【動画】 ストレートでリアの車高が下がるメルセデスのF1マシン

2021年10月25日
【動画】 ストレートでリアの車高が下がるメルセデスのF1マシン
前戦F1トルコGPのリア車載カメラの映像によって、メルセデスF1のリアの車高がストレートで突然に下がっていることが判明して話題となっている。

メルセデスは、リアの車高を下げることでフロア下の気流を妨げてディフューザーをストールさせ、ダウンフォースを下げて抵抗を少なくすることでストレートでスピードを上げていると考えられる。

メルセデスF1、ボッタスのエンジン交換多発は2022年の開発テスト?

2021年10月25日
メルセデスF1、ボッタスのエンジン交換多発は2022年の開発テスト?
メルセデスF1は、F1アメリカGPでバルテリ・ボッタスに6基目となるエンジンを投入。間隔を空けずに新品エンジンが投入されているのは、2022年のレギュレーションの開発テストという戦略的な理由ではないかと疑われてもいる。

バルテリ・ボッタスは、第15戦ロシアGPと第16戦トルコGPで4基目と5期目のエンジンが連続して投入されており、第17戦アメリカGPでの初日から6基目を投入。メルセデスF1はエンジンの信頼性の懸念を解決するのに苦労しているように見える。

レッドブルF1、メルセデスのリアの車高を下げる“デバイス”を指摘

2021年10月24日
レッドブルF1、メルセデスのリアの車高を下げる“デバイス”を指摘
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスのF1の直線スピードが急に向上したのは、特別な“デザイン”を使用しているからだと確信している。

メルセデスF1は、過去数レースでレッドブル・ホンダよりも特に直線スピードで優位に立っており、残り6戦のF1ワールドチャンピオン争いにおいて希望を後押ししている。

セルジオ・ペレス 「2022年F1マシンはすべてに違和感を感じるはず」

2021年10月22日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「2022年F1マシンはすべてに違和感を感じるはず」
レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、現在のF1マシンは史上最高だと考えており、新しいレギュレーションによる2022年F1マシンはドライバーにとって“すべてに違和感を感じる”ことになるだろうと考えている。

F1は、2022年にF1レギュレーションを大幅に変更し、マシンの速度を落とし、ホイール・トゥ・ホイールのレースを容易にすることを目的とした次世代F1マシンを形作る技術規則を導入する。

F1解説:メルセデスの直線スピード増加は“ディフューザーストール”効果?

2021年10月21日
F1解説:メルセデスの直線スピード増加は“ディフューザーストール”効果?
メルセデスF1は、最近のレースでレッドブル・ホンダと比較してストレートで成功を収めている。それはエンジンのパワー増加によるものなのか?それとも精巧なエンジニアリングによるものなのか? F1ジャーナリストのマーク・ヒューズがこのトピックを掘り下げた。

6月のF1フランスGPで、レッドブル・ホンダはメルセデスよりも低いウイングを走らせ、ストレートで速く、ラップ全体でも速く走ることができた。この段階では、RB16Bは、オールラウンドな空力パッケージのように見えた。

アラン・プロスト 「我々世代のドライバーには現代のF1マシンは向かない」

2021年10月19日
アラン・プロスト 「我々世代のドライバーには現代のF1マシンは向かない」
4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストが、現代のF1マシンと1980年代から90年代前半に彼がレースをしたマシンとの違いについて語った。

1993年に最後のF1タイトルを獲得してF1から引退したアラン・プロストは、何度か現代のF1マシンを試乗している。近年、2012年にはポール・リカールでレッドブル RB6を試乗し、2016年にはシルバーストンでレッドブル RB8をドライブしている。

F1特集:2022年の次世代F1マシンにキャリーオーバーされるもの

2021年10月19日
F1特集:2022年の次世代F1マシンにキャリーオーバーされるもの
マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンによる2021年のF1タイトル争いにすべての注目が集まっているが、全10チームのファクトリーでは、ほとんどが2022年に導入される次世代F1マシンへの挑戦に集中している。

2022年のF1マシンは“クリーンシート(白紙)”という言葉で何度も説明されているが、F1チームは実際にはゼロから始めるわけではない。確かに新し技術規則は空力のコンセプトが完全に頃なり、多くのコンポーネントは再設計され、マシンを支える構造の多くが大幅に変更される。

F1特集:レッドブル・レーシング 歴代F1マシン スペシャルリバリー

2021年10月15日
F1特集:レッドブル・レーシング 歴代F1マシン スペシャルリバリー
レッドブル・レーシングが、これまでF1マシンに施してきた特別なリバリーの中からひときわ印象的なものをピックアップして消化した。

レッドブル・レーシングのF1マシン群は、他とは異なるルックスで注目を集めてきたが、16シーズンの活動中に1回限りのスペシャルリバリーをいくつか用意して、そのさらに上のルックスをファンに提供してきた。

F1:タイヤウォーマーの廃止にトップチームが抵抗

2021年10月15日
F1:タイヤウォーマーの廃止にトップチームが抵抗
F1のトップチームは、タイヤウォーマーを廃止するという動きに抵抗している。

F1は、水曜日にロンドンでF1コミッションの会議を実施。コストとエネルギーを浪費するという観点からタイヤウォーマーを廃止することが議題として挙げられた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム