フェルスタッペン陣営 「2021年のレッドブル・ホンダ残留は未定」

2019年11月11日
フェルスタッペン陣営 「2021年のレッドブル・ホンダ残留は未定」
マックス・フェルスタッペンのマネージャーは、2021年に導入されるF1のレギュレーション変更によって、レッドブル・ホンダでの将来は疑問に包まれたままだとの姿勢を崩していない。

ルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルなどを含む多くのドライバーと同様に、マックス・フェルスタッペンのレッドブルとの契約は2020年末に終了し、来シーズンのドライバー市場は大変動の期待を高めている。

フェルスタッペン 「チャンピオンを獲れなければ最年少記録など無意味」

2019年11月11日
フェルスタッペン 「チャンピオンを獲れなければ最年少記録など無意味」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1で数々の史上最年少記録を更新しているが、そこにF1ワールドチャンピオンが追加されなれば、まったく意味をなさないと父親であるヨス・フェルスタッペンは語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1史上最年少ドライバー、ポイント獲得者、表彰台フィニッシュ、そして、最年少勝利という記録を更新してきた。

マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1との“学習の一年”の進歩に満足」

2019年11月10日
マックス・フェルスタッペン 「ホンダF1との“学習の一年”の進歩に満足」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、新たに構築されたパートナーシップの“学習の年”におけるエンジンサプライヤーのホンダF1の改善を称賛した。

以前には2020年の契約から抜け出そうとしていると噂されていまマックス・フェルスタッペンだが。今では来年のチャンピオンシップを目指すことについて楽観的に捉えている。

フェリペ・マッサ 「ルクレールはフェルスタッペンよりも先に王座を獲る」

2019年11月10日
フェリペ・マッサ 「ルクレールはフェルスタッペンよりも先に王座を獲る」
元フェラーリのF1ドライバーであるフェリペ・マッサは、シャルル・ルクレールはマックス・フェルスタッペンよりも先にF1ワールドチャンピオンの称号を手に入れる可能性があると考えている。

現在、シャルル・ルクレールは、ドライバーズ選手権でマックス・フェルスタッペンに14ポイント差をつけて3位に位置しており、二人は今後のF1でチャンピオンシップ争いを担うドライバーだと考えられている。

フェルスタッペン 「ルクレールからランキング3位を奪える確信はない」

2019年11月9日
フェルスタッペン 「ルクレールからランキング3位を奪える確信はない」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2019年の残りの2戦でドライバーズランキング3位のフェラーリのシャルル・ルクレールとのポイント差を埋めることができるかどうか確信が持てていないと語る。

今季2勝を挙げたマックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールから14ポイント差のランキング4位に位置している。

マックス・フェスタッペン 「ホンダF1との初年度は多くの進歩を遂げた」

2019年11月8日
マックス・フェスタッペン 「ホンダF1との初年度は多くの進歩を遂げた」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、スポンサーのExactの本社を訪れ、インタビューに答えた。

F1アメリカGPの3位についてどう思いますか?
「週末自体はとても良かった。通常では1発の速さであまり競争力のないサーキットで僕たちはとても競争力があった。すべてがスムーズに進んだ」

フェルスタッペンとハミルトン、メディア上での論争について休戦協定

2019年11月8日
フェルスタッペンとハミルトン、メディア上での論争について休戦協定
マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、メディアで言い争うことをやめることに“同意”したとヨス・フェルスタッペンは語る。

最近、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、メディアと通して論争を繰り広げてきたが、ヨス・フェルスタッペンは息子に引き下がるように促したと明かす。

フェスタッペンの“フェラーリ不正行為”発言にイタリアメディアが激高

2019年11月7日
フェスタッペンの“フェラーリ不正行為”発言にイタリアメディアが激高
フェラーリが“不正行為”をしていたとするマックス・フェルスタッペンの発言にイタリアのF1報道陣は激怒。口を閉じるか、不正行為の証拠を明らかにするよう命じた。

F1アメリカGPでフェラーリのパフォーマンスがパフォーマンスが突然低下したことを受け、マックス・フェルスタッペンはその原因はフェラーリが不正行為をやめたためだと主張した。

フェルスタッペン 「フロアの破損で多くのラップタイムが犠牲になった」

2019年11月6日
フェルスタッペン 「フロアの破損で多くのラップタイムが犠牲になった」
レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1アメリカGPでマシンのフロアに“大きなダメージ”を負ったことが強力な結果を出す妨げになったと語る。

予選を3番手で終えたマックス・フェルスタッペンは、レース終盤にルイス・ハミルトンを捕えかけたが、残り2周で提示されたイエローフラッグによって最後の攻撃を敷け蹴ることができず、最終的に3位表彰台でレースを終えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム