ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失説も「心配していない」

2020年10月23日
ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失説も「心配していない」
ジョージ・ラッセルは、セルジオ・ペレス加入の推測のなかでF1ポルトガルGPの記者会見に参加。2021年のウィリアムズF1のポジションを“心配はしていない”と強調した。

メルセデスが支援するジョージ・ラッセルは、2019年に複数年契約でウィリアムズF1に加入。今年7月にチームは2021年のラッセルのオプション契約を行使し、2021年もウィリアムズF1に残留することが発表されている。

ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失の危機?

2020年10月18日
ジョージ・ラッセル、ウィリアムズF1のシート喪失の危機?
ウィリアムズF1は、2021年にフリーエージェントになるセルジオ・ペレスと契約する機会に飛びつく可能性があり、ジョージ・ラッセルがシートを喪失する危機に瀕していると噂されている。

今季限りでレーシング・ポイントF1を放出されることが決定しているセルジオ・ペレスは、当初ハースF1への移籍が噂されていた。しかし、ロシアの大富豪を父に持ちニキータ・マセピンが強力な候補として登場したことで、その可能性は低くなったと報じられている。

ウィリアムズF1 「ドリルトンはタイトルを獲得するために参画した」

2020年10月3日
ウィリアムズF1 「ドリルトンはタイトルを獲得するために参画した」
ウィリアムズF1の暫定チーム代表を務めるサイモン・ロバーツは、新しいオーナーであるドリルトン・キャピタルは将来的にワールドチャンピオンを目標にしていると語る。

チームの創業一家であるウィリアムズ家は、8月に投資会社であるドリルトン・キャピタルにチームを買収し、F1イタリアGP後にチームの支配権を同社に引き渡した。

クレア・ウィリアムズ 「ロキットとの契約解消がチーム売却の決定打」

2020年9月18日
クレア・ウィリアムズ 「ロキットとの契約解消がチーム売却の決定打」 / ウィリアムズF1
クレア・ウィリアムズは、ウィリアムズF1チームの売却の決定打となったのは、タイトルスポンサーであるロキットとの契約解消だったと語る。

2019年にモバイル通信企業のROKiTとタイトルスポンサー契約を結んだウィリアムズF1だったが、今年5月に突如、契約の解消が発表された。

【動画】 F1 eSportsレーサーがムジェロ・サーキットでバーチャルラップ

2020年9月10日
【動画】 F1 eSportsレーサーがムジェロ・サーキットでバーチャルラップ / F1トスカーナGP
ウィリアムズF1のeSportsチームのレーサーが、今週末F1トスカーナGPが開催されるムジェロ・サーキットをAssetto Corsaで走行した。

ムジェロ・サーキットは、2012年にインシーズンテストは行われたもののF1グランプリが開催されるのは初めてとなる。全長5.245kmの中に15のコーナーが配置された高速サーキットとなる。

ウィリアムズF1、サイモン・ロバーツを暫定チーム代表に任命

2020年9月8日
ウィリアムズF1、サイモン・ロバーツを暫定チーム代表に任命
ウィリアムズF1の新しいオーナーは、フランク・ウィリアムズと娘のクレア・ウィリアムズが去ったチームの代行チームプリンシパルとしてサイモン・ロバーツを昇進させることを発表した。

先月、ウィリアムズF1は米国の投資会社ドリルトン・キャピタルにチームを売却。また、F1イタリアGPを持って2013年から副チームプリンシパルとしてチームを運営していたクリア・ウィリアムズが退任。ウィリアムズ家はチーム運営から退いた。

クレア・ウィリアムズにチームが寄せ書きしたFW36のノーズを贈呈

2020年9月8日
クレア・ウィリアムズにチームが寄せ書きしたFW36のノーズを贈呈 / ウィリアムズF1
F1イタリアGPを最後にチームを離れたクレア・ウィリアムズとウィリアムズ家にチームは特別なプレゼントを用意。2014年のF1アブダビGPでダブル表彰台を獲得したFW36のフロントノーズとウイングに寄せ書きをして贈呈した。

クレア・ウィリアムズは2013年にウィリアムズF1の副チーム代表に就任。だが、今年チームをドリルトン・キャピタルに売却し、F1イタリアGPを最後に他のウィリアムズ家とともにチームから退いた。

1つの時代の終わり…ウィリアムズ家が最後のF1グランプリを終える

2020年9月7日
1つの時代の終わり…ウィリアムズ家が最後のF1グランプリを終える / 2020年のF1世界選手権 第8戦 F1イタリアGP
2020年のF1世界選手権 第8戦 F1イタリアGPは、1つの時代の終わりを告げるレースとなった。今大会をもって副チーム代表を務めていたクレア・ウィリアムズが退任。F1からウィリアムズ家が去った。

ウィリアムズは、チーム全体を米国の投資会社ドリルトン・キャピタルに売却。そして、F1イタリアGPに先駆け、クレア・ウィリアムズが彼女の役割を退任するとともに、彼女と父親でチームプリンシパルであるフランク・ウィリアムズが取締役を辞任にすることが発表された。

「ウィリアムズ家のF1撤退は正しい決断」とラルフ・シューマッハ

2020年9月5日
「ウィリアムズ家のF1撤退は正しい決断」とラルフ・シューマッハ
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、ウィリアムズ家が名門チームの経営から退くという決定は正しい決断だと指示している。

先月、ウィリアムズはF1チームを米国の投資会社ドリルトン・キャプタルに売却。そして、F1イタリアGP限りでクレア・ウィリアムズが副チーム代表から退任することで、設立から43年間関わってきたウィリアムズ家は経営から撤退することになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム