フェルスタッペン 同等のF1マシンならシューマッハとセナに勝てる?

2024年6月7日
マックス・フェルスタッペン 同等のF1マシンならシューマッハとセナに勝てる?
元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは、同等のマシンであればマックス・フェルスタッペンがミハエル・シューマッハやアイルトン・セナに勝つだろうと信じている。

エディ・ジョーダンは、セナとシューマッハが活躍していた時代にジョーダンGPのオーナーとしてF1でほとんどの年月を過ごした。ジョーダンは、1991年のベルギーグランプリでシューマッハにデビューの機会を与えたことで有名だ。

フェルスタッペン ペレスのレッドブルF1残留は「素晴らしいニュース」

2024年6月5日
フェルスタッペン ペレスのレッドブルF1残留は「素晴らしいニュース」
マックス・フェルスタッペンは、セルジオ・ペレスが今後2シーズンのレッドブル・レーシングでチームメイトになるという発表に反応した。

レッドブルは、カナダグランプリを前に、セルジオ・ペレスとの2025年と2026年の2シーズンにわたる契約延長を発表した。

ジョージ・ラッセル 「フェルスタッペンが2026年にF1を休んでも驚かない」

2024年6月4日
ジョージ・ラッセル 「フェルスタッペンが2026年にF1を休んでも驚かない」
ジョージ・ラッセルは、マックス・フェルスタッペンがF1での選択肢を検討するため2026年に1年間の休養を取ると決めたとしても「まったく驚かない」と語った。

マックス・フェルスタッペンのF1での将来は、特にレッドブルのコース外騒動を受けて、今年初めから話題となっている。フェルスタッペンはメルセデスへの移籍が噂されており、トト・ヴォルフもフェルスタッペンに興味を持っていることを公言している。

マックス・フェルスタッペン レッドブルF1離脱を検討との噂を否定

2024年6月3日
マックス・フェルスタッペン レッドブルF1離脱を検討との噂を否定
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングがマクラーレンとフェラーリに追いつかれた可能性があることで、チームを離れたいと思っているという噂を否定し、オーストリアを離れることは考えていないと語った。

2024年F1シーズンの序盤戦で大きなリードを築いたフェルスタッペンだが、モナコGPを6位で終えたことで、チャンピオンシップでのアドバンテージはわずか31ポイントにまで縮まった。

レッドブルF1 フェルスタッペンからのシミュレーターエラーの指摘を無視?

2024年6月2日
レッドブルF1 フェルスタッペンからのシミュレーターエラーの指摘を無視?
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1に対してシミュレーターのデータのエラーを常に指摘していた。しかし、フェルスタッペンのシミュレーターに関する不満は、レッドブルF1のエンジニアによって2年間も黙殺されていたと報じられている

レッドブルは、2022年シーズンからF1のグラウンドエフェクト時代を完全に制覇することに成功した。マックス・フェルスタッペンは、RB19シャーシのおかげで2023年シーズンに複数の記録を塗り替えた。

フェルスタッペン「レッドブルF1は縁石での弱点を明確に理解していない」

2024年6月1日
マックス・フェルスタッペン「レッドブルF1は縁石での弱点を明確に理解していない」
マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングがF1モナコGPでの苦戦が過去2シーズンからほとんど変わっていないためことでチームは原因を「明らかに理解していない」と語る。

フェルスタッペンはモナコで予選6位、決勝6位となったが、チームメイトのセルジオ・ペレスはQ1で敗退し、さらに1周目のアクシデントに巻き込まれた。

ヨス・フェルスタッペン 「レッドブルがF1を支配する時代は終わった」

2024年5月28日
ヨス・フェルスタッペン 「レッドブルがF1を支配する時代は終わった」
ヨス・フェルスタッペンはレッドブル・レーシングがF1を支配する時代は終わったと判断し、チームは的外れな焦点を当ててきたと感じており、優先順位を検討すべきだと示唆した。

3度のF1ワールドチャンピオンであるマックス・フェルスタッペンの父親は、ミルトン・キーンズのチームは競争力を維持するだろうが、後続のフェラーリとマクラーレンとの差が急速に縮まっているため、それを解消するために何かをする必要があると述べた。

マックス・フェルスタッペン F1モナコGP決勝「退屈。レースではなかった」

2024年5月27日
マックス・フェルスタッペン F1モナコGP決勝「退屈。レースではなかった」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第8戦モナコGPを6位でフィニッシュ。レース状況やタイヤ戦略のせいで「レースではなかった」と述べ、モナコグランプリに変更を加えるよう求めた。

モナコの狭い道路ではオーバーテイクが常に困難であり、今年のレースでも例外ではなかった。78周のレースでフェルスタッペンは何も得ることも失うこともなく、トップ10のドライバーはスタート時と同じ位置でチェッカーフラッグを受けた。

マックス・フェルスタッペン F1モナコGP予選「縁石にまったく乗れない」

2024年5月26日
マックス・フェルスタッペン F1モナコGP予選「縁石にまったく乗れない」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第8戦モナコGPの予選を6番手で終了。モナコで縁石に乗れないというレッドブル・RB20の弱点がシーズン後半に他のトラックでチームにダメージを与えるだろうと語った。

マックス・フェルスタッペンはモナコで今季初めてポールポジションを獲得できず、明日のレースを6番手からスタートすることになった。予選ではポールポジションを獲得したシャルル・ルクレール(フェラーリ)に接近していたが、Q3での最終走行で第1コーナーでミスを犯し、フェラーリからコンマ3秒近く離されてしまった。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム