アルピーヌF1チーム代表 「2023年についてダニエル・リカルドと交渉した」

2023年3月31日
アルピーヌF1チーム代表 「2023年についてダニエル・リカルドと交渉した」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、ピエール・ガスリーと契約する前にダニエル・リカルドと2023年シーズンのドライブの可能性について話したことを認め、リカルドがF1グリッドに戻ってきても「驚かない」と語った。

リカルドは、2021年イタリアGPでの勝利の最高値とチームメイトのランド・ノリスが定期的に上回っていたという最低値を含むマクラーレンでの2つの浮き沈みのあるシーズンの後、冬の間にF1を去った。

ダニエル・リカルドが語るレッドブルF1のサードドライバーとしての目標

2023年3月29日
ダニエル・リカルドが語るレッドブルF1のサードドライバーとしての目標
ダニエル・リカルドは、レッドブルF1のサードドライバーとして迎える2023年第3戦F1オーストラリアGPに向けて、「厳しい数年間」を経て、今後のキャンペーンにおける仕事と個人の目標について説明した。

2022年シーズン終了後にマクラーレンを去ったリカルドは、2014年から2018年までレースをしていた元チームであるレッドブルF1でサードドライバーの役割を担うことになり、自身のLinkedInアカウントへの短い投稿で新しい役割での1年間の目標について口を開いた。

ダニエル・リカルド、レッドブルのF1マシンでオーストラリアを横断

2023年3月28日
ダニエル・リカルド、レッドブルのF1マシンでオーストラリアを横断
ダニエル・リカルドは、今週末のF1オーストラリアGPに向けてレッドブルの活動に復帰しましたが、F1サーキットを数周するのではなく、まったく異なる走行を経験した…

リカルドは今年、母国でのレースには出場しないが、レッドブルのダブルタイトル獲得マシンであるRB7でオーストラリアを横断し、ビーチからアウトバックまでさまざまなコンディションを体験するオフトラックロードトリップで、新しいサードドライバーの役割を最大限に活用した。

「ダニエル・リカルドなくして Drive To Survive は存在しなかった」

2023年2月22日
「ダニエル・リカルドなくして Drive To Survive は存在しなかった」とF1番組プロデューサー
プロデューサーのポール・マーティンは、ダニエル・リカルドがいなければ、F1ドキュメンタリーである『Drive To Survive 』シリーズは存在しなかったと主張する。

Drive To Surviveは、特にアメリカでのF1人気を急上昇させたと言われている。このNetflixの番組の第5シーズンは、2023年のF1キャンペーンの前夜に、数日中に公開される予定だ。

ダニエル・リカルド、2023年のハースF1チーム加入に13億円の給与を要求

2023年2月18日
ダニエル・リカルド、2023年のハースF1チーム加入に13億円の給与を要求
ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、ダニエル・リカルドが2023年のF1グリッドにとどまるために多額の金を欲しがっていたという。

マクラーレンでの2年間の失望の後、元レッドブルのレースウィナーであるダニエル・リカルド(現在33 歳)は放出された。

レッドブルF1のダニエル・リカルド、フォード本社を訪問して従業員と交流

2023年2月9日
レッドブルF1のダニエル・リカルド、フォード本社を訪問して従業員と交流
レッドブル・レーシングのサードドライバーを務めるダニエル・リカルドが、フォードの本社を訪問。フォードCEOのジム・ファーリーとポンティアックのM1コンコースを訪れ、フォード車を運転したり、フォードのデザインスタジオで将来の製品を見学した。

フォードは2月3日(金)、2026年に20年ぶりにF1レースにカムバックすることを発表。F1王者のレッドブルと提携し、同郷のゼネラルモーターズやアンドレッティ・オートスポーツとライバル関係を築く可能性がある。

ダニエル・リカルド 「離れている間にレッドブルF1は獣のように成長」

2023年2月8日
ダニエル・リカルド 「離れている間にレッドブルF1は獣のように成長」
ダニエル・リカルドは、F1レースで7勝を挙げたレッドブル・レーシングに復帰した後、チームに対する初期の考えを共有した。

2014年から2018年までレッドブル・レーシングでドライブしたダニエル・リカルドは、今年、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのサポート役としてサードドライバーとして再加入した。

ダニエル・リカルド、レッドブルF1の発表会の仕事でバサーストを走れず

2023年2月7日
ダニエル・リカルド、レッドブルF1の発表会の仕事でバサーストを走れず
レッドブルF1のサードドライバーを務めるダニエル・リカルドは、今週末のバサースト12時間レースでレッドブルRB7をドライブする機会を逃したことについて「問題ないい」と話している。

バサースト12時間レースの週末、マウント・パノラマでレッドブルRB7のステアリングを握ったのはレッドブルF1のジュニアドライバーであるリアム・ローソンだった。

セルジオ・ペレス 「レッドブルF1にリカルドがいるかどうかは関係ない」

2023年2月6日
セルジオ・ペレス 「レッドブルF1にリカルドがいるかどうかは関係ない」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるセルジオ・ペレスは、ダニエル・リカルドが2023年シーズンからサードドライバーとしてチームに復帰することについては気にしていないと主張する

ダニエル・リカルドが過去に名声を築いたレッドブル・レーシングに復帰することは、セルジオ・ペレスに成功のプレッシャーを与えるため、さらにはマックス・フェルスタッペンとのパートナーシップに一線を画すためだとの憶測が流れている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム