15日
F1 スペインGP 決勝 ルノー
ルノーは、F1スペインGPの決勝レースで、ニコ・ヒュルケンベルグが6位、ジョリオン・パーマーが15位だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (6位)
「6位は僕たちにとって素晴らしい結果だし、非常に価値ある結果だ。スタートとレース後半で上位のクルマが何台かいなくなるラッキーな日だったし、僕たちがそこから利益を得たのは明らかだ」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム