ニコ・ヒュルケンベルグ:2017 F1ロシアGP プレビュー

2017年4月26日
F1 ロシアGP ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1ロシアGPへの意気込みを語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (ルノー)
「かなり楽観的だよ! バーレーンでのテストではソチに向けてレースペースを改善するために良い進歩を果たせたと思うし、それを容易にするためにクルマに新しいパーツももたらした。もちろん、ソチ・オートドロームは完全に異なるサーキットだし、走ってみるまでは相対的なパフォーマンスを正確に予測することはできない。でも、フィーリングはポジティブだ」

ジョリオン・パーマー:2017 F1ロシアGP プレビュー

2017年4月26日
F1 ロシアGP ジョリオン・パーマー
ジョリオン・パーマーが、F1ロシアGPへの意気込みを語った。

ジョリオン・パーマー (ルノー)
「僕にとってロシアについて最高のことはGP2で初勝利を挙げたことだ。そのレース優勝が僕をチャンピオンにしてくれたので、ソチ・オートドロームにはとても良い思い出があるよ! 素晴らしいスタートを切って、1周目からリードしていたけど、常に多くのプレッシャーを受けていた。どのレースでも勝つのは素晴らしいけど、全てのコーナーでプレッシャーを受けたレースに勝つのはリアルな業績だ」

ルノー、2018年のフェルナンド・アロンソ獲得を否定

2017年4月25日
ルノー F1 フェルナンド・アロンソ
ルノーは、2018年にフェルナンド・アロンソを獲得するとの噂を否定。アロンソの復帰よりもドライバーの長期的なコミットメントを望むと述べた。

2015年以降、マクラーレン・ホンダで不遇のシーズンを送っているフェルナンド・アロンソに対し、2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを獲得したルノーへの復帰が噂された。

ルノー、10年後のF1マシンのコンセプト「R.S.2027」を公開

2017年4月20日
ルノー F1 2027年 R.S.2027
ルノーは、2027年のF1マシンのビジョンを示すコンセプトカー『R.S.2027』を上海モーターショーで公開した。

ルノー R.S.2027は、クローズドコックピットを採用。600kgの車重で1340馬力という、これまでのF1マシンでは見られないパワーウェイトレシオを実現する。

駆動方式は四輪駆動で、四輪操舵方式を採用。

ルノーF1、2017年仕様のMGU-Kをバーレーンでテスト

2017年4月18日
ルノー F1 MGU-K
ルノーは、F1ロシアGPで2017年型のMGU-Kを導入するべく、今週のバーレーンテストで改良版をテストする。

プレシーズンテストで新型MGU-Kの信頼性に懸念を抱いたルノーは、ワークスチームとカスタマーのレッドブルとトロ・ロッソの全チームのMGU-Kを昨年仕様のものに戻した。

ルノー:ヒュルケンベルグが今季初ポイント / F1バーレーンGP

2017年4月17日
F1 バーレーンGP ルノー
ルノーは、F1バーレーンGPの決勝レースで、ニコ・ヒュルケンベルグが9位、ジョリオン・パーマーは13位だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (9位)
「今シーズン初ポイントを獲得できて嬉しい。クルマのペースを考えれば、良いレースができたと思う。そのために本当に頑張ったし、僕たちの戦略では2ポイントが精いっぱいだった」

フェルナンド・アロンソ、2018年のルノー復帰について交渉との報道

2017年4月16日
フェルナンド・アロンソ F1 ルノー
フェルナンド・アロンソが、2018年のルノー復帰にむけて交渉を開始したと報じられている。

今シーズン末でマクラーレン・ホンダとの契約が期限を迎えるフェルナンド・アロンソは、夏までにマクラーレン・ホンダ以外とは交渉しないことで合意している。

「夏が終わったら考えるつもりだし、来年どうするか決定するつもりだ」とフェルナンド・アロンソはバーレーンでコメント。

ルノー:2台揃ってQ3進出 / F1バーレーンGP 予選

2017年4月16日
ルノー F1バーレーンGP 予選
ルノーは、F1バーレーンGP 予選で、ニコ・ヒュルケンベルグが7番手、ジョリオン・パーマーはQ3初進出を果たし、10番手だった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (7番手)
「2010年のブラジルGPでのポールポジションに並ぶ、最高の予選ラップだった。ここはパーフェクトなラップをまとめるのがとても難しいけど、今日は最大限を引き出せたと思う。チームは週末を通して素晴らしい仕事をしてくれている。誇りに思っているし、嬉しいよ」

ルノー:F1バーレーンGP 金曜フリー走行レポート

2017年4月15日
F1バーレーンGP ルノー
ルノーは、F1バーレーンGP 初日のフリー走行で、ニコ・ヒュルケンベルグが6番手タイム、ジョリオン・パーマーが13番手タイムだった。

ニコ・ヒュルケンベルグ (6番手)
「極端に暑かったFP1で走行を抑えたことを除けば、かなりストレートな金曜日だった。クルマは全てがよりまとまっているし、午後と比較して夜にコース上でそう感じることができたので明日と日曜日を楽しみにしている。今日はクルマの感触がいい感じだったけど、もちろん、予選にむけて改善する余地は常にある」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム