2021年のF1世界選手権:バーレーンでのダブルヘッダーで開幕に変更?

2021年2月5日
2021年のF1世界選手権:バーレーンでのダブルヘッダーで開幕に変更?
2021年のF1世界選手権は、新型コロナウイルスの再流行により、シーズン開幕前に再びカレンダーが変更される可能性がある。

2021年のF1世界選手権は当初の開幕戦だったオーストラリアは11月に延期され、中国とベトナムはすでにキャンセルとなっている。第2戦にはイモラ・サーキットが組み込まれたが、現在、第3戦の開催地について新たな疑問が浮上している。

フェルスタッペン 「ラッセルにとってF1サヒールGPは笑い話になる」

2020年12月11日
フェルスタッペン 「ラッセルにとってF1サヒールGPは笑い話になる」 / レッドブル・ホンダ F1アブダビGP 木曜記者件(2)
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、将来ジョージ・ラッセルが多くのレースに勝つことは確実であり、勝利を奪われるかたちとなったF1サヒールGPでのメルセデスF1とのデュー戦を笑い話として振り返ることができると考えている。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスF1から出場。

ダニエル・リカルド 「1周目で最後尾だったペレスを勝てせてはならなかった」

2020年12月9日
ダニエル・リカルド 「1周目で最後尾だったペレスを勝てせてはならなかった」 / F1サヒールGP
ダニエル・リカルドは、F1サヒールGPのオープニングラップで最後尾に下がったセルジオ・ペレスをレーシング・ポイントのライバル勢は勝たせてはならなかったと語る。

先週末のF1サヒールGPで、セルジオ・ペレスはオーニングラップでシャルル・ルクレール(フェラーリ)と接触したことでピットインを余儀なくされて最後尾まで順位を下げたが、波乱の展開となったレースでセンショーショナルな勝利を収めた。

ジャック・エイトケン 「自分のミスがラッセルの不運に繋がって残念」

2020年12月8日
ジャック・エイトケン 「自分のミスがラッセルの不運に繋がって残念」 / F1サヒールGP
ジャック・エイトケンは、F1サヒールGPでの自分のミスがジョージ・ラッセルのF1サヒールGPでの不運を引き起こしてしまったことを“残念”に思っているが、責任は感じていないと語る。

ジョージ・ラッセルは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてF1サヒールGPにメルセデスF1から出場。それはジェック・エイトケンのウィリアムズでのF1デビューへと繋がった。

2020年 F1ポイントランキング (第16戦 F1サヒールGP終了時点)

2020年12月8日
2020年 F1ポイントランキング (第16戦 F1サヒールGP終了時点)
2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPが終了。大波乱の展開となったレースの結果“ベスト・オブ・ザ・レスト”をかけた順位表に再び動きがあった。

王者ルイス・ハミルトン不在で行われたF1サヒールGPでは、レーシング・ポイントF1のセルジオ・ペレスが待望のF1初優勝。ドライバーズランキングでは4位に浮上した。

ホンダF1:2020年 F1サヒールGP 決勝レポート

2020年12月8日
ホンダF1:2020年 F1サヒールGP 決勝レポート
F1サヒールGPの決勝は、ホンダF1パワーユニット勢にとってはフラストレーションの溜まる展開となり、アストンマーティン・レッドブル・レーシング、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダともに、ポイント獲得をかけた厳しい戦いを強いられた。

外周コースでの初開催となった今大会だが、周回数はF1史上最多の87周。ラップタイムは1分を切り、息もつかせぬ展開となったが、両チームにとっては運に振り回される結果となった。

メルセデスF1代表 「ラッセルが勝利に挑む機会は今回が最後ではない」

2020年12月8日
メルセデスF1代表 「ラッセルが勝利に挑む機会は今回が最後ではない」 / F1サヒールGP 決勝
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPの決勝レースを振り返った。

F1サヒールGPでは、新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役として起用したメルセデスの秘蔵っ子であるジョージ・ラッセルが躍進。レースの大部分もリードし、優勝を手中に収めたかと思われた。

アルファタウリ・ホンダF1 「中団バトルがいかにタイトかを示す良い例」

2020年12月8日
アルファタウリ・ホンダF1 「中団バトルがいかにタイトかを示す良い例」 / F1サヒールGP 決勝
アルファタウリ・ホンダF1の車両パフォーマンス担当チーフエンジニアを務めるクラウディオ・バレストリが、2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPの決勝レースを振り返った。

アルファタウリ・ホンダは2台とも2ストップ戦略を採用したが、特に2回目のセーフティカーのタイミングは有利に働かなかった。二人ともその直前にタイヤ交換を済ませており、再開後はフレッシュなタイヤでもDRSトレインから抜け出すことができず、ダニール・クビアトが7位、ピエール・ガスリーが11位でレースを終えた。

F1サヒールGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント

2020年12月7日
F1サヒールGP 決勝:トップ10 ドライバーコメント
2020年のF1世界選手権 第16戦 F1サヒールGPの決勝でトップ10入りしたドライバーのコメント。

オープニングラップからクラッシュによるセーフティカーが入ったレースは、終盤にメルセデスの2台がタイヤ交換で自滅するという波乱の展開となった。F1サヒールGPを制したのはレーシング・ポイントのセルジオ・ペレス。F1キャリア10年目、190戦目というF1で最長での初優勝となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム