ウィリアムズ、2018年のF1ドライバー発表を1月まで延期へ

2017年12月16日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズは、2018年のランス・ストロールのチームメイトの発表を来年1月まで延期することを発表した。

フェリペ・マッサが今シーズン限りで引退したことで、2018年にウィリアムズの2つ目のシートは空席となっている。今週、ロシアのメディアは15日(金)にウィリアムズがドライバーを発表すると報じていた。

フェリペ・マッサ 「ウィリアムズのシートは金で決まる」

2017年12月15日
ウィリアムズF1 F1
フェリペ・マッサは、ウィリアムズの2018年のドライバー選びは財政面が決め手になるだろうと明かした。

ウィリアムズでF1を戦ったフェリペ・マッサは、今シーズン限りでF1から引退。2018年のランス・ストロールのチームメイトの座は空席となっている。

当初はロバート・クビサが候補とされていたが、アブダビテスト後の評価により、セルゲイ・シロトキンが最有力候補に浮上している。

ロバート・クビサの父 「まだウィリアムズのシート獲得を諦めていない」

2017年12月15日
ロバート・クビサ ウィリアムズF1 F1
ロバート・クビサの父親は、クビサがまだ2018年のウィリアムズのドライバー候補から外れたわけではないと主張する。

当初、ロバート・クビサは2018年のウィリアムズのシート獲得にむけた最有力候補だと見られていたが、ここに来て、複数の情報筋は、アブダビテストでクビサよりも優れたパフォーマンスを発揮し、巨額のスポンサーマネーを持ち込むセルゲイ・シートが最終的にシートを勝ち取ることになるだろうと報じている。

ウィリアムズ、12月15日(金)にドライバー発表との報道

2017年12月13日
ウィリアムズF1 F1
ウィリアムズが、12月15日(金)に2018年のランス・ストロールのチームメイトをいよいよ発表するようだ。

ウィリアムズは、今シーズン限りでフェリペ・マッサが引退。2018年のF1シートの唯一の空席となっている。

これまではロバート・クビサが、ラリーでの大怪我を克服して7年ぶりにF1復帰するというストーリーが期待されていた。

ロバート・クビサ、ウィリアムズのシート候補から脱落との報道

2017年12月12日
ウィリアムズF1 ロバート・クビサ セルゲイ・シロトキン
ロバート・クビサが、ウィリアムズの2018年のドライバー候補から外れ、セルゲイ・シロトキンがシートを獲得する公算が高まっていると報じられている。

ウィリアムズは2018年のランス・ストロールのチームメイトをまだ決定しておらず、アブダビテストでロバート・クビサとセルゲイ・シロトキンを起用。先週からテストのデータを評価することに時間を費やしている。

セルゲイ・シロトキンのマネジメント 「ウィリアムズの決定はまもなく」

2017年12月12日
ウィリアムズF1 セルゲイ・シトロキン ロバート・クビサ
ウィリアムズは、まもなく2018年のF1ドライバーについての決断を下すと報じられている。

これまで、2018年のウィリアムズのドライバー候補は、F1復帰を目指すロバート・クビサと、今年ルノーのリザーブドライバーを務めたセルゲイ・シロトキンの二人に絞り込まれたと報じられてきた。

しかし、ここに来てロバート・クビサがウィリアムズの構想から外れ、セルゲイ・シロトキンがF1シートを獲得する可能性が高いと報じられている。

ウィリアムズ、資金持ち込みのシロトキンとリザーブドライバー契約?

2017年12月11日
ウィリアムズF1 セルゲイ・シトロキン F1 ロバート・クビサ
ウィリアムズは、2018年にロバート・クビサをレースドライバーに起用し、ロシアマネーを持ち込むセルゲイ・シロトキンとはリザーブドライバーとして契約すると報じられている。

2018年のF1シートの空席は残すはウィリアムズのひとつだけとなった。現在、ランス・ストロールのチームメイトの最有力候補に挙げられているのがロバート・クビサ。

オリバー・ローランド、ウィリアムズとの交渉を主張もチーム側は否定

2017年12月9日
ウィリアムズF1 F1 オリバー・ローランド
オリバー・ローランドのマネジメントは、ウィリアムズと2018年のF1シートについて交渉していると主張するも、ウィリアムズはそれを否定するという不思議な状況となっている。

現在、ウィリアムズは2018年のランス・ストレートのチームメイトを評価しており、ロバート・クビサ、セルゲイ・シロトキン、ポール・ディ・レスタ、ダニール・クビアトが候補に挙げられている。

ロバート・クビサとセルゲイ・シロトキン、ウィリアムズでさらなる評価

2017年12月6日
ロバート・クビサ ウィリアムズF1 F1
ウィリアムズは、2018年のF1ドライバーの評価を続けており、F1復帰を目指すロバート・クビサとロシアから支援を受けるセルゲイ・シロトキンは、今週グローブのウィリアムズのファクトリーを訪れる。

先週のF1アブダビテストでウィリアムズのF1マシンを走らせたロバート・クビサとセルゲイ・シロトキンは、他の複数の候補者とともにフェリペ・マッサとして検討されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム