ダニエル・リカルドのマクラーレン移籍はステップアップにあらず?

2020年5月27日
ダニエル・リカルドのマクラーレン移籍はステップアップにあらず?
ダニエル・リカルドのマクラーレンF1への移籍は、ステップアップではなく、むしろ“横移動”にすぎないかもしれないとF1ジャーナリストのジョー・サワードは語る。

マクラーレンはホンダとの3年間の失敗を経て、2018年からルノーのF1エンジンに変更。昨シーズンはルノーのワークスチームを破ってコンストラクターズ選手権を4位で終えた。

ルノーF1 「リカルドの後任は2020年シーズンが開始するまで決定しない」

2020年5月26日
ルノーF1 「リカルドの後任は2020年シーズンが開始するまで決定しない」
ルノーF1は、2021年のダニエル・リカルドの後任を誰にするかを決定するのは2020年のF1世界選手権がスタートするまで待つと語る。

セバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱発表をきっかけに2021年のドライバー市場は大きく動き、カルロス・サインツがフェラーリ、ダニエル・リカルドがマクラーレンへと移籍し、ルノーF1のエステバン・オコンのチームメイトの座が空席となった。

マクラーレンF1 「リカルドはナンバー1として加入するわけではない」

2020年5月25日
マクラーレンF1 「リカルドはナンバー1として加入するわけではない」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、少なくとも自分が担当している限りは、2021年にダニエル・リカルドがナンバー1として加入することはないと語る。

ダニエル・リカルドは、フェラーリに移籍するカルロス・サインツの後任として2021年にマクラーレンに移籍し、ランド・ノリスのチームメイトとなる。

ランド・ノリス 「ダニエル・リカルドと組むのを楽しみにしている」

2020年5月24日
ランド・ノリス 「ダニエル・リカルドと組むのを楽しみにしている」 / マクラーレンF1
ランド・ノリスは、F1レースウィナーであるダニエル・リカルドが2021年にマクラーレンに加入することに興奮していると語り、カルロス・サインツとは異なるチャレンジになるだろうと認める。

2020年シーズン限りで離脱するセバスチャン・ベッテルとしてカルロス・サインツがフェラーリに移籍し、マクラーレンにはダニエル・リカルドが加入する。

ダニエル・リカルド 「2016年のF1モナコGPで失った勝利に2年間悩まされた」

2020年5月23日
ダニエル・リカルド 「2016年のF1モナコGPで失った勝利に2年間悩まされた」
ダニエル・リカルドは、レッドブル所属時の2016年のF1モナコGPでピットミスによって勝利を失ったことに2年間“悩まされた”と語る。リカルドは2年後の2018年にF1モナコGPで勝利し、リベンジを果たしている。

2016年のF1モナコGP。ポールポジションからスタートしたダニエル・リカルドは第1スティントをリードしていたが、レッドブルはピットストップに失敗。大きくタイムロスしたことでメルセデスのルイス・ハミルトンにリードを奪われた。

ダニエル・リカルド、ルノーF1の行く末を知ってチームを離脱?

2020年5月22日
ダニエル・リカルド、ルノーF1の行く末を知ってチームを離脱?
ダニエル・リカルドは、ルノーF1の将来の運命を知ってマクラーレンに移籍したのはないかと疑われている。

フランスの多くのメディアによると、ルノーは近い将来、大幅なコスト削減を発表すると報道。新型コロナウイルスによる財政危機により、自動車市場は完全に崩壊し、ルノー・グループは会社の健全を保つために今後いくつかの対策を取らざるを得ない状況に陥っている。

マクラーレンF1、一度は移籍を断ったリカルドの心境の変化を説明

2020年5月21日
マクラーレンF1、一度は移籍を断ったリカルドの心境の変化を説明
マクラーレンF1チームのCEOを務めるザク・ブラウンは、ダニエル・リカルドがマクラーレンへ移籍することに考えを変えた理由を説明した。リカルドは2019年にマクラーレンに移籍するためののオファーを断っていた。

2018年シーズン末にフェルナンド・アロンソが引退し、ストフェル・バンドーンとの契約を更新しないことを決定したマクラーレンは、新人のランド・ノリスのチームメイトを探していた。

マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドはF1ワールドチャンピオン候補」

2020年5月19日
マクラーレンF1 「ダニエル・リカルドはF1ワールドチャンピオン候補」
マクラーレンF1チームのザク・ブラウンは、2021年に新加入するダニエル・リカルドは適切なマシンの乗れば“すぐに”F1ワールドチャンピオンになれる実力の持ち主だと語る。

先週、セバスチャン・ベッテルのフェラーリF1離脱をきっかけに2021年のドライバー市場は大きな動きを見せ、ダニエル・リカルドは2021年からマクラーレンでランド・ノリスのパートナーになることが発表された。

ダニエル・リカルド、マクラーレンF1との契約は年俸40億円との報道

2020年5月15日
ダニエル・リカルド、マクラーレンF1との契約は年俸40億円との報道
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1との新しい契約にとって年俸面でトップ3入りを果たしたと報じられている。

マクラーレンは5月14日(木)、フェラーリに移籍するカルロス・サインツの後任として、現在ルノーのF1ドライバーを務めるダニエル・リカルドと複数年契約を結んだことを発表した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム