カルロス・サインツ 「ルノーへの前倒しの移籍は2018年に成果を挙げる」

2017年12月18日
F1 ルノーF1 カルロス・サインツJr.
カルロス・サインツは、ルノーへの移籍を前倒ししたことが2018年のアドバンテージになると考えている。

カルロス・サインツは、マクラーレン、ホンダ、ルノー、トロ・ロッソが絡んだ複雑なエンジン供給契約に結果として、レッドブルと契約を結んだまま2018年に1年間ルノーにローン移籍することが決定。チームメイトは今季ルノーに加入したニコ・ヒュルケンベルグとなる。

マクラーレン 「ルノーが平等なサービスを提供することに懸念はない」

2017年12月18日
マクラーレン ルノーF1 F1
マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、2018年にルノーから平等な扱いを受けることに懸念はないと語る。

マクラーレンは、ホンダとの3年間の不遇のパートナーシップを解消し、2018年からはルノーからF1パワーユニットの供給を受ける。ルノーは、ワークスチーム、レッドブル、そしてマクラーレンと3チームにF1パワーユニットを供給する。

ルノーF1 「2018年の目標は選手権順位よりもパフォーマンス向上」

2017年12月17日
ルノーF1 F1 2018年のF1世界選手権
ルノーF1のアドバイザーを務めるアラン・プロストは、ワークスルノーの2018年の目標はF1コンストラクターズ選手権の順位よりもマシン開発とパフォーマンス向上に焦点を当てていくと述べた。

最終4戦でカルロス・サインツを獲得して後半戦に盛り返したルノーは、最終戦でトロ・ロッソからコンストラクターズ選手権6位の座を奪取し、2018年にむけて追加で650万ドル(約7億3000万円)という賞金を獲得することに成功した。

ルノーF1 「マクラーレンへのエンジン供給はポジティブなプレッシャー」

2017年12月17日
ルノーF1 マクラーレン F1
ルノーF1のアドバイザーを務めるアラン・プロストは、2018年のマクラーレンへのエンジン供給契約が、ワークスルノーに“ポジティブなプレッシャー”を生み出していると語る。

ルノーはすでにレッドブルとの競争に直面しているに関わらず、2018年からもうひとつの強豪チームであるマクラーレンにパワーユニットを供給することには一部から疑問の声も挙がっている。

マクラーレン 「2018年はレッドブルとルノーを倒さなければならない」

2017年12月17日
マクラーレン ルノーF1 F1
マクラーレンは、2018年の目標は同じルノーのF1パワーユニットを搭載するレッドブルとルノーに勝つことだと述べた。

マクラーレンは、2017年最終戦F1アブダビGPでホンダとの3年間のパートナーシップを終了。マクラーレンはホンダからF1パワーユニットの供給を受ける唯一のチームだったためベンチマークはいなかったが、チームはシャシー開発において高いレベルを維持できていると自信をみせている。

マクラーレン 「ルノーとのF1マシン開発の2週間の遅れは取り戻した」

2017年12月15日
マクラーレン ルノーF1 F1
マクラーレンのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、ホンダとのパートナーシップを解消してルノーのF1エンジンに切り替えるという交渉が長引いたことによる2週間の遅れはすでに取り戻していると語る。

マクラーレンとホンダは2017年限りで3年間のパートナーシップに終止符を打つことで合意。20188年からルノーのF1エンジンを搭載することを決断した。

ルノーF1 「信頼性を確立できればパワーユニットでメルセデスに勝てる」

2017年12月14日
ルノーF1 F1 マクラーレン
ルノーF1のシリル・アビテブールは、2018年のF1パワーユニットの最優先事項は信頼性であり、それが実現できれば、メルセデスを倒すこともできると考えている。

今年、ルノーのカスタマーであるレッドブルは3勝を挙げたが、シーズン後半にはルノーのF1パワーユニットに信頼性問題が続発。パーツ不足も問題となり、もうひとつのカスタマーであるトロ・ロッソと論争に発展した。

メルセデス、マクラーレン・ルノーのパフォーマンスを警戒

2017年12月13日
マクラーレン ルノーF1
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、201年もフェラーリとレッドブルがメインのライバルになると見ているが、マクラーレン・ルノーのパフォーマンスにも気を配ることになるだろうと語る。

マクラーレンは、2018年に新たなエンジンパートナーとしてルノーを迎えるが、トト・ヴォルフはマクラーレンの勝利への意志を除外するのは間違いだと語る。

フェルナンド・アロンソ 「マクラーレン・ルノーに完全に集中している」

2017年12月12日
フェルナンド・アロンソ マクラーレン ルノーF1
フェルナンド・アロンソは、ホンダとの不遇の3年間を終え、マクラーレン・ルノーとしての2018年の新しいチャレンジに集中できることを嬉しく思っていると認める。

2015年にF1復帰したホンダと組んでチーム史上最低となるコンストラクターズ9位という成績で終えたマクラーレンは、2016年に6位へと上昇したものの、ホンダがF1パワーユニットを一新した2017年は競争力と信頼性不足に苦しみ、再びコンストラクターズ選手権9位へと転落。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム