ニューウェイ 「2026年F1レギュレーションは特定のメーカーの影響を受けた」

2024年7月15日
エイドリアン・ニューウェイ 「2026年F1レギュレーションは特定のメーカーの影響を受けた」
エイドリアン・ニューウェイは、FIA(国際自動車連盟)は2026年のF1レギュレーション策定において「1社か2社」のメーカーの影響を受けたと考えている。

マシンとエンジンの両方に適用されるレギュレーションは、広く批判を浴びているが、後者については、ニューウェイは、特に内燃機関と電気で発電した電力の50/50の比率という提案に関して、スポーツが影響を受けてしまったとニューウェイは考えている。

F1フレキシブルウイング騒動 FIAは介入する計画はなし

2024年6月24日
F1フレキシブルウイング騒動 FIAは介入する計画はなし
F1の最新フレキシブルウィング騒動は各チームの間で話題となっているが、FIA(国際自動車連盟)は現状について特に懸念していない

各チームは、競争力を維持するためには限界を超える必要があると公言しているにもかかわらず、FIAは、F1の最新フレキシブルウィングの論争に介入する必要はないと認識しているとAutosportが報じた。

フェルスタッペン 「30kgの軽量化では機敏なF1マシンは生まれない」

2024年6月19日
マックス・フェルスタッペン 「30kgの軽量化では機敏なF1マシンは生まれない」
マックス・フェルスタッペンは、F1カーで真の「俊敏性」を実現するためには、2026年F1レギュレーションのマシン重量を100~150kg削減することを目標にすべきだったと考えている。

今月初め、FIAは2026年のF1テクニカルレギュレーションを発表し、車体のサイズを若干縮小し、重量を30kg削減することを盛り込んだ。

メルセデスF1代表 2026年F1パワーユニット変更をFIAに警告「もう手遅れ」

2024年6月19日
メルセデスF1代表 2026年F1パワーユニット変更をFIAに警告「もう手遅れ」
F1エンジンメーカーは、パフォーマンス向上のために2026年のパワーユニットレギュレーションを変更することは「もう手遅れ」だと警告している。

FIA(国際自動車連盟)が2026年の技術規則案を修正し、マシンをより速く走らせる必要があると認めたことを背景に、事態を改善する一つの可能性として、エンジンの調整が浮上している。

ピレリ 2026年F1レギュレーションのナロータイヤ化で大きな課題に直面

2024年6月17日
ピレリ 2026年F1レギュレーションのナロータイヤ化で大きな課題に直面
ピレリは、2026年のF1レギュレーション変更を前に、18インチのままタイヤを小さくして同じようなグリッドを提供しなければならないという大きな課題に直面している。

F1カーをより小型で軽量にするという取り組みの一環として、ピレリは、フロントタイヤの幅を25mm、リアタイヤの幅を30mm縮小することに合意した。タイヤ自体の直径も小さくなり、現在の720mmから705~710mmになるが、F1では引き続き18インチホイールが使用される。

FIA 2026年F1パワーユニットの変更は「メーカーが協力してくれると確信」

2024年6月16日
FIA 2026年F1パワーユニットの変更は「メーカーが協力してくれると確信」
FIA(国際自動車連盟)のシングルシーターディレクターであるニコラス・トンバジスは、2026年のF1パワーユニットレギュレーションに変更が必要になった場合、各メーカーが効果的に協力し、その変更を実現すると「確信している」と述べた。

F1パワーユニットレギュレーションの変更が話題になったのは、先週発表された2026年のシャシーおよびエアロレギュレーション案を受けて、マクラーレンのチーム代表アンドレア・ステラらが懸念を表明したを受けて持ち上がった。

2026年次世代F1 パワーユニットは「1100馬力を発生」とFIAディレクター

2024年6月15日
2026年次世代F1パワーユニットは「1100馬力を発生」とFIAディレクター
2026年に導入される新レギュレーションのもと、F1パワーユニットは最大1,100bhp(820kW)のパワーを発揮できる可能性がある。FIA(国際自動車連盟)のシングルシーター担当ディレクター、ニコラス・トンバジスは、次世代のパワーユニットは現在のV6ハイブリッドターボよりも約100bhp高い出力を生み出すだろうと語った。

F1チームはパワーユニットの正確な出力を明示していないが、一般的には約1,000bhpとされている。アルピーヌはルノーのパワーユニットを「950bhp以上」と表現している。

F1チーム&ドライバー 2026年F1レギュレーション“草案”の変更を迫る

2024年6月13日
F1チーム&ドライバー 2026年F1レギュレーション“草案”の変更を迫る
F1チームとドライバーは、2026年以降の新しいレギュレーションが発表された過激で複雑な新レギュレーションの変更を求める動きを見せている。

F1チーム代表のアンドレア・ステラ(マクラーレン)とジェームス・ボウルズ(ウィリアムズ)は金曜日、FIAが明らかにした内容は単なる規則の「草案」に過ぎないと述べた。

F1チーム 2026年F1レギュレーションに関する懸念事項を話し合い

2024年6月13日
F1チーム 2026年F1レギュレーションに関する懸念事項を話し合い
F1チームの代表者たちがカナダGPで会合を開き、2026年の新ルールに関する懸念事項について話し合ったとAutosportは報じている。

FIA(国際自動車連盟)が2026年から起こるF1マシン革命についてのコンセプト画像と概要計画を発表した翌日、実行されているアイデアのいくつかについて懸念が浮上した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム