マックス・フェルスタッペン:2017 F1ベルギーGP プレビュー

2017年8月21日
マックス・フェルスタッペン F1 ベルギーグランプリ レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペンが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

マックス・フェルスタッペン (レッドブル)
「今年のスパが待ち切れない。本当に大好きなトラックだし、グランドスタンドで多くのオレンジのファンを目にするのを楽しみにしている。スパはシーズンでも好きなトラックだ。全てを正しくまとめなければならないけど、良いラップができたときはとてもやりがいを感じる」

ダニエル・リカルド:2017 F1ベルギーGP プレビュー

2017年8月21日
ダニエル・リカルド F1 ベルギーグランプリ レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルドが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

ダニエル・リカルド (レッドブル)
「スパについて考えるときは、いつも2014年の優勝のことを考える。もちろん、劇的な勝利を収めたときの方が楽しいものだけど、同時に勝利は勝利だし、あのときは快適なリードを築いていたもプレッシャーを感じていた。決して楽には勝てないものだ」

カルロス・サインツ 「レッドブルとの契約を破るつもりはない」

2017年8月16日
カルロス・サインツ F1 トロ・ロッソ
カルロス・サインツは、レッドブルおよびトロ・ロッソとの緊張関係が静まったことに満足していると述べた。

レッドブルと契約を結び、今年ジュニアチームのトロ・ロッソで3シーズン目を迎えているカルロス・サインツだが、レッドブル昇格の望みは薄く、2018年にトロ・ロッソで4年目を迎えるつもりはないと述べて物議を醸していた。

レッドブル 「上位2チームとのポイント差はあまりに大きい」

2017年8月15日
レッドブル F1
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2017年のコンストラクターズ選手権でレッドブルがメルセデスやフェラーリを上回ることはないと認めるが、シーズン後半の残り9レースではフェラーリを上回ることを目指していると語る。

「チャンピオンシップという観点では、メルセデスとフェラーリとのギャプは埋めるのはあまりに大きいと思う」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

レッドブル、2017年のスロースタートの原因は風洞の相関問題

2017年8月13日
レッドブル F1
レッドブルは、2017年の新F1レギュレーションでのスロースタートの原因は、大型化した新世代のF1マシンが風洞のパフォーマンスに影響を与えたためだと考えている。

空力を重視したレギュレーションは、レッドブルに有利に働き、2013年以来となるタイトル獲得を可能にすると考えられていたが、レッドブルはプレシーズンテストからメルセデスとフェラーリに対して遅れをとった。

アストンマーティン ヴァルキリーの最新イメージが公開

2017年8月12日
アストンマーティン ヴァルキリー
アストンマーティンとレッドブル・レーシングが共同開発し、かのエイドリアン・ニューウェイがデザインしたハイパーカー “ヴァルキリー(Valkyrie)”の最新イメージが公開。今回公開された最新イメージは、実際の生産モデルに最も近いものとなっている。

当初AM-RB 001というコードネームで呼ばれていたアストンマーティンとレッドブル・レーシングのコラボレーションによるハイパーカーは、レッドブル・レーシングでチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイが設計を手がける初の公道走行可能なロードカー。

レッドブル、ルノーに予選Q3用のエンジンモードの改善を要求

2017年8月7日
レッドブル F1
レッドブルは、エンジンサプライヤーであるルノーに予選Q3でのエンジンモードの改善を求めている。

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、レッドブルがライバルであるメルセデスやフェラーリに予選で匹敵できないのは、彼らには予選で生かせる優れたエンジンモードがあるからだと考えている。

ダニエル・リカルド、フェルスタッペンの謝罪を受け入れて和解

2017年8月2日
ダニエル・リチャルド ハンガリーグランプリ
レッドブルのダニエル・リカルドは、マックス・フェルスタッペンとF1ハンガリーGPのオープニングラップでの同士討ちについて個人的に話し合い、その件は水に流すことにしたと述べた。

F1ハンガリーGPでは、ターン2でマックス・フェルスタッペンがダニエル・リカルドのマシンサイドに接触。ダメージを負ったリカルドはリタイアすることになった。

ダニエル・リカルド、フェルスタッペンに激怒 「アマチュアの走り」

2017年7月31日
ダニエル・リチャルド F1 ハンガリーグランプリ
ダニエル・リカルドは、F1ハンガリーGPの1周目に同士討ちを演じたチームメイトのマックス・フェルスタッペンの走りを“アマチュア”だとして怒りを露わにした。

ダニエル・リカルドは、チームメイトの後ろの6番グリッドから良いスタートを切って先行。ターン1でバルテリ・ボッタスのインサイドから追い抜きを仕掛けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム