レッドブルF1 「財政規則の導入はトロロッソがいるので大差はない」

2019年11月12日
レッドブルF1 「財政規則の導入はトロロッソがいるので大差はない」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年にF1に財政規則が導入されてもトロロッソと2チーム体制を敷いているおかげで収益面で全体的には大差はないと語る。

F1は2021年に1億7500万ドルの予算制限とより公平な収益分配を含めた財政規則を新たに導入する。

レッドブル・ホンダ、2020年のアレクサンサー・アルボンの続投を発表

2019年11月12日
レッドブル・ホンダ、2020年のアレクサンサー・アルボンの続投を発表
レッドブル・ホンダは、アレクサンダー・アルボンが2020年もマックス・フェスタッペンのパートナーとしてチームに残留することを発表した。

今年、トロロッソ・ホンダでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、成績不振のピエール・ガスリーに代わってF1ベルギーGPからレッドブル・ホンダに昇格。7戦すべてでトップ6以上でフィニッシュする成績を残してきた。

マックス・フェルスタッペン、CarNext.comとスポンサー契約

2019年11月12日
マックス・フェルスタッペン、CarNext.comとスポンサー契約
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、中古車オンラインサイトのCarNext.comと提携することは発表した。

パートナーシップは複数年で、マックス・フェルスタッペンはCarNext.comが展開する英国、ドイツ、イタリア、ポルトガル、スペイン、オランダ、ベルギー、フランス、ポーランド、トルコなど23の欧州市場で同サイトの認知度を高める活動をしていく。

レッドブル 「ホンダはF1継続をまだ決断していない」

2019年11月12日
レッドブル 「ホンダはF1継続をまだ決断していない」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、エンジンパートナーのホンダがまだ2021年以降にF1を継続するかどうかを決定しておらず、チームのF1継続もまだ確定していないと語る。

リバティ・メディアは、2021年に導入する新しいレギュレーションを発表。パワーユニットに関しては大きな変更はなく、コストが大幅に増加することはない。

レッドブルF1 「2020年は皮肉にも最も拮抗した戦いになるだろう」

2019年11月12日
レッドブルF1 「2020年は皮肉にも最も拮抗した戦いになるだろう」
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のF1世界選手権はハイブリッド時代で最も拮抗した戦いになると考えているが、2021年の大幅な変革が迫っていることを考えれば、それは“皮肉”だと感じていると語る。

2014年にF1が現在のエンジンパッケージを導入して以来、メルセデスがすべての選手権を制しており、2017年に空力ルールの大幅な変更が適用されてもその優位性は変わらなかった。

レッドブルF1代表 「アルボンはF1シートを自分のものにしている」

2019年11月11日
レッドブルF1代表 「アルボンはF1シートを自分のものにしている」
2020年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトはまだ発表されていないが、レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のレッドブル・ホンダのシートはほぼアレクサンダー・アルボンのものであることを示唆している。

アレクサンダー・アルボンは、今年のF1ベルギーGPからピエール・ガスリーに代わってレッドブル・ホンダに昇格。チームとの7戦をすべて6位以上でフィニッシュしており、F1日本GPでは自己ベストとなる4位を記録した。

マックス・フェルスタッペンの発言に地元メディアも「ビッグマウスすぎた」

2019年11月11日
マックス・フェルスタッペンの発言に地元メディアも「ビッグマウスすぎた」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのフェラーリの“不正行為”発言にイタリアのメディアは激怒しているが、フェルスタッペンの地元オランダのメディアも“ビッグマウスすぎた”と認める。

マックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPのレース後に、フェラーリが突如ペース不足に陥ったのは、燃料流量システムで違法にパワーブーストすることを封じられたからだと発言して物議を醸した。

アレクサンダー・アルボン 「インテルラゴスは楽しみにしていたトラック」

2019年11月11日
アレクサンダー・アルボン 「インテルラゴスは楽しみにしていたトラック」 / レッドブル・ホンダ F1ブラジルGP プレビュー
レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、2019年のF1第20戦 ブラジルGPへの意気込みとインテルラゴス・サーキットについて語った。

今年、F1デビューを果たしたばかりのアレクサンダー・アルボンにとって、インテルラゴスは初めて走るサーキットのひとつ。そのなかでも最も楽しみにしていたサーキットのひとつだとアルボンは語る。

ホンダ 八郷隆弘社長 「来年はレッドブルとF1チャンピオンを獲りたい」

2019年11月11日
ホンダ 八郷隆弘社長 「来年はレッドブルとF1チャンピオンを獲りたい」
ホンダの八郷隆弘社長が、11月10日(日)ツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY 2019」で挨拶。F1を含めた2019年の国内外のモータースポーツ活動を振り返るとともに、来季はレッドブルと“何が何でもシリーズチャンピオンを獲りたいと思っています”と力強く語った。

今年で12回目の開催となるHonda Racing THANKS DAY 2019。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム