2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(1位~10位)

2022年3月21日
2022年 F1バーレーンGP決勝:ドライバーコメント(1位~10位)
2022年F1開幕戦バーレーングランプリでトップ10入りを果たしてポイントを獲得したドライバーのコメント。

F1新時代の記念すべき最初のウィナーとなったのはシャルル・ルクレール。ポールポジションからスタートし、ファステストラップも記録する完全勝利でチームに勝利をもたらした。2位にもカルロス・サインツが続き、スクーデリア・フェラーリが1-2フィニッシュで復活の狼煙を上げた。

2022年 F1ポイントランキング (開幕戦バーレーンGP終了時点)

2022年3月21日
2022年 F1ポイントランキング (開幕戦バーレーンGP終了時点)
2022年F1開幕戦バーレーングランプリが終了。優勝したシャルル・ルクレールとフェラーリが両方のランキングで首位に立った。

F1新時代の記念すべき最初のウィナーはスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールだった。ポールポジションからスタートしたルクレールは、レースのファステストラップも記録して26ポイントを加算。キャリアで初めてランキング表のトップに立った。

レッドブルF1代表 「何が起こったのかを徹底的に調査する必要がある」

2022年3月21日
レッドブルF1代表 「何が起こったのかを徹底的に調査する必要がある」 / F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの決勝を振り返った。

スクーデリア・フェラーリに先行を許したものの、レッドブル・レーシングの2台は勝利と表彰台をかけて戦っていた。レース序盤はマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールが新世代F1マシンに激しいバトルを繰り広げていた。

マックス・フェルスタッペン、トラブル続出の末リタイア「かなりの痛手」

2022年3月21日
マックス・フェルスタッペン、トラブル続出の末リタイア「かなりの痛手」 / レッドブル・レーシング F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは、2022年F1バーレーングランプリの決勝レースをリタイアで終えた。

2番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、序盤はポールポジションからレースをリードしたシャルル・ルクレール(フェラーリ)と抜きつ抜かれつのレースを展開したが、ブレーキのオーバーヒートをいたわらなければならず、リードを奪うには至らなかった。

セルジオ・ペレス、最終周でリタイア「問題があることを分かっていた」

2022年3月21日
セルジオ・ペレス、最終周でリタイア「問題があることを分かっていた」 / レッドブル・レーシング F1バーレーンGP決勝
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、2022年F1バーレーングランプリの決勝レースをリタイアで終えた。

4番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレスは、オープニングラップで6番手まで順位を下げるも、その後、順位を取り戻してレースを進め、レース終盤のリスタート後にチームメイトのマックス・フェルスタッペンのリタイアによって3番手に浮上していた。

ピエール・ガスリー 「車のスイッチが切れて燃えている臭いがしてきた」

2022年3月21日
ピエール・ガスリー 「車のスイッチが切れて燃えている臭いがしてきた」 / スクーデリア・アルファタウリ F1バーレーンGP 決勝
スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの決勝レースをリタイアで終えた。

10番グリッドからソフトタイヤでスタートしたピエール・ガスリーは、オープニングラップで8番手まで順位を上げるとぽいと圏内でレースを展開。1回目のピットストップでミディアム、2回目のピットストップでハードに交換して8番手でレースを進めていた。

周冠宇、デビュー戦でポイント獲得「とてもうれしい。言葉にならない」

2022年3月21日
周冠宇、デビュー戦でポイント獲得「とてもうれしい。言葉にならない」 / アルファロメオF1チーム バーレーンGP決勝
アルファロメオF1チームの周冠宇は、2022年F1開幕戦バーレーングランプリで10位入賞。デビュー戦でポイント獲得を成し遂げた。

初の中国人ドライバーとしてデビューを飾った周冠宇は、プラクティスからミスのない走りで週末を進めてき、決勝でもアグレッシブな走りを見せて10位でフィニッシュ。中国人としてF1で初めてポイントしたドライバーとなった。

バルテリ・ボッタス、スタートで後退も「トップ10に戻れる車があった」

2022年3月21日
バルテリ・ボッタス、スタートで後退も「トップ10に戻れる車があった」 / アルファロメオF1チーム バーレーンGP決勝
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリの決勝を6位で終えた。

6番グリッドからスタートしたバルテリ・ボッタスは、オープニングラップで13番手まで順位を落とすも、そこから堅実なレース運びでオーバーテイクを繰り返し、最終的に6位でフィニッシュ。チームとの初レースで好成績を残した。

ケビン・マグヌッセン、ベスト・オブ・ザ・レストの5位「熱狂は続いている」

2022年3月21日
ケビン・マグヌッセン、ベスト・オブ・ザ・レストの5位「熱狂は続いている」 / ハースF1チーム F1バーレーンGP決勝
ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年開幕戦F1バーレーングランプリの決勝で5位入賞を果たした。

先週の水曜日にニキータ・マゼピンの後任として発表されたばかりのケビン・マグヌッセンは、土曜日の予選で7番グリッドを獲得。決勝でも競争力のある走りを見せて上位争いを展開。終盤のレッドブルの2位のリタイアにも助けられ、フェラーリの2台とメルセデスの2台に次ぐ、ベスト・オブ・ザ・レストの5位入賞を果たした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム