エステバン・オコン シーズン途中にウィリアムズF1でサージェントと交代?

2024年7月9日
エステバン・オコン シーズン途中にウィリアムズF1でサージェントと交代?
アルピーヌF1チームが契約上の理由でエステバン・オコンを早期に放出することになれば、オコンは2024年のF1後半戦でウィリアムズのローガン・サージェントと交代する可能性があるとイギリスグランプリのパドックで飛び交った(実現の可能性は低い)噂が飛び交った。

PlanetF1.comが確認した土曜日の報道によると、エステバン・オコンは2025年F1シーズンにハースF1チームに加入する契約を締結しており、夏休みの前に発表される見込みだという。

ウィリアムズF1代表 サージェントのシーズン途中交代の可能性を示唆

2024年7月9日
ウィリアムズF1代表 サージェントのシーズン途中交代の可能性を示唆
ジェームズ・ボウルズは、ウィリアムズ・レーシングが将来のドライバーラインナップについて決定を下す時期が近づいていることを認め、2024年シーズン中にもローガン・サージェントを交代する可能性を示唆した。

アレックス・アルボンは最近、ウィリアムズと複数年契約を結び残留したが、2025年以降のチームメイトは未だ確定しておらず、ローガン・サージェントは2年目のシーズンでプレッシャーが増している。

ジェンソン・バトン F1デビューマシンのウィリアムズ・FW22でデモ走行

2024年7月9日
ジェンソン・バトン F1デビューマシンのウィリアムズ・FW22でデモ走行
元F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトンは、2024年F1イギリスGPが開催されたシルバーストン・サーキットでウィリアムズ・FW22でデモ走行を行った。

ジェンソン・バトンは、2000年にウィリアムズ・レーシングで20歳の若さでF1デビュー。ブラジルGPでは6位入賞を果たし、20歳67日で当時の最年少入賞記録を塗り替えた。

フランコ・コラピント 「全ての周回とコーナーを楽しんだ」F1イギリスGP

2024年7月6日
フランコ・コラピント 「全ての周回とコーナーを楽しんだ」F1イギリスGP
フランコ・コラピントは、2024年F1イギリスGPのFP1にルーキー枠でローガン・サージェントに代わってウィリアムズ・レーシングから出場。24周を走り、18番手タイム(1分29秒078)をマークした。

「初めての FP1 を終えた! すべての周回、すべてのコーナーを楽しんだし、できる限りのことはやった」とフランコ・コラピントは語った。

カルロス・サインツJr. ウィリアムズF1についてアルボンに相談

2024年7月4日
カルロス・サインツJr. ウィリアムズF1についてアルボンに相談
アレックス・アルボンは、ウィリアムズ・レーシングについてカルロス・サインツJr.と話をしたと語っており、2人の関係は、彼が次にどこへ行くかなど、「何でも話せる」関係になっているという。

カルロス・サインツJr.はフェラーリ退団が決定しており、今後数週間以内に次のチームを決める見通しであるため、ウィリアムズや来シーズンのシートに空きがある他のすべてのチームと次期移籍が噂されている。

フランコ・コラピント F1イギリスGPのFP1は「母国にとって歴史的な瞬間」

2024年7月4日
フランコ・コラピント F1イギリスGPのFP1は「母国にとって歴史的な瞬間」
フランコ・コラピントは、20年近くぶりにアルゼンチン人としてF1レースウィーク週末のセッションでF1マシンを運転する機会を得たことを「素晴らしいのチャンス」と表現した。

21歳のフランコ・コラピントは、ウィリアムズ・ドライバー・アカデミーのレーサーとして、イギリスグランプリのプラクティス1でウィリアムズのF1マシンをドライブするチャンスを得た。これは、育成シリーズであるF2で素晴らしい走りを見せ、直近の4戦で1勝、2位2回という好成績を収め、ランキング5位につけていることが評価された結果だ。

カルロス・サインツJr. ウィリアムズF1移籍の可能性は消滅との報道

2024年7月3日
カルロス・サインツJr. ウィリアムズF1移籍の可能性は消滅との報道
カルロス・サインツJr.が2025年以降にウィリアムズ・レーシングと契約を結ぶ可能性は、ほぼ完全に消滅したと報じられている。

つい最近まで、フェラーリからの放出されるカルロス・サインツJr.は、アウディ傘下のザウバーと、噂されているウィリアムズとの4年契約という2つの長期オファーの間で揺れていた。

ウィリアムズF1 イギリスGPに“ユニオンジャック”のカラーリングで出場

2024年7月2日
ウィリアムズF1 イギリスGPに“ユニオンジャック”のカラーリングで出場
ウィリアムズ・レーシングは、2024F1イギリスGPで、1,005人のチームメンバー全員の名前をユニオンジャックのカラーリングで華やかに飾る。これは、ホームレースの祝賀イベントの一環として行われる。

アレックス・アルボンとローガン・サージェントがシルバーストーンで駆るFW46は、チームのグリッド最前列への復帰というミッションに日夜取り組んでいる、ニューヨークとロンドンの本社、そしてレース拠点のスタッフ全員への感謝と敬意を表して、国旗を掲げてレースに挑む。

ウィリアムズF1 フランコ・コラピントをF1イギリスGPのFP1に起用

2024年7月2日
ウィリアムズF1 フランコ・コラピントをF1イギリスGPのFP1に起用
ウィリアムズ・レーシングは、育成ドライバーで現在F2に参戦するフランコ・コラピントが、F1イギリスGPでローガン・サージェントに代わってFP1でグランプリ週末デビューを果たすことを発表した。

ウィリアムズのスポーツディレクター、スヴェン・スメーツは、この起用はF2ルーキーシーズンで有望なスタートを切ったフランコ・コラピントへの「ご褒美」だと語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム