ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ、PU交換でグリッド降格ペナルティ

2021年9月26日
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ、PU交換でグリッド降格ペナルティ / F1ロシアGP 予選
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、F1ロシアGPの予選前にPUを交換したことで最後尾スタート組みに加わった。だが、エンジンペナルティがなければ、Q3に進出することができたとラティフィは感じている。

ニコラス・ラティフィは、予選Q1をチームメイトのジョージ・ラッセルを上回る10番手タイムで突破。だが、パワーユニット交換によって後方への降格が決定していたため、ウィリアムズはQ2でラティフィを走らせないことを選択した。

メルセデスF1代表 「アルボンのウィリアムズ加入阻止との見方は誤解」

2021年9月24日
メルセデスF1代表 「アルボンのウィリアムズ加入阻止との見方は誤解」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、アレクサンダー・アルボンがウィリアムズに加入することを阻止しようとしたのではないという見方は「誤解」だと語る。

現在のレッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボン、バルテリ・ボッタスの代わってメルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任として、2022年にウィリアムズでF1復帰を果たす。

アルボン 「メディアがウィリアムズF1との契約の一番の後押しになった」

2021年9月23日
アレクサンダー・アルボン 「メディアがウィリアムズF1との契約の一番の後押しになった」
2022年にF1復帰が決定したアレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズF1との契約において、メディアが“他の誰よりも後押ししてくれた”と考えている。

ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1でルイス・ハミルトンのチームメイトになることが公然の秘密となっていた時期、注目を集めたのはバルテリ・ボッタスがどこに移籍するのか、そして、誰がウィリアムズの空席を勝ち取るかだった。

ウィリアムズF1の代表がキミ・ライコネンと夕食を共にしていた理由

2021年9月21日
ウィリアムズF1の代表がキミ・ライコネンと夕食を共にしていた理由
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、キミ・ライコネンが新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出る前夜、ザントフォールトでキミ・ライコネンと夕食を共にしていた理由を説明した。

キミ・ライコネンは、F1オランダGPの予選日の朝に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことで、F1オランダGPの残りの週末とモンツァでのF1イタリアGPのレースウィークエンドを欠場した。

レッドブルF1代表 「アルボンの契約には2023年の買い戻しオプション」

2021年9月21日
レッドブルF1代表 「アルボンの契約には2023年の買い戻しオプション」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、契約オープションで2023年にアレクサンダー・アルボンをチームがに戻すことができることを明らかにした。

アレクサンダー・アルボンは、2019年にトロロッソでF1デビューを果たした後、シーズン途中に成績不振のピエール・ガスリーに代わってレッドブル・レーシングに昇格した。

F1チーム、バイザーカメラによるダッシュボードの機密データ漏洩を懸念

2021年9月20日
F1チーム、バイザーカメラによるダッシュボードの機密データ漏洩を懸念
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、F1の新しいヘルメットカメラを介して共有されるデータは“理想的ではない”と説明する。

F1ベルギーGPでフェルナンド・アロンソのヘルメット内に搭載された新しいヘルメットカメラが映し出す光景はファンから絶賛された。F1イタリアGPではジョージ・ラッセルにヘルメットカメラが搭載され、ファンにモンツァのドライバーズアイビューを提供した。

アルボン 「ラッセルはウィリアムズF1のシート獲得に協力的すぎた(笑)」

2021年9月20日
アレクサンダー・アルボン 「ラッセルはウィリアムズF1のシート獲得に協力的すぎた(笑)」
アレクサンダー・アルボンは、2022年のウィリアムズのF1シート獲得に協力してくれたジョージ・ラッセルに“ビールを奢らなければならない”が、ちょっと“協力的すぎた”と冗談交じりに語った。

2020年のレースシートを失ってレッドブルF1のリザーブドライバーとして活動していたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズと契約してF1グリッドに復帰する。

レッドブルF1代表 「メルセデスの機密保持条項は珍しいものではない」

2021年9月20日
レッドブルF1代表 「メルセデスの機密保持条項は珍しいものではない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスがアレクサンダー・アルボンとウィリアムズとの契約に盛り込んだ機密保持条項は“珍しいものではない”と主張する。

今シーズン、セルジオ・ペレスにシートを明け渡してレッドブルF1のリザーブドライバーを務めていたアレクサンダー・アルボンは、2022年にウィリアムズとの契約を確保し、F1レースに復帰することになった。

ニコラス・ラティフィ、アルボンとのウィリアムズF1での再タッグに興奮

2021年9月19日
ニコラス・ラティフィ、アルボンとのウィリアムズF1での再タッグに興奮
ニコラス・ラティフィは、F2時代にチームメイトだったアレクサンダー・アルボンと2022年にウィリアムズF1で再び仕事をするのを楽しみにしていると語る。

ニコラス・ラティフィとアレクサンダー・アルボンは、2018年にカンポスでチームメイトとしてF2を戦い、2019年にアルボンとトロロッソ(現アルファタウリ)でF1デビュー。ラティフィは2019年にF2をランキング2位で終えた後、1年遅れでウィリアムズでF1デビューを果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム