メルセデスF1代表 「アウディはアンドレッティよりもF1に価値をもたらす」

2022年8月7日
メルセデスF1代表 「アウディはアンドレッティよりもF1に価値をもたらす」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1への参入に対するアウディの関心は、グランプリレースに価値をもたらす可能性があるため、F1グリッドを11チームに拡大することを正当化すると考えている.

米国のレーシング界の重鎮であるマイケル・アンドレッティは、複数のシリーズの運営をF1に拡大しようとしているが、既存の10チームのほとんどから激しい抵抗を受けている。

アンドレッティ 「2024年のF1参入計画の最終期限は迫ってきている」

2022年8月4日
アンドレッティ 「2024年のF1参入計画の最終期限は迫ってきている」
アンドレッティの2024年のF1参入計画の最終期限は迫ってきているようだ。

マイケル・アンドレッティは、アメリカを拠点とする新しいF1チーム『アンドレッティ・グローバル』での参入を承認するために懸命に努力しているが、一部の既存チームから激しい抵抗に直面した後、ポルシェとアウディの2026年のF1参戦計画が進展し、存在感を失っている。

F1が望むのはアンドレッティではなくアウディやホンダのワークス参戦?

2022年7月19日
F1が望むのはアンドレッティではなくアウディやホンダのワークス参戦?
F1とFIA(国際自動車連盟)が望むのは、マイケル・アンドレッティのF1チームではなく、自動車メーカーのアウディやホンダのワークス参戦だとThe Raceは伝えている。

マイケル・アンドレッティは、新F1チーム『アンドレッティ・グローバル』を設立して2024年のF1参入を目指してエントリーしているが、F1とFIAに回答を長く待たされている。F1の利害関係者は、2024年にアンドレッティ・グローバルF1チームのエントリーを受け入れることで得られるメリットの証拠を求めている。

ハースF1チーム代表、アンドレッティのF1への批判的な発言を疑問視

2022年7月13日
ハースF1チーム代表、アンドレッティのF1への批判的な発言を疑問視 「何を達成しようとしているのか分からない」
マイケル・アンドレッティは、エントリーフィーを2倍にして4億ドルを支払ったとして、F1グリッドを確保するには不十分かもしれない。

1993年にマクラーレンのF1ドライバーを務めた経験のあるマイケル・アンドレッティは、現在、アメリカで最も有名なモータースポーツ帝国を築いている。

それでも、F1、FIA(国際自動車連盟)、およびほとんどの既存F1チームは、11番目のチームへのパドックゲートを開くことに熱心ではない。

マイケル・アンドレッティ 「F1はお高くとまったヨーロッパのクラブ」

2022年7月7日
マイケル・アンドレッティ 「F1はお高くとまったヨーロッパのクラブ」
マイケル・アンドレッティは、アンドレッティのF1プロジェクトに対する既存F1チームの“スノビッシュ(お高くとまった)”な態度は、F1が依然として「ヨーロッパのクラブ」であり、他のチームを「脅威」と見なしていることを示していると語る。

また、マイケル・アンドレッティは、Netflix Drive to Surviveシリーズがアメリカのファンベースを恒久的に獲得するのに十分であると考えるなら、それはF1の自己満足だと感じている。

「アンドレッティのF1計画が死んでいないことを願う」とザク・ブラウン

2022年6月29日
「アンドレッティのF1計画が死んでいないことを願う」とザク・ブラウン
マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、元F1ドライバーのマイケル・アンドレッティが新しいチーム『アンドレッティ・グローバル』でF1に参入するという計画が「死んだ」のではないかと心配している。

アンドレッティ・オートスポーツは、アメリカを拠点とするモータースレースだけでなく、フォーミュラEなど世界的にも有名だ。しかし、F1とFIA(国際自動車連盟)は、アンドレッティF1チームの参戦を承認することに消極的であるように見える。

マリオ・アンドレッティ、メルセデスF1代表の発言は「無礼」

2022年6月9日
マリオ・アンドレッティ、メルセデスF1代表の発言は「無礼」
F1レジェンドのマリオ・アンドレッティは、アンドレッティチームがF1に貢献する可能性を却下したトト・ヴォルフを非難した。

1993年にマクラーレンからF1参戦し、現在は米国で確立されたモータースポーツ帝国を率いるマリオの息子マイケル・アンドレッティは、リバティメディア、FIA(国際自動車連盟)、そして、既存のF1チームに彼のチーム『アンドレッティ・グローバル』のF1参入にゴーサインを出すよう説得しようとしている。

アンドレッティ、アルピーヌF1との“ハース-フェラーリ型”の連携は不可能?

2022年5月19日
アンドレッティ、アルピーヌF1との“ハース-フェラーリ型”の連携は不可能?
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、同チームがフェラーリと密接に技術提携を結んでF1に参戦したときのように、マイケル・アンドレッティがアンドレッティ・グローバルをアルピーヌF1チームと連携させることを計画しているという噂にケチをつけた。

ハースF1チームは、2016年にフェラーリの助けを借りてF1に参戦。最初からフェラーリと提携し、可能な限りすべてのパーツを購入するだけでなく、風洞も利用した。

アンドレッティ 「F1でアメリカ人ドライバーに本物の機会を与えたい」

2022年5月19日
マイケル・アンドレッティ 「F1でアメリカ人ドライバーに本物の機会を与えたい」
マイケル・アンドレッティは、新しいチーム『アンドレッティ・グローバル』でのF1参戦計画が成功した場合、アメリカ人ドライバーがF1に“本物のチャンス”で到達するための「道を切り開く」ことを熱望していると語る。

昨年、アルファロメオF1チームを運営するザウバーを買収するという試みが土壇場で頓挫したマイケル・アンドレッティは、2024年から11番目のチームとしてグリッドに参戦するために新チーム『アンドレッティ・グローバル』の準備を進めている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム