アンドレッティF1幹部 「F1マシンのプロトタイプでクラッシュテストを実施」

2024年4月16日
アンドレッティF1幹部 「F1マシンのプロトタイプでクラッシュテストを実施」
アンドレッティのF1テクニカルディレクターであるニック・チェスターは、将来のF1チームがシルバーストンの新しい施設に移転した後、取材に応じた。

チェスターのF1における経歴は幅広く、90年代半ばにシムテックと関わり、その後アロウズ、そしてベネトンへと移籍し、ルノー(フェルナンド・アロンソの連覇に不可欠な役割を果たした)、ロータス、そして再びルノーとさまざまな形態を経て、2013年から2020年までテクニカルディレクターを務めた。

アルピーヌF1チーム アンドレッティへのチーム売却の噂を否定

2024年4月12日
アルピーヌF1チーム アンドレッティへのチーム売却の噂を否定
アルピーヌF1チームが近々売却されるかもしれないという噂が浮上する一方で、アンドレッティ・キャデラックはF1参戦への取り組みを強化している。

F1の商業権保有者であるリバティ・メディアから少なくとも2028年までは拒否されているにもかかわらず、アンドレッティは今週、シルバーストーンに「F1プロジェクト」のための新社屋をオープンさせた。

アンドレッティ アメリカ人F1ドライバーのためにF2/F3参戦を計画

2024年4月12日
アンドレッティ アメリカ人F1ドライバー育成のためにF2/F3参戦を計画
アンドレッティ・グローバルは、F1チームにアメリカ人ドライバーを送り込むための人材育成を行うため、FIAフォーミュラ2およびフォーミュラ3への参戦を計画している。

アンドレッティはF1プロジェクトの進行に伴い、シルバーストーン・パーク内の新施設への引っ越しを開始した。同チームのF1参戦が最終的に承認されれば、F3とF2のプログラムもこの新施設を拠点とすることになる。

元アルピーヌの徳永直紀 アンドレッティのF1プロジェクトに加入

2024年4月11日
元アルピーヌの徳永直紀 アンドレッティのF1プロジェクトに加入
元アルピーヌの徳永直紀が、F1参戦を目指すアンドレッティのプロジェクトに参加していることを明らかにした。

2022年6月、徳永直紀は「22年間に渡りルノーグループでそのF1プログラムに携わってきましたが、いよいよ次のステップに進む時となりました。この度、多くの素晴らしい思い出とともに、アルピーヌF1チームを去ることとしました」とチームを退団していたことを明かしていた。

アンドレッティ F1参戦にむけてシルバーストンに新拠点をオープン

2024年4月11日
アンドレッティ F1参戦にむけてシルバーストンに新拠点をオープン
アンドレッティ・グローバルは、シルバーストーン・パークにある48,000平方フィートの新施設を正式オープンし、F1への旅路においてまた新たな重要なマイルストーンを達成した。

マイケル・アンドレッティとF1界のレジェンドであるマリオ・アンドレッティは、アンドレッティ・キャデラックの80人の従業員を率いて開所式に出席した。

ヘルムート・マルコのRB売却発言で浮上したアンドレッティF1参入の可能性

2024年4月10日
ヘルムート・マルコのRB売却発言で浮上したアンドレッティF1参入の可能性
レッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコが、セカンドチームであるRBの周辺には多くの買い手候補が渦巻いており、売却の可能性もあると語ったことで、アンドレッティのF1グリッド入りへの希望が再燃している。

アンドレッティは新たな11番目のチームとしてF1に参加することを強力にプッシュし、FIA(国際自動車連盟)の承認を得て、早ければ2025年のデビューを目指している。

アンドレッティ F1参戦への本気度を示す新ファクトリーの画像を公開

2024年3月16日
アンドレッティ F1参戦への本気度を示す新ファクトリーの画像を公開
アンドレッティ・グローバルは、アンドレッティ・キャデラックF1チームが本拠地とする新しいアメリカ本部の画像を初めて公開し、F1組織に強いシグナルを送った。

1月31日にF1参戦が却下されたアンドレッティ・チームだが、最終的にはF1参戦が許可されることを前提に現在も活動を続けている。

2025年に完成予定の90エーカーの米国用地の画像と詳細は、F1プロジェクトの本気度を端的に示している。

アンドレッティのF1参戦拒否は「正しい手順を踏んでいた」とドメニカリ

2024年3月7日
アンドレッティのF1参戦拒否は「正しい手順を踏んでいた」とドメニカリ
F1のステファノ・ドメニカリCEOは、アンドレッティ・キャデラックチームのF1参戦が拒否されたことに関して「プロセスは踏襲された」と主張した。

アンドレッティ・キャデラックの入札は昨年10月にFIAによって承認されたが、その後F1によって第2段階で却下。F1は1月31日に自らの立場を説明する声明を発表した。

アンドレッティ 再設計された3台のインディカー車両カラーリングを披露

2024年2月26日
アンドレッティ 再設計された3台のインディカー車両カラーリングを披露
アンドレッティ・グローバルは、2024年のインディカー・シリーズに向けて再設計された3つのカラーリングを披露した。

カラーリングは共通のテーマに従っており、各マシンがコックピットの側面からロールフープに至るまで異なる主要なカラーを採用しているが、一致するセットを形成している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム