ダニエル・リカルド 「僕たちはモンツァの勢いをキープできている」

2021年9月26日
ダニエル・リカルド 「僕たちはモンツァの勢いをキープできている」 F1ロシアGP 予選
マクラーレンのダニエル・リカルドは、2021年F1ロシアGPの予選を5番手で終えた。

前戦F1イタリアGPでダニエル・リカルドが衝撃的な優勝を果たしたマクラーレンは、今週末はランド・ノリスがポールポジションを獲得。前戦からの勢いを維持している。

ダニエル・リカルド 「ハミルトンが負傷していたらマックスは助けた」

2021年9月21日
ダニエル・リカルド 「ハミルトンが負傷していたらマックスは助けた」 / F1イタリアGP
ダニエル・リカルドは、F1イタリアGPのクラッシュでルイス・ハミルトンが負傷したと思えば、マックス・フェルスタッペンは助けに向かったと確信している。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPのシケインで接触。フェルスタッペンのマシンはハミルトンの頭上に乗り上げ、グラベルで両者リタイアとなった。

ダニエル・リカルド 「自分のトロフィーがセナの隣に飾られるなんて夢のよう」

2021年9月19日
ダニエル・リカルド 「自分のトロフィーがセナの隣に飾られるなんて夢のよう」
マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1イタリアGPの優勝トロフィーが、マクラーレン・テクノロジー・センター内にアイルトン・セナが獲得したものと並んで飾られるのは“夢のような”な気分だと語った。

ダニエル・リカルドは、先週日曜日のF1イタリアGPで、2012年以来となる勝利をマクラーレンにもたらした。チームメイトのランド・ノリスも2位に入り、マクラーレンは11年ぶりに1-2フィニッシュを達成した。

ダニエル・リカルドをF1イタリアGPの勝利に導いた「燃えるような感覚」

2021年9月17日
ダニエル・リカルドをF1イタリアGPの勝利に導いた「燃えるような感覚」
マクラーレンのダニエル・リカルドは、F1イタリアの予選でトップ3のパフォーマンスを発揮できなかった自分に感じた怒りによる“燃えるような感覚”が勝利に導いたと語る。

F1イタリアGPの金曜日の予選セッションで、ダニエル・リカルドは、マクラーレンのチームメイトであるランド・ノリスにわずか0.006秒遅れで5番手となった。そして、土曜日のスプリント予選では、3番手となり、実力でフロントローを獲得することができなかった。

F1イタリアGP:ダニエル・リカルドがDRIVER OF THE DAY

2021年9月14日
F1イタリアGP:ダニエル・リカルドがDRIVER OF THE DAY
2021年 F1イタリアGPの“ドライバー・オブ・ザ・デー”には、優勝したマクラーレンのダニエル・リカルドが選ばれた。

“ドライバー・オブ・ザ・デー”はグランプリで活躍したドライバーをファン投票で決定。ダニエル・リカルドは、スタートでトップに立つと、タイトル争いの二人でクラッシュリタイアする波乱のレースで制した。

ダニエル・リカルド 「逆境がこの勝利をさらにスイートにしてくれた」

2021年9月13日
ダニエル・リカルド 「逆境がこの勝利をさらにスイートにしてくれた」 / F1イタリアGP 結果
ダニエル・リカルドは、マクラーレン移籍後に直面した逆境が、F1イタリアGPでの勝利を“さらにスイート”なものにしたと語る。

ダニエル・リカルドは、2012年以来となる勝利をマクラーレンにもたらし、チームメイトのランド・ノリスが2位フィニッシュしたことで、チームにとっては11年ぶりに1-2フィニッシュとなった。

リカルド流ジョーク復活 「マックスとはハードに戦わないことで合意済」

2021年9月12日
リカルド流ジョーク復活 「マックスとはハードに戦わないことで合意済」 / F1イタリアGP スプリント予選
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1イタリアGPの決勝でフロントロースタートを確保。トレードマークの笑顔と陽気なジョークが戻ってきた。

土曜日のスプリント予選で、ダニエル・リカルドは、マックス・フェルスタッペンに次ぐ3位でフィニッシュ。勝者のバルテリ・ボッタスがエンジンペナルティによって最後尾に降格するため、フェルスタッペンとリカルドはフロントローに並ぶことになった。

ダニエル・リカルド、マクラーレンとの予選ベスト4番手 「本当に満足」

2021年8月29日
ダニエル・リカルド、マクラーレンとの予選ベスト4番手 「本当に満足」 / F1ベルギーGP 予選
マクラーレンのダニエル・リカルドは、2021年F1ベルギーGPの予選で4番手タイムを記録。マクラーレン移籍後のベストリザルトとなった。

移籍組のなかで最も苦戦を強いられているダニエル・リカルド。持ち前のブレーキングがマクラーレンのマシンとマッチせず、ランド・ノリスに大きく水をあけられていた。しかし、ウエットコンディションとなったF1ベルギーGPでは4番手となり、今季のベルトリザルトを記録した。

セルジオ・ペレス、移籍組のダニエル・リカルドの苦闘ぶりに理解

2021年8月28日
セルジオ・ペレス、移籍組のダニエル・リカルドの苦闘ぶりに理解
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、強力なチームメイト、新しいパワーユニット、そして、自分が慣れてきたものとは非常に異なるマシンを扱っているという点で、マクラーレンでのダニエル・リカルドの苦闘を理解できると語る。

セルジオ・ペレスは、オフシーズンにチームを移籍した4名のドライバーの一人(レーシングポイント → レッドブル)。他にはダニエル・リカルド(ルノー → マクラーレン)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ → アウトンマーティン)、カルロス・サインツ(マクラーレン → フェラーリ)の3名だ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム