ロス・ブラウン 「バトンの残留を確信している」

2009年10月26日
ジェンソン・バトンのブラウンGP残留は?
ジェンソン・バトンとブラウンGPの契約はまだ合意に至っていないが、ロス・ブラウンはジェンソン・バトンがブラウンGPに残留することを確信している。

ジェンソン・バトンは、今年初めにチーム存続のために年俸を500万ドル(約4億6000万円)に引き下げることに同意。さらにシーズン中の旅費やクリーニング代といった経費のほとんどを自腹で払うことを了承した。

ホンダ、ブラウンGPの成功にも「後悔はしていない」

2009年10月23日
ホンダからチームを引き継ぎ大成功を収めたブラウンGP
ホンダは、ブラウンGPが2009年に両方のタイトルを勝ち取るという成功を収めたにも関わらず、F1から撤退したことに後悔はないと語る。

ホンダは、世界的な財政危機によりF1に資金を供給することができないと判断し、昨年12月にF1から撤退した。

ホンダからチームを引き継いだブラウンGPは、ホンダが開発したマシン、施設、さらには財政的な支援により、F1グリッドに並ぶだけではなく、F1タイトル獲得という成功を成し遂げた。

ロス・ブラウン 「ティレルとしての参戦も検討した」

2009年10月21日
ブラウンGP
コンストラクターズチャンピオンを獲得したブラウンGPのロス・ブラウンは、ホンダF1からチームを買収した際、有名なティレルの名前を復活させることも検討していたことを明かした。

イギリスのプレスにチームの業績を報告したロス・ブラウンは、今年初めにブラックリーに拠点を置くチームのブランドアイデンティティの決定に悩んでいたと語った。

ブラウンGP:ダブルタイトル獲得! (F1ブラジルGP)

2009年10月19日
ブラウンGP:ダブルタイトル獲得! (F1ブラジルGP)
ブラウンGPは、F1ブラジルGPの決勝レースで、ジェンソン・バトンが5位、ルーベンス・バリチェロが8位に入り、バトンのドライバーズチャンピオン、そしてコンストラクターズチャンピオンのダブルタイトルを獲得した。

参戦初年度のF1チームのタイトル獲得はF1史上初の快挙。また2000年にF1デビューを飾ったジェンソン・バトンにとって、参戦10年目にして初の栄冠となった。

ジェンソン・バトン、ワールドチャンピオンになれて「本当に最高」

2009年10月19日
ジェンソン・バトン ワールドチャンピオン
2009年のF1ワールドチャンピオンに輝いたジェンソン・バトンが、その喜びを語った。

F1ブラジルGPを5位でフィニッシュし、最終戦アブダビGPを残してワールドチャンピオンを獲得したジェンソン・バトン。2000年にF1デビューを飾ったバトンにとって、10年目にして手にした初の栄冠だ。

「本当に最高だ」とバトンは語る。

ロス・ブラウン 「バトンは最高のレーサー」

2009年10月19日
ロス・ブラウンとジェンソン・バトン
コンストラクターズ、ドライバーズのダブルタイトルを獲得したブラウンGPのロス・ブラウンが、ジェンソン・バトンを褒め称えた。

バトンがフィニッシュラインを通過したときには、涙を流していたロス・ブラウン。名将ロス・ブラウンといえども、自らのチームを立ち上げて挑んだ今シーズンは厳しい一年だったに違いない。

「我々はシーズン後半にわたって、懸命に努力した」と語るロス・ブラウン。

ブラウンGP、コンストラクターズチャンピオン獲得!

2009年10月19日
ブラウンGP コンストラクターズチャンピオン獲得!
ブラウンGPが、2009年F1世界選手権のコンストラクターズチャンピオンに輝いた。

F1ブラジルGPで5ポイントを獲得したブラウンGPが、2位のレッドブルに25.5ポイント差をつけ、最終戦を残して2009年のF1コンストラクターズタイトルを獲得した。参戦初年度のF1チームのタイトル獲得はF1史上初の快挙となる。

ホンダのF1撤退によって、一時はその参戦さえ危ぶまれたブラウンGP。しかし、ホンダ、そして元スーパーアグリのスタッフが2008年シーズンを捨ててまで優勝を目指して開発したRA109をベースとするBGP001は、開幕戦から他を圧倒する強さを見せた。

ジェンソン・バトン 「数ポイントを拾うだけのレースはしたくない」

2009年10月18日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、ブラジルGPでタイトルを決めるためには死に物狂いでレースを戦わなければならないと認めている。

ジェンソン・バトンは、ブラジルGPの予選Q2でウェットタイヤに苦しみ、14番手で予選を終えた。

「がむしゃらにレースをしなければならなそうだし、数ポイント拾うだけのレースはしたくない」

ブラウンGP:バリチェロが5年ぶりにポール獲得 (F1ブラジルGP予選)

2009年10月18日
ルーベンス・バリチェロ ポールポジション F1ブラジルGP
ブラウンGPは、F1ブラジルGP予選で、ルーベンス・バリチェロが1番手、ジェンソン・バトンは14番手だった。

ルーベンス・バリチェロが、ホームグランプリで今シーズン初のポールポジションを獲得。バリチェロにとって実に5年ぶりとなる14度目のポールポジションだ。

ブラウン勢はQ2でウェットタイヤのままでいることを選択。ここでの走りが両者の明暗を分けた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム