【動画】 フェルナンド・アロンソ、ルノーF1でシート合わせ

2020年9月25日
【動画】 フェルナンド・アロンソ、ルノーF1でシート合わせ
フェルナンド・アロンソは、今週初めにルノーF1チームのファクトリーを訪れ、2021年のF1世界選手権にむけての準備を開始した。

ルノーの契約下で2001年にミナルディでF1デビューを果たしたフェルナンド・アロンソは、2002年にルノーF1チームにテストドライバーとして加入。2003年からレギュラードライバーを務め、当時のF1史上最年少優勝を記録すると、2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを2連覇した。

ルノーF1 「新たなエンジンパートナーを探している」

2020年9月24日
ルノーF1 「新たなエンジンパートナーを探している」
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、新たなエンジンパートナーを探していることを明かした。

ルノーF1は、今シーズン限りでマクラーレンとのカスタマーパートナーシップを終了。マクラーレンはメルセデスのF1エンジンに切り替える。同時にダニエル・リカルドもルノーF1からマクラーレンに移籍することが決定している。

ルノーF1 「フェルナンド・アロンソの加入に対応する準備はできている」

2020年9月24日
ルノーF1 「フェルナンド・アロンソの加入に対応する準備はできている」
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2021年から加入するフェルナンド・アロンソのキャラクターに対応する準備はできていると語る

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、F1から2年離れた後、2021年にアルピーヌF1にブランド変更する現ルノーF1で復帰を果たす。

ルノーF1 「予選モードの禁止が勢力図を変えることはなかった」

2020年9月24日
ルノーF1 「予選モードの禁止が勢力図を変えることはなかった」
ルノーF1のチーム代表を務めるシリル・アビテブールは、“予選モード”の禁止がF1の勢力図を変えることはなかったと結論付けた。

メルセデスF1が圧倒的な強さをみせるなか、FIA(国際自動車連盟)はF1イタリアGPから予選と決勝で単一のICEモードを使用することを義務化。これはメルセデスF1の支配を和らげるための施策とみなされた。

フェルナンド・アロンソ、ルノーF1のファクトリーに帰還

2020年9月22日
フェルナンド・アロンソ、ルノーF1のファクトリーに帰還
フェルナンド・アロンソが、英国エンストンにあるファクトリーに帰還。ルノーF1のチームウェアに身を包み、チーフエンジニアのキーラン・ピルビームらとシミュレーター作業を行った。

フェルナンド・アロンソは、2021年にアルピーヌF1へとチーム名を変えるルノーでF1に復帰する。2年間F1から離れたアロンソは40歳でのF1復帰となる。

F2ドライバー、フェルナンド・アロンソのF1アブダビテスト参加に不快感

2020年9月18日
F2ドライバー、フェルナンド・アロンソのF1アブダビテスト参加に不快感
F1ドライバーのルイ・デレトラズは、フェルナンド・アロンソが今年後半にアブダビで開催されるF1の“若手ドライバーテスト”に参加する意向であることを不快に思っていることを認める。

ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールは、フェルナンド・アロンソがF1アブダビテストに参加できるように2戦未満のドライバーに限定するという条件の適用を免除するようFIAに申請したと報じられている。

ルノーF1、フェルナンド・アロンソのアブダビテスト参加をFIAに要請

2020年9月16日
ルノーF1、フェルナンド・アロンソのアブダビテスト参加をFIAに要請
ルノーF1は、フェルナンド・アロンソが12月に若手ドライバーテストとして予定されているアブダビでのポストシーズンテストで走行できるようFIAに許可を求めている。

フェルナンド・アロンソは、2021年にアルピーヌF1へとチーム名を変えるルノーでF1に復帰する。2年間F1から離れたアロンソは40歳でのF1復帰となる。

ルノーF1 「ホンダがF1から撤退した場合にレッドブルと再び組むか疑問」

2020年9月10日
ルノーF1 「ホンダがF1から撤退した場合にレッドブルと再び組むか疑問」
レッドブル・レーシングは、もしホンダがF1から撤退した場合、エンジンサプライヤーを見つけるのに苦労することになるかもしれない。

レッドブルとルノーのパートナーシップは2010年から2013年にタイトル4連覇という成功を収めたが、2014年にF1がパワーユニット時代に突入して以降、その関係は悪化。

フェルナンド・アロンソ、ルノーF1との作業を開始

2020年9月9日
フェルナンド・アロンソ、ルノーF1との作業を開始
2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルアンド・アロンソは、古巣ルノーと2年契約を結んで来年からF1復帰することが決定。2021年からアルピーヌF1と名前を変えるチームとの戦いに意欲を燃やしている。

「2020年のチームとの作業で残っているものはほとんどない。シミュレーター、グランプリへの帯同、できる限り手助けをして、復帰にむけてすべてを準備していく。バッテリーの充電は完了だ。さぁ、やるぞ!」とフェルナンド・アロンソはSNSに投稿した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム