グロージャン、アンドレッティとのF1復帰は「絶対にないとは言えない」

2023年2月2日
ロマン・グロージャン、アンドレッティとのF1復帰は「絶対にないとは言えない」
ロマン・グロージャンは、アンドレッティとのF1復帰の可能性を「Never say never”(絶対にないとは言えない)」と表現した。

ハースF1の元チームメイトであるケビン・マグヌッセンばF1グリッドに戻ってきたが、ロマン・グロージャンはマグヌッセンと共に過ごした最後の2年間が「あまり楽しいものではなかった」と認めている。

モントーヤ 「アンドレッティもキャデラックも米国以外では有名ではない」

2023年2月2日
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤ 「アンドレッティもキャデラックも米国以外では有名ではない」
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤは、まったく新しいチームとしてF1参入を目指すアンドレッティの計画が成功することはないだろうと考えている。

マイケル・アンドレッティが率いるアンドレッティ・グローバルは、キャデラックと提携し、F1参入に向け、さらなる重みを増している。

レッドブルF1代表が説明する「アンドレッティのF1参入に反対する理由」

2023年1月26日
レッドブルF1代表が説明する「アンドレッティのF1参入に反対する理由」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、アンドレッティ・キャデラックのF1参入をF1チームの大部分が認めていない理由を説明した。

F1の冬休みかもしれないが、パドックの周りではたくさんのことが起こっている。例えば、現在、アンドレッティ・キャデラックの参入の可能性をめぐって意見が分かれており、 F1チームの大部分はこれを認めていない。

FIA会長 「F1への新規参入に関心を表明したのはアンドレッティだけ」

2023年1月26日
FIA会長 「F1への新規参入に関心を表明したのはアンドレッティだけ」
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、F1への新規参入に関心を表明したチームはアンドレッティだけだと述べた。

FIA会長のモハメド・ビン・スライエム会長は今月初め、新規参入候補のチームから関心を示してもらうことでF1グリッドの拡大の可能性を探りたいとツイートしていた。

アンドレッティ、F1だけでなくWECのハイパーカークラスへの参戦も視野

2023年1月23日
アンドレッティ、F1だけでなくWECのハイパーカークラスへの参戦も視野
アンドレッティのレーシング組織は、F1だけでなく、ル・マン24時間レースやWEC(FIA世界耐久選手権)など事業をさらに拡大することを目指しいてる。

キャデラックと組んでF1へのエントリーを提出する意向を公に発表したアンドレッティは、ウェイン・テイラー・レーシングと提携して、米国でIMSAスポーツカー選手権に参戦している。

アンドレッティ・キャデラック、F1計画継続の最終期限は「2~3カ月」

2023年1月21日
アンドレッティ・キャデラック、F1計画継続の最終期限は「2~3カ月」
アンドレッティ・キャデラックが、2025年または2026年にF1参戦を叶えるために開かれたドアは「2~3カ月」しかないとマリオ・アンドレッティは語る。

息子のマイケル・アンドレッティは、ゼネラルモーターズの支援を受けて、アンドレッティ・オートスポーツ帝国をF1まで拡大しようとしている。

パット・シモンズ 「F1チームがアンドレッティ参入に消極的な理由は理解」

2023年1月19日
パット・シモンズ 「F1チームがアンドレッティ参入に消極的な理由は理解」
パット・シモンズは、F1と既存チームがマイケル・アンドレッティのモータースポーツ帝国をスポーツに歓迎することに消極的であることを弁護した。

現在、GM/キャデラックの主要な支援を受けているアンドレッティは、2025 年または 2026 年のF1チームエントリー入札に対して、運営するFIA(国際自動車連盟)の支持を得ていますが、依然としてメルセデスF1を含むトップチームからの反対に直面している。

コルトン・ハータ、フォーミュラ・リージョナルでのポイント稼ぎを許可されず

2023年1月19日
コルトン・ハータ、フォーミュラ・リージョナルでのポイント稼ぎを許可されず / F1スーパーライセンス
インディカー・ドライバーのコルトン・ハータは、F1でレースできる十分なFIAスーパーライセンスポイントを獲得するために、フォーミュラ・リージョナル・アメリカズへの参戦を検討していた。

コルトン・ハータは、2023年のスクーデリア・アルファタウリのF1ドライバー候補の1人だったが、2019年以降に十分なF1スーパーライセンスポイントを獲得していなかったため、FIA(国際自動車連盟)は複数のインディカーのレースウィナーがF1に参加することを拒否した。

ゼネラルモーターズ社長、“F1エンジン名だけの参画”との批判に反論

2023年1月16日
ゼネラルモーターズ社長、“F1エンジン名だけの参画”との批判に反論
ゼネラルモーターズのマーク・ロイス社長は、アンドレッティとのF1参戦においてキャデラックがF1エンジン名だけの参画だとする批判に反論した。

マーク・ロイスはTwitterで“badged racing(バッジをつけただけのレーシング)”だという提案は「無知」だと投稿。ゼネラルモーターズに対する特定の批判に対するコメントではないが、F1に関するアンドレッティ・グローバルとの最近の発表に近いことで注目に値する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム