ロバート・クビサ、2019年のウィリアムズのシート獲得は“90%”

2018年11月13日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサは、2019年にウィリアムズでのF1復帰にtかづいているようだ。

Auto Motor und Sport は、ウィリアムズのF1シートとフェラーリからテストドライバーのオファーを受けているロバート・クビサが、今週末に決断を下すことを望んでいると報道。「彼のウィリアムズでの復帰の可能性は90%を超えている」だと伝えた。

セルゲイ・シロトキン 「スタート直後からとても難しいレースだった」

2018年11月13日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1ブラジルGPの決勝レースを18位で終えた。

「スタート直後からとても難しいレースだった。僕たちは周りのクルマほどのペースがなかった。最初の数周はトリッキーだった。氷の上を踊っているみたいだったし、戦うと言うよりもクルマをコースにとどめておくことすら難しかった」とシロトキンはコメント。

ランス・ストロール 「あまりに遅すぎて戦略面でも何もできなかった」

2018年11月13日
F1 ランス・ストロール ブラジルGP
ウィリアムズのランス・ストロールは、F1ブラジルGPの決勝レースを18位で終えた。

「長く、厳しいレースだった。良いスタートを切ったけど、その後はブルーフラッグのために道を譲って、タイヤを管理していたけど、最終的に僕たちは遅すぎて十分ではなかった。とてもタイトでコーナーが多くないこのサーキットの特性もあって、道を譲るのも大変だった」とランス・ストロールはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「不安定なコンディションは僕たちに向いている」

2018年11月11日
F1 セルゲイ・シロトキン ブラジルGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1ブラジルGPの予選でQ2進出を果たして15番手だった。

「トリッキーなコンディションは僕たちに常に向いているし、良いセッションだった。曇っていたり、湿っているときの方が僕たちはいつも良いパフォーマンスを発揮する。クルマの感触はとても良かったし、Q1で他のみんなよりも1周少ない走行で通過できたのはポジティブなことだ」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

ランス・ストロール 「いろんなことが少しずつ駄目だった」

2018年11月11日
F1 ランス・ストロール ブラジルGP
ウィリアムズのランス・ストロールは、F1ブラジルGPの予選でQ1で敗退して19番手だった。

「とにかく酷い予選だった。いろんなものが少しずつ駄目だった。雨によるミスだけでなく、ラップも良くなかった。もっと多くのパフォーマンスがあったのは間違いないし、フラストレーションを感じた」とランス・ストロールはコメント。

ランス・ストロール 「Q2に進出できるかもしれない」 / F1ブラジルGP

2018年11月10日
F1 ランス・ストロール ウィリアムズ
ウィリアムズのランス・ストロールは、F1ブラジルGP初日のフリー走行を18番手タイムで終えた。

「走行してとにかく学ぶといういつも通りの金曜日だった。ブラジルのこのトラックに戻ってこれて本当に嬉しい。今日はクルマで良いステップを果たせたと思うし、問題ないと感じている。明日何をもたらせるか、残りのフィールドと比較してどの位置にいるか見てみるつもりだ」とランス・ストロールはコメント。

セルゲイ・シロトキン 「ロングランのペースはいい感じ」 / F1ブラジルGP

2018年11月10日
F1 セルゲイ・シロトキン ブラジルGP
ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンは、F1ブラジルGP初日のフリー走行を16番手タイムで終えた。

今日は忙しい一日だったし、来年の開発のためにクルマに興味深いものを搭載した。多くのデータを収集することができたし、すぐにベースラインに戻さなければならなかった。そこからレース週末のための準備とクルマのセットアップにまた切り替えなければならなかったけど、順調に進めることができた」とセルゲイ・シロトキンはコメント。

ウィリアムズ、ロバート・クビサに2019年のF1シートをオファーとの報道

2018年11月10日
F1 ウィリアムズ ロバート・クビサ
ウィリアムズが、ロバート・クビサに2019年のF1レースシートをオファーしたと報じられている。クビサにもフェラーリもリザーブドライバーの役割をオファーしているとされている。

ウィリアムズは、2019年のドライバーとしてジョージ・ラッセルの起用を発表しているが、2つ目のシートはまだ未定となっている。リッチエナジーのタイトルスポンサー契約をハースに奪われたされるウィリアムズは、2つ目のシートに持参金を持ち込めるドライバーを求めているとされている。

ジョージ・ラッセル、パワポでウィリアムズ首脳陣に自らをプレゼン

2018年11月7日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、ジョージ・ラッセルが2018年のウィリアムズのF1シートを獲得するためにパワーポイントでプレゼンテーションを行っていたことを明かした。

今年のF2チャンピオンに王手をかけているジョージ・ラッセルは、メルセデスでのテスト走行やシミュレーター作業で印象を与え、2019年のウィリアムズのF1シートを勝ち取った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム