アルピーヌF1、ジュニアドライバーのために新たにBチームの設立を検討

2021年10月16日
アルピーヌF1、ジュニアドライバーのために新たにBチームの設立を検討
アルピーヌF1は、将来、ジュニアドライバーのためのBチームをグリッドに投入することを検討しているとジャーナリストのジョー・サワードが伝えている。

アルピーヌF1のアカデミーには、オスカー・ピアストリ、周冠宇、クリスチャン・ルンガーといった優れた才能が所属しており、エグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、ジュニアランクは「優秀なドライバーが多すぎる」という頭痛の種をチームに与えていると述べている。

アルピーヌCEO 「ルノーのF1エンジンはカスタマーの信用を失った」

2021年9月23日
アルピーヌCEO 「ルノーのF1エンジンはカスタマーの信用を失った」
アルピーヌのCEOを務めるローレン・ロッシは、ルノーのF1エンジンに対する信用はもはや存在しないと嘆きつつも、そのような状況は過去の自分たちの“オウンゴール”によって作り出されたと認める。

ルノーは、今年のグリッドでカスタマーのいない唯一のエンジンメーカーであり、同社のワークスチームであるアルピーヌF1だけにF1エンジンを供給している。

アルピーヌF1 「2022年にエンジンデータ不足の影響が出る可能性がある」

2021年8月25日
アルピーヌF1 「2022年にエンジンデータ不足の影響が出る可能性がある」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、ルノーの単独エンジンカスターとしてのチームのステータスが、2022年ののF1パワーユニットの最適化に影響を与える可能性があるとkたる。

エンジンメーカーは、2022年に新しいF1エンジンを導入することを許可されているが、それ以降は信頼性の問題を除いて開発は許可されず、2025年に予定されている次世代F1パワーユニットの導入まで開発が凍結される。

アルピーヌF1、2022年のF1新時代には「恐怖と興奮が入り混じっている」

2021年8月17日
アルピーヌF1、2022年のF1新時代には「恐怖と興奮が入り混じっている」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、F1レギュレーションの変更と不確実性の組み合わせにより、2022年のF1の新時代にむけて「恐怖と興奮が入り混じっている」と語る。

アルピーヌF1は、F1ハンガリーGPでブランドして初優勝を挙げたが、これは2013年以来のエンストーンのチームにとっての久々の優勝でもあった。しかし、今シーズン、アルピーヌF1は、平均で6番目に速いマシンでF1ミッドフィールダーでの地位を築いている。

レッドブルF1、ルノーのエンジン開発責任者を引き抜きとの噂

2021年8月12日
レッドブルF1、ルノーのエンジン開発責任者を引き抜きとの噂
アルピーヌF1は、エンジン部門の責任者を務めてきたレミ・タフィンがチームを去ったことを確認。すでにレッドブルF1のエンジン部門であるレッドブル・パワートレインズへの加入が噂されている。

1999年にルノーに加入したレミ・タフィンは、フェルナンド・アロンソのレースエンジンアとして2005年と2006年にダブルタイトルを2連覇した黄金期を経験した後、2011年にはルノー・スポールF1のカスタマーのエンジンパフォーマンスに責任者に就任。

ルノーのF1エンジン責任者レミ・タフィンが退職…レッドブル加入か?

2021年8月10日
ルノーのF1エンジン責任者レミ・タフィンが退職…レッドブル加入か?
ルノーのF1エンジン部門の責任者であるレミ・タフィンが、2022年の“大きな進化”に先立って、先月、同社を退職したことが明らかになった。

レミ・タフィンは、ルノーのF1プログラムの長年のメンバーであり、1999年に加入し、ヴィリー=シャティヨンでの作業を担当するエンジンテクニカルディレクターの役割に昇進した。現在、チーム自体はアルピーヌになっているが、エンジンはルノーとしてバッジを付けられている。

ルノー、次世代F1エンジンの4気筒化と四輪駆動導入に反対

2021年8月9日
ルノー、次世代F1エンジンの4気筒化と四輪駆動導入に反対
ルノーは、2025/2026年以降の次世代F1エンジンでV6アーキテクチャを廃止するという提案に反対を表明した。

来年からホンダF1のエンジン運用を引き継ぐレッドブルは「完全に新しいエンジン」を推進している。伝えられるところによると、それはフォルクスワーゲンのサポートを引き付けるための潜在的な動きだとされている。

カルロス・サインツ 「ルノーF1では望まれていると感じられなかった」

2021年6月18日
カルロス・サインツ 「ルノーF1では望まれていると感じられなかった」
カルロス・サインツは、昨年まで在籍していたマクラーレンの雰囲気を称賛。それ以前に所属していたルノーF1では“好かれていたり、望まれているとは感じなかった”と語った。

マクラーレンで成功し、今季、フェラーリでポジティブなスタートを切っているカルロス・サインツは、2017年と2018年のルノーF1での時代をよりオープンに振り返った。

シリル・アビテブール、メカクロームのアドバイザーに就任

2021年5月4日
元ルノーF1代表のシリル・アビテブール、メカクロームのアドバイザーに就任
元ルノーF1のチーム代表シリル・アビテブールが、アルピーヌのF1エンジンを組み立てるメカクロームのアドバイザーに就任したことが明らかになった。

シリル・アビテブールは、大学卒業後にルノーに入社。2007年からF1チームで働き始め、2020年にエグゼクティブディレクターに昇進。2012年にはケータハムF1チームに入社し、2014年に撤退するまでチームプリンシパルを務めた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム