フェラーリ、タイトル6連覇のメルセデスを祝福 / F1日本GP

2019年10月15日
フェラーリ、タイトル6連覇のメルセデスを祝福 / F1日本GP
フェラーリは、2019年F1日本GPの決勝レースで、セバスチャン・ベッテルが2位、シャルル・ルクレールが7位でレースを終えた。

マッティア・ビノット(チーム代表)
「今日、再びその活躍にふさわしいコンストラクターズ選手権制覇を成し遂げたライバルであり友人でもある彼らに我々全員からの祝福を送りたい。シーズンを通して、シンプルに彼らが最高の仕事を果たしたし、それこそこのビジネスにおいてやるべきことだ」

ルノーF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
ルノーF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ルノーF1チームは、2019年F1日本GPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが10位でレースを終えた。

シリル・アビテブール(チーム代表)
「土曜日の走行がなく、日曜日の朝早くからすべてを完璧にこなすことが求められる奇妙な週末だった。残念ながら、我々が経験したのは正反対で、予選では2台とも別々のトラブルを抱えた。後方のスターティンググリッドだったにもかかわらず、決して諦めず、集中し続けた」

レーシングポイント:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
レーシングポイント:2019年 F1日本GP 決勝レポート
レーシング・ポイントF1チームは、2019年F1日本GPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが5位、ランス・ストロールが11位でレースを終えた。

セルジオ・ペレスはファイナルラップでクラッシュ、ランス・ストロールは10番手を走行していた。しかし、チェッカーフラッグシステムの不具合によって1周前が最終リザルトとなり、ペレスは9位、ストロールは11位というリザルトとなった。

トロロッソ・ホンダ、リアサスに問題を抱えてのガスリーの走りを称賛

2019年10月15日
トロロッソ・ホンダ、リアサスに問題を抱えてのガスリーの走りを称賛
トロロッソ・ホンダのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、予選と決勝が同日から開催となったF1日本GPの日曜日を総括。なかでも、リアサスペンションに問題を抱えながら8位入賞を果たしたピエール・ガスリーの走りを称賛した。

「FP3でセットアップ変更を評価する機会がなく、マシンのセットアップに関しては通常よりも少ないデータで予選に挑むことになった」とジョディ・エギントンはコメント。

マクラーレン:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
マクラーレン:2019年 F1日本GP 決勝レポート
マクラーレンは、2019年F1日本GPの決勝レースで、カルロス・サインツが5位、ランド・ノリスが13位でレースを終えた。

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)
「今日はチーム全体の素晴らしい仕事ぶりによって10ポイントを獲得し、コンストラクターズ選手権で我々が戦っているチームに対してリードを広げることができた。カルロスの5位はセンセーショナルな走りだった。だが、複雑な心境でもある。ランドもそにいたかもしれないからね」

アルファロメオ・レーシング:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
アルファロメオ・レーシング:2019年 F1日本GP 決勝レポート
アルファロメオ・レーシングは、2019年F1日本GPの決勝レースで、キミ・ライコネンが14位、アントニオ・ジョビナッツィが16位でレースを終えた。

フレデリック・ヴァスール(チーム代表)
「トップ10入りを目指してレースに臨んだが、最終的にオープニングラップ以降はポイントを争えなかった。終盤にソフトタイヤを履いてはるかに良いペースを発揮できていたので、レースを通して同じレベルのパフォーマンスを発揮できるように、何が起きたのか見直し、データを分析しなければならない」

ハースF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
ハースF1チーム:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ハースF1チームは、2019年F1日本GPの決勝レースで、ロマン・グロージャンが15位、ケビン・マグヌッセンが17位でレースを終えた。

ギュンター・シュタイナー(チーム代表)
「午前中の予選でのロマンはそれほど悪くなく、Q3に進出したことは今日のちょっとしたハイライトだったと言えるだろう。ケビンは最初のラップでクラッシュを喫したが、非常に速いラップを走っていたので、1周のパフォーマンスに関してはこのマシンは良いラップを走れている」

ウィリアムズ:2019年 F1日本GP 決勝レポート

2019年10月15日
ウィリアムズ:2019年 F1日本GP 決勝レポート
ウィリアムズは、2019年F1日本GPの決勝レースをジョージ・ラッセルが18位、ロバート・クビサが19位で終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「予選は、ドライであるが、非常に風の強いコンディションで行われたため、誰にとっても難しかった。残念ながら、ロバートはQ1の最初の赤旗を出して、結果としてそれに苦しんだドライバーの1人となった」

ランド・ノリス、アルボンと接触も責めず「フェアプレーだった」

2019年10月14日
ランド・ノリス、アルボンと接触も責めず 「フェアプレーだった」 / F1日本GP 決勝
マクラーレンのランド・ノリスは、F1日本GPの決勝でアレクサンダーアルボン(レッドブル・ホンダ)とのバトルで接触したが、アルボンは“まともな動きだった”と述べた。

ランド・ノリスと5位争いをしていたアレクサンダー・アルボンは、カシオトライアングルでインサイドを突いたが、2台は軽く接触した。ランド・ノリスは、コーナーをカットして回避行動を取り、ポジションを落とした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム