バルテリ・ボッタス 「上位マシンとのペースギャップは大きくない」

2022年5月22日
バルテリ・ボッタス 「上位マシンとのペースギャップは大きくない」 / アルファロメオF1チーム スペインGP 予選
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を7番手で終えた。

今週末、アルファロメオF1チームは、C42に大幅なアップデートを投入。バルテリ・ボッタスは、アップデートは機能していると手ごたえを感じており、フェラーリ、レッドブル、メルセデスに次ぐ、7番グリッドのポジションを獲得した。

バルテリ・ボッタス 「金曜日の問題発生がトレンドになりつつある」

2022年5月21日
バルテリ・ボッタス 「金曜日の問題発生がトレンドになりつつある」 / アルファロメオF1チーム スペインGP 金曜フリー走行
バルテリ・ボッタスは、金曜日のプラクティスで問題が発生することがアルファロメオF1チームのトレンドになりつつあると嘆く。

2022年F1第6戦スペイングランプリのFP2で、バルテリ・ボッタスはマシンに問題があることを報告。白煙から上がってマシンをコース脇に止めることを余儀なくされた。

アルファロメオF1、ギアボックスの自社製造は「予算上限を見越した」

2022年5月18日
アルファロメオF1、ギアボックスの自社製造は「予算上限を見越した」
アルファロメオF1チームが、フェラーリのパーツを使用するのではなく、独自のギアボックスケーシングとリアサスペンションを設計することを決定したのは、パフォーマンスよりも高額なこれらのコンポーネントを購入しないことでF1の予算上限規制を回避するためだった。

アルファロメオC42は、フェラーリのパワーユニットとギアボックスの内部を使用しているが、チームは独自のカーボンファイバーギアボックスケーシングを製造している。

バルテリ・ボッタス 「ラッセルとのバトルに私情は挟んでいない」

2022年5月17日
F1:バルテリ・ボッタス 「ラッセルとのバトルに私情は挟んでいない」
アルファロメオF1チームのバルテリ・ボッタスは、自身の後任としてメルセデスF1に加入したジョージ・ラッセルとの最近のバトルに個人的なことは何もないと語る。

メルセデスF1で5シーズンを過ごした後、バルテリ・ボッタスは2021年の終わりにチームを去り、メルセデスの育成ドライバーのジョージ・ラッセルが、2020年以来続いていた憶測の末にそのシートを獲得した。

アルファロメオF1チームの好転はキミ・ライコネンの引退も一因?

2022年5月17日
アルファロメオF1チームの好転はキミ・ライコネンの引退も一因?
元F1ドライバーで現在は解説者を務めるマルク・スレールは、2022年のアルファロメオF1チームのパフォーマンスの上昇は、F1新時代の始まりに向けてキミ・ライコネンが引退したことも一因だと指摘する。

2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンは、アルファロメオF1チームで3年間w過ごした後、2021年シーズンの終わりに引退することを決定した。

バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1同士のバトルをミラーで見ていた」

2022年5月9日
バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1同士のバトルをミラーで見ていた」 / アルファロメオF1 マイアミGP 決勝
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を7位で終えた。

レースの大部分で5位を走行していたバルテリ・ボッタスだが、レース終盤に後続のメルセデスF1がチームメイト同士でバトルをしている際にコースオフして二人に抜かれてしまい、7位でレースを終えた。

バルテリ・ボッタス 「フェラーリとレッドブルの後ろは最良のシナリオ」

2022年5月8日
バルテリ・ボッタス 「フェラーリとレッドブルの後ろは最良のシナリオ」 / アルファロメオF1 マイアミGP 予選
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、2022年F1第5戦マイアミGPの予選を5番手で終えた。

金曜日のフリー走行1回目でクラッシュを喫してわずか13周で初日を終えていたバルテリ・ボッタスだが、2日目はベテランらしいリカバリーを見せてQ3に進出。フェラーリとレッドブルの後ろ、元チームメイトのルイス・ハミルトン(メルセデス)の前の5番グリッドを手に入れた。

バルテリ・ボッタス 「ミスで本当に大きな犠牲を払ってしまった」

2022年5月7日
バルテリ・ボッタス 「ミスで本当に大きな犠牲を払ってしまった」 / アルファロメオF1 マイアミGP 金曜フリー走行
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1)は、2022年F1第5戦マイアミGPのフリー走行1回目にクラッシュを喫して13周で一日を終えた。

全てのドライバーにとって新しいマイアミ・インターナショナル・オートドロームでの初日はトラックを学ぶことが重要だが、バルテリ・ボッタスはFP1でターン7でスピンを喫してバリアにクラッシュ。貴重な走行時間を失った。

アルファロメオF1、マイアミGPの目標は「打倒マクラーレン」

2022年5月4日
アルファロメオF1、マイアミGPの目標は「打倒マクラーレン」
アルファロメオF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるゼビ・プジョラーは、チームの力強いフォームが継続し、今週末のマイアミGPでマクラーレンと戦えることを望んでいる。

今シーズン、特にバルテリ・ボッタスは、アルファロメオ C42のスピードを生かし、エミリア・ロマーニャGPでは5位でフィニッシュ。フェラーリとレッドブルの後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”を目指して戦っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム