カルロス・サインツJr. 4位 「気温の低下と路面がレースペースに影響」

2022年8月1日
カルロス・サインツJr. 4位 「気温の低下と路面がレースペースに影響」 / スクーデリア・フェラーリ F1ハンガリーGP 決勝
カルロス・サインツJr.(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝を4位でフィニッシュ。日曜日のハンガロリンクの気温の低下と路面コンディションがフェラーリのレースペースに影響を与えたと考えている.

カルロス・サインツJr.とチームメイトのシャルル・ルクレールは、ポールポジションからスタートしたレースリーダーのジョージ・ラッセル(メルセデス)に続いて、F1ハンガリーGPの前半戦を過ごした。

ランド・ノリス 7位 「前の車を見れば今日達成できた最大限の結果」

2022年8月1日
ランド・ノリス 7位 「前の車を見れば今日達成できた最大限の結果」 / マクラーレン F1ハンガリーGP 決勝
ランド・ノリス(マクラーレン)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で7位入賞を果たした。

「7位に満足している。昨日の後、もちろん、僕たち全員がもう少し良い結果を期待していたとは思うけど、今日は速い車を抑えるだけのペースがなかった」とランド・ノリスはコメント。

「昨日、僕たちは本当に良い仕事をした。それに満足しているし、前にいる車を見れば、今日できる最大限の結果だった」

フェルナンド・アロンソ 8位 「ハードで1ストップを成功させるしかなかった」

2022年8月1日
フェルナンド・アロンソ 8位 「ハードで1ストップを成功させるしかなかった」 / アルピーヌF1チーム F1ハンガリーGP 決勝
フェルナンド・アロンソ(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で8位入賞を果たした。

「今日はハードなレースだったし、ダブルポイントフィニッシュができたことをうれしく思う。1周目の忙しいターン1でなんとか車を避けたけど、いくつかポジションを失った」とフェルナンド・アロンソはコメント。

エステバン・オコン 9位 「ポテンシャルを最大限に発揮できなかった」

2022年8月1日
エステバン・オコン 9位 「ポテンシャルを最大限に発揮できなかった」 / アルピーヌF1チーム F1ハンガリーGP 決勝
エステバン・オコン(アルピーヌF1チーム)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で9位入賞を果たした。

「今日は2台でポイントを獲得できたので満足している。特にシーズンのブレイクに入るのでそれは常にポジティブなことだ。でも、レース中はポテンシャルをそこまで最大限に発揮できたとは思わないし、チームとして何が改善できるかを話し合っていく」とエステバン・オコンはコメント。

セバスチャン・ベッテル 10位 「1ポイントのために懸命に戦った」

2022年8月1日
セバスチャン・ベッテル 10位 「1ポイントのために懸命に戦った」 / アストンマーティン F1ハンガリーGP 決勝
セバスチャン・ベッテル(アストンマーティンF1チーム)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で10位入賞を果たした。

「今日は1ポイントのために懸命に戦わなければならなかったし、最終ラップでエステバン(オコン)を追いかけているときは2ポイントに近づいた」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

ルイス・ハミルトン 「予選でDRSに問題がなければ勝てたかもしれない」

2022年8月1日
ルイス・ハミルトン 「予選でDRSに問題がなければ勝てたかもしれない」 / メルセデス F1ハンガリーGP 決勝
ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝で2位表彰台を獲得。予選でのDRSの問題がなければ、ペース的には勝利を狙えるものがあったと考えている。

チームメイトのジョージ・ラッセルは、ポールポジションを獲得したが、ルイス・ハミルトンはQ3最後のアタックでDRSが使えないというトラブルに見舞われて、7番手タイムにとどまった。

ピエール・ガスリー 「ピットレーンから12位は満足と言わざるを得ない」

2022年8月1日
ピエール・ガスリー 「ピットレーンから12位は満足と言わざるを得ない」 / スクーデリア・アルファタウリ F1ハンガリーGP 決勝
ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第13戦ハンガリーグランプリの決勝レースを12位で終えた。

予選を19番手で終えていたピエール・ガスリーは、事前承認を受けずにF1パワーユニットを交換したことでピットレーンスタートとなり、その際にセットアップも変更。その結果、マシンのペースは上がったとガスリーは語る。

メルセデスF1代表が“中古ミディアム”と勘違したフェラーリの戦略

2022年8月1日
メルセデスF1代表が“中古ミディアム”と勘違したフェラーリの戦略 / F1ハンガリーGP 決勝
F1ハンガリーGPでフェラーリがシャルル・ルクレールの第3スティントにハードタイヤを履かせたのは、メルセデスF1代表のトト・ヴォルフが第2スティントのミディアムが“中古”だったと勘違いするほど不可解なものだった。

フェラーリは、アルピーヌF1勢などが苦戦しているという警告があったにも関わらず、シャルル・ルクレールに早期にハードタイヤを履かせて30周を走り切らせるという驚くべき決断をした。

フェラーリF1代表 「問題はタイヤ戦略よりも車のパフォーマンス不足」

2022年8月1日
フェラーリF1代表 「問題はタイヤ戦略よりも車のパフォーマンス不足」 / F1ハンガリーGP 決勝
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1ハンガリーGPで批判を集めたシャルル・ルクレールに第3スティントでハードタイヤをは履かせることを選択した理由を説明。また、問題は戦略よりも車のパフォーマンス不足にあると主張した。

シャルル・ルクレールは、F1ハンガリーGPをミディアムタイヤですたーとし、第1スティントを3位で走行していたが、最初のピットストップでチームメイトのカルロス・ササインツJr.をオーバーカットして2位に浮上。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム