カルロス・サインツ 「ルノーF1では望まれていると感じられなかった」

2021年6月18日
カルロス・サインツ 「ルノーF1では望まれていると感じられなかった」
カルロス・サインツは、昨年まで在籍していたマクラーレンの雰囲気を称賛。それ以前に所属していたルノーF1では“好かれていたり、望まれているとは感じなかった”と語った。

マクラーレンで成功し、今季、フェラーリでポジティブなスタートを切っているカルロス・サインツは、2017年と2018年のルノーF1での時代をよりオープンに振り返った。

シリル・アビテブール、メカクロームのアドバイザーに就任

2021年5月4日
元ルノーF1代表のシリル・アビテブール、メカクロームのアドバイザーに就任
元ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールが、アルピーヌのF1エンジンを組み立てるメカクロームのアドバイザーに就任したことが明らかになった。

シリル・アビテブールは、大学卒業後にルノーに入社。2007年からF1チームで働き始め、2020年にエグゼクティブディレクターに昇進。2012年にはケータハムF1チームに入社し、2014年に撤退するまでチームプリンシパルを務めた。

アルピーヌF1 「ルノーエンジンの評価は“直感”に頼るしかない」

2021年4月21日
アルピーヌF1 「ルノーエンジンの評価は“直感”に頼るしかない」
アルピーヌF1は、ルノーのF1エンジンを評価するために“直感”に頼るしかないとドライバーを務めるフェルナンド・アロンソは語る。

ルノーF1は、昨年冬に最後のエンジンカスタマーだったマクラーレンを失い、今年はワークスチームであるアルピーヌF1のみが使用している。マクラーレンはメルセデスのF1エンジンに切り替えている。

ルノー 「F1カスタマーエンジンの供給は大した利益にならない」

2021年4月15日
ルノー 「F1カスタマーエンジンの供給は大した利益にならない」
ルノーのCEOを務めるルカ・デモオは、アルピーヌF1が近い将来パートナーシップと提携することを重要視しておらず、現時点でそれは“大した利益はない”と語る。

ルノーは、昨年夏に新CEOに就任したルカ・デメオによる“Renaulution”の一環として、2021年にF1に参戦するワークスチームのブランド名をアプピーヌに変更した。

フェルナンド・アロンソ 「アビテブールの離脱はF1復帰に影響しない」

2021年4月12日
フェルナンド・アロンソ 「アビテブールの離脱はF1復帰に影響しない」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年シーズンに先立ってルノーが実施したシリル・アビテブールの離脱を含めたマネジメント構造の変更を支持した。

シリル・アビテブールは、2014年からルノーに所属しており、離脱する兆候はまったく見られなかったため、2021年1月の発表はF1パドックを驚かせた。

シリル・アビテブールは新体制のアルピーヌF1には不要だった?

2021年4月7日
シリル・アビテブールは新体制のアルピーヌF1には不要だった?
F1チーム代表を務めていたシリル・アビテブールの解雇の理由について、ルノーのCEOを務めるルカ・デメオは“変化が必要だった”と語るにとどめた。

2021年のF1世界選手権に先立ってアルピーヌへとブランド名を変更したルノーは、1月にマネージングディレクターのシリル・アビテブールが会社を退職したことを発表。

ルノーCEO 「F1での44年の歴史を葬り去る男になりたくなかった」

2021年3月24日
ルノーCEO 「F1での44年の歴史を葬り去る男になりたくなかった」
2021年のF1世界選手権で、ルノーという名前はコンストラクターズとしてF1から姿を消し、新たにアルピーヌF1チームが登場した。だが、実際にはルノーとしてF1から完全に撤退することが検討されていた。しかし、ルノーのCEOに就任したルカ・デメオはそれを終わらせたくはなかったと語る。

2020年はF1におけるルノーの最後のシーズンになっていた可能性があった。

ハースF1 「ルノーとパートナーシップについて数回話し合った」

2021年3月23日
ハースF1 「ルノーとパートナーシップについて数回話し合った」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2020年にルノーの元F1チーム代表であるシリル・アビテブールとコラボレーションの可能性について数回話し合ったと明かす。

唯一のカスタマーだったマクラーレンが2021年からメルセデスのF1エンジンに切り替えることになり、ルノーはカスタマーエンジンを供給するチームがいなくなった。

アルピーヌF1代表 「ブランド変更がルノーをF1に繋ぎとめた」

2021年3月19日
アルピーヌF1代表 「ブランド変更がルノーをF1に繋ぎとめた」
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・トッシは、アルピーヌとしてのブランド変更が、ルノ・グループがF1を継続することを正当化したと語る。

2016年にワークスF1チームとしての活動を最下位したルノーだが、近年では撤退が囁かれていた。しかし、今年からアルピーヌF1へとブランドを変更し、鮮やかなブルーのカラーリングでグループのスポーツカーブランドを宣伝する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム