マックス・フェルスタッペン陣営 メルセデスF1とマイアミGP後に交渉

2024年4月30日
マックス・フェルスタッペン陣営 メルセデスF1とマイアミGP後に交渉
フェルスタッペンはレッドブルと2028年まで契約を結び、今季は開幕5戦で4勝を挙げるなどF1を支配し続けている。しかし、レッドブル・レーシングのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーに対する調査以来、緊張感が漂う中、フェルスタッペンの将来はここ数カ月にわたって推測されてきた。

ホーナーの嫌疑は晴れたものの、マックスの父であるヨス・フェルスタッペンはバーレーンで、ホーナーが存在し続けることはレッドブルを「引き裂く」可能性があると主張した。

レッドブルF1代表 フェルスタッペン移籍の発言を繰り返すヴォルフに怒り

2024年4月27日
レッドブルF1代表 フェルスタッペン移籍の発言を繰り返すヴォルフに怒り「彼にはドライバーよりも集中すべきことがある」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、中国GP後にマックス・フェルスタッペンについて語ったトト・ヴォルフを非難した。

ヴォルフは、ドライバーがどのチームでレースするかを決める要因は複数あると感じていると述べ、ここ数週間、3度のドライバーズチャンピオンであるフェルスタッペンが希望リストのトップであることを公言している。

マックス・フェルスタッペン アメリカ3戦で“フォード色”な特別F1ヘルメット

2024年4月25日
マックス・フェルスタッペン アメリカ3戦で“フォード色”な特別F1ヘルメット
マックス・フェルスタッペンは、アメリカ合衆国で開催される3つのグランプリのうちの初戦となるF1マイアミGPに先立って特別なヘルメットを公開した。

ヘルメットは、ブルーがフィーチャーされており、背面には星条旗をモチーフとしてデザインが入る。ブルーは、レッドブル・パワートレインズと提携して2026年F1パワーユニットの開発を進めるフォードのブルーオーバルのカラーに通じるものもある。

メルセデスF1代表 「フェルスタッペンの決断を誰もが待っている」

2024年4月25日
メルセデスF1代表 「フェルスタッペンの決断を誰もが待っている」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、レッドブル・レーシングの強力なレースペースだけではマックス・フェルスタッペンの残留を説得するには不十分だと示唆した。

レッドブルの組織内に不穏な空気が漂い、チーム内の権力闘争が疑われる中、フェルスタッペンは2028年まで契約を結んでいるにもかかわらず、チームからの移籍が噂されている。

フェルスタッペン 「セーフティカーのせいでF1中国GPの面白みが減った」

2024年4月23日
フェルスタッペン 「セーフティカーのせいでF1中国GPの面白みが減った」
マックス・フェルスタッペンは、F1中国GP中のセーフティカー介入に異議を唱え、圧勝が続く中、セーフティカーの介入によってレースが「面白くなくなった」と主張した。

スタートでトップに立ち、中断を乗り越えてランド・ノリスに13秒もの大差をつけたフェルスタッペンにとって、これ以上ない展開だった。

フェルスタッペン F1中国GPのストロールの追突は「僕のせいだ(苦笑)」

2024年4月23日
フェルスタッペン F1中国GPのストロールの追突は「僕のせいだ(苦笑)」
マックス・フェルスタッペンは、F1中国GPでランス・ストロールとダニエル・リカルドの衝突を振り返り、ショックを抑えることができなかった。

フェルスタッペンは日曜日、2024年シーズン4度目のレースで勝利を収めたが、彼の後ろでレースはアクションとドラマに満ちていた。

レース21周目、バルテリ・ボッタスのザウバーのエンジンの問題でストップし、セーフティカーが出動した。

フェルスタッペン F1中国GP決勝「唯一の懸念はデブリを轢いたとき」

2024年4月22日
フェルスタッペン F1中国GP決勝「唯一の懸念はデブリを轢いたとき」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1中国GPでの唯一の懸念はレース終盤に接触したデブリだけだったと語った。

レース中盤に2度セーフティカーが導入されたものの、フェルスタッペンは終始レースをコントロールしていた。今季4勝目を挙げたレッドブル・RB20は「素晴らしいフィーリングだった」と語った。

マックス・フェルスタッペン F1中国GP予選「レギュレーション変更が貢献」

2024年4月20日
マックス・フェルスタッペン F1中国GP予選「レギュレーション変更が貢献」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1シーズンのレギュレーション変更がF1中国でのポールポジション獲得に役立ったことを認めた。

その日の早い時間に行われたスプリントレースでの勝利に続き、フェルスタッペンは予選でも最速ラップを記録。チームメイトのセルジオ・ペレスに0.3秒差をつけてセッションを終了し、開幕から5戦連続、昨年から6回連続のポールポジションを獲得した。

マックス・フェルスタッペン F1中国GPスプリント予選4番手は「妥当」

2024年4月19日
マックス・フェルスタッペン F1中国GPスプリント予選4番手は「妥当」
マックス・フェルスタッペンは、ウエットコンディションのF1中国GPスプリント予選でタイヤを適切なウインドウに入れるのに苦戦したことから、レッドブル・レーシングが「今の位置にいるのは当然だ」と感じている。

これまですべてのポールポジションを獲得してきたフェルスタッペンは、ドライコンディションのスプリント予選Q2でトップタイムを記録し、今回も有力候補と思われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム