マクラーレン 「F1ドライバーの給与も予算上限に含めるべき」

2019年11月11日
マクラーレン 「F1ドライバーの給与も予算上限に含めるべき」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2021年の予算上限にF1ドライバーの給与も含めるべきだったと考えている。

2021年のF1世界選手権からF1史上初めて財政規制が導入され、各チームは1シーズンあたり1億7500万ドルを超える支出は禁止される。仮にそれを破った場合にはチャンピオンシップからの除外という厳しい裁定も示唆されている。

マクラーレン、パトリシオ・オワードをF1テストに起用の可能性

2019年11月11日
マクラーレン、パトリシオ・オワードをF1テストに起用の可能性
マクラーレンは、インディカーチームのドライバーであるパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューにF1テストの機会を与える可能性があると語る。

マクラーレンは、2020年にシュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携して『アロー・マクラーレンSP』としてインディカー・シリーズにフル参戦する。

ザク・ブラウン 「2021年に予算上限が導入されても5チームは下回る」

2019年11月9日
ザク・ブラウン 「2021年に予算上限が導入されても5チームは下回る」
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、2021年のF1世界選手権で予算上限が導入された際、グリッドの半分がその額を下回ると予想している。

FIA世界モータースポーツ評議会は、2021年の技術規則、競技規則、財政規則を含めた新レギュレーションを承認。特に大きな要素となるのは1億7500億ドル(約188億円)の予算上限だ。

マクラーレン、18インチF1タイヤでの2日間のテストを完了

2019年11月9日
マクラーレン、18インチF1タイヤでの2日間のテストを完了
マクラーレンは、フランスのポール・リカールで2日間にわたって行われたピレリの2021年仕様の18インチF1タイヤのテストを完了した。

現在、F1では13インチのタイヤが使用されているが、2021年のF1世界選手戦からはF1レギュレーション変更の一部として5インチアップされた18インチのF1タイヤが導入されることになっており、すでに新しいタイヤでの事前テストが開始されている。

マクラーレン、フェルナンド・アロンソと“F1以外”で関係継続を検討

2019年11月8日
マクラーレン、フェルナンド・アロンソと“F1以外”で関係継続を検討
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソと将来について話し合う予定であるが、それは“F1以外”の活動についてだと認める。

現在、フェルナンド・アロンソはマクラーレンのアンバサダー兼テストドライバーとして契約を結んでおり、今年初めのバーレーンテストでマクラーレンの2019年F1マシンをテストしたが、その契約も今シーズンで期限を迎える。

ルノーF1 「マクラーレンと戦っているのは恥ずべきことではない」

2019年11月8日
ルノーF1 「マクラーレンと戦っているのは恥ずべきことではない」
ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、ミッドフィールドでマクラーレンと戦っていることを状況を受け入れなければならないと語る。

昨年のコンストラクターズ選手権をベスト・オブ・ザ・レストの4位で終えたルノーは、今年は3強チームとのギャップを縮めることを目標に掲げていたが、期待に反してカスタマーのマクラーレンに38ポイント差をつけられて5位に沈んでいる。

マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」

2019年11月8日
マクラーレン 「サインツとノリスのパフォーマンス差は0.1秒以内」
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ドライバーズ選手権では差がついているものの、カルロス・サインツとランド・ノリスのパフォーマンス差は非常に拮抗していると語る。

残り2レースで、カルロス・サインツはランド・ノリスのほぼ倍のポイントを獲得しているが、アンドレアス・ザイドルは2020年もマクラーレンで走る2人ドライバーのパフォーマンスは非常に近いものだと語る。

マクラーレン、2021年の18インチF1タイヤのテストを実施

2019年11月8日
マクラーレン、2021年の18インチF1タイヤのテストを実施
マクラーレンは、2021年に導入されるピレリの18インチF1タイヤのテストを実施した。

現在、F1では13インチのタイヤが使用されているが、2021年のF1世界選手戦からはF1レギュレーション変更の一部として5インチアップされた18インチのF1タイヤが導入されることになっている。すでに今年9月にはルノーが2日間にわたってポール・リカールで18インチF1タイヤのテストを実施している。

マクラーレン、ピットストップの改善に取り組む

2019年11月7日
マクラーレン、ピットストップの改善に取り組む
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、ピットストプの信頼性を改善するために“非常に懸命に取り組んでいる”と語る。

ランド・ノリスはF1メキシコGPのピットストップで大幅にタイムをロスして最終的にリタイア。チームメイトのカルロス・サインツは、F1イタリアGPでホイールがきちんと装着されていない状態でピットを離れて停車することを余儀なくされた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム