ウィリアムズF1、今季は捨てシーズン「2022年マシンを妥協したくない」

2021年4月12日
ウィリアムズF1、今季は捨てシーズン「2022年マシンを妥協したくない」
ウィリアムズF1は、今シーズンにさらなる利益を上げることを目指して、2022年のF1プロジェクトを危険にさらすようなことをするつもりはないと語る。

過去3年間をランキング最下位で終えたウィリアムズF1は、昨年中盤に創業一家であるウィリアムズ家がチームを去り、ドリルトンキャピタルがチームを買収。2021年は新しいマネジメントでの最初のフルシーズンとなる。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスW12は僕たちのマシン同様に風に敏感」

2021年4月4日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスW12は僕たちのマシン同様に風に敏感」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、F1バーレーンGPでレッドブル・ホンダに対するメルセデスのペース不足は、W12が風の強いコンディションにいかに敏感であるかによるものだと考えている。

バーレーン・インターナショナル・サーキットでは、砂嵐が影響を与えたF1プレシーズンテスト初日ほどコンディションは悪くなかったものの、F1バーレーンGPの週末に最大50kphの突風が吹き荒れた。

ウィリアムズF1 「メルセデスのPUはディレーティングの問題を抱えている」

2021年4月3日
ウィリアムズF1 「メルセデスのPUはディレーティングの問題を抱えている」
メルセデスF1のエンジンカスタマーであるウィリアムズは、2021年の開幕戦でF1パワーユニットにワークスチームと同じ問題を抱えていたと語る。

開幕戦で優勝してライバルよりも多くのポイントを獲得することに成功したメルセデスF1だが、チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、シャシーだけでなく、エンジン面でもレッドブルの供給元であるホンダF1に負けている点があると認める。

ジョージ・ラッセル 「ハミルトンとは代役以来まったく話をしていない」

2021年3月26日
メルセデスF1昇格の噂のジョージ・ラッセル 「ハミルトンとは代役以来まったく話をしていない」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンと、2022年にその後任を務める可能性のあるジョージ・ラッセルとの間で緊張が高まっている可能性がある。

7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、メルセデスF1と1年しか契約を結ばなかったことは、今シーズンの終わりに彼がシートを空けることを意味しているかもしれないという理論に反論した。

ジョージ・ラッセル 「バーレーンは路面が粗くトリッキーなサーキット」

2021年3月25日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「バーレーンは路面が粗くトリッキーなサーキット」 / 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルが、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPへの意気込みを語った

メルセデスF1の育成ドライバーであるジョージ・ラッセルは、昨年、バーレーンで行われたF1サヒールGPで新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンに代わってメルセデスF1から出場。トラブルで後退する初勝利は当確ともいえる走りをみせて注目を集めた。

ニコラス・ラティフィ 「1日しか新車に乗っていないので戻るのが楽しみ」

2021年3月25日
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィ 「1日しか新車に乗っていないので戻るのが楽しみ」 / 2021年 開幕戦 F1バーレーンGP プレビュー
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィが、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPへの意気込みを語った

F1での2シーズン目を迎えるニコラス・ラティフィ。昨年、ウィリアムズF1はノーポイントに終わったが、レースによってはQ2に進出するなど、挽回への道を辿っている。

ジョージ・ラッセル、グロージャンに代わってGPDAのディレクターに就任

2021年3月24日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル、グロージャンに代わってGPDAのディレクターに就任
ウィリアムズのF1ドライバーであるジョージ・ラッセルは、ロマン・グロージャンに代わってGPDA(Grand Prix Drivers’ Association)のディレクターに就任した。

昨年のF1バーレーンGPでマシンが炎上する大クラッシュを喫し、今季はインディカーに転向するロマン・グロージャンは、安全基準を改善するための努力を支援するために2021年も引き続きアドバイザーとしてGPDAに関与する。

ウィリアムズF1、元VWのWRカー開発者をテクニカルディレクターに起用

2021年3月23日
ウィリアムズF1、元VWのWRカー開発者をテクニカルディレクターに起用
ウィリアムズF1チームは、元フォルクスワーゲンのWRカーのデザイナーであるフランソワ-クサビエ・ドゥメゾンと新しいテクニカルディレクターとして契約したことを発表した。

今年、ウィリアムズF1は、CEOとしてフォルクスワーゲン・モータースポーツの責任者であるヨースト・カピトを招聘。フランソワ-クサビエ・ドゥメゾンとは、フォルクスワーゲンのラリー活動で一緒に働いていた。

ジョージ・ラッセル 「最大の飛躍を遂げたチームはアルファロメオ」

2021年3月22日
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセル 「最大の飛躍を遂げたチームはアルファロメオ」
ウィリアムズF1のジョージ・ラッセルは、2021年のF1プレシーズンテストで最も飛躍を遂げたことが明らかになったチームはアルファロメオだと考えている。

昨年、アルファロメオF1は、キミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィはミッドフィールドで苦戦を強いられ、わずか8ポイントの獲得でコンストラクターズ選手権8位に沈んだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム