マクラーレン・レーシング、ローゼンクヴィストとの契約を延長

2022年6月24日
マクラーレン・レーシング、ローゼンクヴィストとの契約を延長
マクラーレン・レーシングは、フェリックス・ローゼンクヴィストと2023年まで契約を延長。インディカーもしくはフォーミュラEのどちらかのチームに割り当てる可能性を示唆した。

最近、アロー。マクラーレンSPは、パトリシオ・オワードのチームメイトとしてフルタイムでレースをドライバーとしてアレクサンダー・ロッシと契約したが、3台目のエントリーを追加することを検討している。

日産、マクラーレンにフォーミュラEのGen3パワートレインを供給

2022年6月23日
日産、マクラーレンにフォーミュラEのGen3パワートレインを供給
日産自動車とマクラーレン・レーシングは、ABB FIAフォーミュラE世界選手権における技術パートナーシップを発表した。日産は同社製のパワートレインを、シーズン9(2022~23年)からマクラーレン・レーシングへ供給する。

英国の名門チームであるマクラーレン・レーシングは、Gen3マシンが導入されるシーズン9からフォーミュラEに参戦することを発表している。

F1引退が噂のセバスチャン・ベッテルにフォーミュラEからもラブコール

2022年5月18日
F1引退が噂のセバスチャン・ベッテルにフォーミュラEからもラブコール
F1での将来についての噂が続いている4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルに様々なカテゴリーからラブコールが届いている。

2022年以降にアストンマーティンF1チームとの新たな契約にサインすることをまだ決定していないセバスチャン・ベッテル。インディカーからはレイホイール・レターマン・ラニガン・レーシングからテストの正体があり、DTMのゲルハルト・ベルガーは、一緒に仕事をしたいと誘っている。

「フォーミュラEでならフェルスタッペンを倒せる」と元F1ドライバー

2022年5月16日
「フォーミュラEでならフェルスタッペンを倒せる」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのジャン・エリック・ベルニュは、フォーミュラEではマックス・フェルスタッペンがF1と同じレベルのパフォーマンスを発揮できないはずあdと語る。

マックス・フェルスタッペンは、2012年から2014年にかけてレースをしたF1シートを喪失したジャン・エリック・ベルニュの後任としてトロ・ロッソでF1デビュー。それ以来、ベルニュはフォーミュラEで2回のチャンピオンシップを獲得し、フェルスタッペンは2021年にF1で初タイトルを獲得している。

マクラーレン、メルセデスのフォーミュラEチーム買収は「簡単な決断」

2022年5月16日
マクラーレン、メルセデスのフォーミュラEチーム買収は「簡単な決断」
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、タイトルを獲得したメルセデスのフォーミュラEチームを引き継ぐチャンスを逃すことはできなかったと語る。

マクラーレンでは、レーシングシリーズのポートフォリオを拡大する取り組みの一環として、フォーミュラEがかなり長い間議題にされていた。

マクラーレン、メルセデスチームを継承してフォーミュラE参戦を発表

2022年5月14日
マクラーレン、メルセデスのチームを継承してフォーミュラE参戦を発表
マクラーレンは、2022/2023年のシーズン9からフォーミュラEに参戦することを発表。チームは、メルセデスEQフォーミュラEチームを継承して形成される。

マクラーレン・レーシングは、シーズン9から2022/2023 ABB FIAフォーミュラE世界選手権に参加し、先駆的な全電気レースシリーズのGen3時代の始まりとなると電気モータースポーツの旅の次の段階を開始する。

フォーミュラE、Gen3マシンを発表…史上“最強・最速・最軽量・最効率”

2022年4月29日
フォーミュラE、Gen3マシンを発表…史上“最強・最速・最軽量・最効率”
フォーミュラEは、2023年のシーズン9でデビューするシリーズ史上“最速”かつ“最強”の車であるGen3マシンを今週末のモナコでのレースに先駆けて発表した。

フォーミュラEが「ストリートレース用に特別に設計および最適化された世界初のレースカー」と呼ぶ完全に新しいGen3コンセプトは、戦闘機にインスパイアされた印象的な空力と、タイトな都市レイアウトによりよく適合した短いホイールベースを特徴とし、その総重量は現在の車と比較して60kg軽量化されている。

日産自動車、フォーミュラEチーム「e.dams」を買収

2022年4月12日
日産自動車、フォーミュラEチーム「e.dams」を買収
日産自動車は、ABB FIAフォーミュラE世界選手権に「日産e.dams」としてともに参戦しているレースチーム「e.dams」を買収すると発表した。

今回の買収に伴うオーナー変更と新しい経営体制は本日付で有効となる。日産フォーミュラEを担当するゼネラル・マネージャーのトマソ ヴォルペが「e.dams」のマネージング・ダイレクターを兼務し、フランソワ シカールが新たにスポーツ・ダイレクターに任命される。

アンドレ・ロッテラー、レッドブルF1代表のフォーミュラE批判に反論

2022年4月6日
アンドレ・ロッテラー、レッドブルF1代表のフォーミュラE批判に反論
アンドレ・ロッテラーは、フォーミュラEには「情熱がない」「雰囲気がない」と批判したレッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーに反論した。

クリスチャン・ホーナーは、フォーミュラEについて「「電気モータースポーツは機能していないし、人々の心を掴んでいない。ノイズも情熱もない。雰囲気もない。 今では、自動車メーカーが再びチャンピオンシップから撤退するのを目にしている」とOMRのポッドキャストで語った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム