ルイス・ハミルトン 「ジョージ・ラッセルはF1チャンピオンになれる」

2021年1月12日
ルイス・ハミルトン 「ジョージ・ラッセルはF1チャンピオンになれる」
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、ジョージ・ラッセルのF1での最初に2年間に感銘を受けており、将来、F1ワールドチャンピオンになる可能性があると信じていると語る。

2018年のF2チャンピオンであるジョージ・ラッセルは、メルセデスのドライバー育成プログラムの一員であり、2019年にウィリアムズでF1デビューを果たして以来、印象的なパフォーマンスを示している。

ジャック・エイトケン 「韓国でのF1デビューへの反響は大きかった」

2021年1月12日
ジャック・エイトケン 「韓国でのF1デビューへの反響は大きかった」
ジャック・エイトケンは、昨年のF1デビューに対する韓国での反響は大きかったとし、この新たなサポートを利用して、東アジア市場への参入を検討しているチームの目を引けることを望んでいると語る。

スコットランド人の父親と韓国人の母親の間に生まれたジャック・エイトケンは、新型コロナウイルスに感染したメルセデスのルイス・ハミルトンの代役を務めたジョージ・ラッセルに代わり、F1サヒールGPでウィリアムズからF1デビューを果たした。

メルセデスF1、カスタマーに信頼性の低いPUを供給との見方を否定

2021年1月9日
メルセデスF1、カスタマーに信頼性の低いPUを供給との見方を否定
メルセデスF1は、2020年のF1世界選手権でカスタマーチームに信頼性の低いパワーユニットを供給していたとの見方を否定した。

メルセデスのカスタマーエンジンを搭載するウィリアムズとレーシング・ポイントは、ワークスチームよりも頻繁にエンジンの問題に対処しなければならなかった。セルジオ・ペレスとジョージ・ラッセルは、エンジンの使用基数制限を超過したことによってグリッドペナルティを科せられた。

ウィリアムズF1、2022年からメルセデスのギアボックスを使用

2021年1月6日
ウィリアムズF1、2022年からメルセデスのギアボックスを使用
ウィリアムズF1は、メルセデスとのパートナーシップを強化し、2022年からギアボックスと関連する油圧コンポーネントを使用する。

ウィリアムズF1は2014年からメルセデスのF1パワーユニットを搭載しており、2019年にはパートナーシップを2025年まで延長している。

ウィリアムズF1 「ラッセルがメルセデスF1で得た知識を生かしていく」

2020年12月27日
ウィリアムズF1 「ラッセルがメルセデスF1で得た知識を生かしていく」
ウィリアムズF1は、サヒールGPでメルセデスのF1マシンでレースに出場したジョージ・ラッセルが提案したいくつかのアイデアを冬の間に実装する予定だと述べた。

ルイス・ハミルトンが新型コロナウイルスに感染したことを受け、ウィリアムズF1は、バーレーンでのレースでジョージ・ラッセルをメルセデスF1に貸与することに同意した。

ウィリアムズF1 「Bチームになることは望んでいない」

2020年12月27日
ウィリアムズF1 「Bチームになることは望んでいない」
ウィリアムズF1は、一部のライバルがトップチームと緊密な提携を結んでいるにも関わらず、“Bチーム”になることは望んでいないと主張する。

F1がより厳格なコスト管理と予算上限の到来によってリソースの限られた新時代に向かうにつれ、いくつかのチームにはより協力関係を強めていく動きが見られている。

F1:フランク・ウィリアムズ、退院してクリスマスは自宅で療養

2020年12月25日
F1:フランク・ウィリアムズ、退院してクリスマスは自宅で療養
ウィリアムズF1は、チーム創設者のフランク・ウィリアムズがクリスマス前に退院し、自宅で療養していることを発表した。

先週、ウィリアムズ家は、フランク・ウィリアムズが病院に入院したことを発表。病状についての詳細は明らかにしていなかったが、“容態は安定している”と伝えていた。

ウィリアムズF1、元フォルクスワーゲンのヨースト・カピトをCEOに招聘

2020年12月18日
ウィリアムズF1、元フォルクスワーゲンのヨースト・カピトをCEOに招聘
ウィリアムズF1は、レース界のベテランであるヨースト・カピトが2月にCEOに就任することを発表。また、暫定でF1チーム代表を務めていたサイモン・ロバーツが正式にF1チーム代表に就任することを発表した。

62歳のヨースト・カピトは、様々な役割でいくつかの自動車メーカーとF1チームで働いてきた経歴がある。元バイクレーサーでパリ・ダカールに参戦していたヨースト・カピートは、1980年代後半にBMWでパワートレーン開発エンジニアとして活躍した後、1989年にモータースポーツマネジメントの役割でポルシェに入社。

ウィリアムズF1創設者フランク・ウィリアムズが入院も「容態は安定」

2020年12月16日
ウィリアムズF1創設者フランク・ウィリアムズが入院も「容態は安定」
ウィリアムズF1の創設者であるフランク・ウィリアムズ(78歳)が入院。病状は明らかになっていないが、ウィリアムズ家は「容態は安定している」と声明で述べた。

娘のクレア・ウィリアムズを含めたウィリアムズ家は、米国の投資会社ドリルトン・キャピタルにチームを買収。今年初めてにモンツァで開催されたF1イタリアGPを最後にチーム、そして、F1を離れた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム