メルセデス、2018年末でDTMから撤退してフォーミュラEに参戦

2017年7月25日
メルセデス・ベンツ ドイツツーリングカー選手権
メルセデスは、2018年末でDTM(ドイツツーリングカー選手権)から撤退し、2019/2020シーズンからフォーミュラEに参戦することを発表した。

2000年のシリーズ発足当初からメルセデスはDTMの中心的な存在だった。2018年末で撤退することで、DTMは2011年シーズン以来となるBMWとアウディという2つのメーカーのみで争われることになる。

【フォーミュラE】 第10戦 ニューヨーク 決勝:サム・バードが2連勝

2017年7月17日
フォーミュラE
フォーミュラE 第10戦 ニューヨークePrixの決勝が16日(日)に行われ、サム・バードが2連勝を成し遂げた。

ダブルヘッダーでの開催となったニューヨーク大会。ニューヨーク初開催となるフォーミュラEは、マンハッタン南や自由の女神を背景とするマンハッタン島の対岸、ブルックリンのレッドフック地区にコース(1.953Km)が特設された。

【フォーミュラE】 第10戦 ニューヨーク 予選:サム・バードがポール獲得

2017年7月16日
フォーミュラE
フォーミュラE 第10戦 ニューヨークePrixの予選が16日(日)に行われ、サム・バードがポールポジションを獲得した。

ダブルヘッダーでの開催となったニューヨーク大会。ポールポジションを獲得したのは第9戦で優勝を果たしたサム・バード(DSヴァージン)。2番手にはフェリックス・ローゼンクヴィスト(マヒンドラ)、3番手にはジャン・エリック・ベルニュ(テチーター)が続く。

【フォーミュラE】 第9戦 ニューヨーク 決勝:サム・バードが今季初優勝

2017年7月16日
フォーミュラE
フォーミュラE 第9戦 ニューヨークePrixの決勝が15日(土)に行われ、サム・バード(DSヴァージン)が今季初優勝を果たした。

ニューヨーク初開催となるフォーミュラEは、マンハッタン南や自由の女神を背景とするマンハッタン島の対岸、ブルックリンのレッドフック地区にコース(1.953Km)が特設された。

【フォーミュラE】 第9戦 ニューヨーク 予選:アレックス・リンがポール!

2017年7月16日
フォーミュラE
フォーミュラE 第9戦 ニューヨークePrixの予選が15日(土)に行われ、デビュー戦となったアレックス・リンがポールポジションを獲得した。

ニューヨーク初開催となるフォーミュラEは、マンハッタン南や自由の女神を背景とするマンハッタン島の対岸、ブルックリンのレッドフック地区にコース(1.953Km)が特設された。

BMW、フォーミュラEに公式メーカーとしての参戦が正式決定

2017年7月12日
BMW フォーミュラE
BMWは、フォーミュラEに2018年~2019年シーズンからアンドレッティにパワートレインを供給する公式メーカーとして参戦することを発表した。

BMWは、フォーミュラEのシーズン5となる2018~2019年シーズンに完全に新しいパワートレインをアンドレッティに供給。次世代の電気自動車のためのテクノロジーを開発・テストする場としてフォーミュラEを活用していく。

ピエール・ガスリー、フォーミュラEにセバスチャン・ブエミの代役で参戦

2017年7月11日
ピエール・ガスリー フォーミュラE
ピエール・ガスリーが、フォーミュラEのニュヨーク大会にセバスチャン・ブエミの代役として参戦することが発表された。

来週末、セバスチャン・ブエミはWEC 第4戦 ニュルブルクリンク6時間にトヨタから参戦。日程が重なるフォーミュラEに参戦できない。

そこでルノー e.damsは、代役としてピエール・ガスリーを起用することを発表した。

アウディ、フォーミュラEへのワークス参戦が正式決定

2017年7月11日
アウディ フォーミュラE
アウディは、フォーミュラEの2017/2018シーズンからワークス参戦することを正式発表。フォーミュラEに参戦する初のドイツのマニュファクチャラーとしてエントリーが決定した。

現在、アウディはABTシェフラー アウディスポーツを技術支援するかたちでフォーミュラEに関与しているが、シーズン4からは同チームのエントリーを引き継いでワークス参戦。

【フォーミュラE】 マヒンドラ、来季マシンをグッドウッドで初披露

2017年6月30日
フォーミュラE
今週末のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、ニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)が、フォーミュラEチームの中で初めてシーズン4のクルマを公の場で走らせる。

M4エレクトロは非公開テストで着々と準備をしてきたが、今回初めて公開コースで走ることになる。

ニック・ハイドフェルドはグッドウッド・ハウスでは馴染みの顔。1999年にマクラーレンF1カーで最速記録(41.60秒)を出し、その記録は未だに破られていない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム