マセラティ、将来のF1参戦に含み…「時間が経てば分かる」

2022年1月12日
マセラティ、将来のF1参戦に含み…「時間が経てば分かる」
マセラティのCEOを務めるダヴィデ・グラッソは、イタリアのブランドが将来、F1への復帰を検討する可能性を排除していない。

マセラティは1950年代にF1の成功を収め、2004年から2010年の間にMC12でチャンピオンシップを獲得したスポーツカーレースプログラムを実施。そして、2023年からフォーミュラEに参戦することが発表された。

マセラティ、2023年からフォーミュラE参戦を発表

2022年1月11日
マセラティ、2023年からフォーミュラE参戦を発表
マセラティは、2023年のシーズン9からフォーミュラEに参戦することを発表した。

イタリアの高級スポーツカーブランドであるマセラティは、マシンが320kph以上のスピードになる新しいGen3シャシーとドライブトレインが導入される2023年のシーズン9からフォーミュラEへの参戦を開始する。

フォーミュラE、Gen4レギュレーションで水素燃料電池技術の採用を検討

2021年12月29日
フォーミュラE、Gen4レギュレーションで水素燃料電池技術の採用を検討
フォーミュラEは、Gen4レギュレーションで水素燃料電池技術の採用に移行し、新しいメーカーをグリッドに引き付ける可能性がある。

先月、フォーミュラEは、バレンシアで行われたプレシーズンテスト中に470bhpと600kWの総回生ブレーキ容量を持つデルタウィングにインスパイアされたGen3デザインの最初のティーザー画像をリリースした。

アントニオ・ジョビナッツィ、フォーミュラE初テストは「戸惑った」

2021年12月1日
アントニオ・ジョビナッツィ、フォーミュラE初テストは「戸惑った」 / F1関連
アントニオ・ジョビナッツィは、フォーミュラEのマシンはこれまでレースをしていたものとは“完全に異なる”ものだったとし、初テストでは“戸惑った”と語る。

アルファロメオF1のドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィは、今シーズン限りでF1シートを失い、来季はドラゴン・レーシングからフォーミュラEに参戦することが決定している。

フォーミュラE、2022年導入の『Gen3』マシンのティザー画像を公開

2021年11月30日
フォーミュラE、2022年導入の『Gen3』マシンのティザー画像を公開
フォーミュラEは、2022年に導入するGen3マシンのティザー画像を公開。デルタウイングにインスパイアされたデザインのレースカーは、200mpを実現する。

バレンシアでの2022年のプレシーズンテストの初日、フォーミュラEは、Gen3マシンの設計と仕様を公開。「空力効率の高い戦闘機のデルタウイング」にインスパイアされた外観をプレビューした。

ダニエル・ティクトゥム、NIO 333からフォーミュラE参戦が決定

2021年11月29日
ダニエル・ティクトゥム、NIO 333からフォーミュラE参戦が決定
元レッドブルとウィリアムズのF1育成ドライバーであるダニエル・ティクトゥムが、来シーズンにNIO 333からフォーミュラEに参戦することが決定した。

ダニエル・ティクトゥムは、トム・ブロンクビストがメイヤー・シャンク・レーシングからIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に転向することでできたNIO 333の空席を埋め、オリバー・ターベイとチームを組む。

アントニオ・ジョビナッツィ、ドラゴンからフォーミュラE参戦を発表

2021年11月17日
アントニオ・ジョビナッツィ、ドラゴンからフォーミュラE参戦を発表
“元”アルファロメオF1となることが決定したアンドニオ・ジョビナッツィが、2022年にドラゴン・ペンスキーからフォーミュラEに参戦することが発表された。

アルファロメオF1で3シーズンを過ごしたアントニオ・ジョビナッツィは、2022年に中国人ドライバーの周冠宇と交代となり、チームを去ることが11月16日に発表された。

F1参戦が現実味のポルシェ、フォーミュラEは2024年で撤退?

2021年11月5日
F1参戦が現実味のポルシェ、フォーミュラEは2024年に撤退?
F1参戦が噂されるポルシェは、ワークス参戦するフォーミュラEをGen3ルールの中間点である2024年までしかコミットしていないことを初めて確認。2022年に見直すとした。

フォーミュラEのGen3レギュレーションは2023年から開始されるが、ポルシェは新しいレギュレーションの3年間の全期間でフォーミュラEに参戦する義務を負っていないことを明らかにした。

ダニール・クビアト、2022年はドラゴンからフォーミュラEに参戦?

2021年10月1日
元F1ドライバーのダニール・クビアト、2022年はドラゴンからフォーミュラEに参戦?
元F1ドライバーのダニール・クビアトは、2022年にドラゴンペンスキーのフォーミュラEの席を確保するとみられているが、11月初旬まで契約が成立しない可能性があると The Race が報じた。

現在アルピーヌF1チームと開発兼リザーブドライバーとして契約しているダニール・クビアトは、2020年シーズンの終わり以来レースをしていない。The Race は、ニコラス・トッドが運営するオールロード・マネジメントが管理するダニール・クビアトの代理人が、ここ数週間、ドラゴンの上級代表と会談したことを明らかにした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム