ランド・ノリス 「2022年の早い段階からラッセルと戦えることを期待」

2022年1月16日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「2022年の早い段階からラッセルと戦えることを期待」
ランド・ノリスは、2022年シーズンの早い段階から昔からのライバルであるジョージ・ラッセルとレースができることが、マクラーレンにとっての明らかな進歩の兆候になると見なしている。

2019年に同期としてF1デビューを果たした2人だが、これまでのシーズンの大部分でランド・ノリスはジョージ・ラッセルよりもはるかに競争力のあるマシンを持っていた。

マクラーレンF1、2021年はランキングを4位に落とすも「成功したシーズン」

2022年1月16日
マクラーレンF1、2021年はランキングを4位に落とすも「成功したシーズン」
マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、2021年はフェラーリに次ぐコンストラクターズ選手権4に順位を落としたものの、チームにとって“非常に成功したシーズン”だったと語る。

2022年にランド・ノリスとカルロス・サインツで2つの表彰台を獲得するなど復活を続けているマクラーレンF1だが、2021年はフェラーリが復調したため、そのポジションに留まることができなかった。

アウディ、“マクラーレンを買収してF1参戦”説が再浮上

2022年1月13日
アウディ、“マクラーレンを買収してF1参戦”説が再浮上
アウディが、マクラーレンのモータースポーツ部門と自動車部門を買収し、2026年からF1に参戦するという噂が再熱している。

昨年、アウディがマクラーレンを買収したというニュースが流れたが、少なくともマクラーレンはその報道を否定していた。しかし、新たな噂として、マクラーレンの主要株主の1社であるムムタラカット・ホールディングが、資金繰りに苦しむ自動車メーカーを売却すること検討しており、双方の弁護士が話し合っているとCar Magazineが報じた。

マクラーレンF1、2022年車両『MCL36』でプルロッド式フロントサスを採用?

2022年1月12日
マクラーレンF1、2022年車両『MCL36』でプルロッド式フロントサスを採用?
マクラーレンF1は、2022年F1マシン『MCL36』のティザー画像を公開。いくつかの特徴とともに、プルロッド式フロントサスペンションを採用すると推測されている。

2022年にF1レギュレーションは大幅に変更され、接近したレースを生み出すためにF1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグランドエフェクトカーに移行する。

マクラーレンF1代表、2022年マシン『MCL36』の開発に「非常に満足」

2022年1月11日
マクラーレンF1代表、2022年マシン『MCL36』の開発に「非常に満足」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、2022年F1マシン『MCL36』の進捗に満足しているが、相対的なペースについてまだ「まだまったくリファレンスがない」と認める。

今年F1で導入される完全に新しい技術規則に備えて、大多数のF1チームは、昨シーズンの序盤に根本的にコンセプトが異なる2022年F1マシンに焦点を完全に切り替えた。

ランド・ノリス 「カルロス・サインツの影から抜け出す必要があった」

2022年1月9日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「カルロス・サインツの影から抜け出す必要があった」
マクラーレンF1のランド・ノリスは、2021年が以前のチームメイトであるカルロス・サインツが自分を覆った“影”から抜け出さなければならないシーズンだったと認める。

ランド・ノリスは、F1キャリアの最初の2シーズンでマクラーレンF1でカルロス・サインツとチームメイトであり、マクラーレンがコンストラクターズチャンピオンシップで3位を獲得した2022年に友好的な関係はピークを迎えた。

ホンダF1 特集:第4期 7年間の軌跡

2022年1月8日
ホンダF1 特集:第4期 7年間の軌跡
2015年にホンダがF1へ復帰してから7年間。その歩みを印象に残る場面を追いながら振り返る。

2008年限りでF1から撤退していたホンダが、マクラーレンをパートナーに、7年ぶりの復帰。新パワーユニットでの新たな挑戦がスタートした。1980~90年代に栄光を誇ったタッグの復活は、大きな話題となった一方、パワーユニット規定が導入されてから1年遅れでの参戦ということで、他マニュファクチャラーに追いつくために多くを学ばなければならなかった。

ホンダF1、マクラーレンとの失敗から生まれたレッドブルとの成功

2022年1月7日
ホンダF1、マクラーレンとの失敗から生まれたレッドブルとの成功
ホンダF1は、失敗に終わったマクラーレンとのパートナーシップから多くの教訓を学び、2021年にレッドブルといF1ワールドチャンピオンを獲得してF1を去った。

マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得でホンダF1のレッドブルとのパートナーシップの成功はピークに達したが、2017年になってもパフォーマンスがいかに悪かったかを忘れられがちだ。

マクラーレンF1、パトリシオ・オワードのフリープラクティス出走を検討

2022年1月7日
マクラーレンF1、パトリシオ・オワードのフリープラクティス出走を検討
マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、パトリシオ・オワードのポストシーズンテストのパフォーマンスを称賛し、2022年にフリープラクティスでオワードをマシンに乗せることを検討するとしている。

マクラーレンからインディカーに参戦するパトリシオ・パワードは、ザク・ブラウンと優勝したらアブダビF1テストに参加するという賭けに勝ち、12月にヤス・マリーナ・サーキットでマクラーレン MCL35Mを走らせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム