フェルスタッペン 「メルセデスのR&D戦略はレッドブルでは機能しない」

2020年10月23日
マックス・フェルスタッペン 「メルセデスのR&D戦略はレッドブルでは機能しない」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP 木曜記者会見
マックス・フェルスタッペンは、メルセデスが採用した2020年から2021年のマシンへの研究開発リソースの切り替えは、レッドブル・ホンダF1では機能しないと考えている。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、前戦F1アイフェルGPで、すでに2021年のF1マシンに焦点を合わせるために2020年の開発を停止したと語った。

セバスチャン・ブエミ、レッドブルF1のリザーブとして現場に帯同

2020年10月23日
セバスチャン・ブエミ、レッドブルF1のリザーブとして現場に帯同 / F1ポルトガルGP
セバスチャン・ブエミは、今週末のF1ポルトガルGPでレッドブル・レーシングおよびアルファタウリ・ホンダのリザーブドライバーとしてアルガルベ・サーキットのパドックに久々に姿をみせた。

セバスチャン・ブエミは、長い間レッドブルチームと関係があり、2009年から2011年まではジュニアチームであるトロロッソからF1に参戦している。

F1:2021年のフロア規則はハイレーキのレッドブル・ホンダに有利?

2020年10月22日
F1:2021年のフロア規則はハイレーキのレッドブル・ホンダに有利?
レッドブル・ホンダF1のハイレーキコンセプトは、2021年のフロア変更の恩恵を受けることになるかもしれない。そう語るのはレーシング・ポイントF1のテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンだ。

新型コロナウイルスに伴る財政問題により、F1チームは2021年に予定していた新レギュレーションの導入を1年間延期することを決定。来季も現在のシャシーを継続使用することになる。

レッドブルF1 「競争力を維持できるのはホンダF1エンジンの自社開発だけ」

2020年10月22日
レッドブルF1 「競争力を維持できるのはホンダF1エンジンの自社開発だけ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年以降に競争力を維持できる解決策はホンダのF1エンジンを自社開発するという選択肢だけだと語る。

ホンダが2021年シーズン限りでF1から撤退することで、2022年からレッドブルにはエンジンがなくなる。いくつかの選択肢はあるが、ヘルムート・マルコはホンダのF1エンジンを引き継いで自社で開発する以外に競争力を維持することはできないと考えている。

マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとのギャップは縮まっている」

2020年10月22日
マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとのギャップは縮まっている」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2020年のF1世界選手権 第12戦 F1ポルトガルGPへの意気込みを語った。

アルガルベ・サーキットでF1が開催されるのは初めてとなる。今年始めにGTカーで同サーキットを走行したマックス・フェルスタッペンがその印象を語った。

メルセデスF1 「マックス・フェルスタッペンは当面我々の選択肢ではない」

2020年10月22日
メルセデスF1 「マックス・フェルスタッペンは当面我々の選択肢ではない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、マックス・フェルスタッペンはチームにとって選択肢ではないと繰り返した。

マックス・フェルスタッペンはレッドブルと2023年まで契約を結んでいるが、チームのパフォーマンスが期待外れであるか、もしくは2022年に競争力のあるエンジンやパッケージがない場合、2021年に解除条項を介してチームを離れることができるとされている。

アレクサンダー・アルボン 「新しい会場は若手ドライバーにチャンス」

2020年10月22日
アレクサンダー・アルボン 「新しい会場は若手ドライバーにチャンス」 / レッドブル・ホンダ F1ポルトガルGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンが、2020年のF1世界選手権 第12戦 F1ポルトガルGPへの意気込みを語った。

F1はポルティマオというさらにまた新しいトラックに向かいます!以前に行ったことはありますか?
F3でポールポジションと表彰台を獲得しているのでポルティマオには良い思い出がある。多くの特性と良い流れを備えた本当にクールなトラックだ。

レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは今季の展開に失望している」

2020年10月21日
レッドブルF1首脳 「フェルスタッペンは今季の展開に失望している」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを達成できないことが確実となった今シーズンの展開に失望していると認める。

2020年のF1世界選手権でのタイトル獲得にむけて、レッドブルとホンダF1はこれまでで最高の準備を進めてきたと自信を持っていた。しかし、新型コロナウイルスによる大きな中断期間を経てスタートしたシーズンは序盤からメルセデスが圧勝。すでにタイトル獲得は困難であることがわかった。

レッドブルF1 「最高のシャシーを生産するという称号は取り戻せる」

2020年10月21日
レッドブルF1 「最高のシャシーを生産するという称号は取り戻せる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームはF1で最高のシャシーメーカーとしてのステータスを取り戻すことができると主張する。

レッドブル・ホンダF1は、今季マシン『RB16』のバランスに苦戦。ピーキーな特性によって両方のドライバーがリアのグリップの不安定さに不満を述べていたが、チームはマシンの欠陥を特定し、最近のレースではパフォーマンスを向上させている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム