フェルナンド・アロンソ、結局はマクラーレンからインディ500に参戦?

2020年2月20日
F1:フェルナンド・アロンソ、結局はマクラーレンからインディ500に参戦?
2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2020年のインディ500に参戦するための契約を確保したようだ。そう語るのはマイケル・アンドレッティだ。

アンドレッティ・オートスポーツはフェルナンド・アロンソを乗せる予定だったが、F1自体に確執のあったホンダが自社のエンジンを搭載したマシンに乗せることを拒否したと報じられている。

F1 | レーシング・ポイントの“ピンク・メルセデス”に不満の声

2020年2月20日
F1
マクラーレンのカルロス・サインツは“ピンク・メルセデス”と化したレーシング・ポイントF1チームのF1マシンに不満を抱いている。

レーシング・ポイントF1チームは、新たに発表された2020年F1マシン『RP20』が昨年タイトルを獲得したメルセデスに類似しているという事実を隠していない。

マクラーレンF1 MCL35 | 3強チームの“いいとこ取り”のF1マシン

2020年2月19日
マクラーレンF1 MCL35
マクラーレンの2020年F1マシン『MCL35』は3強チームの“いいとこ取り”なトレンドに沿ったマシンに仕上がっている。

近年、ドラッグの高くストレートでの遅さが目立ったマクラーレンだったが、昨年のダウンフォース削減を狙ったフロントウイング規則の変更が良い方向で奏功し、昨年マシンは弱点だったトップスピードが改善され、ニュートラルなマシンとなった。

F1 | マクラーレン 「ルノーのF1エンジンはメルセデスとほぼ同等」

2020年2月18日
F1
マクラーレンのテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、ルノーのF1エンジンはもはやメルセデスのパフォーマンスとほぼ同等だと語る。

マクラーレンは、2015年からホンダのF1エンジンを搭載したが、信頼性とパフォーマンス不足によって決裂。2018年からはルノーのF1エンジンを搭載し、昨年はコンストラクターズ選手権4位という大躍進を果たした。

F1 | カルロス・サインツ、マクラーレンと新契約の交渉をスタート

2020年2月18日
F1
カルロス・サインツは、マクラーレンとすでに契約交渉を開始しているが、将来を確保するためには時間がかかるだろうと認める。

カルロス・サインツは、2018年末にレッドブルおよびルノーを離れ、マクラーレンに移籍。2019年のチームの大躍進に大きく貢献した。サインツとチームメイトのランド・ノリスは、マクラーレンに2012年以来のベストリザルトとなるコンストラクターズ選手権4位をもたらした。

F1 | ランド・ノリス 「今年は“おちゃらけたイメージ”を払拭したい」

2020年2月17日
F1
マクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスは、2020年はもっと“集中している”というイメージを植え付けたいと語る。

ソーシャルメディアやPR活動、カルロス・サインチとの陽気な関係、マックス・フェルスタッペンとのシムレースの趣味など、20歳のランド・ノリスには良い意味でお気楽なイメージが定着している。

【F1動画】 マクラーレン、MCL35をシェイクダウン

2020年2月16日
【F1動画】 マクラーレン、MCL35をシェイクダウン
マクラーレンは、2020年F1マシン『MCL35』のシェイクダウンを実施した。

昨年、エンジンカスタマーのルノーを破って“ベスト・オブ・ザ・レスト”となるコンストラクターズ選手権4位を獲得したマクラーレン。2020年のF1新型車『MCL35』は昨年チームに加入したテクニカルディレクターのジェームス・キーが監督した初マシンとなり、コンセプトを大幅に変更している。

マクラーレンF1 MCL35 | 公開された画像の詳細にズーム

2020年2月14日
マクラーレンF1 MCL35
マクラーレンは2月13日(木)、2020年F1マシン『MCL35』を発表。カラーリングはパパイヤオレンジだが、一目で違いがわかるほど前年モデルから大きな変貌を遂げている。

昨年、ルノーを倒してコンストラクターズ選手権4位という結果を残したマクラーレンだが、安定したレギュレーションにも関わらず、守りに入らずに大胆にマシンコンセプトに変更を加えてきた。テクニカルディレクターを務めるジェームス・キーのマクラーレンでの初マシンとなる。

マクラーレンF1 「楽観的になれるが、現実的でもなければならない」

2020年2月14日
マクラーレンF1 「楽観的になれるが、現実的でもなければならない」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、昨シーズン、表彰台に戻ったとはいえ、2020年のF1世界選手権にむけて期待を抑えるようチームに警告した。

昨年のF1ブラジルGPで、カルロス・サインツはF1初表彰台となる3位フィニッシュ。マクラーレンに5年ぶりとなる表彰台をもたらした。待望の表彰台への復帰はマクラーレンにとって歓迎すべき後押しであり、コンストラクターズ選手権を4位で終えたことで、今年もマクラーレンはMCL35で戦えることを期待している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム