ジェンソン・バトン、ディズニープラスのブラウンGPドキュメンタリーを告知

2022年9月2日
ジェンソン・バトン、ディズニープラスのブラウンGPドキュメンタリーを告知
ジェンソン バトンは、ブラウン GPとの2009年のF1ワールドチャンピオンへの挑戦を記録した 4部構成のドキュメンタリーが、ストリーミング サービス Disney+(ディズニープラス)で準備中であることを認めた。

「Brawn: The One Pound Formula 1 Team」と題されたこのドキュメンタリー シリーズは、俳優のキアヌ・リーブスがナレーションを担当し、F1の最も並外れたサクセスストーリーの 1 つに関与したすべてのキー プレーヤーが参加する。

ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」

2022年5月17日
ジェンソン・バトン 「バリチェロはF1で最も過小評価されている僚友」
2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、F1での17年間のキャリアで13人の異なるチームメイトと競い合った。

ジェンソン・バトンのチームメイトになかには、BAR時代のジャック・ヴィルヌーブ、マクラーレン時代のルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソというワールドチャンピオンもいる。

「ブラウンGPの奇跡は次世代F1マシンでは起こらない」とロス・ブラウン

2022年1月21日
「ブラウンGPの奇跡は次世代F1マシンでは起こらない」とロス・ブラウン
F1のモータースポーツディレクターを務めるロス・ブラウンは、新F1レギュレーションではF1チームが利用することを期待していたかもしれないすべての抜け穴の可能性を塞いだと楽観視している。

ロス・ブラウンは、2009年にF1史でも最大のオフシーズンの技術革新の1つとも言えるダブルディフューザーを自身のF1チームであるブラウンGPで展開した。

ホンダF1 田辺豊治TDが見た“ブラウンGPとレッドブルの開発の類似点”

2022年1月5日
ホンダF1 田辺豊治TDが見た“ブラウンGPとレッドブルの開発の類似点”
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、第3期の最後に『ブラウンGP BGP001』としてタイトルを獲得することになった2009年の『幻のホンダ RA109』を開発していたときの状況と、レッドブルおよびアルファタウリとの関係の類似点を語った。

ホンダF1のラストイヤーとなった2021年、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがホンダのF1エンジンでメルセデスのルイス・ハミルトンとの激戦を制してタイトルを獲得。ホンダのF1エンジンとしては1991年のアイルトン・セナ(マクラーレン・ホンダ)以来となるドライバーズタイトルとなった。

ジェンソン・バトン 「マクラーレンF1移籍はブラウンGPの怒りを買った」

2021年8月19日
ジェンソン・バトン 「マクラーレンF1移籍はブラウンGPの怒りを買った」
ジェンソン・バトンは、ブラウンGPとF1ワールドチャンピオンを獲得した後、2009年末にマクラーレンF1に移籍するという衝撃的な決断が、チームのCEOを務めるニック・フライからの怒りの反応を引き起こしたと振り返った。

ジェンソン・ボタンは、2009年にブラウンGPで成功のシーズンを過ごし、6勝を挙げ、撤退したホンダF1が残したダブルディフューザーとメルセデスF1エンジンを搭載するBGP001でF1ワールドチャンピオンを獲得した。

ジェンソン・バトン、2009年のF1タイトル獲得の鍵は「メンタリティ」

2021年8月17日
ジェンソン・バトン、2009年のF1タイトル獲得の鍵は「メンタリティ」
ブラウンGPでルーベンス・バリチェロのエンジニアを務めたジョック・クレアは、2009年にジェンソン・バトンがバリチェロを倒してF1ワールドチャンピオンをかくとくできたのは、精神的にバトンの方が準備ができていたことが鍵だったと語る。

ホンダF1チームをロス・ブラウンがマネジメントバイアウトして誕生したブラウンGPは、大幅なレギュレーション変更が導入された2009年に、ホンダF1が生み出したダブルディフューザーとメルセデスのF1エンジンの組み合わせで早い段階からタイトル争いを繰り広げた。

ロス・ブラウン 「ブラウンGPのようなおとぎ話はF1で二度と起こらない」

2021年5月18日
ロス・ブラウン 「ブラウンGPのようなおとぎ話はF1で二度と起こらない」
ロス・ブラウンは、2009年のブラウンGPのおとぎ話のようなストーリーに繋がった独特の状況はF1では二度と起こらないと考えている。

2008年後半、ロス・ブラウンは、F1から撤退したホンダF1の残骸を買い取り、チームを存続させた。驚いたことに、マシンは信じられないほど支配的であることが判明し、新しく結成されたブラウンGPはメルセデスに売却される前年に両方のタイトルを獲得した。

F1列伝:ブラウンGP 「我々が2秒速いなんて…計算を間違えたに違いない」

2021年4月10日
F1列伝:ブラウンGP 「我々が2秒速いなんて…計算を間違えたに違いない」
2009年のF1世界選手権でのブラウンGPの登場は衝撃的だった。F1プレシーズンテストの最終週にようやくマシンをコースに出したブラウンGPはトップタイムを題してテストを終え、開幕戦でポール・トゥ・ウィンを果たす。

2008年末にワークスチームとして参戦していたホンダがF1から撤退。現在F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンとニック・フライが土壇場でチームを救済した。

ブラウンGP、フェラーリのF1エンジンを搭載していた可能性

2021年4月9日
ブラウンGP、フェラーリのF1エンジンを搭載していた可能性
ブラウンGPは、フェラーリのF1エンジンを搭載する可能性があったことを現在メルセデスF1に名前を変えたチームで働くチームメンバーが明かした。

支配的なメルセデスF1チームはブラウンGPから始まった。F1から撤退したホンダF1チームをロス・ブラウンが1ポイントで買収して誕生したブラウンGPは、ジェンソン・バトンがF1ワールドチャンピオンを獲得するとともに、コンストラクターズ選手権も制した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム