F1 | 2021年以降にエンジン開発の段階的な凍結の可能性を示唆

2019年11月11日
F1
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1エンジンの開発が凍結される可能性があることを認める。

2021年にF1レギュレーションは大幅に変更されるが、ハイブリッド“パワーユニット”は変更されない。

ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは「2021年にどうなるかは正確にわかっている」と語る。

F1チーム 「2020年の予算上限は大規模チームに有利なスタートとなる」

2019年11月6日
F1チーム 「2020年の予算上限は大規模チームに有利なスタートとなる」
小規模なF1チームの一部は、2020年に導入される予算上限がフェラーリやメルセデスのような大規模チームに有利なスタートを与えると考えている。

先週、F1は2020年に導入される新レギュレーションを発表。空力への依存を減らすことでレースを改善することを目指した技術的な変更や競技面が変更されるが、最大の変更は予算上限の導入となる。F1チームのコストは、21戦では年間1億7,500万ドル(約189億円)に制限される。

F1ドライバー、2021年のF1レギュレーションとF1マシンへの反応は?

2019年11月2日
F1ドライバー、2021年のF1レギュレーションとマシンへの反応は?
F1ドライバーは、2021年のF1レギュレーションとF1マシンについて概ねポジションな印象を持っているようだ。

10月31日(木)に2021年の新しいF1レギュレーションがFIA 世界モータースポーツ評議会で承認され、F1アメリカGPに先立って2020年のF1マシンが公開された。

2021年 F1レギュレーション | 5つのキーポイント

2019年11月2日
2021年 F1レギュレーション
F1は10月31日(木)、2021年から導入される新たなF1レギュレーションが承認されたことを発表した。

F1は、レースをよりエキサイティングで予測不可能なもののにしつつ、より低コストで参戦できることを目的として、2021年から技術、競技規則、財政規則からなる新たなF1レギュレーションを導入する。

2021年の新しいF1レギュレーションは、以下の5つがキーポイントとなる。

F1上層部 「2021年F1マシンは3~3.5秒遅くなるがレース能力は向上する」

2019年11月1日
F1上層部 「2021年F1マシンは3~3.5秒遅くなるがレース能力は向上する」
F1は、オーバーテイクよりもスピードを優先したことは間違いだったことを認め、2021年F1マシンは“1周あたり3~3.5秒遅くなる”が、“レース能力”は向上することになると語る。

10月31日(木)、FIA 世界モータースポーツ評議会で新しいF1レギュレーションが全会一致で承認された。リバティ・メディアとFIA(国際自動車連盟)はF1アメリカGPに先立って2021年F1マシンのデザインを発表した。

2021年F1マシン | 画像ギャラリー

2019年11月1日
2021年F1マシン
F1は10月31日(金)、2021年に導入する新しいF1レギュレーション(技術規則および競技規則)がFIA 世界モータースポーツ評議会で承認されたことを発表。2021年のF1マシンの画像を公開した。

2021年のF1マシンは地上最速マシンを求めてつつ、F1は地上最高のレースを追求。これまでとは完全に異なるダウンフォース発生メソッドであるグランドエフェクトが導入される。

F1 | 2021年の新レギュレーションを承認&F1マシンを公開

2019年11月1日
F1
F1は、10月31日(金)に記者会見を行い2021年に導入されF1レギュレーションが承認されたことを発表。あわせてF1マシンの画像を公開した。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催された記者会見では、FIAのCEO兼会長のチェイス・キャリー、スポーティングディレクターのロス・ブラウン、シングルシーター・テクニカルマターズ部長を務めるニコラス・トンバジスが参加。FIA会長のジャン・トッドとはビデオ会議で繋がれた。

「2021年F1マシンはセクシーではない」とレッドブル上層部

2019年10月30日
「2021年F1マシンはセクシーではない」とレッドブル上層部
レッドブルは、2021年から導入が予定されている新しいF1レギュレーションを好ましく思っていないようだ。

F1は、レースをよりエキサイティングで予測不可能なもののにしつつ、より低コストで参戦できることを目的として、2021年から新しい財政および技術ルールを導入する予定となっている。

F1ドライバー、18インチのF1タイヤ導入に不満?

2019年10月21日
F1ドライバー、18インチのF1タイヤ導入に不満?
GPDA(Grand Prix Drivers’ Association)の会長を務めるアレクサンダー・ヴルツは、F1ドライバーは低扁平の18インチタイヤを導入することを好んではいないと語る。

2021年のF1世界選手権から現在の13インチに代わって18インチのタイヤが導入されることが決定している。アレクサンダー・ブルツは、F1マシンの重量が増加していく一方であることを好ましく思っていないと語る。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム