ダニエル・リカルドのルノーF1チーム移籍はやはり失敗?

2020年4月5日
ダニエル・リカルドのルノーF1チーム移籍はやはり失敗?
ダニエル・リカルドは、今シーズンでルノーF1チームでの2年目に入る。レッドブル・レーシングを去った後の期待は高かったが、ルノーF1チームとの初年度はリカルドを納得させることはできなかった。したがって、現在、リカルドはルノーF1チームに残るか、もしくは新しい冒険を求めるかを選択する必要があり、今シーズンは彼にとって重要なシーズンになる。

元レッドブルのF1ドライバーであるロバート・ドーンボスによると、ダニエル・リカルドはすでにそれについて考えているはずだと語る。

ルノー、マクラーレンの決定に関連したF1撤退報道を否定

2020年3月27日
ルノー、マクラーレンの決定に関連したF1撤退報道を否定
ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、マクラーレンの決定に端を発したF1撤退報道を改めて否定した。

マクラーレンは、新しいF1レギュレーションの導入が1年延期されたにも関わらず、2021年に現行シャシーをベースにメルセデスのF1エンジンに切り替えることを発表。その決定はルノーがF1撤退を決めているからではないかとの噂が浮上した。

マクラーレンはルノーのF1撤退決定でメルセデスに変更せざるを得ず?

2020年3月26日
マクラーレンはルノーのF1撤退決定でメルセデスに変更せざるを得ず?
マクラーレンが、2021年にシャシーが凍結されるにも関わらず、メルセデスのF1エンジンを乗せ換えを強行しようとしているのは、すでにルノーがF1撤退を決定しているからではないかと噂されている。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって開幕8戦の延期・中止が決定したことを受け、F1はチームの財政的な負担を減らすために2021年に予定されていたレギュレーション変更を1年延期し、来年も2020年シャシーを使用し続けるという決断を下した。

エステバン・オコン 「メルセデスF1所属時にDASの存在は知らなかった」

2020年3月25日
エステバン・オコン 「メルセデスF1所属時にDASの存在は知らなかった」
昨年までメルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めていたエステバン・オコンは、物議を醸しているDAS(デュアル・アクシス・ステアリング)の存在を知らなかったと語る。

メルセデスW11に搭載されている独創的なDASはF1プレシーズンテストのオンボード映像で明らかになった。ドライバーはスタアリングを押し引きすることでフロントタイヤのトー角を変更することができ、タイヤ温度やストレートスピードに影響を与えると考えられている。

ダニエル・リカルド「F1技術規則の22年への延期は契約交渉に影響しない」

2020年3月23日
ダニエル・リカルド「F1技術規則の22年への延期は契約交渉に影響しない」
ルノーF1チームのダニエル・リカルドは、新しいF1技術規則の2022年までの導入延期が、ドライバーの契約交渉に影響するとは考えていない。

F1は、シリーズの競争力を高め、財政的に持続可能にすることを目的に、2021年に新しい競技規則、技術規則、そして、財政規則の導入を予定していた。

マクラーレン、ルノーからメルセデスへのF1エンジンの変更は問題なし?

2020年3月23日
マクラーレン、ルノーからメルセデスへのF1エンジンの変更は問題なし?
マクラーレンは、今季マシン『MCL35』で行ったコンセプト変更によって2021年にルノーからメルセデスへのF1エンジンへの変更を比較的競争力を落とさずに行えるかもしれない。

F1は、2021年に予定していた大幅なF1レギュレーション変更を2022年まで延期することを発表。空力の開発は認められるものの、基本的に2020年のシャシーでシーズンを戦うことになり、金曜規則は計画通りに施工されることから、さらなる規制が設けられる可能性もある。

マクラーレン、2021年に計画通りルノーからメルセデスのF1エンジンに変更

2020年3月22日
マクラーレン、2021年に計画通りルノーからメルセデスのF1エンジンに変更
マクラーレンは、2021年に当初の計画通りにルノーからメルセデスにF1エンジンを切り替えることを確認している。

ホンダとのパートナーシップに2017年に終了した後、マクラーレンは過去2シーズンでルノーのF1エンジンを使用してきた。しかし、2021年からマクラーレンは過去に長期的なパートナーシップで成功を収めてきたメルセデスにF1エンジンを変更することを決定した。

マクラーレン、技術規則の2022年への導入延期でF1エンジンに問題

2020年3月21日
マクラーレン、技術規則の2022年への導入延期でF1エンジンに問題
マクラーレンは、2021年に導入が予定されていた技術規則の導入が2022年まで延期されたことでF1エンジンに問題を抱えることになった。

F1チームは3月19日(木)にビデオ会議を実施し、新型コロナウイルスのパンデミックとそのF1への影響について議論。その場で現在のレギュレーションを2021年まで適用し、2021年に導入を予定していた技術規則を202年まで延期することを発表した。

ルノーF1 「技術革新へのガバナンス強化は不正のリスク回避になる」

2020年3月19日
ルノーF1 「技術革新へのガバナンス強化は不正のリスク回避になる」
ルノーF1チームのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、F1のガバナンスの強化は技術革新がライバルによってブロックされる可能性があることで、F1チームが将来レギュレーションの抜け穴を追求する際の“リスク回避”になると考えている。

2021年以降の新しいコンコルド協定で策定されたガバナンス構造の重要な部分は、技術規則の変更に関して、10チーム中8チームの賛成票を必要とするルールを撤廃し、即時に実施できる点にある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム