ロイ・ニッサニー 「最高の気分だった」 / F1アブダビテスト初日

2019年12月4日
ロイ・ニッサニー 「最高の気分だった」 / F1アブダビテスト初日
F1アブダビテストでウィリアムズのF1マシンを走らせたロイ・ニッサニーが感想を語った。

2018年にF2に参戦した経験のあるイスラエル出身のロイ・ニッサニーは、F1アブダビテスト初日の午後から走行を担当。41周を走行してピレリの2020年型C3タイヤで1分44秒760というタイムで走行を終えた。

ウィリアムズのロイ・ニッサニーのF1アブダビテスト起用に非難の声

2019年12月4日
ウィリアムズのロイ・ニッサニーのF1アブダビテスト起用に非難の声
ウィリアムズが、F1アブダビテストに無名のイスラエル人ドライバーであるロイ・ニッサニーを起用したことに批判の声が挙がっている。

7年連続でコンストラクターズ選手権最下位で終えたウィリアムズだが、ジョージ・ラッセルと来年F1デビューを果たすニコラス・ラティフィが半日ずつしか走行できないのに対し、ロイ・ニッサニーには合計で1日分の走行機会が与えられる。

エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」

2019年12月3日
エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」
エステバン・オコンは、ジョージ・ラッセルの代役として招集されたが、ウィリアムズのマシンに乗るには身長が高すぎたため、いずれにしてもF1アブダビGPでレースをすることはできなかったと明かした。

ジョージ・ラッセルは、F1アブダビGPの週末に体調不良を訴え、ウィリアムズはメルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンにコンタクトをとった。

ウィリアムズ | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1アブダビGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが17位、ロバート・クビサが19位でレースを終えた。

今季、ウィリアムズはロバート・クビサがドイツGPで1ポイントを獲得してランキング19位、ジョージ・ラッセルはポイントを獲得できず20位で終了。ウィリアムズもコンストラクターズ選手権10位と厳しいシーズンとなった。

ロバート・クビサ 「ウィリアムズは僕の経験をほとんど活用しなかった」

2019年11月29日
ロバート・クビサ 「ウィリアムズは僕の経験をほとんど活用しなかった」
ロバート・クビサは、ウィリアムズは2019年に自分の経験を最大限に生かしていなかったと語る。

F1アブダビGPが“おそらく”F1でのラストレースだと認めるロバート・クビサは、来年はDTMへの参戦にターゲットにしており、スポンサーのPKNオーレンの次の動きを補完するためにF1でリザーブドライバーの役割と組み合わせることを目指している。

ウィリアムズF1、2020年のニコラス・ラティフィの起用を発表

2019年11月28日
ウィリアムズF1、2020年のニコラス・ラティフィの起用を発表
ウィリアムズF1チームは、2020年のF1ドライバーとしてニコラス・ラティフィを起用することを発表。ジョージ・ラッセルとチームを組む。

今年F2に参戦するニコラス・ラティフィは、ウィリアムズのリザーブドライバーとして6回のFP1セッションを経験。ロバート・クビサの後任として2020年にF1デビューを果たすことが決定した。

ウィリアムズF1 「2019年は昨年よりも良いシーズンだった」

2019年11月28日
ウィリアムズF1 「2019年は昨年よりも良いシーズンだった」
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、2019年は昨年よりも良いシーズンだったと主張する。

今年、プレシーズンテストに新車が間に合わないという失態で幕を開けたウィリアムズは、昨年7ポイントを獲得したのに対し、今年はまだ1ポイントしか獲得できていない。チームは財政面、サプライヤー、およびスペアパーツ不足の問題に見舞われ、グリッドの最後列が定位置となっている。

ニコラス・ラティフィ 「来年F1デビューできない場合もF2には戻らない」

2019年11月25日
ニコラス・ラティフィ 「来年F1デビューできない場合もF2には戻らない」
ニコラス・ラティフィは、2020年にF1シートを獲得できなかった場合もF2に復帰することはないと語る。

ウィリアムズは、今シーズン限りでロバート・クビサが離脱することが決定しているが、まだ後任は発表されていないが、今年、開発ドライバーを務めているニコラス・ラティフィが後任としてF1デビューすると広く予想されている。

ウィリアムズ | 2019年 F1ブラジルGP 決勝レポート

2019年11月19日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、2019年 F1ブラジルGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが12位、ロバート・クビサが16位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「今回もインテルラゴスはスリリングなレースを生み出した。我々はポイントを争ったわけではなかったが、レースオペレーションを練習する絶好の機会となった。チームは両方のセーフティカーで素晴らしい仕事をして、彼らが周りのクルマとレースをするためにドライバーを強力なポジションに送り出した」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム