ストフェル・バンドーン 「ミック・シューマッハは優先順位を考え始めるべき」

2023年1月28日
元F1ドライバーのストフェル・バンドーン 「ミック・シューマッハは優先順位を考え始めるべき」
元メルセデスF1のリザーブドライバーで、現役フォーミュラEチャンピオンのストフェル・ヴァンドーンンが、ミック・シューマッハが直面している状況について見解を示し、レースキャリアが長く停滞するのを避けるために、自分が何を望んでいるかを決めなければならないと助言した。

わずか2シーズンでハースF1チームから解雇されたミック・シューマッハ(23歳)は、現在メルセデスF1のリザーブドライバーとしてF1における自分の将来について心配していることだろう。

フォーミュラE:ポルシェのパスカル・ウェーレインが優勝

2023年1月28日
フォーミュラE:ポルシェのパスカル・ウェーレインが優勝 / 第2戦 ディルイーヤE-Prix
2023年 フォーミュラE 第2戦 ディルイーヤE-Prixが行われ、9番グリッドからスタートしたポルシェのパスカル・ウェーレインが勝利を収めた。

2位には11番手から追い上げたジェイム・デニス(アンドレッティ)が入り、3位にはここ数年不調が続いていたサム・バード(ジャガー)が入った。

フォーミュラE:骨折のフラインスの代役でファン・デル・リンデがデビュー

2023年1月20日
フォーミュラE:骨折のフラインスの代役でファン・デル・リンデがデビュー
ケルビン・ファン・デル・リンデは、先週末のメキシコシティE-Prixでのクラッシュで手首を骨折したロビン・フラインスの代役として、来週末のディルイーヤでの2つのレースでアプトのためにレースに出場する。

ロビン・フラインスは、土曜日のシーズン開幕戦のオープニングラップでノーマン・ナトと衝突してクラッシュし、手と手首を数か所骨折した。フラインスは近くのアンヘレス・アコッパ病院で手首の手術を受け、来週末のサウジアラビアでのイベントに参加できなくなった。

日産フォーミュラE、シーズン9開幕戦レースレポート

2023年1月17日
日産フォーミュラE、シーズン9開幕戦レースレポート
日産は、1月14日にメキシコシティで開催された2022/23 ABB FIAフォーミュラE世界選手権シーズン9の開幕戦に参戦した。日産フォーミュラEチームは、エルマノス ロドリゲス サーキットで開催されたレースで、今後に大きな可能性を感じさせる走りを見せた。

サッシャ・フェネストラズは、予選のグループステージで好成績を収め、ポールポジションを決定するためのデュエルに進出した。

ロビン・フラインス、フォーミュラE開幕戦のクラッシュで手首を骨折

2023年1月16日
ロビン・フラインス、フォーミュラE開幕戦のクラッシュで手首を骨折
ロビン・フラインスは、フォーミュラEの開幕戦メキシコシティE-Prixでの1周目のノーマン・ナトーとのクラッシュで手首を骨折。次戦ディルイーヤE-Prixを欠場することになりそうだ。

アプトから参戦するロビン・フラインスは、ターン10のシケインでノーマン・ナトーに後ろから追突し、最終的にはウォールで止まり、レース初のセーフティカーを出した。

サッシャ・フェネストラズ 「ドライバー引退危機の後に全日本F3王座を獲得」

2023年1月15日
サッシャ・フェネストラズ 「ドライバー引退危機の後に全日本F3王座を獲得」
サッシャ・フェネストラズは、全日本F3でタイトルを獲得する前、ほぼレースキャリアの危機に瀕していた。

サッシャ・フェネストラズは、2018年にヨーロッパF3選手権に出場。現在、アルピーヌ・アカデミーとして知られているルノー・スポール・アカデミーの一員だった。しかし、それはは失望に終わり、彼のキャリアはほぼ終わりを迎えていた。

オリバー・ローランド 「F1王者であってもフォーミュラEは支配できない」

2023年1月15日
オリバー・ローランド 「F1王者であってもフォーミュラEは支配できない」
オリバー・ローランドは、マックス・フェルスタッペンやルイス・ハミルトンのようなドライバーがF1から転向した場合、フォーミュラEを支配することはないと考えている。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、2013年以来、F1で1つを除くすべてのドライバーズタイトルを獲得しており、最近のシーズンでは、二人ともレースでの勝利、表彰台、ポールポジションの点でシリーズを支配している。

フォーミュラE:アンドレッティのジェイク・デニスが優勝

2023年1月15日
フォーミュラE:アンドレッティのジェイク・デニスが優勝 / 開幕戦 メキシコシティE-Prix
フォーミュラEのシーズン9がメキシコシティE-Prixで開幕し、ジェイク・デニス(アンドレッティ)が圧倒的なパフォーマンスでGen3時代の初勝利を収めた。パスカル・ウェーレイン(ポルシェ)が2位、ポールシッターのルーカス・ディグラッシ(マビンドラ)が表彰台を獲得した。

1周目から波乱の展開。ロビン・フラインス(アプト)がノーマン・ナトー(日産)の後部に衝突し、フラインスはその過程でサスペンションを損傷し、手首を骨折。ナトーもリタイアを余儀なくされた。

フォーミュラE:ルーカス・ディ・グラッシがポールポジション

2023年1月15日
フォーミュラE:ルーカス・ディ・グラッシがポールポジション / 開幕戦メキシコシティE-Prix
フォーミュラEのGen3時代が幕を開けた。開幕戦メキシコシティE-Prixの予選が1月14日(土)に行われ、ルーカス・ディ・グラッス(マヒンドラ)がシーズン9の記念すべき最初のポールポジションを獲得した。

ファイナルは、ルーカス・ディ・グラッシとジェイク・デニス(アンドレッティ)の戦いとなり、両方のドライバーがミスを犯したが、ディ・グラッシが打ち勝ち、自分のマシンをポールポジションに置いた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム