ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を除外せず

2021年6月16日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルとバルテリ・ボッタスの交代を除外せず
ウィリアムズF1は、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍した場合、バルテリ・ボッタスがチームに復帰する可能性を除外していない。

バルテリ・ボッタスの将来は、今週末のF1ブランスGPで話題の中心になりそうだ。ますます権威ある情報筋が、2022年にメルセデスF1がバルテリ・ボッタスに代えてジョージ・ラッセルを起用するという決定はほぼ内定していると報じている。

ウィリアムズF1、ロイ・ニッサニーをF1フランスGPのFP1に起用

2021年6月16日
ウィリアムズF1、ロイ・ニッサニーをF1フランスGPのFP1に起用
ウィリアムズF1は、ロイ・ニッサニーがF1フランスGPのフリー走行1回目にジョージ・ラッセルのマシンでセッションを担当することを発表した。

ウィリアムズF1のテストドライバーとして2年目のロイ・ニッサニーは、F2参戦と並行してその役割を担っており、先月のF1スペインGPのフリー走行1回目に出走している。

レッドブルF1首脳 「ボッタスの唯一の選択肢はラッセルとのスワップ」

2021年6月15日
レッドブルF1首脳 「ボッタスの唯一の選択肢はラッセルとのスワップ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ジョージ・ラッセルが2022年にメルセデスF1に移籍するのは当然の結論であり、その後、バルテリ・ボッタスはウィリアムズF1に復帰する可能性があると考えている。

メルセデスF1は、まもなくルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスの二人と契約交渉に入る予定であり、これまでのハミルトンの発言に基づけば、7回のF1ワールドチャンピオンは2022年もメルセデスF1と2022年のグリッドに残るというあらゆる兆候が示されている。

ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍は「大規模な損失」

2021年6月14日
ウィリアムズF1、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍は「大規模な損失」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、ジョージ・ラッセルがメルセデスF1に移籍することで今シーズンの終わりにチームを去った場合に“大規模な損失”になると感じている。

今シーズン終了時にメルセデスF1との契約が満了するバルテリ・ボッタスがチームを放出された場合、育成ドライバーのジョージ・ラッセルは2022年のメルセデスF1のシートに深く結びついている。

ジョージ・ラッセル 「今年ノーポイントでも失敗だとは思わない」

2021年6月13日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「今年ノーポイントでも失敗だとは思わない」
ジョージ・ラッセルは、ウィリアムズF1がノーポイントが2021年F1シーズンを終えたとしても決して失敗ではないと語る。

ウィリアムズF1は、2019年のF1ドイツGP以来、ポイントを獲得できていない。だが、そのレースもアルファロメオF1のマシンがレーススタート時にクラッチ設定違反が検出され、レース後にタイム加算ペナルティが科せられたことで、ロバート・クビサが10位に昇格したにすぎない。

ウィリアムズF1、チーム代表のサイモン・ロバーツの離脱を発表

2021年6月10日
ウィリアムズF1、チーム代表のサイモン・ロバーツの離脱を発表
ウィリアムズF1のチーム代表を務めてきたサイモン・ロバーツが、内部再編の結果、チームを離れることが発表された。

以前、マクラーレンF1で最高執行責任者を務めていたサイモン・ロバーツは、2020年6月にウィリアムズF1に加入。サイモン・ロバーツの加入は、チームがマネジメントの基盤を強化を目指し、新しい所有者であるドリルトン・キャピタルに売却される前に行われた。

ジョージ・ラッセル 「時間内にPUを交換してくれたメカニックに感謝」

2021年6月6日
ジョージ・ラッセル 「時間内にPUを交換してくれたメカニックに感謝」 / ウィリアムズ F1アゼルバイジャンGP 予選
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選を15番手で終えた。

フリー走行3回目にエンジントラブルが発生したことで、ウィリアムズはパワーユニット一式を交換することを決断。2時間という限られたなかで交換を完了させ、Q1にジョージ・ラッセルを送り出した。

ニコラス・ラティフィ 「フラッグ多発で1回しかアタックできなかった」

2021年6月6日
ニコラス・ラティフィ 「フラッグ多発で1回しかアタックできなかった」 / ウィリアムズ F1アゼルバイジャンGP 予選
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選を16番手で終えた。

「僕にとっては1周目がタイヤのピークだったように感じたし、そこで最速タイムを刻んだ。残念ながら、赤旗と黄旗が出たタイミングは不運だったと思う。予選で持っているタイヤを3セット使ったけど、実際には代表的なプッシュラップは1回しかできなかった」とニコラス・ラティフィは語る。

ジョージ・ラッセル、狙うは当然メルセデスF1移籍「夏までに決めたい」

2021年6月3日
ジョージ・ラッセル、狙うは当然メルセデスF1移籍「夏までに決めたい」
ジョージ・ラッセルは、2022年のF1世界戦選手権をどのチームで戦うかは夏休みまでに確定させたいとし、狙うは当然メルセデスF1への移籍だと語る。

23歳のイギリス人であるジョージ・ラッセルは、メルセデスの契約ドライバーだが、中期的にF1ワールドチャンピオンを獲得することを視野に入れて、まずはウィリアムズF1に“ローン”移籍に出されてF1デビューを果たし、契約最終年となる3シーズン目を戦っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム