アルファタウリF1残留決定の角田裕毅 「よりコントロールできている」

2022年9月26日
アルファタウリF1残留決定の角田裕毅 「よりコントロールできている」
角田裕毅は、F1での2 シーズン目でフィジカルとメンタルの準備ができたと考えており、2021年のルーキーキャンペーンと比較して、レースの週末に向けて「よりコントロールでき、リラックスしている」と感じていると語った。

2023年にアルファタウリF1に残留するという発表を受けて、角田裕毅はチームのポッドキャスト Tauri Talk で、チームでの最初のシーズンから最も改善したと感じる場所について語った。

角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」

2022年9月25日
角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」
角田裕毅は、2023年にアルファタウリF1で3シーズン目を迎えることが発表されたが、racingnews365は、それはレッドブルの選択ではなく、そうせざるを得ない状況だったに過ぎないと厳しい意見を述べている。

一見すると、角田裕毅にとっては、少なくともあと1年F1キャリアを継続できることは朗報だ。ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍した場合、ジュニアチームから2人の新しいドライバーを起用する必要がないため、ドライバーを継続することはアルファタウリとレッドブルにとっても朗報だ。

角田裕毅はガスリー移籍の場合アルファタウリF1のリーダーになれるか?

2022年9月23日
角田裕毅はガスリー移籍の場合アルファタウリF1のリーダーになれるか?
角田裕毅が2023年にアルファタウリF1に残留するというニュースは、F1ドライバー市場の“シリーシーズン”では最も予想された発表の1つだった。

スクーデリア・アルファタウリのF1チーム代表であるフランツ・トストは、6月に残留が発表されたピエール・ガスリーとともに角田裕毅が残留する計画であることを何度か示唆していたが、レッドブルの承認待ちとなっていた。

レッドブルF1、コルトン・ハータのDTMサプライズ出場計画も中止

2022年9月22日
レッドブルF1、コルトン・ハータのDTMサプライズ出場計画も中止
レッドブルF1は、コルトン・ハータを今週末にオーストリアで開催されるDTM(ドイツツーリングカー選手権)レースに出場させる計画を立てていたが、直前になってゲストエントリーは中止された。

計画が中止されたのレッドブルが、コルトン・ハータを2023年のアルファタウリのF1ドライバーに起用する計画を打ち切ったことと関連しているとみられる。

角田裕毅、2023年もスクーデリア・アルファタウリF1への残留が決定

2022年9月22日
角田裕毅、2023年もスクーデリア・アルファタウリF1への残留が決定
スクーデリア・アルファタウリは、F1での最初の2年間の成功に続き、角田裕毅が2023年シーズンもチームに残留することを発表した。

すでに38回のF1レース週末を経験している角田裕毅は、チャンピオンシップへの道を加速させた。角田裕毅は下位フォーミュラを素早く駆け上がり、F1でのルーキーシーズン中に実力を証明し、 2021年の最終レースでトップ4フィニッシュを達成。

コルトン・ハータの父親、アルファタウリF1への移籍失敗を語る

2022年9月19日
コルトン・ハータの父親、アルファタウリF1への移籍失敗を語る
コルトン・ハータの父親は、アルファタウリF1への移籍が失敗したことが、息子のF1の夢の道のりへの終わりではないと信じている。

コルトン・ハータの名前は、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍を実現するための、アルファタウリF1チームの後任候補として突如浮上した。

アルファタウリF1、2023年は角田裕毅とニック・デ・フリースで確定?

2022年9月18日
アルファタウリF1、2023年は角田裕毅とニック・デ・フリースで確定?
アルファタウリF1の2023年のドライバーラインナップは角田裕毅とニック・デ・フリースで固まった可能性がある。

ドミノ効果はゆっくりと形になるつつあるのかもしれない。F2チャンピオンを獲得してから3年、ニック・デ・フリースは2023年にようやくF1シートを手に入れようとしている。今週の金曜日、Motorsport-magazin.comは、デ・フリースがオーストリアのグラーツ近郊のヘルムート・マルコの会社で目撃されたことを報道。

レッドブルF1、ニック・デ・フリースをアルファタウリで起用との報道

2022年9月17日
レッドブルF1、ニック・デ・フリースをアルファタウリで起用との報道
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、オーストリアでニック・デ・フリースと会っていることが目撃された。

ピエール・ガスリーのアルピーヌF1チームへの移籍は、レッドブルがコルトン・ハータとの契約を断念したことで崩壊したように見えたが、アルファタウリに配置する満足のいく代替案が見つかったようだ。

レッドブル/アルファタウリ、コルトン・ハータとのF1契約を断念

2022年9月17日
レッドブル/アルファタウリ、コルトン・ハータとのF1契約を断念
レッドブルは、2023年にコルトン・ハータとアルファタウリのF1ドライバーとして契約することを断念したと報じられている。

コルトン・ハータは、レッドブルが条件付きでアルピーヌF1チームに移籍することに同意したピエール・ガスリーの後任としてサプライズでラインナップされた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム