マックス・フェルスタッペン レッドブルF1にアップグレード継続を要請

2024年7月13日
マックス・フェルスタッペン レッドブルF1にアップグレード継続を要請
マックス・フェルスタッペンは、F1のスライドスケール空力テスト規則が展開され始めたことを受け、レッドブル・レーシングにマシンのアップグレードを継続するよう呼びかけた。

レッドブル・レーシングは、2022年のグラウンドエフェクト時代の幕開け以来、F1を支配してきた。フェルスタッペンとレッドブルは、これまでにドライバーズタイトルとコンストラクターズタイトルの両方を獲得している。

マックス・フェルスタッペン 2021年F1イギリスGPの事故で視覚に後遺症

2024年7月12日
マックス・フェルスタッペン 2021年F1イギリスGPの事故で視覚に後遺症
マックス・フェルスタッペンは、2021年のF1イギリスGPでルイス・ハミルトンとの高速バトルの後にクラッシュして以来、視力に問題を抱えて苦しんでいることが明らかにした。

この事件は、レッドブルとメルセデスのドライバーたちとのシーズンを通しての壮絶な戦いの火種の一つとなり、マックス・フェルスタッペンは、物議を醸す状況の中で、シーズン最後のレースとなったアブダビの最終ラップで初のタイトルを獲得した。

レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはPU交換ペナルティを避けられない」

2024年7月11日
レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはPU交換ペナルティを避けられない」
レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、今シーズンのどこかの段階でパワーユニットのペナルティを受けることになるのは避けられないと警告している。

イギリスグランプリの週末に向けて、レッドブルはセルジオ・ペレスに内燃エンジン、MGU-H、MGU-K、トラクションコントロールの新しいパワーユニット部品を渡し、それぞれの許容範囲を限界まで引き上げた。

マックス・フェルスタッペン マクラーレンF1に反撃「ザク・ブラウンって誰?」

2024年7月10日
マックス・フェルスタッペン マクラーレンF1に反撃「ザク・ブラウンって誰?」
マックス・フェルスタッペンは、シルバーストンでの痛烈な攻撃を受けて、ライバルチームであるマクラーレンF1チームのCEO、ザック・ブラウンに反撃した。

ランド・ノリスは急速に2024年のタイトルを争うフェルスタッペンの唯一のライバルになりつつあり、オーストリアでの事故を受けてマクラーレンの代表であるアンドレア・ステラとブラウンは発言を強めていた。

マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP優勝のハミルトンに「久しぶり!」

2024年7月8日
マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP優勝のハミルトンに「久しぶり!」
2021年の激しいライバル関係は修復されたようで、マックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンが2024年F1イギリスGPで優勝した際、最初に祝福したドライバーの1人であり、クールダウンルームでハミルトンと冗談を言い合った。

ルイス・ハミルトンは、日曜日のイギリスグランプリで、2番グリッドから945日ぶりの優勝を果たした。

マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP決勝「一時は6位も覚悟した」

2024年7月8日
マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP決勝「一時は6位も覚悟した」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1イギリスGPで2位表彰台を獲得。優勝できなかったことへの失望よりも、2位で終えたことへの喜びのほうが大きいと主張し、最悪の午後になりかねなかったグランプリで正しい決断を下したレッドブル・レーシングを称賛した。

4番グリッドのマックス・フェルスタッペンは、スタートでランド・ノリス(マクラーレン)から3番手を奪ったが、オープニングスティントが進むにつれ雨が降り始めると後退し、マクラーレンの2台の後ろの5番手に後退し、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)に迫られた。

マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP予選「砂利でフロアがズタズタ」

2024年7月7日
マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP予選「砂利でフロアがズタズタ」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1イギリスGPの予選でいつもより成績が悪かったのは、Q1で受けたダメージがポールポジション獲得のチャンスを「台無し」にしたためだと語った。

マックス・フェルスタッペンは土曜日の予選で、メルセデスのジョージ・ラッセルとルイス・ハミルトンの2人、そしてマクラーレンのランド・ノリスに次ぐ4番手に終わった。

マクラーレンF1 フェルスタッペンの運転基準ガイドラインをFIAと協議

2024年7月6日
マクラーレンF1 フェルスタッペンの運転基準ガイドラインをFIAと協議
マクラーレンのF1チーム代表を務めるアンドレア・ステラは、オーストリアGP中にマックス・フェルスタッペンが運転基準ガイドラインに違反したという「当初の見解」を明確にするため、FIAと協議を行ったことを認めた。

ランド・ノリスとフェルスタッペンの接触事故、そしてレースを台無しにしたパンクに至るまでの出来事に対する騒動は、この1週間も収まることなく続いている。

マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP初日「やるべき仕事が残っている」

2024年7月6日
マックス・フェルスタッペン F1イギリスGP初日「やるべき仕事が残っている」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1イギリスGP初日のフリー走行を7番手で終了。自身とレッドブル・レーシングには「やるべき仕事」が残っていると考えている。

2回目のプラクティスでミディアムタイヤで序盤のペースを決めたフェルスタッペンは、FP1では使用しなかったソフトコンパウンドを最初に装着し、すぐに最速タイムを記録した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム