ウィリアムズF1代表 「ローガン・サージェントはいずれF1に到達する」

2022年8月17日
ウィリアムズF1代表 「ローガン・サージェントはいずれF1に到達する」
ウィリアムズF1チームのチーム代表を務めるヨースト・カピートは、チームの育成ドライバーであるローガン・サージェントが将来的にF1に到達できると「完全に確信している」と語る。

アメリカ出身のローガン・サージェントはウィリアムズ・レーシングの育成ドライバーの一員であり、昨年のシーズン後のアブダビテストでチームのためにF1マシンを走らせた。

ウィリアムズF1を後援する香港の生命保険王 「F1への投資拡大を検討」

2022年8月9日
ウィリアムズF1を後援する香港の生命保険王 「F1への投資拡大を検討」
ドリルトン・キャピタルによるウィリアムズ・レーシングへの投資の背後にいると疑われている投資家で、香港の億万長者で生命保険王のカルビン・ローは、F1への投資を拡大する可能性があると語った。

ドリルトン・キャピタルは、2020 年にチームの創設者一族からウィリアムズF1チームを買収した。

ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1の候補報道は「光栄に思う」

2022年8月5日
ニック・デ・フリース、ウィリアムズF1の候補報道は「光栄に思う」
ニック・デ・フリースは、2023年のウィリアムズのF1ドライバー候補に自分の名前が挙がっていることを「光栄に思っている」と語る。

ウィリアムズF1は、ニコラス・ラティフィを解雇する必要性を非公式で認めており、アルピーヌF1チームは、オスカー・ピアストリは2年間ウィリアムズに“ローン移籍”させると噂されていた。

アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1に2023年も複数年契約で残留

2022年8月4日
アレクサンダー・アルボン、ウィリアムズF1に2023年も複数年契約で残留
ウィリアムズ・レーシングは、アレクサンダー・アルボンが、2023年シーズン以降も複数年契約でF1チームに残留することを発表した。

アレクサンダー・アルボンは、今シーズン、ウィリアムズF1チームとともにフルタイムでF1に復帰し、2022年の3ポイントすべてを獲得し、チームの努力を先導してきた。

ウィリアムズF1、ローガン・サージェントをF1アメリカGPのFP1に起用

2022年8月3日
ウィリアムズF1、ローガン・サージェントをF1アメリカGPのFP1に起用
ウィリアムズ・レーシングは、育成ドライバーでローガン・サージェントをF1アメリカGPのフリー走行1回目に起用することを発表した。

今年、F1レギュレーションでは、すべてのF1チームが2回のプラクティスセッションでルーキードライバーに割り当てなければならないと規定されている。

レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンを注意深く見守っている」

2022年7月27日
レッドブルF1代表 「アレクサンダー・アルボンを注意深く見守っている」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、今シーズンにウィリアムズF1チームで戦っているアレクサンダー・アルボンのパフォーマンスを“注意深く”見守っていると語る。

昨年、ジョージ・ラッセルのメルセデスF1への移籍を確定した後、ウィリアムズF1チームはニック・で・フリースを含めた広範囲な検討の末、アレクサンダー・アルボンと契約することを選んだ。

ウィリアムズF1、ローガン・サージェントの台頭で2023年に頭痛の種

2022年7月26日
ウィリアムズF1、ローガン・サージェントの台頭で2023年に頭痛の種
ウィリアムズF1チームは、育成ドライバーのローガン・サージェントの急成長によって2023年のドライバーラインナップに頭痛の種を抱えている。

これまで、ウィリアムズF1チームは、2023年にニコラス・ラティフィに代えて、アルピーヌF1チームでリザーブドライバーのオスカー・ピアストリをローン移籍で獲得することが濃厚だとされてきた。

ウィリアムズF1、フランスGPでラティフィにもアップグレードを投入

2022年7月21日
ウィリアムズF1、フランスGPでラティフィにもアップグレードを投入
ウィリアムズF1は、F1フランスグランプリでニコラス・ラティフィにもアップグレードパッケージを投入。アレクサンダー・アルボンが初めてアップグレードパッケージを走らせてから2レース後となる。

ウィリアムズF1は、シルバーストンでのF1イギリスGPでメジャーアップデートを投入したが、チームはその段階で1台分しか準備できなかった。そのため、ドライバーズチャンピオンシップで上位にいるアレクサンダー・アルボンに与えられ、F1オーストリアGPでも使用した。

ジョージ・ラッセル 「ウィリアムズとの契約に逃げ道はなかった」

2022年7月19日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ウィリアムズとの契約に逃げ道はなかった」
ジョージ・ラッセルは、2022年に最終的にメルセデスF1チームに移籍するまでにウィリアムズF1で走ることに時間を費やしすぎたと考えている。

ジョージ・ラッセルは2019年開幕戦F1オーストラリアGPでウィリアムズF1でデビューを果たし、3年間滞在し、チームで合計59回のレーススタート切った。さらに2020年には体調不良のルイス・ハミルトンの代役としてメルセデスF1から1戦に出場している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム