ダニエル・リカルド F1バーレーンGP初日「Q3や入賞は可能だと感じている」

2024年3月1日
ダニエル・リカルド F1バーレーンGP初日「Q3や入賞は可能だと感じている」
ダニエル・リカルドは、2024年F1第1戦バーレーンGP初日のフリー走行を12番手で終えた。

日中のフリー走行1回目でトップタイムを記録し、新生RBチームとして有望なスタートを切ったダニエル・リカルドだが、夜間のフリー走行2回目では12番手とトップ10圏外に転落。それでも、改善できるエリアはあるとリカルドは語る。

ダニエル・リカルド RBのF1マシンは「ピンク・メルセデスとは違う」

2024年2月29日
ダニエル・リカルド RBのF1マシンは「ピンク・メルセデスとは違う」
ダニエル・リカルドは、VCARB 01が単なるRB19のコピー&ペーストマシンではないかという憶測を冷ますために、ビザ・キャッシュアップRBの新しいF1マシンは「ピンク・メルセデス」ではないと主張した。

新たにブランド名を変更したファエンツァのチームは、アルファタウリとして最後のシーズンとなった2023年にレッドブルと同じような開発路線を採用してシーズンを力強く締めくくった。

ダニエル・リカルド F1バーレーンGP展望「キャリアの第2部の始まり」

2024年2月29日
ダニエル・リカルド F1バーレーンGP展望「キャリアの第2部の始まり」
ダニエル・リカルドが、2024年F1第1戦バーレーンGPへの意気込みを語った。

昨年、レッドブルのリザーブドライバーとして第一線を退いていたダニエル・リカルドだが、第12戦ハンガリーGPからニック・デ・フリースと交代してアルファタウリからF1復帰。途中、骨折による5レースの欠場があったが、以前のリカルドの取り戻したような走りをみせた。

ダニエル・リカルド RBの2024年F1マシンは「RB19のバージョン違いではない」

2024年2月26日
ダニエル・リカルド RBの2024年F1マシンは「RB19のバージョン違いではない」
ダニエル・リカルドは、RBの2024年F1マシン『VCRB 01』が昨年圧倒的な強さを見せたレッドブルRB19の「バージョン違い」では決してないと強調した。

レッドブル・レーシングと姉妹チームRBの関係が緊密化していることは周知の事実であり、RBは技術規則に従って合法的に可能な限り多くのパーツをレッドブルから調達している。

レッドブルF1 RB20で示した相手を「完膚なきまでに叩きのめす」精神

2024年2月25日
レッドブルF1 RB20で示した相手を「完膚なきまでに叩きのめす」精神
レッドブル・レーシングが2024年F1マシン『RB20』で打ち出したアグレッシブなデザインは、チームがいかに相手を「完膚なきまでに叩きのめす」ことを望んでいるかを証明しているとダニエル・リカルドは語った。

レッドブルは昨年のRB19を進化させるのではなく、目を見張るようなサイドポッドソリューションやエンジンカバーのメルセデススタイルの溝など、大胆なコンセプトの転換を選択した。

リカルド RBのF1マシンに進化を実感も「もう少し見つける必要がある」

2024年2月24日
リカルド RBのF1マシンに進化を実感も「もう少し見つける必要がある」
ダニエル・リカルドは、3日間のプレシーズンテストを終えて、新生RBのVCARB 01に昨年からの進化を感じているが、定期的にQ3でポイントを争うにはまだ改善が必要がだと語る。

3日間のテストでリカルドは210周(1,136.520 km)を走破。ショートラン、ロングランともに期待していたパフォーマンスを得ることができたが、それでもミッドフィールドの先頭に立つにはまだ作業が必要だと語る。

RB好調も「F1テストの結果は当てにならない」とダニエル・リカルド

2024年2月23日
RB好調も「F1テストの結果は当てにならない」とダニエル・リカルド
RBのダニエル・リカルドは、バーレーン・インターナショナル・サーキットでのプレシーズンテスト2日目を終え、2024年F1世界選手権シーズンに向けて「非常に多くの疑問」が残っていると考えている。

チームメイトの角田裕毅から引き継いだリカルドは、午後のセッションで88周を走りきり、ピレリのC4コンパウンドを履いてベストラップを記録。ペースセッターのカルロス・サインツから1.4秒差の5番手に入った。

ダニエル・リカルド VCARB 01で初日4番手も「表彰台は現実ではなく願望」

2024年2月22日
ダニエル・リカルド VCARB 01で初日4番手も「表彰台は現実ではなく願望」 / 2024年F1プレシーズンテスト
ダニエル・リカルドは、ビザ・キャッシュアップRBが来週末のシーズン開幕戦バーレーンGPから表彰台を争うことになるとは考えていない。

以前はアルファタウリとして知られていたRBがウィンターブレイク中に完全な変身を遂げ、親チームであるレッドブルとの関係を強化したことは周知の事実である。

角田裕毅とリカルドは「素晴らしいバランス」とビザ・キャッシュアップRB

2024年2月17日
角田裕毅とリカルドは「素晴らしいバランス」とビザ・キャッシュアップRB F1チーム代表
ビザ・キャッシュアップRBフォーミュラ1チームのチーム代表を務めるローラン・メキースは、2024年のF1世界選手権における角田裕毅とダニエル・リカルドというドライバーラインナップは「素晴らしいバランス」だと語る。

ファエンツァを拠点とするチームは、若いドライバーがレッドブルレーシングにステップアップするための準備手段として結成されたが、近年、チームは経験を重視する傾向にある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム