2020年 F1マシン:新車発表スケジュール

2020年1月26日
2020年 F1マシン:新車発表スケジュール
F1チームが、2020年のF1世界選手権を戦う新車の発表日が近づいてきた。

2020年のF1世界選手権は、フロントウイングなどの空力規則が変わった昨年から変化はないため、昨シーズン終了時点のパフォーマンスがひとつの基準となる。そのため、各チームは昨年マシンの弱点を改善することに集中した進化を遂げてくると考えられている。

アルファロメオ・レーシング、2020年F1マシン『C39』を2月19日に披露

2020年1月25日
アルファロメオ・レーシング、2020年F1マシン『C39』を2月19日に披露
アルファロメオ・レーシングは、2020年F1マシン『C39』をプレシーズンテスト初日となる2月19日(水)にカタロニア・サーキットでお披露目することを正式発表した。

アルファロメオ・レーシングは、2020年にロバート・クビサをリザーブドライバーに迎えるとともに、クビサの後援企業であるポーランドの石油会社PKNオーレンを共同タイトルスポンサーに迎えて、『アルファロメオ・レーシング・オーレン(Alfa Romeo Racing ORLEN)』として参戦する。

F1 | ルノー 「燃焼エンジンにはまだ“長い未来”がある」

2020年1月24日
F1
ルノーのF1エンジン責任者を務めるレミ・タフィンは、燃焼エンジンにはまだ“長い未来”があると考えている。

自動車業界の傾向は電気自動車へと向かっており、モータースポーツの分野でもフォーミュラEを筆頭に燃焼エンジンを搭載しないオール電化のシリーズが増えてきている。

F1 | フェラーリ、2020年F1マシンの空力データに深刻な問題?

2020年1月23日
F1
フェラーリの2020年F1マシンに関する様々なトラブルがすでに浮上している。

昨年、F1エンジン面で大きな優位性を誇ったフェラーリは、ロードラッグ特性のSF90と相まってストレートでは速さを見せたものの、コーナーでは苦戦。予選では両ドライバー合わせて9回のポールポジションを獲得したが、決勝では3勝しか挙げることができなかった。

F1 | 「標準ギアボックスの導入は議論から外れたわけではない」

2020年1月23日
F1
F1に標準ギアボックスを導入するアイデアは議論から外れておらず、反対していたF1チームも一部はすでにそのスタンスを変え始めているとF1の最高技術責任者をツt燃えるパット・シモンズは語る。

2021年のF1レギュレーションでは標準ギアボックスの導入を計画していたが、F1チームは性能は収束しており、変化をもたらすことはほとんど利益をもたらさないと主張したことで導入は見送られた。

レーシング・ポイントF1、2020年F1マシン『RP20』を2月17日に発表

2020年1月23日
レーシング・ポイントF1、2020年F1マシン『RP20』を2月17日に発表
レーシング・ポイントF1チームは、2020年F1マシン『RP20』を2月17日(月)に発表することを明らかにした。

発表会は、レーシング・ポイントF1チームの主要スポンサーであるヨーロッパの大手浄水器総合メーカー『BWT』の本拠地オーストリア・モンゼーで開催される。BWTは、チームのタイトルスポンサーであるスポートペサと同等のスポンサー契約を結んでおり、メルセデスのF1エンジンを『BWTメルセデス』という名称で走らせている。

F1 | 2014年のパワーユニット導入で技術的なイニシアチブを失った?

2020年1月22日
F1
F1は、2014年にV6パワーユニットに切り替えた際に、市販車との関連性とテクノロジーにおける主役の座を失ったと英国モータースポーツ協会の会長を務めるデビッド・リチャーズは考えている。

F1は、サスティナブルな技術を採用し、今後の市販車との関連性を高め続けるために、2014年に2.4リッター 自然吸気V6エンジンから新しいV6パワーユニットに切り替えた。

レッドブル・ホンダ RB15 | 複雑な形状のミラーマウント

2020年1月22日
レッドブル・ホンダ RB15
レッドブル・ホンダの2019年F1マシン『RB15』は、全チームで最も複雑な形状と言えるミラーマウントを備えていた。

F1チームは、空力効率を高めるためにリアビューミラーとマウントの設計を突き詰めており、2018年にはフェラーリがヘイローにバックミラーを装着したコンポーネントを導入。しかし、ミラーをサポートする目的以外のウイングレッドが搭載されていたことから、使用を禁止されている。

F1 | フェラーリ、トリコローレ発祥の地で2020年F1マシンを発表

2020年1月22日
F1
フェラーリF1チームは、2020年F1マシンの発表会をマラネッロのフェラーリ本社から約30km離れたレッジョ・エミリアにあるムニキパーレ劇場で開催することを発表した。

イタリアの緑・白・赤の三色旗(トリコローレ)は、223年前となる1797年にレッジョ・エミリアで開催されたチスパダーナ共和国議会において採用された。フェラーリは、そのと特別な場所をムニキパーレ劇場を2020年の新車お披露目の場に選んだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム