ジェンソン・バトン
今日のクルマのバランスはどうでしたか?
プライムタイヤでは良かったね。ロングランでのバランスにはとても満足している。今日は雨が降りそうだったし、あまりセットアップ作業ができないと考えて、多くのラップを重ねた。プライムタイヤは良さそうだね。ただ、まだソフトタイヤでのバランスが得られていないし、午後はニュータイヤで少し苦しんだ。プライムタイヤとはとても異なるタイヤだ。僕たちはソフトタイヤでのバランスが得られていないので、今晩それに取り組む必要がある。

それは予選とレースでどんなことを意味しますか?
ソフトタイヤでのバランスを解決する必要がある。レースに向いているタイヤはプライムだと思う愛s、僕たちのペースはとても良さそうだ。でも、僕たちが取り組む必要があるのは予選だ。まだタイヤを快適に感じていないからね。なぜタイヤがそんなに違うのか理由を見つけ出す仏幼があるし、両方のタイヤの差があまりに大きいでバランスを変更する必要があるかもしれない。理由を解決する必要があるね。

シーズンを振り返ってみて、浮き沈みがあったと思いますか?それとも一貫していましたか?
ほぼ全てのレースでポイントを獲っているけど、それでも浮き沈みはあるね。レースに勝つことは常に難しい。だから、もちろん浮き沈みはあるよ。チャンピオンシップでは普通のことさ。2004年のフェラーリのミハエル・シューマッハを除けばね。彼はほぼ全てのレースに勝ていたよね!今年は、多くの勝者がいて非常に接戦なので、とても刺激的な1年になっている。あるサーキットに誰かがアップグレードを持ち込んで他が誰も持ち込まないとき、彼らは前の2〜3チームを飛び越えてしまう。だから、本当に興味深いシーズンだし、レース週末にどのようなマシンセットアップをして、どんな戦略をとるかをするのはとても難しい。KERSマシンはどちらの助けにもならない。

セバスチャン・ベッテルはチャンピオンシップがおわるまで髭を剃らないと言っています。あなたはなにかそのような験担ぎはしていますか?
いいや、まったくないね。いつもマシンの同じ側から乗り込むけど、それは僕がマシンの右側から乗るからだ。いつもそうしている。でも、僕はぜんぜん迷信深い人間ではないんだ。

イギリス人として、ここの灰色の空と雨模様は好ましいですか?
10年くらいイギリスには住んでいないけど、ここがウェットになるかを見るのは興味深い。ウェットになればレッドブルには多くのアドバンテージがある。でも、今日のように中間だったら、レースをとても面白くするだろう。かなり楽しいはずだ。

今日のテレビの映像で、あなたがずっと完全に集中していたのがわかりました。集中するのが難しい週末ですか?
僕にとっては簡単なことだよ。ここ数レースよりずっとリラックスしている。バリチェロを考えると、みんなが常にプレッシャーという言葉を使っているし、それを聞くとイライラするので言いたくはないけど、彼にとっては大きなレースだ。僕はとてもリラックスしているし、ルーベンスとセバスチャンはチャンピオンシップに残るために特定のポイントで僕に勝たなければならないので状況は異なる。リラックスしているよ。

あなたはクルマが完全に快適ではないと言っていました。それくらい競争力がありますか?
クルマは競争力があると思うよ。ロングランのペースは良いし、それは間違いなくレースで働く。みんながどれくらい速いかはまだわからないけど、マシンのフィーリングはいいし、それが重要だ。一発でまだバランスが得られていない。ルーベンスは少し良いと思うけど、ルーベンスでさえクルマを改善させるために作業をすると思うので、明日の朝はうまくできると思う。予選の面で取り組むことは多い。でも、明日はいろいろ異なることを試すすし、マシンを改善させるのを楽しみしているよ。

ルーベンスをどのように評価していますか?
彼は優秀なドライバーであることは明らかだ。彼はスポーツで大きな経験を持っている。チームメイトとして、僕たちはとてもうまくやっているけど、僕たちはとても競争的な人間だ。チームメイトとしてもっと競争的な人間は想像できない。競争のあるチームメイトがいなければ、十分に激しくプッシュしない。だから彼がチームにいるのは素晴らしいことだし、これまで僕をこんなにハードにプッシュされるチームメイトはいなかったよ。

あなたは2006年にここで表彰台で終えています。チャンピオンシップに勝つためには、ここではそれは目標ではないですか?
表彰台なら素晴らしいだろう。でも、3位でフィニッシュするためにここに来てはいない。僕にできる最高の仕事をしたい。それは間違いなく勝利に挑戦することだ。現時点で最も競争力のあるチームはマクラーン、レッドブル、そして僕たちだと言える。フェラーリも競争力があるかもしれないし、ウィリアムズだってそうかもしれない。それを理解しなければならないけど、確かにマクラーレンとレッドブルはとても競争力があるね。

ここではより保守的な戦略を持ちますか?
戦略にうちて言うことはできない。明日、ソフトタイヤでのフィーリングを改善させるためにいくつか作業しなければならない。ハード側のタイヤにはとても満足しているし、レースのための良いバランスはある。でも、予選ペースを改善させるためにソフトタイヤでいくつか作業しなければならない。予選はレース週末のために重要だけど、ここではオーバテイクができるし、これまでのサーキットよりずっと簡単だ。でも、出来る限り高い予選ポジションを獲得したいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ジェンソン・バトン | ブラウンGP