フラビオ・ブリアトーレのF1界復帰は「理解できない」とデイモン・ヒル

2024年6月28日
フラビオ・ブリアトーレのF1界復帰は「理解できない」とデイモン・ヒル
フラビオ・ブリアトーレがF1に華々しく復帰する中、元F1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは「心配だ」と認めた。

2008年のクラッシュゲート事件への関与によりF1から永久追放処分を受けたことがあるフラビオ・ブリアトーレは、アルピーヌF1チームのアドバイザー役を引き受けることが確認された。

ブリアトーレ ルノーのF1エンジンプロジェクト終了は「何も決定していない」

2024年6月25日
ブラビオ・ブリアトーレ ルノーのF1エンジンプロジェクト終了は「何も決定していない」
アルピーヌF1チームのアドバイザーに就任したフラビオ・ブリアトーレは、チームの親会社であるルノーが2026年のF1エンジンプロジェクトを完全に中止する可能性を否定していない。

「私はこのような噂についてコメントしない」とアルピーヌF1チームの代表であるブルーノ・ファミンはバルセロナでCanal Plusに語った。

アルピーヌF1 ルノー時代のクラッシュゲートを「反省してない」ブリアトーレ起用に「問題なし」

2024年6月22日
アルピーヌF1 ルノー時代のクラッシュゲートを「反省してない」ブリアトーレ起用に「問題なし」
アルピーヌF1のチーム代表であるブルーノ・ファミンは、15年前にルノーに恥をかかせたフラビオ・ブリアトーレを再び迎え入れることへの懸念を一蹴した。

フラビオ・ブリアトーレは、2009年に「クラッシュゲート」スキャンダルへの関与が発覚し、ルノーを去った。彼とルノーのエンジニアリング部門トップのパット・シモンズは、ネルソン・ピケJr.にわざとクラッシュを起こさせ、それによってセーフティカーが導入された間に、フェルナンド・アロンソが利益を得るよう仕組んだことが発覚した。

ピエール・ガスリー アルピーヌF1がルノーPU放棄の噂に「経営陣を信頼」

2024年6月21日
ピエール・ガスリー アルピーヌF1がルノーPU放棄の噂に「経営陣を信頼」
ピエール・ガスリーは、アルピーヌがルノーエンジンの使用を放棄する可能性があると報じられている中、ワークスチームに所属することが自身のF1での将来にとって重要ではないと否定した。

今週、アルピーヌが2026年に新しいルールが導入された際に、ヴィリー・シャティヨンにあるルノーのエンジン部門を閉鎖し、カスタマーチームになることを検討しているという報道が浮上した。

周冠宇 アルピーヌF1チーム移籍の交渉材料となる吉利グループとの関係

2024年6月21日
周冠宇 アルピーヌF1チーム移籍の交渉材料となる吉利グループとの関係
周冠宇は、最近アルピーヌを通じてF1に近づいてきた吉利グループと「非常に緊密な」関係にあることを認めた。

5月末、ルノー・グループは、吉利汽車と50%ずつ出資する新会社HORSE Powertrainsを設立し、6人の取締役のうち3人を各社が指名し、同社の乗用車市場を担当すると発表した。この新会社のブランドには、吉利汽車、ボルボ、プロトン、日産、三菱といったブランドが、ルノー・グループのブランドと並んで展開される。

アルピーヌF1 ルノーが2026年エンジン開発断念でホンダ搭載の可能性も?

2024年6月18日
アルピーヌF1 ルノーが2026年エンジン開発断念でホンダ搭載の可能性も?
アルピーヌF1チームは、ルノーがワークスユニットを断念する可能性があるとの憶測が流れる中、ライバル各社とカスタマーエンジン契約について交渉を開始したとAutosportが報じている。

今シーズンの厳しいスタートを受けてF1プロジェクトの評価を行う中で、ルノーとアルピーヌの上級経営陣が事態を好転させるために必要なことを見極めるためにあらゆる手を尽くしていることが明らかになった。

ルノーCEO 「アルピーヌF1チームを売却することは絶対ない」

2024年6月11日
ルノーCEO 「アルピーヌF1チームを売却することは絶対ない」
ルノー・グループのCEO、ルカ・デ・メオは、アルピーヌF1チームは売り物ではないと主張している。

昨年、2024年の人事の混乱とそれに続く業績不振の中、チームの大部分が投資家グループに売却された。これにより、アルピーヌF1チームはアンドレッティ・キャデラック連合にとって買収するのに最適なチームかもしれないという憶測が高まった。

アルピーヌF1チーム ロブ・ホワイトの退団を発表

2024年5月31日
アルピーヌF1チーム ロブ・ホワイトの退団を発表
アルピーヌF1チームは、オペレーションディレクターを務めていたロブ・ホワイトが「より広範な業務再編」の一環としてチームを去ったことを確認した。

ロブ・ホワイトは、2004年にルノーF1に入社し、2004年にルノーF1チームに入社し、2005年と2006年にドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権を連覇したときのチームのメンバーでした。

アルピーヌF1チーム 親会社ルノーがチーム売却を検討との報道

2024年4月11日
アルピーヌF1チーム 親会社ルノーがチーム売却を検討との報道
アルピーヌF1チームの2024年シーズンが不本意なスタートとなったことを受け、親会社のルノーがチーム売却のオファーを検討する可能性があるという話はすでに広まっている。

しかし、ここ数週間の情報収集によると、アルピーヌが売却される可能性がある場合、新しいオーナーが当面の間ルノーエンジンを使用し続けることが条件となるようだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム