ウィリアムズF1、映画『キングスマン』とコラボレーション

2021年12月7日
ウィリアムズF1、映画『キングスマン』とコラボレーション
ウィリアムズF1は、映画『キングスマン』の最新作公開を祝うために20世紀スタジオおよびMARVとコラボレーションを実施する。

コラボレーションを開始するために『キングスマン』のブランドディングが施されたウィリアムズF1のショーカーが、2021年12月6日(月)にロンドンのレスタースクエアで開催されたワールドプレミアに登場。12月13日(月)にはニューヨーク市で開催される米国プレミアに登場する。

F1ドライバー、故フランク・ウィリアムズ卿に感謝の意

2021年12月3日
F1ドライバー、故フランク・ウィリアムズ卿に感謝の
ウィリアムズF1にゆかりのある現役F1ドライバーが、先週末に亡くなったフランク・ウィリアムズ卿に敬意を表し、彼の思い出を共有する。

新旧ウィリアムズF1のドライバーに加え、ルイス・ハミルトンもフランク・ウィリアムズ卿のF1への影響の語り手に加わった。ハイルトンは、マクラーレンの育成プログラムに参加する前にウィリアムズのユースランクに参加する機会があり、F1で好きな人物としてフランク卿の名前を挙げた。

ウィリアムズF1、元フォルクスワーゲンのモータースポーツ責任者が加入

2021年12月3日
ウィリアムズF1、元フォルクスワーゲンのモータースポーツ責任者が加入
ウィリアムズF1は、元フォルクスワーゲンのモータースポーツ責任者であるスベン・スメーツがスポーティングディレクターとしてチームに加入したことを発表した。

ベルギー出身のスベン・スメーツ(49歳)は、ウィリアムズF1のCEOであるヨースト・カピトがフォルクスワーゲンのモータースポーツ部門の指揮を執っていたときに、その下で働いていた。

ウィリアムズF1、故フランク・ウィリアムズ卿 追悼カラーリングで出場

2021年12月3日
ウィリアムズF1、故フランク・ウィリアムズ卿 追悼カラーリングで出場 / F1サウジアラビアGP
ウィリアムズF1は、今週末のF1サウジアラビアGPで故フランク・ウィリアムズ卿を追悼する特別カラーリングのFW43Bで出場する。

ウィリアムズF1の創設者であるフランク・ウィリアムズ卿は、11月28日(日)に79歳でこの世を去った。彼のリーダーシップの下、ウィリアムズF1は合計16のワールドタイトルを獲得し、F1に目覚ましい遺産を残した。

ウィリアムズF1代表のヨースト・カピト、新型コロナウイルスに感染

2021年12月2日
ウィリアムズF1代表のヨースト・カピト、新型コロナウイルスに感染してF1サウジラビアGPを欠席
ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトが、今週末のF1サウジアラビアGPのためにジェッダに旅行する前に新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たことがF1およびFIA(国際自動車連盟)から発表された。

新しいオーナーのドリルトン・キャピタルによる組織変更で2021年2月にウィリアムズF1のチーフ代表を引き継いだヨースト。カピトは、結果としてF1サウジアラビアGPを欠席する。

バーニー・エクレストン 「F1の成功はフランク・ウィリアムズたちのおかげ」

2021年12月1日
バーニー・エクレストン 「F1の成功はフランク・ウィリアムズたちのおかげ」
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、フランク・ウィリアムズのようなパイオニアたちがいなければ、今のF1は存在しなかったと語り、故人を偲んだ。

ウィリアムズF1チームは11月28日、創設者で元チームプリンシパルのフランク・フランク卿が79歳で亡くなったことを発表した。。彼のリーダーシップの下、ウィリアムズF1チームは合計16の世界タイトルを獲得し、スポーツに目覚ましい遺産を残した。

ウィリアムズF1 「フォルクスワーゲンが参入するなら喜んで交渉に応じる」

2021年11月30日
ウィリアムズF1 「フォルクスワーゲンが参入するなら喜んで交渉に応じる」
ウィリアムズF1は、フォルクスワーゲン・グループがF1に参戦する可能性を歓迎しており、ドイツのメーカーと交渉することには“オープン”だと語った。

F1は、2026年シーズンに新しいF1エンジンレギュレーションを導入する予定であり、スポーツに新しいメーカーが参入することを目指している。

中嶋一貴 「サー・フランクからの助言はアスリートとしてのコアとなった」

2021年11月30日
元ウィリアムズF1の中嶋一貴 「サー・フランクからの助言はアスリートとしてのコアとなった」
元ウィリアムズのF1ドライバーである中嶋一貴が、フランク・ウィリアムズ卿のご逝去についてコメントを発表した。

中嶋一貴は、トヨタがウィリアムズF1にカスタマーエンジンの供給を開始した2007年にサードドライバーに就任。最終戦F1ブラジルGPで引退を発表したアレクサンダー・ヴルツに代わってF1デビュー。日本人として17人目のF1ドライバーとなった

“車いすの闘将”フランク・ウィリアムズ、F1に捧げた逆境の人生

2021年11月29日
“車いすの闘将”フランク・ウィリアムズ、F1に捧げた逆境の人生
“車いすの闘将”として知られたフランク・ウィリアムズは、コーリン・チャップマンやエンツォ・フェラーリと並んで、アラン・プロスト、アイルトン・セナ、ナイジェル・マンセルといった象徴的なF1のスターと同等の公的地位と称賛を達成した数少ないF1チームマネージャーのひとりだった。

1980年代のF1ファンにとって、フランク・ウィリアムズの名を冠したF1チームは、スポーツの中心であり、何百万人もの人々に疑いの余地のないインスピレーションを与えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム