「レッドブルとの契約はダニエル・リカルドのF1復帰を早める」とマクラーレン

2022年12月2日
「レッドブルとの契約はダニエル・リカルドのF1復帰を早める」とマクラーレン
マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、レッドブル・レーシングでサードドライバーの役割を担うという決定は、ダニエル・リカルドがF1グリッドに迅速に復帰する良いチャンスを与えると考えている。

ダニエル・リカルドは、2年間の期待外れの期間を経て、マクラーレンとの既存の契約を早期に終了することに同意した後、2023年にむけたF1シートがない状況に陥った。

ダニエル・リカルド 「レッドブルF1との契約に2024年のシート条項はない」

2022年12月2日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1との契約に2024年のシート条項はない」
ダニエル・リカルドは、2023年に結んだレッドブルF1との契約には2024年のレースシートは含まれていないと語る。

2023年にダニエル・リカルドは、レッドブルF1のサードドライバーとなるが、正確な詳細についてまだ完全に明らかになっていない。マクラーレンでの残念な時間を過ごした後、来年は自分の将来について考えるために一歩後退する。

ダニエル・リカルド 「F1を休みたいので角田裕毅のことは放っておいてね」

2022年12月2日
ダニエル・リカルド 「F1を休みたいので角田裕毅のことは放っておいてね」
ダニエル・リカルドは、2023年のレッドブルF1のサードドライバーとしてサイン。来年、彼の母国でのレースを望む評論家に“本当”に休暇を望んでいるので「角田裕毅のことは放っておいて」と語った。

契約満了の1年前にマクラーレンから放出されたダニエル・リカルドは、2023年にマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのラインナップを継続するレッドブル・レーシングでサードドライバーを務める。

ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由

2022年11月30日
ダニエル・リカルドがメルセデスではなくレッドブルとのF1契約を選んだ理由
ダニエル・リカルドは、2023年にメルセデスF1チームのリザーブドライバーではなく、レッドブル・レーシングにサードドライバーとして復帰することを選択した理由を説明した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリの起用を決断したことで、契約満了の1年前にチームを放出されたダニエル・リカルドは、2023年に古巣レッドブルでサードドライバーを務めることが決定した。

フェルスタッペン 「リカルドはレッドブルF1を離れるべきではなかった」

2022年11月29日
マックス・フェルスタッペン 「リカルドはレッドブルF1を離れるべきではなかった」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1にサードドライバーとして復帰することが決定したダニエル・リカルドは、そもそもチームを離れるべきではなかったと考えている。

契約満了の1年前にマクラーレンから放出されたダニエル・リカルドは、2023年にマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのラインナップを継続するレッドブル・レーシングでサードドライバーを務める。

ダニエル・リカルド 「レッドブルF1との契約にレースの役割はない」

2022年11月28日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1との契約にレースの役割はない」
ダニエル・リカルドは、2023年にレッドブル・レーシングとサードドライバーとして契約した理由を説明。契約にはレースの役割は含まれていないと強調した。

マクラーレンがオスカー・ピアストリを起用を決断し、1年早くチームとの契約を解消したダニエル・リカルドは、2023年にミルトン・キーンズのチームに復帰し、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスをサポートする役割を担うことになる。

ダニエル・リカルド、レッドブルF1とサードドライバー契約の“大人の事情”

2022年11月24日
ダニエル・リカルド、レッドブルF1とサードドライバー契約の“大人の事情”
ダニエル・リカルドが、2023年にレッドブルF1と“サードドライバー”と契約したことが発表された。基本的にグランプリ週末に関与しないその契約には“大人の事情”が推測させる。

レッドブルは、リザーブドライバーとしてのポジションを用意しており、2023年はF2をランキング3位で終えてF1スーパーライセンスの資格を満たしたリアム・ローソンとデニス・ハウガーが務める。リザーブドライバーは、各グランプリに帯同、もしくはレース週末にファクトリーでシミュレーターでチームの作業を支援するためにスケジュールを拘束される。

ダニエル・リカルド、レッドブルF1にサードドライバーとして復帰が決定

2022年11月23日
ダニエル・リカルド、レッドブルF1にサードドライバーとして復帰が決定
レッドブル・レーシングは、ダニエル・リカルドが2023年のサードドライバーとしてF1チームに復帰することを確認した.

今シーズンの終わりに、ダニエル・リカルドはマクラーレンを去り、2023年にオスカー・ピアストリにシートを譲った。リカルドはレッドブルに復帰し、テスト、シミュレーター作業、および商業活動を支援する。

ダニエル・リカルド 「レッドブルF1が2023年の非常に可能性が高い場所」

2022年11月22日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1が2023年の非常に可能性が高い場所」
ダニエル・リカルドは、2023年にサードドライバーの役割でレッドブルに加入する可能性が高いことを認め、F1からの“休憩”が必要なため、グリッドのさらに下位のフルタイムのレースシートよりもそのポジションに満足していると語った.

8回のレースウィナーであり、F1でビッグネームの1人であるダニエル・リカルドは、マクラーレンとの契約を1年早く解消。2023年のグリッドから外れることになるが、2024年に復帰するためにF1にある程度関与させ続けるための契約が最終決定されようとしている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム