ウィリアムズ:ポイント圏外もバトルには手応え / F1シンガポールGP

2018年9月17日
F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの決勝レースで、ランス・ストロールが14位、セルゲイ・シロトキンが19位でレースを終えた。

ランス・ストロール (14位)
「僕の周りで何が起こっていたのかわからないので、レースを観てみてみなければならないけど、かなり混乱していたと思うし、おそらくそこから恩恵を受けたんだと思う。最終リザルトには本当に満足している。14位は昨日や週末全体のペースとしては素晴らしい結果だ」

ジョージ・ラッセル、2019年のウィリアムズのF1ドライバー候補に浮上

2018年9月16日
F1 ジョージ・ラッセル ウィリアムズF1
ジョージ・ラッセルが、2019年のウィリアムズのF1ドライバーの最有力候補だと報じられている。

ウィリアムズは、現在ドライバーを務めるランス・ストロールがフォースインディアに移籍するのは確実だとされており、2019年には空席ができることになる。

20歳のジョージ・ラッセルは、エステバン・オコンと同じメルセデスの育成プログラムのメンバーであれ、現在F2でランキングトップに立っている。

ウィリアムズ:最後列グリッドに沈む / F1シンガポールGP 予選

2018年9月16日
F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGPの予選で、セルゲイ・シロトキンが19番手、ランス・ストロールが20番手だった。

セルゲイ・シロトキン (19番手)
「本当にタフだったし、一年で最もタフな予選セッションだった。なんとか生き残ったという感じだ。各ラックで予選ラップとしてはアタックするというよりもダメージとロスを最小限に抑えるというアプローチをとらなければならなかった」

ウィリアムズ:F1シンガポールGP 金曜フリー走行レポート

2018年9月15日
F1 ウィリアムズ シンガポールGP
ウィリアムズは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ランス・ストロールが19番手タイム、セルゲイ・シロトキンが19番手タイムだった。

ランス・ストロール (19番手)
「何度か良い走行ができたし、十分な周回数をカバーできたので、多くのことを学ぶことができた。今週末はグリップとペースに苦戦している。ダイダウンフォースというトラックの特性は僕たちのクルマに適していない」

クレア・ウィリアムズ 「ストロールの後任候補はクビサ」

2018年9月11日
F1 ロバート・クビサ
ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィリアムズは、ランス・ストロールがフォースインディアに移籍することになった場合、ロバート・クビサが後任を務める“可能性が高い”と語る。

カナダの大富豪であるローレンス・ストロールがチームを救済したことで、ランス・ストロールは近い将来レーシングポイント・フォースインディアに移籍するのは確実だと考えられている。

ロバート・クビサ、F1レース復帰の可能性も「推測の部分が大きい」

2018年9月5日
F1 ロバート・クビサ
ロバート・クビサは、2018年シーズン後半にウィリアムズでF1復帰を果たすという推測にはあまり耳を傾けるつもりはないと語る。

噂では、ランス・ストロールが早ければロシアGPでウィリアムズを離脱し、父が買収したフォースインディアに移籍するとされている。

ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、シーズン中にドライバーが変更になる場合に代役を務めるのはロバート・クビサだと語っている。

ウィリアムズ:ランス・ストロールが10位入賞 / F1イタリアGP

2018年9月3日
F1 ウィリアムズ イタリアGP
ウィリアムズは、F1イタリアGPの決勝レースで、ランス・ストロールが10位、セルゲイ・シロトキンは11位でレースを終えた。

ランス・ストロール (10位)
「良い気分だと言うのはかなり控えめな表現かもね。ポイントを獲得できればと思ってはいたけど、実際にはあまり期待はしていなかった。予選の位置をキープできるペースがあるとは思っていなかったけど、僕たちはやり遂げた」

ウィリアムズ 「ストロールが離脱した場合の代役はクビサ」

2018年9月2日
F1 ウィリアムズ ロバート・クビサ
ウィリアムズのチーフテクニカルオフィサーを務めるパディ・ロウは、シーズン中にドライバーが変更になる場合に代役を務めるのはロバート・クビサだと述べた。

父親のローレンス・ストロールがチームを買収したことで、ランス・ストロールはシンガポールもしくはロシアでウィリアムズを離れてレーシングポイント・フォースインディアに加入すると強く噂されている。

ウィリアムズ:ストロールが今季チーム初となるQ3進出 / F1イタリアGP

2018年9月2日
F1 ウィリアムズ イタリアGP
ウィリアムズは、F1イタリアGPの予選で、ランス・ストロールが今季チーム初となるQ3進出を果たして10番手。セルゲイ・シロトキンもQ2に進出して12番手だった。

ウィリアムズは第14戦イタリアGPまでQ3に進出していない唯一のチームだったが、ランス・ストロールの結果によって、その不名誉な記録は解消されることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム