ダニエル・リカルド F1スペインGP初日「まだいくらか楽観的」

2024年6月22日
ダニエル・リカルド F1スペインGP初日「まだいくらか楽観的」
ダニエル・リカルドは、2024年F1第10戦スペインGP初日のフリー走行を16番手で終えた。

ビザ・キャッシュアップRBは、バルセロナに大規模なアップグレードを投入したが、FP1でDRSに問題が発生したことで、FP2では旧仕様に戻して走行することになった。

ダニエル・リカルド F1スペインGPを前にマルク・マルケスとセーリング対決

2024年6月21日
ダニエル・リカルド F1スペインGPを前にマルク・マルケスとセーリング対決
ダニエル・リカルドは、F1スペインGPを前にマルク・マルケスと直接対決した。

RBドライバーのリカルドとMotoGPで6度のチャンピオンに輝いたマルケスは、舗装路を水上に乗り換え、アメリカズカップチームのアリンギ・レッドブル・レーシングとともに高速セーリングで対決した。

ボッタスとリカルドはF1で絶滅危惧種の「道化師」との非難

2024年6月20日
ボッタスとリカルドはF1で絶滅危惧種の「道化師」との非難
モーターレース界の著名人が、2024年末にパドックゲートを去ってほしい現役F1ドライバー2名を挙げた。

2023年シーズン終了後も20人のドライバーがグリッド上のポジションを維持したこともあり、2025年のいわゆる「シリーリーズン」は今年は特に活発になっている。

レッドブルF1首脳 ダニエル・リカルドは「ヴィルヌーブの発言に刺激された」

2024年6月17日
レッドブルF1首脳 ダニエル・リカルドは「ヴィルヌーブの発言に刺激された」
ダニエル・リカルドは、最新の噂では2024年のシーズンを最後まで走りきることができないかもしれないとされている。

34歳のダニエル・リカルドは先週モントリオールに向かったが、レッドブルF1のコンサルタントであるヘルムート・マルコは、角田裕毅の方がが今年ここまでずっと良い仕事をしてきたと発言していた。

ダニエル・リカルド 「ベストを引き出す方法を毎分考えている」とRB F1代表

2024年6月15日
ダニエル・リカルド 「ベストを引き出す方法を毎分考えている」とRB F1代表
RB F1チームの代表を務めるローラン・メキースは、ダニエル・リカルドが常に優れたパフォーマンスを発揮できるプラットフォームを提供する方法について、チームは「毎分」考えていると主張している。

ダニエル・リカルドは開幕9戦で好不調の連続という厳しいシーズンを耐え抜き、2025年にレッドブルに復帰するという希望を断たれた。

レッドブルF1首脳 「リカルドはRBで角田裕毅に勝たなければならなかった」

2024年6月13日
レッドブルF1首脳 「リカルドはRBで角田裕毅に勝たなければならなかった」
ダニエル・リカルドのF1キャリアが終わりを迎えるかもしれないというもう一つの明確な兆候として、ヘルムート・マルコはジャック・ヴィルヌーヴの発言を叱責することを拒否した。

1997年のワールドチャンピオンで、率直な意見を言うヴィルヌーヴは、リカルドが今F1にいるのは結果やペースのためではなく「イメージ」のためだけだと発言し、モントリオールで騒動を引き起こした。

ヘルムート・マルコ 2025年のダニエル・リカルドのRB F1残留を望まず?

2024年6月12日
ヘルムート・マルコ 2025年のダニエル・リカルドのRB F1残留を望まず?
ダニエル・リカルドのフォーミュラ1での冒険は、ついに終わりを迎えるかもしれない。

レッドブルのジュニアチームであるRBはモントリオールで、レッドブルが2025年シーズンの角田裕毅との契約「オプション」を行使したと発表した。

「僕のキャリアで初めて、他のチームも興味を持っている状況になりました」と24歳の角田裕毅は語った。「でも、もちろんレッドブルが常に優先権を持っていました」

ヴィルヌーヴ リカルドに反撃「現役F1ドライバーにしては個人的な発言」

2024年6月12日
ジャック・ヴィルヌーヴ リカルドに反撃「現役F1ドライバーにしては個人的な発言」
1997年のF1世界チャンピオン、ジャック・ヴィルヌーヴは、カナダGPでダニエル・リカルドとの口論が続く中、彼に反撃した。

すべては金曜日、ジャック・ヴィルヌーヴが、ダニエル・リカルドがなぜまだグリッドにいるのか疑問を呈し、リカルドはパフォーマンス不足の「言い訳」を探しているだけだと主張したことから始まった。

リカルド F1カナダGP決勝「ジャンプスタートはおそらくクラッチの問題」

2024年6月11日
ダニエル・リカルド F1カナダGP決勝「ジャンプスタートはおそらくクラッチの問題」
ダニエル・リカルドは、2024年F1第9戦カナダGPの決勝を8位でフィニッシュ。ジャンプスタートのペナルティの原因はクラッチの問題だったと示唆した。

ダニエル・リカルドは日曜日のレースで“false start”をしたとして5秒間のタイムペナルティを科され、最初のピットストップで消化した。赤信号の間、わずかに前進しているのが確認された。リカルドに有利になることはなかったが、規則違反だった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム