2022年 F1バーレーンGP 決勝:順位結果

2022年3月21日
2022年 F1バーレーンGP 決勝:順位結果
2022年 F1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリ 決勝の順位結果

2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリがバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、シャルル・ルクレールが優勝、カルロス・サインツが2位に入り、フェラーリが1-2フィニッシュ。3位表彰台にはルイス・ハミルトンが続いた。角田裕毅(スクーデリア・フェラーリ)は8位、レッドブルの2台、ピエール・ガスリーはリタイアと、レッドブル(ホンダ)エンジンは4台中3台がリタイアとなった。

2022年 F1バーレーンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想

2022年3月20日
2022年 F1バーレーンGP 決勝:持ちタイヤ数&タイヤ戦略予想
2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの決勝で各ドライバーが使用可能な持ちタイヤ数を公式タイヤサプライターのピレリが発表した。

ピレリは、開幕戦の舞台バーレーン・マリーナ・サーキットに昨年よりも1段階硬いC1(ハード)、C2(ミディアム)、C3(ソフト)とレンジで最も硬いコンパウンドをノミネートしている。決勝ではハードとミディアムのいずれか1セットを使うことが義務付けられる。

2022年 F1バーレーンGP 決勝:スターティンググリッド

2022年3月20日
2022年 F1バーレーンGP 決勝:スターティンググリッド
F1は、2022年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーングランプリの決勝スターティンググリッドを発表した。

新世代のF1マシンによる初めての予選では勢力図に動きがみられた。2022年の記念すべき初ポールポジションを獲得したのはスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール。フロントローには現役ワールドチャンピオンであるレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが並ぶ。

動画:ルクレール vs フェルスタッペン 予選ラップ比較 / F1バーレーンGP

2022年3月20日
【動画】 ルクレール vs フェルスタッペン 予選ラップ比較 / F1バーレーンGP
2022年F1バーレーングランプリのポールポジションを争ったシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)のオンボード映像を並べた動画をF1公式サイトが公開した。

パーレーン・インターナショナル・サーキットでの最速マシンを決める戦いはスクーデリア・フェラーリに軍配が上がった。シャルル・ルクレールは、マックス・フェルスタッペンを0.123秒上回ってポールポジションを獲得した。

2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)

2022年3月20日
2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(1番手~10番手)
2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの予選でトップ10入りしたドライバーのコメント。

3月19日(土)にバーレーン・インターナショナル・サーキットでバーレーングランプリの予選が行われ、シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)ガポールポジションを獲得。2番手には0.123秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が入った。

2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)

2022年3月20日
2022年 F1バーレーンGP予選:ドライバーコメント(11番手~20番手)
2022年のF1世界選手権 開幕戦バーレーングランプリの予選で11番手~20番手だったドライバーのコメント。

新しいレギュレーションが導入された2022年のF1世界選手権では、ミッドフィールドがより激戦となっている。昨年のランキング4位のマクラーレンは2台揃ってQ2で敗退。ハースF1チームやアルファロメオなど、昨年までQ1脱出をかけて戦っていたチームがQ3に進出している。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「準備不足は否めないけどレースを楽しむつもり」

2022年3月20日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「準備不足は否めないけどレースを楽しむつもり」 / アストンマーティンF1 バーレーンGP予選
アストンマーティンF1のニコ・ヒュルケンベルグは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの予選を17番手で終えた。

新型コロナウイルスに感染したセバスチャン・ベッテルの代役として急遽木曜日の夜にバーレーンに到着したニコ・ヒュルケンベルグ。初めてドライブするAMR22で3時間のプラクティスをこなしただけだが、予選でレギュラードライバーのランス・ストロールを上回る17番手タイムをマーク。

ケビン・マグヌッセン、復帰戦で予選7番手「クレイジー!言葉にならない」

2022年3月20日
ケビン・マグヌッセン、復帰戦で予選7番手「クレイジー!言葉にならない」 / ハースF1チーム F1バーレーンGP予選
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの予選で7番グリッドを獲得した。

3月9日(水)に電撃復帰から発表されてから10日しか経っていないケビン・マグヌッセンが衝撃のパフォーマンスを披露した。昨年は最下位だったハースF1チームだが、フェラーリの“コピー”と警戒されるマシンの実力は本物だった。

フェラーリF1代表 「2年前の位置を考えれば重要なポールポジション」

2022年3月20日
フェラーリF1代表 「2年前の位置を考えれば重要なポールポジション」 / F1バーレーンGP予選
スクーデリア・フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの予選を振り返った。

2020年にコンストラクターズ選手権6位というどん底を経験したスクーデリア・フェラーリは、新しいレギュレーションが導入される2022年に早くから焦点を合わせ、昨年は今季型のPUの実験をしながらコンストラクターズ選手権3位と復調の兆しを見せていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム