フェルスタッペン ザク・ブラウン批判「レッドブルF1をかき乱そうとしている」

2024年5月14日
フェルスタッペン ザク・ブラウン批判「レッドブルF1をかき乱そうとしている」
マックス・フェルスタッペンは、マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンが、エイドリアン・ニューウェイの離脱がレッドブルからのスタッフ流出を促す可能性があると発言したことを批判した。

ザク・ブラウンは、レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーをめぐる権力闘争が続く中、マクラーレンがレッドブルの関連会社から受け取った履歴書の数が増えていると述べた。

フェルスタッペン 「ヒュルケンベルグのアウディF1移籍は正しい決断」

2024年5月14日
フェルスタッペン 「ヒュルケンベルグのアウディF1移籍は正しい決断」
マックス・フェルスタッペンが、F1ライバルのニコ・ヒュルケンベルグとアウディの提携を支持した。

2026年にアウディのフルワークスチームに移行する予定であり、現在アウディが100%所有するザウバーF1チームは、ヒュルケンベルグと2025年から500万ユーロ(約8億4000万円)と推定される複数年契約を締結した。

フェルスタッペン F1スーパーライセンスのポイント制度は「ない方がいい」

2024年5月13日
フェルスタッペン F1スーパーライセンスのポイント制度は「ない方がいい」
マックス・フェルスタッペンは、F1スーパーライセンス付与に使われている現行のポイントシステムを支持しないと語った。

F1参戦を目指すドライバーがスーパーライセンスを付与されるには、合計40ポイントを貯める必要がある。この制度は2016年から導入された。

レッドブルCEO 公にフェルスタッペン獲得を語るメルセデスF1代表を批判

2024年5月12日
レッドブルCEO 公にフェルスタッペン獲得を語るメルセデスF1代表を批判
レッドブルのマネージングディレクターであるオリバー・ミンツラフは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフがマックス・フェルスタッペンを公の場で誘惑するのは「正しくない」とし、F1ライバルの「敬意」の欠如を指摘した。

メルセデスは、3度のワールドチャンピオンであるフェルスタッペンを獲得することにメルセデスは何度も興味を示しているが、ミンツラフは珍しくインタビューに応じ、フェルスタッペンが2025年にメルセデスに移籍することを検討しているという話を否定した。

レッドブルF1代表 フェルスタッペン契約のニューウェイ離脱条項を否定

2024年5月10日
レッドブルF1代表 フェルスタッペン契約のニューウェイ離脱条項を否定
レッドブル・レーシングのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのレッドブル契約にエイドリアン・ニューウェイに関する条項が含まれているとの見方を否定した。

レッドブルのチーフテクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイは2025年初頭に退任する。先週このニュースが報じられて以来、F1パドックには新たな憶測の波が押し寄せている。

マックス・フェルスタッペン F1初勝利のノリスを称賛「飛ぶように速かった」

2024年5月7日
マックス・フェルスタッペン F1初勝利のノリスを称賛「飛ぶように速かった」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第6戦マイアミGPでマクラーレンのライバルに敗北したことを受け入れ、F1で「当然」の勝利を収めたランド・ノリスを称賛した。

フェルスタッペンは日曜日の序盤をコントロールしたが、レース中盤のセーフティカー導入直前にピットインし、ノリスがセーフティカー中にタイヤ交換を行ったことでリードを奪われた。

マックス・フェルスタッペン F1マイアミGP決勝「フロアに穴が開いていた」

2024年5月6日
マックス・フェルスタッペン F1マイアミGP決勝「フロアに穴が開いていた」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第6戦マイアミGPの決勝を2位でフィニッシュ。レース中にボラードをなぎ倒した際にフロアにダメージを負っていたことを明かした。

ポールポジションからスタートしたフェルスタペンは、好スタートを切ってリードを維持すると後続とのギャップを広げていった。しかし、ローガン・サージェント(ウィリアムズ)のリタイアによって導入されたセーフティカーでタイミングよくピットインしたランド・ノリス(マクラーレン)に先行を許す。

マックス・フェルスタッペン F1マイアミGP予選「楽しいラップではなかった」

2024年5月5日
マックス・フェルスタッペン F1マイアミGP予選「楽しいラップではなかった」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第6戦マイアミGPの予選でポールポジションを獲得したが、「キャリアで最も楽しいラップではなかった」と語り、セッションでの自分の最速ラップに完全には満足していない。

レッドブル・レーシングのフェルスタッペンは、スプリントレースでの勝利に続き、Q3の最初のフライングラップでグランプリのポールポジションを獲得した。

フェルスタッペン F1マイアミGP初日「酷いラップだけどポールだった」

2024年5月4日
フェルスタッペン F1マイアミGP初日「酷いラップだけどポールだった」
マックス・フェルスタッペンは、SQ3での「酷い」ラップがF1マイアミGPのスプリントポール獲得に十分だったことに驚いていると語った。

フェルスタッペンは、トップ10圏内のシュートアウトでの唯一のラップで滑ったが、最も近いライバルたちも、最後のシュートアウトでよりソフトなタイヤを装着したにもかかわらず、SQ2のタイムを伸ばすのに苦戦した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム