ミッドランド M16:最初で最後のロシアライセンスのF1マシン

2023年2月4日
ミッドランド M16:最初で最後のロシアライセンスのF1マシン
2006年のこの日、新生ミッドランドF1レーシングがシルバーストーンで1号車を発表した。

億万長者のアレックス・シュナイダーは前年にエディ・ジョーダンのチームを買収していたが、ジョーダン・ブランドはそのままだった。2006年、チームは新たな名称を手に入れ、初めてロシアのライセンスでレースに参戦した。

スクーデリア・フェラーリ、2023年F1エンジンを初始動

2023年2月4日
スクーデリア・フェラーリ、2023年F1エンジンを初始動
スクーデリア・フェラーリは、2023年F1マシンの心臓部であるF1エンジンをバレンタインデーの発表会に先立って初始動させた。

コードネーム675として開発されているスクーデリア・フェラーリのF1マシンが、マラネロのファクトリーで産声をあげ、新チーム代表のフレッド・バスール、チームメンバー、ピエロ・フェラーリ副社長、ベネデット・ヴィーニャCEOが2023年のフェラーリF1ワーユニットの始動を見守り、聴き入った。

レッドブル・レーシング、2023年F1マシン『RB19』を発表

2023年2月3日
レッドブル・レーシング、2023年F1マシン『RB19』を発表
レッドブル・レーシングは、2023年のF1世界選手権を戦うF1マシン『RB19』の発表会を開催した。2023年仕様のカラーリングを披露した。

昨年、22戦中17勝という圧倒的な強さでコンストラクターズタイトルを獲得したレッドブル・レーシング。そのうち、マックス・フェルスタッペンが15勝を挙げて2度目のF1ワールドチャンピオンを獲得し、ダブルタイトルを達成した。

レッドブルF1、2023年マシン RB19の発表会を日本語実況付でライブ配信

2023年2月3日
レッドブルF1、2023年マシン RB19の発表会を日本語実況付でライブ配信
レッドブル・レーシングは、2023年F1マシン『RB19』の発表会を日本語実況付きでライブ配信する。

チャンピオンチームであるレッドブル・レーシングは、2月3日(金)にアメリカのニューヨークで2023年F1マシン『RB19』の発表会を開催する。

F1中継を変えた“ドライバーズアイ”カメラの開発秘話

2023年2月1日
F1中継を変えた“ドライバーズアイ”カメラの開発秘話
F1放送は過去10年間、ファンへの情報提供や視聴体験の充実を図るため、多くの大きな進化を遂げてきた。

F1への理解を深めるために、画面上のグラフィックは常に進化し、サーキットでのアクションを盛り上げるために、新しいカメラアングルやテクニックが常に模索されている。

2023年F1マシン:サイドポッドの気流の処理に開発の余地

2023年2月1日
2023年F1マシン:サイドポッドの気流の処理に開発の余地
2023年のF1レギュレーションの変更は、ポーパシングの可能性を減らし、昨年ドライバーを苦しめた上下振動を抑制することを目的としている。主な変更点はフロアエッジを15mm高くすることだが、このような大幅な調整にF1チームが最適化を図るためにはクルマのデザインに広く影響を与えることになる。

この変更は、リアタイヤ前の約1mに適用されます。また、アンダーフロアトンネルの最下部も10mm高くなる。

2023年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う

2023年1月31日
2023年 F1マシン:新車発表スケジュール…全チームの発表日が出揃う
2023年のF1世界選手権を戦うF1マシンの発表日が出揃い、今日から公開がスタートする。

トップバッターは、ハースF1チーム。マネーグラムを新たにタイトルスポンサーに迎えたハースF1チームは、1月31日(火)に日本時間23時から2023年F1マシン『VF-23』に採用する2023年の新しいカラーリングを公開する。

F1マシン解説:フロアデザインがF1の主戦場になった理由

2023年1月31日
F1マシン解説:フロアデザインがF1の主戦場になった理由
F1チームが、新しいグランウンドエフェクト時代に適応しなければならなかった最大の変更の1つがフロアのデザインだ。

かつて空力パフォーマンスの鍵は、ウイングやその他の空力面にあったが、今では車の下側を最大限に活用することで、全体の割合としてより多くのダウンフォースを見つけることができる。

2023年F1マシンの最低重量の引き下げ計画は見送り

2023年1月31日
2023年F1マシンの最低重量の引き下げ計画は見送り
2023年F1マシンの最低重量をわずかに引き下げるという計画は見送られた。

F1ドライバー、チーム関係者、ファンは、何年にもわたってF1マシンの重量が着実かつ劇的に増加していることを嘆いてきた。実際、過去10年間で、車重は 642kg から 2022年には798kgと約156kgも増加した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム