ロス・ブラウンとジェンソン・バトン
コンストラクターズ、ドライバーズのダブルタイトルを獲得したブラウンGPのロス・ブラウンが、ジェンソン・バトンを褒め称えた。

バトンがフィニッシュラインを通過したときには、涙を流していたロス・ブラウン。名将ロス・ブラウンといえども、自らのチームを立ち上げて挑んだ今シーズンは厳しい一年だったに違いない。

「我々はシーズン後半にわたって、懸命に努力した」と語るロス・ブラウン。

「しかし、我々はそれを成し遂げた。非常に特別なことだ。実感するには時間がかかりそうだ」

「ジェンソンは素晴らしいレーサーだし、彼は素晴らしいレースをした。彼は何をしなければならないかわかっていた」

「我々はシーズン後半にライバルと比較してほんのわずかペースを失っていた。でも、彼はそれを辛抱したし、彼は彼が手に入れたすべてに値する」

またロス・ブラウンは、今年始めの規模縮小によってチームを離れなければならなかった元ホンダのスタッフにも感謝の気持ちを語った。

「彼らみんなが冬の間に行った仕事はセンセーショナルだった」

「そして、我々がチームを大きさを変えなければならなかったことで、我々と一緒ににいることができなかった全員に言わなければならない。彼らが本当に努力してくれたおかげで頑張ることができた」

「彼らはチームが成し遂げたことに誇りを持ってもらいたい。彼らは我々が成し遂げた全ての一部なのだから」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブラウンGP | ジェンソン・バトン