アルピーヌF1、ウィリアムズのジュニアチーム化を計画

2021年2月24日
アルピーヌF1、ウィリアムズのジュニアチーム化を計画
アルピーヌF1は、ウィリアムズとの提携を目指しており、最終的にジュニアドライバーたちにシートを与える場所することを計画していると La Gazzetta dello Sport が報じている。

現在、ウィリアムズはメルセデスのF1エンジンを搭載しているが、アルピーヌF1のオーナーであるルノーは、マクラーレンの代わりとなカスタマーチームを得ることできなければ、競争力で遅れをとることを懸念しているという。

アルピーヌF1、メカクロームとのパートナーシップ契約を発表

2021年2月24日
アルピーヌF1、メカクロームとのパートナーシップ契約を発表
アルピーヌF1は、メカクロームとV6エンジンの主要コンポーネントの製造と組み立てに関する契約を締結したことを発表した。

今年からルノーのワークスチームはアルピーヌF1チームとして参戦を開始するが、ヴィリー=シャティヨンのエンジン部門は『RENAULT』のバッチがついたルノー E-TECHハイブリッド F1エンジンの製造を継続する。

アルピーヌF1、2021年F1マシン『A521』を3月2日に発表

2021年2月17日
アルピーヌF1、2021年F1マシン『A521』を3月2日に発表
アルピーヌF1は、2021年F1マシン『A521』を3月2日(火)に発表することを告知した。

昨年までルノーF1として知られていたチームは、2021年からアルピーヌF1にブランド変更。すでに2021年F1マシンは『A521』という名称を採用し、暫定的なカラーリングを発表している。

【動画】 アルピーヌF1、2021年F1マシン『A521』のエンジンを初始動

2021年2月12日
【動画】 アルピーヌF1、2021年F1マシン『A521』のエンジンを初始動
アルピーヌF1は、2021年F1マシン『A521』に搭載されるルノーエンジンを初始動させた。

これまでルノーF1チームとして活動してきたエンストンのチームは、2021年からアルピーヌF1チームにブランド変更。これまでのルノーの黄色と黒のカラーリングからからフランスのナショナルカラーである赤、白、青に変更する。

アルピーヌF1、育成ドライバーの他チームでのF1デビューを視野

2021年2月11日
アルピーヌF1、育成ドライバーの他チームでのF1デビューを視野
アルピーヌF1は、現在、カスタマーチームや提携チームがいない状態だが、将来的に育成ドライバーのためのF1シートを見つけることができると自信をもっている。

ルノーのF1プロジェクトは、2021年からアルピーヌへとブランド変更する。その一環として、2月10日(水)にアルピーヌ・アカデミーが設立され、5名のドライバーのうち3名が今年FIA-F2でレースをする。

アルピーヌF1、2021年のアカデミードライバーを発表

2021年2月11日
アルピーヌF1、2021年のアカデミードライバーを発表
アルピーヌF1は、2021年に育成組織に所属する5名のアカデミードライバーを発表した。

ルノーからアルピーヌにリブランドした2021年、ルノー・スポール・アカデミーのシニアメンバーだった周冠宇とクリスチャン・ルンガー、FIA-F3チャンピオンのオスカー・ピアストリがアルピーヌ・アカデミーのドライバーとしてFIA-F3に参加する。

アルファタウリF1代表 「ルノーのエンジンカスタマーに戻ることはない」

2021年2月9日
アルファタウリF1代表 「ルノーのエンジンカスタマーに戻ることはない」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、ルノーのエンジンカスタマーに戻ることはないと語り、F1が2022年のエンジン開発の“凍結”に同意しない場合、レッドブルF1のプロジェクト全体が危険に晒される可能性があることを示唆した。

F1エンジンの“凍結”が承認された場合、2025年にまったく新しいF1エンジン規則が導入されるまで、レッドブルはホンダF1の知的財産系を引き継いで、2022年から2024年まで独自のエンジンプログラムを実行する準備ができている。

アルピーヌF1 「2021年は可能な限りテレビと新聞に掲載されることが目標」

2021年2月4日
アルピーヌF1 「2021年は可能な限りテレビと新聞に掲載されることが目標」
ルノーのCEOを務めるルカ・デメオは、アルピーヌF1チームとしての参戦に自信を持っており、2022年シーズンにレースに勝つことも可能だと考えている。

ルノーのワークスチームは2021年にアルピーヌF1チームへ変化を遂げる。ルカ・デメオは、マシンがほぼ同じでシーズン中にエンジンをアップグレードでいない2021年シーズンは移行の年と見なし、あまり進歩は期待していない。

ルノー、ウィリアムズF1に2022年のエンジン契約を打診との報道

2021年2月4日
ルノー、ウィリアムズF1に2022年のエンジン契約を打診との報道
F1グリッドで唯一カスタマー契約のないルノーは、2022年のエンジン契約をウィリアムズF1に打診したと報じられている。

2020年シーズンを持ってマクラーレンがメルセデスのF1エンジンに切り替えたことで、ルノーは自身のワークスチームであるアルピーヌF1だととなった。そのため、昨年からルノーは他チーム、特にアルファロメオを交渉をスタートさせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム