レッドブルF1代表 「新規エンジンサプライヤーには2つの不利な側面がある」

2022年9月26日
レッドブルF1代表 「新規エンジンサプライヤーには2つの不利な側面がある」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1エンジンサプライヤーとして新規参入するには2つの不利な側面があると語る。

レッドブル・レーシングの責任者であるクリスチャン・ホーナーは、レッドブルの2つのF1チームの両方にF1パワーユニットを生産するために新しく設立されたレッドブル ・パワートレインズのビジネスも監督している。

レッドブルF1、2023年からレーシングギアをプーマからスパルコにスイッチ

2022年9月26日
レッドブルF1、2023年からレーシングギアをプーマからスパルコにスイッチ
レッドブルF1は、2023年からスパルコ(Sparco)がテクニカルレースウェアのサプライヤーとしてレーシングギアを供給することを発表した。

これまでプーマの製品を使用してきたレッドブルF1だが、2023年からはスパルコが、マックス・フェルスタッペン、セルジオ・レス、トラックサイドのチームのクルーに、最高のFIAの安全性を満たすあらゆる種類のレースウェアを提供する。

レッドブルF1 「独自F1エンジンの学習曲線は非常に深い」

2022年9月26日
レッドブルF1 「独自F1エンジンの学習曲線は非常に深い」
レッドブルは、2026年に発効されるF1の次世代エンジンレギュレーションの変更に向けて、独自のF1パワーユニットの準備に懸命に取り組んでいるが、チームのテクニカルディレクターであるピエール・ワシェが、今後の重要なタスクについて概説した。

レッドブル・パワートレインズは昨年、ホンダのF1パワー ユニットの運用を引き継ぐために設立された。その後、2026 年シーズンから独自のメーカーとなる。ミルトン キーンズを拠点とする F1オペレーションは、フェラーリに加わり、シャシーとエンジンの両方の部門を 1つのキャンパスにまとめた。

アルグエルスアリ 「激怒するヘルムート・マルコの夢で泣きながら目覚める」

2022年9月25日
元トロロッソF1のハイメ・アルグエルスアリ 「激怒するヘルムート・マルコの夢で泣きながら目覚める」
元トロ・ロッソのF1ドライバーであるハイメ・アルグエルスアリは、今でも怒ったヘルムート・マルコにひどく叱りつけられる“非常に奇妙”な夢をまだ見ており、“まるで子供のよう”に涙を流して目を覚ますと語る。

ハイメ・アルグエルスアリは、2009年にセバスチャン・ブルデーに代わってトロ・ロッソのドライバーに抜擢された。アルグエルスアリは、それまで F1 マシンを運転したことがなく、19歳125日でのF1デビューは、当時のF1史上最年少のドライバーとなった。

レッドブルF1代表 「リカルドを雇うようアルピーヌにアドバイスする」

2022年9月25日
レッドブルF1代表 「リカルドを雇うようアルピーヌにアドバイスする」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドがF1で道に迷ってしまったことを認めつつも、「そこにはまだ有能なドライバーがいる」と主張し、アルピーヌF1チームにダニエル・リカルドを再び雇うようアドバイスすると語った。

ダニエル・リカルドは、2019年にレッドブルからルノーに移籍したが、両者にとって期待外れの2シーズンの後、2020年にマクラーレンへと移籍した。

角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」

2022年9月25日
角田裕毅のアルファタウリF1残留に厳しい意見「幸運が重なっただけ」
角田裕毅は、2023年にアルファタウリF1で3シーズン目を迎えることが発表されたが、racingnews365は、それはレッドブルの選択ではなく、そうせざるを得ない状況だったに過ぎないと厳しい意見を述べている。

一見すると、角田裕毅にとっては、少なくともあと1年F1キャリアを継続できることは朗報だ。ピエール・ガスリーがアルピーヌF1チームに移籍した場合、ジュニアチームから2人の新しいドライバーを起用する必要がないため、ドライバーを継続することはアルファタウリとレッドブルにとっても朗報だ。

マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1のプロセスを信頼してきた」

2022年9月25日
マックス・フェルスタッペン 「レッドブルF1のプロセスを信頼してきた」
2度目のF1ワールドチャンピオン獲得にむけて突き進んでいるマックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1の困難な時期も「プロセスを信頼”し、今ではそれが報われていると語る。

わずか17歳で F1 グリッドに到着したときから、レッドブルF1にとってマックス・フェルスタッペンが将来のスターであることは最初から明らかだった。

セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1復帰に近づくことはなかった」

2022年9月24日
セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1復帰に近づくことはなかった」
セバスチャン・ベッテルは、2020年にフェラーリから放出されることを知った後、チームの首脳陣と「短い会話」はしたが、レッドブルF1への復帰に「実際に近づくことはなかった」と語った。

セバスチャン・ベッテルは、2009年から2014年までの6 シーズンにわたってレッドブル・レーシングに在籍し、4 つの世界タイトルすべてを獲得した後、2015年にフェラーリに移籍した。

ホンダ、フェルスタッペン&ペレス参加のF1日本GPファンミーティング開催

2022年9月24日
ホンダ、フェルスタッペン&ペレス参加のF1日本GPファンミーティング開催
ホンダは、2022年F1日本GP直前にレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが参加するファンミーティン「Hondaハート FORMULA 1 DREAM」をウエルカムプラザ青山で開催する。

ホンダは、3年ぶりの開催となる『2022 FIA F1世界選手権シリーズ HONDA 日本グランプリレース』をファンと一緒に盛り上げる企画をウエルカムプラザ青山で用意。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム