セルジオ・ペレス F1日本GP決勝「鈴鹿で強ければ他のどこでも強い」

2024年4月8日
セルジオ・ペレス F1日本GP決勝「鈴鹿で強ければ他のどこでも強い」
セルジオ・ペレスは2024年F1日本GPで2位表彰台を獲得し、ポイント数を伸ばしたことに満足している。レッドブル・レーシングの鈴鹿サーキトでの堅実な結果を受け、「他のどこでも強くなれる」と自信を見せている。

土曜日の予選でチームメイトのマックス・フェルスタッペンにポールポジションを奪われたペレスは、チームメイトとともにフロントローからレースをスタートしたが、フェルスタッペンとの戦いを制することはできなかった。

レッドブルF1代表 「赤旗中断中にフェルスタッペンのウイングを調整」

2024年4月8日
レッドブルF1代表 「赤旗中断中にフェルスタッペンのウイングを調整」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1日本GPの赤旗中断中に行われたフロントウイングの微調整がマックス・フェルスタッペンの圧勝に役立ったと明かした。

フェルスタッペンは2週間前のオーストラリアGPでのリタイアから立ち直り、鈴鹿ではポールポジションから12秒差をつけて圧勝した。セルジオ・ペレスはチームメイトに続いて今季4戦中3度目の1-2フィニッシュをレッドブルにもたらし、後続のフェラーリとのチャンピオンシップリードを21ポイントに広げた。

フェルスタッペン F1日本GP決勝「ホンダの前で勝てたのは素晴らしいこと」

2024年4月7日
マックス・フェルスタッペン F1日本GP決勝「ホンダの前で勝てたのは素晴らしいこと」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第4戦日本GPでポールポジションから優勝。自分とレッドブル・レーシングが前回のオーストラリアGPでのリタイアから見事に立ち直って圧倒的な勝利を収めたことに満足感を示した。

フェルスタッペンとチームメイトのセルジオ・ペレスは鈴鹿サーキットで1位と2位を獲得し、レッドブルは2024年の4レースで3度目のワン・ツー・フィニッシュを達成した。唯一の黒星は、チームがトラブルに見舞われたメルボルンでの週末だった。

角田裕毅 F1日本GP決勝「やっと日本のファンの前でポイントを獲得できた」

2024年4月7日
角田裕毅 F1日本GP決勝「やっと日本のファンの前でポイントを獲得できた」
角田裕毅は、2024年F1第4戦日本GPの決勝を10位でフィニッシュ。鈴鹿サーキットでの母国レースで初入賞を果たし、「ホっとした」と安堵の表情を浮かべた。

10番グリッドからミディアムタイヤでスタートした角田裕毅は、オープニングラップで2つ順位を落とすが、ソフトに交換したリスタートで取り戻すと力強いレースを展開。2回目のピットストップではチームの素晴らしい作業もあり、2台を抜き去った。

ハミルトン F1日本GPレース後にフェラーリの質問をされて取材を打ち切り

2024年4月7日
ルイス・ハミルトン F1日本GPレース後にフェラーリの質問をされて取材を打ち切り
ルイス・ハミルトンは、F1日本GPのレース後インタビューで、フェラーリの素晴らしいレースペースに嫉妬しているかと質問され、その場から立ち去った。

7度のワールドチャンピオンであるハミルトンは、同様の戦略を採用したフェラーリのシャルル・ルクレールを抑えて7番手からスタートした。当初はミディアムコンパウンドでスタートしたメルセデスだが、オープニングラップにダニエル・リカルドとアレックス・アルバンがクラッシュしてしまったために赤旗中断となり、ハミルトンとジョージ・ラッセルの二人をハードタイヤに交換して3周目のリスタートに臨んだ。

ランス・ストロール F1日本GP決勝「角田裕毅を倒したかったけど…」

2024年4月7日
ランス・ストロール F1日本GP決勝「角田裕毅を倒したかったけど…」
ランス・ストロールは、2024年F1第4戦日本GPの決勝を12位でフィニッシュ。グリップ不足を嘆いた。

土曜日の予選でQ1敗退を喫して16番グリッドからスタートしたストロールは、ソフトタイヤでのスタートを選択し、粘り強いレースで終盤には角田裕毅の11番手まで順位を上げていた。

ウィリアムズF1 アルボンのシャシーを修理のために泣く泣く英国に輸送

2024年4月7日
ウィリアムズF1 アルボンのシャシーを修理のために泣く泣く英国に輸送
ウィリアムズ・レーシングは、2024年F1第4戦日本GPのオープニングラップでクラッシュしてしまったアレックス・アルボンのシャシーを修理のためイギリスのファクトリーに輸送せざるを得なくなった。

ダニエル・リカルドのRBと接触した後、アルボンのマシンはタイヤウォールの側に潜り込み、シャシーは右フロントにダメージを負った。

ダニエル・リカルド F1日本GP決勝「1周目の事故は起こり得る最悪の事態」

2024年4月7日
ダニエル・リカルド F1日本GP決勝「1周目の事故は起こり得る最悪の事態」
ダニエル・リカルド(RB)は、2024年F1第4戦日本GPの決勝を0周リタイアで終えた。

11番グリッドからミディアムタイヤでスタートしたリカルドは、蹴り出しで遅れ、集団のなかで1コーナーには入っていく。そして、S字の進入でインサイドのランス・ストロール(アストンマーティン)を気にして右に動いたところ、アウトサイドから抜きにかかっていたアレクサンダー・アルボン(アルボン)に右リアタイヤが接触。

【動画】 角田裕毅 F1日本GPでRBが見せた“神業”ピットストップ

2024年4月7日
【動画】 角田裕毅 F1日本GPでRBが見せた“神業”ピットストップ
角田裕毅が所属するビザ・キャッシュアップRBは、2024年第4戦F1日本GPの決勝でピットストップ中に2台を抜き去る“神業”ピットストップを見せて角田の10位入賞を後押しした。

レース序盤、13番に順位を上げたものの、ローガン・サージェント(ウィリアムズ)を抜きあぐねていた角田裕毅。23周目にピットインした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム