フェルスタッペン F1モナコGP初日「一夜で解決できる問題ではない」

2024年5月25日
フェルスタッペン F1モナコGP初日「一夜で解決できる問題ではない」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第8戦モナコGP初日のフリー走行を4番手タイムで終了。プラクティスの問題は一夜では解決できないとし、レッドブルが今週末のF1モナコGPで優勝争いに加われないだろうと語った。

フェラーリとマクラーレンは最近のラウンドでレッドブルに接近しており、レッドブルはハイダウンフォースのリアウイングを用意して、モンテカルロの曲がりくねったコース上での接近戦に挑む準備をしていた。

マックス・フェルスタッペン F1モナコGP展望「楽な週末にはならない」

2024年5月24日
マックス・フェルスタッペン F1モナコGP展望「楽な週末にはならない」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第8戦モナコGPは、マクラーレンとフェラーリの脅威をかわすために自身とレッドブル・レーシングにとって 「より難しい 」週末になりそうだと認めた。

フェルスタッペンは開幕5戦で4勝を挙げ、4年連続のワールドタイトル獲得に挑み、レッドブルは3年連続のコンストラクターズタイトル獲得を目指している。

フェルスタッペン F1昇格の噂のアントネッリに助言「ミスを恐れるな」

2024年5月24日
フェルスタッペン F1昇格の噂のアントネッリに助言「ミスを恐れるな」
マックス・フェルスタッペンは、メルセデスの愛弟子であるアンドレア・キミ・アントネッリに対し、18歳でF1に昇格するならば「ミスを恐れるな」と助言した。

F2レーサーのアントネッリはトト・ヴォルフが2025年のルイス・ハミルトンの後任候補として注目しているドライバーであり、2022年のマシンを旧型F1マシンでメルセデスのために何度もテストを行っている。

マックス・フェルスタッペンに中指を立てさせたフェラーリF1ファンが謝罪

2024年5月22日
マックス・フェルスタッペンに中指を立てさせたフェラーリF1ファンが謝罪
F1エミリア・ロマーニャGPで中指を立てたマックス・フェルスタッペンは、2人のフェラーリファンにとって「心の中の伝説 」となった。

フェルスタッペンはエミリア・ロマーニャGPでのレース週末の荒れたスタートから立ち直り、2024年F1シーズンにおけるポールポジションからの勝率100パーセントの記録を維持したが、これは2人のフェラーリファンには評判が良くなかった。予選ではフェラーリがポールポジションの真の候補とみなされている。

フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGPのバンピー路面に「心が折れた」

2024年5月22日
フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGPのバンピー路面に「心が折れた」
マックス・フェルスタッペンは、F1エミリア・ロマーニャGPで優勝した後、イモラのバンピーな路面に 「心が折れた 」と語った。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、前戦マイアミで敗れたマクラーレンのランド・ノリスの猛追を抑え、イモラで勝利を飾った。

フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGPに参戦しながらシムレース優勝

2024年5月21日
マックス・フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGPに参戦しながらシムレース優勝
マックス・フェルスタッペンは、イモラでF1エミリア・ロマーニャGPに参戦しながら、ニュルブルクリンク24時間バーチャルレースで勝利を収めた。

マックス・フェルスタッペンがレッドブル・レーシングでポールポジションからイモラで日曜日のレースをスタートする準備をしていたとき、フェルスタッペンのチームレッド・ライン シミュレーションチームはドイツのサーキットを舞台にしたiRacingイベントで勝利を収めたと発表した。

フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGP決勝「タイヤに必死だった」

2024年5月20日
マックス・フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGP決勝「タイヤに必死だった」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGPで勝利を収めた後、ハードタイヤでは最後まで走れないのではないかと心配していたと明かし、自分のレッドブルは「氷の上を走っているようだ」と感じたと語った。

フェルスタッペンは、上位勢がハードタイヤに交換した後、後続のランド・ノリスを引き離し、レースを完全にコントロールしているように見えた。

フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGP予選「セナに並べたのは特別」

2024年5月19日
マックス・フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGP予選「セナと並べたのは特別」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1エミリア・ロマーニャGPの予選でポールポジションを獲得。「本当に難しい」週末のスタートを経て、アイルトン・セナが保持している記録に並ぶことができてうれしいと語った。

昨日、フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングが「ひどく」ペースを落としたと語った。しかし、コンマ1秒以下の差でマクラーレンの2人を抑え、エミリア・ロマーニャGPのポールポジションを獲得した。

マックス・フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGP初日「最悪な一日」

2024年5月18日
マックス・フェルスタッペン F1エミリア・ロマーニャGP初日「最悪な一日」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP初日のフリー走行を7番手タイムで終了。レッドブルのF1マシンのハンドリングが初日よりも悪化しルうことは「ありえない」と信じている。

マックス・フェルスタッペンは、1回目のフリープラクティスセッションで5番手につけたが、2回目のセッションではペースセッターのフェラーリのシャルル・ルクレールから0.541秒遅れの7番手に後退した。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム