レッドブル:マックス・フェルスタッペンが4位入賞 / F1ドイツGP

2018年7月23日
F1 レッドブル・レーシング ドイツGP
レッドブル・レーシングは、F1ドイツGPの決勝レースで、マックス・フェルスタッペンが4位入賞。ダニエル・リカルドはマシントラブルによるリタイアでレースを終えた。

マックス・フェルスタッペン (4位)
「かなりカオスなレースだったので、4位フィニッシュは良い結果だったと思うし、クルマはレースを通して強かった。後半に天候が変化したことで決断が難しい日だった」

レッドブル:リカルドのマイレージを戦略的に温存 / F1ドイツGP 予選

2018年7月22日
F1 レッドブル・レーシング ドイツGP
レッドブル・レーシングは、F1ドイツGPの予選で マックス・フェルスタッペンが4番手。エンジンペナルティによって最後尾スタートが決定しているダニエル・リカルドはQ2で走行せずに戦略的にマイレージを温存して15番手だった。

マックス・フェルスタッペン (4番手)
「4番手は僕たちにできる最大限だった。予選に臨むために現実的にならなければならないし、馬力がなければ、先頭にいることは期待できない」

レッドブル・レーシング:F1ドイツGP 金曜フリー走行レポート

2018年7月21日
F1 レッドブル・レーシング ドイツGP
レッドブル・レーシングは、F1ドイツGP 初日のフリー走行で、マックス・フェルスタッペンがトップタイム、ダニエル・リカルドが13番手タイムだった。

マックス・フェルスタッペン (1番手)
「要約するとかなり良い金曜日だった。クルマには良いバランスがあると感じているし、それはフリー走行2回目でトップになったことからも示されている。ここでこれほどまで競争力のあるスタートを切れたのは嬉しい驚きだけど、まだ金曜日でしかないことを忘れてはならない」

マックス・フェルスタッペン、最速タイムもオイル漏れのトラブル

2018年7月21日
F1 マックス・フェルスタッペン
マックス・フェルスタッペンは、F1ドイツGPのフリー走行2回目に小さなオイル漏れが発見されたが、マシンは全てが問題ないと信じていると語る。

マックス・フェルスタッペンは、フリー走行2回目に最速タイムをマークしたが、残り25分でマシンから異音がしたことでピットへ。チームはオイル漏れを発見して修復にあたったことでレースシミュレーションを実施することができなかった。

レッドブル 「今年ホンダのエンジンを搭載していても勝利を収めていた」

2018年7月20日
F1 レッドブル・レーシング ホンダF1
レッドブル・レーシングは、ホンダとルノーのF1パワーユニットのパフォーマンス差は“1%以内”であり、今年ホンダのF1パワーユニットで戦っていたとしても勝利を収めることはできていたと考えている。

今シーズン、ルノーのパワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングは、第3戦中国GPでダニエル・リカルドが今季初勝利を挙げ、第6戦モナコGPではMGU-Kの故障に見舞われながらもポールポジションから2勝目を達成。

レッドブル 「ホンダとルノーのF1エンジンに差はほとんどない」

2018年7月20日
F1 レッドブル・レーシング
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、ホンダとルノーのF1エンジンに差はほとんどないと語り、改めて2019年にホンダのF1エンジンを搭載することは正しい決断だと繰り返した。

レッドブル・レーシングは、今シーズン限りでルノーとの12年間のパートナーシップを終了し、2019年からは同チームにとって初のワークス待遇となるホンダとのパートナーシップを開始する。

レッドブル 「ティクトゥムがF1公式テストで走れない状況はおかしい」

2018年7月19日
F1 ダニエル・ティクトゥム
レッドブルは、ヨーロッパF3選手権でタイトルを争う実力のあるダニエル・ティクトゥムが、F1のスーパーライセンスポイントの基準を満たさないという理由で若手ドライバーテストで走ることを許可しないのはおかしいと主張する。

レッドブルは、2017年のマカオGPのウィナーでMcLaren Autosport BRDC Awardの受賞者でもある育成ドライバーのダニエル・ティクトゥム(19歳)を2019年にブレンドン・ハートレーに代えてトロロッソ・ホンダで走らせたいと考えている。

レッドブル 「ホンダの開発のためにトロロッソを犠牲にすることはない」

2018年7月19日
F1 レッドブル ホンダF1
レッドブル・レーシングは、今シーズンのホンダの進歩を手助けするためにグリッドペナルティでトロロッソのシーズンを“犠牲”にすることはないと主張している。

2019年からホンダのF1パワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングは、来年までにホンダができるだけ多くの進歩を果たすことを切望しており、トロロッソのドライバーがグリッドペナルティを受けることになったとしてもホンダがおり多くのエンジンアップグレードを進めることを望んでいると報じられている。

ダニエル・リカルド、F1ドイツGPでのエンジンペナルティを覚悟

2018年7月18日
F1 ダニエル・リカルド レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルドは、今週末のF1ドイツGPで新しいパワーユニットを搭載してエンジンペナルティを受けることになるようだ。

ダニエル・リカルドは、数戦前からエンジンペナルティにリーチがかかっていたが、レッドブル・レーシングはルノーのアップデート版パーツの搭載を延期してきた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム