ウィリアムズ | F1モナコGP 予選レポート

2019年5月26日
F1 ウィリアムズF1 モナコGP
ウィリアムズは、2019年のF1モナコGPの予選で、ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手で終えた。

デイブ・ロブソン (シニアレースエンジニア)
「クルマのパフォーマンスはまだ期待外れだが、それでも今日の走行はうまくいった。両方のドライバーが木曜日からの走行を続け、再びミスを犯さなかった。クルマはプラクティスセッションを通して確実に機能していたし、それによって今週末は着実に進歩を遂げられている」

ウィリアムズ | F1モナコGP 木曜フリー走行レポート

2019年5月25日
F1 ウィリアムズF1 モナコGP
ウィリアムズは、2019年のF1モナコGPの木曜フリー走行で、ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手でセッションを終えた。

デイブ・ロブソン(シニアレースエンジニア)
「モナコでは大抵そうであるように、モナコ独特の特性に順応することに時間をかけ、通常のフリープラクティスは大きく抑制される。FP1でのプログラムはドライバーがマシンへの自信を築けるように十分な走行時間を与えつつ、エンジニアがマシンの温度がコントロールされている確認できるようにプすることに集中した」

セルゲイ・シロトキン 「ウィリアムズ離脱は両者合意の上での決定」

2019年5月22日
F1 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズF1
セルゲイ・シロトキンは、昨年末のウィリアムズ離脱は両者合意の決定だったと改めて語った。

昨年、セルゲイ・シロトキンはウィリアムズでF1デビューを果たしたが、チームはすでに大きなスランプに陥っていた。そして、わずか1年でシロトキンはシートを失っている。

ウィリアムズ、ジェイミー・チャドウィックを開発ドライバーに起用

2019年5月20日
F1 ウィリアムズF1 ジェイミー・チャドウィック
ウィリアムズは、ジェイミー・チャドウィックがチームのドライバーアカデミーに加入し、開発ドライバーを担当することを発表した。

21歳のジェイミー・チャドウィックは、シングルシーターとスポーツカーの両方で成功を収めてきた。2015年にイギリスGT4のタイトルを獲得。2018年にイギリスF3でレース優勝を経験し、2018/2019シーズンのMRFウィンターシリーズでタイトルを獲得。今年はWシリーズに参戦して開幕戦で優勝し、ランキングトップに立っている。

ニコラス・ラティフィ、ウィリアムズのクビサのF1シートを狙う

2019年5月16日
F1 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズF1
ニコラス・ラティフィは、ウィリアムズのロバート・クビサのF1シートを狙っていることを否定していない。

カナダの大富豪の父親を持つニコラス・ラティフィは、今季ウィリアムズのリザーブドライバーを務めており、2019年に金曜フリー走行に出走することが約束されている。

それだけでなく、ニコラス・ラティッフィはDAMSから参戦するF2選手権でランキングトップに立つ活躍をみせている。

ウィリアムズ | 2019年 F1スペインGP 決勝レポート

2019年5月14日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズは、F1スペインGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが17位、ロバート・クビサが18位でレースを終えた。

デイブ・ロブソン (シニアレースエンジニア)
「今回も厳しいレースだったが、両方ドライバーはトラブルを避け、2台とも完走した。タイヤコンパウンドとコンディションによって多数の戦略が可能となり、さまざまな時間帯に3種類のコンパウンド全てが使用されていた」

ロバート・クビサにウィリアムズのF1シート喪失の噂

2019年5月12日
F1 ロバート・クビサ ウィリアムズ
ロバート・クビサが、今シーズン終了を待たずしてウィリアムズのF1シートを喪失する可能性があるとの噂が浮上している。

ラリーでの怪我によってF1パドックから姿を消していたロバート・クビサだが、今年、ジョージ・ラッセルのチームメイトとしてウィリアムズから8年にぶりにF1にカムバックを果たした。

ウィリアムズ | 2019年 F1スペインGP 予選レポート

2019年5月12日
F1 ウィリアムズF1
ウィリアムズは、F1スペインGPの予選で、ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手だった。

ジョージ・ラッセル (19番手)
「FP3での状況を考えれば良いセッションだった。プラクティスの僕のミスの後、クルマを準備するためにメカニックが頑張ってくれたおかげだ。でも、予選での自分の最後の頑張りには本当に満足しているし、クルマから最大限を引き出せたと感じている」

ジョージ・ラッセル、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ

2019年5月11日
F1 ジョージj・ラッセル ウィリアムズF1
ウィリアムズのジョージ・ラッセルは、予選前にギアボックスを交換したことにより、決勝で5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

ジョージ・ラッセルは、F1スペインGPのフリー走行3回目の終了間際にターン4でウォールにクラッシュ。セッションは赤旗中断となり、そのまま終了となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム