ルーベンス・バリチェロ (F1日本GPプレビュー)

2009年9月30日
ルーベンス・バリチェロ - ブラウンGP
ルーベンス・バリチェロが、F1日本GPへの意気込み、鈴鹿サーキットへの印象を語った。

ルーベンス・バリチェロ (ブラウンGP)
鈴鹿は素晴らしいトラックだし、僕たち全員が今年日本GPが鈴鹿に戻ったことを本当に喜んでいる。チャレンジングなサーキットであるだけでなく、鈴鹿には2003年にポール・トゥ・ウィンを飾った特別な思い出があるんだ。コーナーとトラックレイアウトがタフなサーキットだし、良い週末のためには、正確性と一貫性、そして完璧なマシンバランスがなければならない。

キヤノン、ブラウンGPとのスポンサー契約を拡大か

2009年9月29日
キヤノン
キヤノンは、ブラウンGPと長期的なスポンサーシップ契約を結ぶ可能性を否定していない。

シンガポールでは、キヤノンの赤いロゴがブラウンGPのマシンのサイドポッドに掲載され注目を集めたが、これはキヤノンのシンガポール支店による1回限りの契約によるものだった。

シンガポールのパドックでは、キヤノンの東京本社が、F1との全面的な提携を復活させることに興味があると噂されていた。キヤノンは1980年代ウィリアムズのスポンサーだった。

ブラウンGP:バトンが価値ある4ポイント (F1シンガポールGP)

2009年9月28日
ブラウンGP F1シンガポールGP 結果
ブラウンGPは、F1シンガポールGPの決勝レースで、ジェンソン・バトンが5位、ルーベンス・バリチェロは6位だった。

11番グリッドからのスタートで、チャンピオンシップのために苦しいレースが予想されたジェンソン・バトンだが、様々な要因が味方し5位でフィニッシュ。ダメージを最小限に抑えるどころか、バリチェロとの差を1ポイント広げた。

ルーベンス・バリチェロ、ギアボックス交換で5グリッド降格

2009年9月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、シンガポール前の予選前にギアボックスを交換。5グリッド降格ペナルティが科せられ、シンガポールGPの決勝レースを10番グリッドからスタートする。

バリチェロは、ベルギーGPでギアボックスに問題を抱えていたが、ダメージのあるギアボックスをモンツァで温存し、レースに優勝した。

ルーベンス・バリチェロ、2010年はブラウンGPを離脱か

2009年9月27日
ルーベンス・バリチェロ
ルーベンス・バリチェロは、来年ブラウンGPのシートをニコ・ロズベルグに奪われるとみられており、F1における将来の計画は完全にオープンであることを認めた。

チームメイトのジェンソン・バトンとワールドチャンピオン争いをしているバリチェロだが、ブラウンGPから将来の保証を得られてはいない。

来年は、ニコ・ロズベルグがバトンのパートナーとしてブラウンGPに移籍するとみられている。

ブラウンGP:バリチェロがクラッシュ(F1シンガポールGP予選)

2009年9月27日
バリチェロがクラッシュ (F1シンガポールGP予選)
ブラウンGPは、F1シンガポールGP予選で、ルーベンス・バリチェロが5番手、ジェンソン・バトンが12番手だった。

ルーベンス・バリチェロは、予選Q3の終了間際にクラッシュ。赤旗が提示され、多くのドライバーが最後のタイムアタックをできないままセッションは終了した。

それでも5番手に残ったルーベンス・バリチェロだが、ギアボックス交換のため10グリッド降格ペナルティが科せられ、明日は10番グリッドからのスタートとなる。

ブラウンGP:F1シンガポールGP初日

2009年9月26日
ブラウンGP F1シンガポールGP 初日
ブラウンGPは、F1シンガポールGP初日のフリー走行で、ジェンソン・バトンが5番手、ルーベンス・バリチェロが11番手だった。

ジェンソン・バトン (5番手)
「今週末シンガポールに戻ってこれて嬉しいし、みんなナイトレースと異なる作業時間に対応するチャレンジを本当に楽しんでいる。セットアップ評価とタイヤのテストの多忙なプログラムでかなり充実した夜を過ごした。この会場は暑さと湿気がタフだし、サーキットの特性とバリアの近さは完全な集中が必要だ。重要なのは、一貫して速いパップを刻むことだし、それが今日僕たちが取り組んだことだ。クルマの感覚は悪くないし、今夜もう少し作業をして、良い週末に備えられると思う」

キヤノンのロゴがF1に復活 (画像)

2009年9月25日
キヤノン
キヤノンの名前がF1に戻ってきた。シンガポールGP1戦限りではあるが、キヤノンはブラウンGPとスポンサー契約を締結。

シンガポールに持ち込まれたブラウンGPのマシンBGP001のサイドポッドには、キヤノンのロゴが大きく掲載されている。シンプルなカラーリングのブラウンGPのマシンに赤のCanonの文字が映えている。

キヤノンは、1985年から1993年までウィリアムズのタイトルスポンサーとしてF1に関わっていた。

ジェンソン・バトン (F1シンガポールGPプレビュー)

2009年9月23日
ジェンソン・バトン ブラウンGP
ジェンソン・バトンが、F1シンガポールGPへの意気込みとナイトレースの印象を語った。

ジェンソン・バトン (ブラウンGP)
去年のシンガポールGPは驚くべき経験だったし、本当に1年のハイライトだった。照明の下でドライブすることは凄く楽しかったし、ターン1とターン5は少し暗くて、ブレーキング距離を判断するのが難しかったけど、視認性もかなり良かった。マリーナ・ベイ・ストリート。サーキットはかなりチャレンジングだし、ストップ&ゴーのレイアウトなのでいつもは好きなタイプではないんだけど、ドライブするのは楽しかった。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム