ダニエル・リカルド、ロズベルグのあだ名を暴露『ニコ・ブイログズベルグ』

2021年6月10日
F1:ダニエル・リカルド、ロズベルグのあだ名を暴露『ニコ・ブイログズベルグ』
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグが、かつてのライバルたちから『ニコ・ブイログズベルグ(Nico Vlogsberg)』と呼ばれていることを暴露した。

2016年にF1ワールドチャンピオンを獲得した後、電撃引退を果たしたニコ・ロズベルグ。現在は100万人のフォロワーを抱える自身のYoutubeチャンネルにVlog(ブイログ)を公開している。

ダニエル・リカルド、クラッシュも「限界を見つけようとしてのこと」

2021年6月6日
ダニエル・リカルド、クラッシュも「限界を見つけようとしてのこと」 / マクラーレン F1アゼルバイジャンGP 予選
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選を13番手で終えた。

予選Q2に進出したダニエル・リカルドだが、セッション終盤の最後のアタックでクラッシュ。この日3回目の赤旗の原因となり、セッションはそのまま終了した。

ダニエル・リカルド、失望のモナコGP後にシミュレーターで走り込み

2021年6月2日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド、失望のモナコGP後にシミュレーターで走り込み
ダニエル・リカルドは、失望のF1モナコの後、MCL35Mをさらに理解するためにマクラーレンのF1シミュレーターで時間を費やしたことを明らかにした.

F1モナコGPで優勝経験もあるダニエル・リカルドだが、今年は3位表彰台を獲得したチームメイトのランド・ノリスに周回遅れにされて12位とポイント圏外でフィニッシュ。2021年にポイントを逃したのは初めてとなった。

ダニエル・リカルド 「今F1にいられるのはヘルムート・マルコのおかげ」

2021年6月1日
ダニエル・リカルド 「今F1にいられるのはヘルムート・マルコのおかげ」
ダニエル・リカルドは、今F1にいることができるのは、キャリア形成期にレッドブルの育成プログラムに参加し、ヘルムート・マルコの影響を受けたことが大きいと語る。

ダニエル・リカルドは、残忍で有名なレッドブルのジュニアチームの出身であり、2011年途中にHRTでF1デビューするチャンスを得た。翌シーズンにトロ・ロッソでフル参戦を開始したリカルドは、2014年にマーク・ウェバーと後任としてレッドブル・レーシングに昇格した。

ヘルムート・マルコ、苦戦する教え子リカルドに「あきらめるな」

2021年6月1日
レッドブルF1のヘルムート・マルコ、苦戦する教え子リカルドに「あきらめるな」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マクラーレンF1で苦戦している教え子ダニエル・リカルドに「あきらめるな」とエールを送った。

F1モナコGPでチームメイトのランド・ノリスは、チームメイトのランド・ノリスに周回遅れにされたレース後、自分の幻滅はマックス・フェルスタッペンとチームを組んだレッドブルF1での最終年の2018年まで遡ると語った。

ダニエル・リカルド、F1アゼルバイジャンGPでニューシャシーに交換

2021年5月31日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド、F1アゼルバイジャンGPでニューシャシーに交換
マクラーレンは、F1アゼルバイジャンGPで通常にパパイヤオレンジのカラーリングに戻り、ダニエル・リカルドは完全に新しいシャシーを手に入れる準備ができている。

F1モナコGPの“ガルフカラー”の特別カラーリングは大好評を隠したが、マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは今のところは“位回限り”であり、バクーではカラーライングは「通常に戻る」ことを確認している。

ダニエル・リカルド、フェラーリF1移籍の「本格交渉はなかった」

2021年5月29日
ダニエル・リカルド、フェラーリF1移籍の「本格交渉はなかった」
ダニエル・リカルドは、何年にもわかってフェラーリF1への移籍が噂されてきたが、実現には至らなかった。リカルドは過去にチームと話はしたが決して優先事項ではなかったと明かす。

2019年にレッドブルからルノーに移籍したダニエル・リカルドは、2年間の契約期間を終了し、今年マクラーレンに移籍。現在、ランド・ノリスとチームを組んでいる。

マクラーレンF1 「MCL35Mはリカルドにとって不自然な運転方法が必要」

2021年5月27日
マクラーレンF1 「MCL35Bはリカルドにとって不自然な運転方法が必要」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、2021年F1マシン『MCL35M』のポテンシャルを最大限に引き出すには“特別なドラビングスタイル”が必要であり、それはダニエル・リカルドにとって“自然ではない”ものだと語る。

今年、マクラーレンF1に移籍したダニエル・リカルドは厳しいスタートに耐えている。今シーズンここまでの5戦のうち4戦でチームメイトのランド・ノリスに敗北を喫している。

ダニエル・リカルド 「ノリスのデータを見て匹敵できる確信はない」

2021年5月26日
マクラーレンF1のダニエル・リカルド 「ノリスのデータを見て匹敵できる確信はない」
マクラーレンF1で奮闘しているダニエル・リカルドは、チームメイトのランド・ノリスのデータを見て、それに匹敵できるようになるか確信が持てていないと語る。

今年、ルノーからマクラーレンに移籍したダニエル・リカルドは、速さを見せる瞬間はあるものの、まだ本調子とは言えない状況が続いている。

先週末のF1モナコGPは、2018年の勝利を含め、ダニエル・リカルドがパフォーマンスを発揮してきたレースだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム