ジョージ・ラッセル 「同世代のF1ドライバーへの嫉妬はある」

2020年5月17日
ジョージ・ラッセル 「同世代のF1ドライバーへの嫉妬はある」
ウィリアムズのF1ドライバーを務めるジョージ・ラッセルは、2021年にトップチームでF1を戦う同世代のドライバーたちに“嫉妬”を感じていることを認める。

今週、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱をきっかけに、カルロス・サインツのフェラーリ移籍、ダニエル・リカルドのルノーからマクラーレンへの移籍など、上位チームのドライバー体制に大きな変動が起こった。

ウィリアムズF1、元マクラーレンCOOのサイモン・ロバーツが加入

2020年5月12日
ウィリアムズF1、元マクラーレンCOOのサイモン・ロバーツが加入
ウィリアムズF1チームは、元マクラーレンのCOO(最高執行責任者)のサイモン・ロバーツがマネージングディレクターに就任することを発表した。

サイモン・ロバーツは6月1日からウィリアムズF1での仕事を開始し、チームのCEOであるマイク・オドリスコルの直属として、設計および開発プロセス、レース、ファクトリー運営、プランニングに関するF1プロジェクト全体の責任を負うことになる

ウィリアムズF1 「レースを再開しなければ多くのF1チームが消滅する」

2020年5月10日
ウィリアムズF1 「レースを再開しなければ多くのF1チームが消滅する」
ウィリアムズF1チームの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、F1がすぐにレースを再開しなければ“多くのチームが消滅する”可能性があると警告する。

F1は、2020年の第1四半期決算を発表し、売上高が前年同期間比で84%減少していることが明らかになった。レースは早くても7月まで開催できず、第2四半期の財務はあらゆる面で暗い。

F1:ウィリアムズとハースが新型コロナウイルスの影響で消滅の危機?

2020年5月2日
F1:ウィリアムズとハースが新型コロナウイルスの影響で消滅の危機?
新型コロナウイルスによる財政危機によって少なくとも2つのF1チーム - ウィリアムズとハース -が存続の危機に立たされていると元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは語る。

新型コロナウイルスの世界的な大流行によって、F1は7月までの10戦の中止・延期が決定。レース開催による収益が得られない状況が続いており、F1チームは63日間のファクトリー閉鎖を余儀なくされている。

アイルトン・セナのホンダF1への忠誠心がウィリアムズ移籍を阻んだ

2020年5月2日
アイルトン・セナのホンダF1への忠誠心がウィリアムズ移籍を阻んだ / F1回顧録
アイルトン・セナは1992年にウィリアムズと契約を結ぶ準備ができていたが、ホンダに対する忠誠心のためにマクラーレンにとどまった。

1992年のF1世界選手権では、ナイジェル・マンセルが当時の最強マシン『FW14B』で悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得した。だが、マネージャーを務めていたジュリアン・ジャコビは、土壇場でのセナの心変わりがなければ、1992年にマンセルはウィリアムズをドライブしていなかったと語る。

F1マシン列伝:ウィリアムズ FW14B “史上最強ハイテクマシン”

2020年5月2日
F1マシン列伝:ウィリアムズ FW14B “史上最強ハイテクマシン”
ウィリアムズF1チームの1992年マシン『FW14B』は、セミオートマチック・ギアボックス、アクティブサスペンション、トラクションコントロールで武装した“史上最強ハイテクマシン”として語り継がれている。

レイトンハウスを解雇されたエイドリアン・ニューウェイを招聘したウィリアムズは、1991年にニューウェイとパトリック・ヘッドの共同体制での第1作目となる『FW14』を生み出す。ノーズ先端が持ち上げられ、コクピット開口部はドライバーの肩が露出するニューウェイ独特の5角形デザインとなった。

F1マシン列伝:ウィリアムズ FW26 没落を招いた“セイウチノーズ”

2020年4月26日
F1マシン列伝:ウィリアムズ FW26 没落を招いた“セイウチノーズ”
ウィリアムズF1チームの2004年F1マシン『ウィリアムズ FW26』は、その衝撃的な“セイウチノーズ”とともに名門チーム没落のきっかけとなった。

F1には“美しいマシンは速い”という格言がある。そこには確かな根拠はないが、このウィリアムズ FW26をはじめとするF1マシンはその格言を逆説的に正当化することを証明する結果となっている。

ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィにゲーム配信について注意喚起

2020年4月23日
ウィリアムズF1、ニコラス・ラティフィにゲーム配信について注意喚起
ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズF1チームからバーチャルレースでのライブ配信について注意を促された。

今月、NASCARドライバーのカイル・ラーソンは、NASCAR公認のiRacingイベントのライブ配信中に人種差別的な発言をしたことで、所属チームであるチップ・ガナッシから解雇された。

ウィリアムズF1の低迷は「ペイドライバーに頼ったツケが回った」

2020年4月23日
ウィリアムズF1の低迷は「ペイドライバーに頼ったツケが回った」
ウィリアムズF1チームの元ドライバーであるルーベンス・バルチェロは、現在のウィリアムズF1の低迷は財政を後押しするためにペイドライバーを優先的に起用したツケが回った結果だと語る。

ウィリアムズF1チームは144勝を挙げており、フェラーリとマクラーレンに次いでF1史上3番目に成功を収めた名門チームであることは事実。2018年以降、ウィリアムズのパフォーマンスは急落。ウィリアムズのF1ドライバーはグリッド最後列が定位置となっている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム