フォーミュラE 中国人F1ドライバーの周冠宇の参戦を望む

2024年7月10日
フォーミュラE 中国人F1ドライバーの周冠宇の参戦を望む
フォーミュラEの最高経営責任者(CEO)であるジェフ・ドッズは、中国人ドライバーである周冠宇が今シーズン終了後にF1のシートを失う場合、フォーミュラEに彼を迎え入れたいと考えている。

ジェフ・ドッズは、中国はフォーミュラEの成長戦略の重要な要素であり、中国人ドライバーの起用は「爆発的な効果」をもたらす可能性のある夢のシナリオであると語った。

フォーミュラE リバティ・グローバルが筆頭株主に

2024年6月14日
フォーミュラE リバティ・グローバルが筆頭株主に
フォーミュラEは、リバティ・グローバルがワーナー・ブラザーズ・ディスカバリーが保有する全電動選手権の株式を取得し、同スポーツの筆頭株主となることを発表した。

株式取得が完了すると、リバティ・グローバルがフォーミュラEに占める持ち株比率は65%に増加し、同シリーズの支配株主となる。

フォーミュラE 2025年は東京大会を2レースダブルヘッダー開催

2024年6月12日
フォーミュラE 2025年は東京大会を2レースダブルヘッダー開催
フォーミュラEは、2025年に史上初めて11の象徴的な会場で17レースのシーズンを完結し、オールエレクトリックレーシングの先駆者としての地位を確固たるものにする。

マイアミとディルイーヤの新たなレース開催地、モナコでのモータースポーツ選手権史上初の2レースダブルヘッダー、東京での2レースダブルヘッダー、そしてジャカルタの復活が、他の都市開催地と並ぶ。

フェラーリ フォーミュラE参戦の可能性についてシリーズと協議

2024年6月1日
フェラーリ フォーミュラE参戦の可能性についてシリーズと協議
フォーミュラEのジェフ・ドッズCEOは、フェラーリが将来的に何らかの形で全電動選手権に参加する可能性について、同シリーズとイタリアの自動車メーカーの間で協議が行われていることを示唆した。

フェラーリは来月、初の電動化工場をオープンし、独自のバッテリーと電気自動車を生産する準備を進めていることから、潜在的な議論が浮上している。

フォーミュラE フェラーリF1リザーブのシュワルツマンがルーキーテスト最速

2024年5月14日
フォーミュラE フェラーリF1リザーブのシュワルツマンがルーキーテスト最速
スクーデリア・フェラーリのF1リザーブドライバーであるロバート・シュワルツマンが、フォーミュラEベルリン・ルーキーテストでの1日の走行を終えてトップタイムを記録した。

DSペンスキーをドライブしたロバート・シュワルツマンは、週末にベルリンE-Prixのダブルヘッダーが開催されたドイツのテンペルホーフ空港サーキットで行われた2回の3時間セッションで、最後の1時間で1分01秒937を記録し、1分02秒台の壁を破った唯一のドライバーとなった。

メルセデスF1育成のフレデリック・ベスティ フォーミュラEのテストに参加

2024年5月8日
メルセデスF1育成のフレデリック・ベスティ フォーミュラEのテストに参加
メルセデスF1ジュニアドライバーのフレデリック・ベスティが、マヒンドラ・レーシングでフォーミュラEの電気の世界を体験することになった。22歳のデンマークの才能は、来月のベルリンEプリックスの翌日にテンペルホーフで予定されているルーキーテストに参加する。

2023年に6勝を挙げて惜しくもチャンピオンを逃したF2での成功の後、ベスティはヨーロッパ・ル・マン・シリーズのスポーツカーレースに転向した。

フォーミュラE ポルシェ・タイカン ターンGTを新セーフティカーに採用

2024年5月8日
フォーミュラE ポルシェ・タイカン ターンGTを新セーフティカーに採用
2024 SUN Minimeal ベルリン E-Prix では、ポルシェ・タイカン ターボ GTがABB FIA フォーミュラE 世界選手権の新しいセーフティカーになる。

新型タイカン ターボGTは、ニュルブルクリンクとラグナセカで記録的なラップタイムを達成し、史上最強のポルシェシリーズとして今年の春に初公開された。5月11日および12日に開催される2024 SUN Minimeal ベルリン E-Prixから、カラーの異なる2つのバリエーションが選手権の新しいセーフティカーラインナップとなる。

フォーミュラE 新車『Gen3 Evo』を公開 F1マシンを超える加速力

2024年4月26日
フォーミュラE 新車『Gen3 Evo』を公開 F1マシンを超える加速力
フォーミュラEは、今週末に開催されるモナコE-Prixに先駆けて、モナコ・サーキットで開催された華やかなイベントでGen3 Evo(Gen3.5)を正式に発表した。

このマシンはシーズン11(2024/25年)の開幕から導入され、2026/27年にGen4時代に移行するまでスポーツを見届けることになる。現在のGen3マシンから明らかにアップグレードされた新車には、信じられないほどの量の作業が費やされている。

アプト・フォーミュラE 2025年にローラ/ヤマハの新パワートレインを使用

2024年4月11日
アプト・フォーミュラE 2025年にローラ/ヤマハの新パワートレインを使用
アプト・フォーミュラEチームは、2025年にローラ・カーズとヤマハが開発した新しいパワートレインを使用することを正式に発表した。

この発表はローラ・カーが10年以上ぶりにモータースポーツに復帰し、ヤマハが1997年以来初めて4輪レースに参戦することが東京E-Prixの前に明らかにされてからわずか数週間後のことである。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム