レッドブルF1代表 「メーカー離れのフォーミュラEはF1とは逆の現象」

2021年9月21日
レッドブルF1代表 「メーカー離れのフォーミュラEはF1とは逆の現象」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1は電動シングルシーターのフォーミュラEがもたらす生き残りをかけた挑戦を見事にかわしていると考えている。

今年でホンダF1のワークスパートナーシップを失うレッドブルは、ホンダF1の知的財産系を引き継いで独自のエンジンサプライヤーになるための準備を包めており、今後、フォルクスワーゲン・グループとの提携も噂されている。

日産e.dams、マキシミリアン・ギュンターを新ドライバーに起用

2021年9月2日
日産e.dams、マキシミリアン・ギュンターを新ドライバーに起用 / フォーミュラE
日産は、ABB FIAフォーミュラE世界選手権のシーズン8からマキシミリアン・ギュンターが日産e.damsチームの新ドライバーとして参戦すると発表。セバスチャン・ブエミは継続して、同チームのドライバーとして参戦する。

ドイツ出身のマキシミリアン・ギュンターは、フォーミュラEに参戦したこれまでの3シーズンで、優勝3回、2位を1回獲得するなど、非常に優れた成績を残している。

トト・ヴォルフ 「フォーミュラEのメーカー流出は再起動のチャンス」

2021年8月26日
メルセデスF1代表のトト・ヴォルフ 「フォーミュラEのメーカー流出は再起動のチャンス」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フォーミュラEからのメーカーの流出は必ずしも悪いことではないく、潜在的な“再起動”の機会だと考えている。

フォーミュラEは、シーズン8の終了後、最大3つのメーカーチームを失う。アウディとBMWは今年で撤退し、メルセデスは来シーズン後にワークス参戦を終了する。

ニック・デ・フリース 「F1ドライバー候補に挙げられることは光栄」

2021年8月20日
ニック・デ・フリース 「F1ドライバー候補に挙げられることは光栄」
ニック・デ・フリースは、メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフが、将来、自分がF1ドライブに値すると発言したことを「光栄に思う」と語る。

フォーミュラEで新たなワールドチャンピオンとなったニック・デ・フリースは、2022年にジョージ・ラッセルがメルセデスF1のシートにステップアップした場合、ウィリアムズF1のドライバー候補に挙げられている。

メルセデス、2022年でのフォーミュラE撤退を正式発表「F1に焦点を当てる」

2021年8月19日
メルセデス、2022年でのフォーミュラE撤退を正式発表「F1に焦点を当てる」
メルセデスは、F1に“集中”するために2021/2022年シーズンをもってフォーミュラEから撤退することを正式発表した。

メルセデスは、ダイムラーグループがGen3時代への継続に反対することを決定したと報じられた翌日の水曜日の朝、シーズン8の終了時にフォーミュラEから撤退する決定を正式に発表した。

ニック・デ・フリース、王座獲得に感無量 「幸運の女神が僕たちに微笑んだ」

2021年8月17日
ニック・デ・フリース、王座獲得に感無量 「幸運の女神が僕たちに微笑んだ」 / フォーミュラE
メルセデスのフォーミュラEチームのドライバーであるニック・デ・フリースは、ベルリンでの劇的なタイトル決定戦を制してフォーミュラEの最初の“ワールドチャンピオン”になった後、「幸運の馬上が僕たちに微笑んだ」と語った。

ニック・デ・フリースは、最終戦を前にエドアルド・モルタラ(ベンチュリ)に対してわずか3ポイントのアドバンテージしなかったが、13番手スタートによって、テンペルホーフ空港の逆サーキットでタイトル獲得は厳しい状況だと考えられた。

メルセデス、今期限りでフォーミュラEを撤退との報道

2021年8月16日
メルセデス、今期限りでフォーミュラEを撤退との報道
メルセデスは、Gen3に投入する来期を前にフォーミュラEを撤退するとされ、今後数日に正式に発表されると報じられている。

メルセデスは、新しいGen3レギュレーションのマシン開発を開始するための遅延オプションにサインしており、まだ正式にレギュレーションにコミットしてない。

ニック・デ・フリース、2020/2021年のフォーミュラEチャンピオンを獲得

2021年8月16日
ニック・デ・フリース、2020/2021年のフォーミュラEチャンピオンを獲得
2020/2021年 フォーミュラEの最終戦が行われ、ニック・デ・フリースとメルセデスがタイトルを獲得した。

14人のドライバーがタイトルの可能性を残して迎えた最終戦ベルリンe-Prix。ニック・デ・フリースは8位でフィニッシュしてドライバーズチャンピオンを獲得。ストフェル・バンドーンも3位でフィニッシュし、メルセデスがコンストラクラーズタイトルを獲得した。

ニック・デ・フリース、2022年のウィリアムズF1のドライバー候補に浮上

2021年7月28日
ニック・デ・フリース、2022年のウィリアムズF1のドライバー候補に浮上
ニック・デ・フリースが、2022年のウィリアムズF1のレースシート候補として浮上している。

メルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズは、メルセデスF1チームへの昇格が予想されるジョージラッセルに代わるドライバーを探していると噂されており、バルテリ・ボッタス、ダニール・クビアト、ニコ・ヒュルケンベルグがリンクされている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム