レッドブルF1代表、ペレスの祝賀会に参加したフェルスタッペンを称賛

2021年6月10日
レッドブルF1代表、ペレスの祝賀会に参加したフェルスタッペンを称賛 「本物のスポーツマン」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、失望のリタイアの後、優勝したチームメイトのセルジオ・ペレスの祝賀会に参加したマックス・フェルスタッペンを「本物のスポーツマン」だと称賛した。

F1アゼルバイジャンGPはマックス・フェルスタッペンにとって大きな打撃だった。タイヤがパンクしてウォールにクラッシュしたことで、フィジカル面だけでなく、25ポイント、おそらく26ポイントが泡と消え、精神的にもそれを受け入れなければならなかった。

フェルスタッペン 「メルセデスF1に乗ればハミルトンより0.2秒速く走れる」

2021年6月9日
マックス・フェルスタッペン 「メルセデスF1に乗ればハミルトンより0.2秒速く走れる」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、もし同じメルセデスのF1マシンでレースをしていれば、自分はルイス・ハミルトンより0.2秒速く走れると主張する。

マックス・フェルスタッペンは日曜日のF1アゼルバイジャンGPのほとんどをリードしていたが、タイヤの劇的な故障と時速200マイル近くでのクラッシュによって残りわずか数周でリタイアを喫した。

マックス・フェルスタッペン 「今年はハミルトンの方がミスが大きい」

2021年6月9日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「今年はハミルトンの方がミスが大きい」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ライバルであるルイス・ハミルトントメルセデスは、2021年にこれまでで最も多くのミスを犯していると考えている。

マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPでタイヤブローによるクラッシュでリタイアを喫したが、ルイス・ハミルトンの“ノーポイント”の結果は、リスタートでのセルジオ・ペレスとの対決でコースオフしたことによるものだった。

レッドブルF1 「フェルスタッペンのタイヤは酷使されてはいなかった」

2021年6月9日
レッドブルF1 「フェルスタッペンのタイヤは酷使されてはいなかった」
レッドブル・ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンがタイヤ故障でクラッシュに追い込まれるまで、F1アゼルバイジャンGPの最後に到達できない危険はないと信じていたと語る。

レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、プラクティスでの走行に基づいて、マックス・フェルスタッペンのC3(ハード)コンパウンド タイヤは最後まで“楽に走れる”と予想していたと語った。

マックス・フェルスタッペン 「RB16Bの開発は止めてはならない」

2021年6月8日
レッドフル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン 「RB16Bの開発は止めてはならない」
2021年のF1世界選手権をリードしているマックス・フェルスタッペンは、2021年F1マシン『RB16B』の開発に完全にコミットし続けるようレッドブル・ホンダF1に改めて要請した。

現在、フィールドの多くはまったく新しい2022年のルールに合わせたF1マシンを設計することに完全に集中しているが、マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダF1には同じ贅沢をする余裕はないと主張する。

マックス・フェルスタッペン 「デブリだと説明されるのは分かっていた」

2021年6月8日
マックス・フェルスタッペン 「デブリだと説明されるのは分かっていた」 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPでの高速での恐ろしいクラッシュで勝利を奪ったタイヤ故障についてピレリがどのように反応するかを正しく予測していた。

事故直後、F1公式タイヤサプライヤーのピレリは、マックス・フェルスタッペンとランス・ストロール(アストンマーティン)の同様の事故の原因を調査すると述べた。

フェルスタッペン、目前で勝利を逃し「時々このスポーツが嫌いになる」

2021年6月7日
マックス・フェルスタッペン、目前で勝利を逃し「時々このスポーツが嫌いになる」 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
F1アゼルバイジャンGPは、残り5周までマックス・フェルスタッペンにとって非常に良い一日となりそうに見えた。レッドブル・ホンダF1のチームメイトであるセルジオ・ペレスと1-2体制を形成し、彼の言葉を借りれば“簡単”に勝利を収められそうだった。しかし、その後、タイヤのパンクという形で大惨事が起こった。この残酷な運命にフェルスタッペンは「時々このスポーツが嫌いになる」と吐き捨てた・・・。

フェルスタッペン、血圧検査中にハミルトンのノーポイントを知る

2021年6月7日
マックス・フェルスタッペン、血圧検査中にハミルトンのノーポイントを知る
マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPでリタイアした後、血圧検査をしているときにテキストメッセージでルイス・ハミルトンのコースアウトを知り、悪夢がポジティブな結末に変わった。

マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPで快適にリードを築き、2戦連続でストリートレースで勝利を収めるかと思われたが、残り5周でロングストレートで高速でバリアに接触してリタイアとなった。

フェルスタッペン、無念のリタイアも「ペレスの笑顔が見れてうれしい」

2021年6月7日
マックス・フェルスタッペン、無念のリタイアも「ペレスの笑顔が見れてうれしい」 / レッドブル・ホンダ F1アゼルバイジャンGP 決勝
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの決勝をリタイアで終えた。

オープニングラップで3番手を堅持したフェルスタッペンは、2周目に前方のシャルル・ルクレールをオーバーテイク。3周目にオーバーテイクしたペレスとともにレッドブル・ホンダは2-3体制でレースを進める。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム