【F1】 2018年の『ハロー』コックピット保護デバイスの導入が決定

2017年7月20日
F1 ハロー Halo
FIAは、2018年のF1世界選手権で『ハロー(Halo)』をコックピット保護デバイスとして導入することを発表した。

19日(水)、全F1チーム、FIA、リバティ・メディアが参加する“臨時”のストラテジーグループ会議を開催され、2018年からF1マシンに『ハロー』が安全デバイスとして義務付けられることが発表された。

【F1】 レッドブル 「シールドは未完成なコンセプト」

2017年7月19日
F1 シールド
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1はデバイスが完全にテストされ、洗練されるまで新しいコックピット保護システム『シールド』の導入を控えるべきだと考えている。

F1イギリスGPの金曜フリー走行では、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが透明なオープン型キャノピーの『シールド』を初めてテストしたが、眩暈を感じたとして1周で走行を取りやめた。

【画像】 セバスチャン・ベッテル、シールドをF1イギリスGPで初テスト

2017年7月14日
F1 イギリスグランプリ セバスチャン・ベッッテル
セバスチャン・ベッテルは、F1イギリスGPのフリー走行1回目にコックピット保護デバイスの“シールド”をテストする最初のF1ドライバーになる。フェラーリは“シールド”の実物画像を初公開した。

先週、FIAは、2018年の導入を目指した“シールド”のコンセプトイメージを公開。F1は2018年の頭部保護システムの導入を検討しており、昨年は“ハロー”、そして、レッドブルが発案した“エアロスクリーン”がテストされていた。

【F1】 シールドのデザインを公開…F1イギリスGPで実走テスト

2017年7月9日
F1 シールド
FIAは、2018年にF1マシンへの導入を目指しているコックピット保護デバイス“シールド”のデザインを公開。F1イギリスGPのフリー走行1回目にフェラーリがテストすることを発表した。

F1は2018年に何らかの頭部保護システムの導入を検討しており、昨年は“ハロー”、そして、レッドブルが発案した“エアロスクリーン”がテストされた。

【F1】 次世代F1エンジン会議にアストンマーティンとコスワースが参加

2017年7月6日
F1
2021年以降のF1エンジンのレギュレーションを検討する会議にアストンマーティンとコスワースが参加したことが明らかになった。

F1チーム代表とFIAは、2021年から現在のテクノロジーの一部は残す可能性はあるものの、現行の1.6リッター ターボハイブリッド・パワーユニットを廃止し、より安価でサウンドの大きいエンジンを導入する方向で議論が進めている。

【F1】 2018年F1マシンは全チーム参加のイベントで発表?

2017年6月29日
F1 2018年 F1マシン
F1は、2018年F1マシンを全チームが一堂に会する“グループ発表”形式のイベントとして披露することを計画しているという。

Auto Motor und Sport によると、F1の新オーナーであるリバティ・メディアは、2018年F1マシンの発表を特別なイベントとして開催することを計画していると報道。場所はまだ決定していないが、バルセロナになる可能性が高いと報じている。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1 第8戦 終了時点)

2017年6月28日
F1 マクラーレン・ホンダ
2017年 第8戦 F1アゼルバイジャンGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1アゼルバイジャンGPではマクラーレン・ホンダが多くのパワーユニットコンポーネントを投入。両ドライバー合わせて75グリッドの降格ペナルティを科せられた。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1カナダGP終了時点)

2017年6月23日
F1 パワーユニット
2017年 第7戦 F1カナダGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1カナダGPでは、ほとんどのエレメントを1基目に抑えていたメルセデスのカスタマー勢のフォース・インディアとウィリアムズが新エンジンを投入。

また、初日にはダニール・クビアト(トロ・ロッソ)がMGU-K以外のコンポーネントを交換。

各F1ドライバーのパワーユニット使用状況 (F1モナコGP終了時点)

2017年6月3日
F1 パワーユニット
2017年 第6戦 F1モナコGP終了時点での各F1ドライバーのパワーユニット使用状況を振り返る。

F1モナコGPでは、マクラーレン・ホンダが2つのエレメントを交換。ジェンソン・バトンが走らせたフェルナンド・アロンソのマシンのMGU-Hとターボチャージャーが5基目に達し、ジェンソン・バトンには15グリッド降格ペナルティが科せられた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム