レッドブル・ホンダとメルセデス、フェラーリのF1エンジンに疑惑の目

2019年9月18日
レッドブル・ホンダとメルセデス、フェラーリのF1エンジンに疑惑の目
レッドブルとメルセデスは、フェラーリの2019年型F1エンジンのパフォーマンスに疑惑の目を向けている。

パワーサーキットであるスパ・フランコルシャンとモンツァでシャルル・ルクレールが2連勝を飾ったことで、フェラーリのF1エンジンの優位性がこれまで以上に明確になった。

ダニエル・リカルド 「2020年以降もルノーに留まるつもりではいる」

2019年9月18日
ダニエル・リカルド 「2020年以降もルノーに留まるつもりではいる」
ダニエル・リカルドは、2020年以降のルノー残留についてはまだ決断しておらず、フラストレーションを感じる瞬間が多くあると認めつつも、チームを“次のレベル”に引き上げたいと思っていると主張する。

今シーズン、レッドブルからルノーに移籍したダニエル・リカルドだが、ルノーは2018年の成功を再現することに苦労しており、コンストタクラーズ選手権で5位に位置している。だが、リカルドはルノーと2年契約を結んでおり、2020年はエステバン・オコンを新たなチームメイトとして迎えることが決定している。

メルセデス 「将来的なハミルトンのフォーミュラE転向はあり得る」

2019年9月18日
メルセデス 「将来的なハミルトンのフォーミュラE転向はあり得る」
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンは他のシリーズで自分自身を証明することを除外しておらず、将来的にフォーミュラEに転向することもオプションだと語る。

メルセデスは、シーズン6からフォーミュラEへのワークス参戦を開始する。「ルイスは多くのモータースポーツをフォローしているし、我々がすでにフォーミュラEについて話をしているのは確かだ」とトト・ヴォルフは Sky Sports に語った。

アレクサンダー・アルボン、タイ王国首相プラユット・チャンオチャを訪問

2019年9月18日
F1 アレクサンダー・アルボン、タイ王国首相プラユット・チャンオチャを訪問
アレクサンダー・アルボンは、F1シンガポールGPのために現地入りする前に母国タイを訪問。タイ王国のプラユット・チャンオチャ首相にレーシングスーツとグローブをプレゼントした。

アレクサンダー・アルボンは、F1史上2人目のタイ国籍ドライバー。ナイジェルという名の父を持ち、ロンドンに生まれ、英国・イプスウィッチの私立校で学び、同国・ハートフォードシャーの街、ホッデスドンでレーシングカートを初体験したアルボンだが、母親がタイ出身のため、F1にはタイ国籍ドライバーとしてエントリーしている。

ルノーF1チーム、2020年マシン『R.S.20』は空力哲学を一新?

2019年9月18日
ルノーF1チーム、2020年マシン『R.S.20』は空力哲学を一新?
ダニエル・リカルドは、ルノーの現在のF1マシン『R.S.19』はすでにポテンシャルの限界に達っしており、2020年F1マシン『R.S.20』はまったく新しい“空力哲学”を採用することになるだろうと語る。

ルノーの2019年シーズンの出だしはチームやドライバーの期待に応えることができなかった。信頼性問題によって序盤戦は損なわれ、シャシーとしてのR.S.19のパフォーマンスも乏しく、ミッドフィールドの上位争いに加わることができなかった。

フェルスタッペンとアルボンがレッドブル・ボックスカートをデザイン

2019年9月18日
フェルスタッペンとアルボンがレッドブル・ボックスカートをデザイン
10月6日(日)によみうりランド特設会場にて開催される『レッドブル・ボックスカート・レース東京2019』。このおバカなレースに急遽参戦することに決まったのが、マックス・フェルスタッペン率いる『MVRグランプリ』と、アレックス・アルボン率いる『チームA.A.S』。(※ドライバー本人は会場には来ません)

今回はマックスとアレックスが独自にオリジナルマシンをデザイン。レッドブルはそれらのマシンを操って実際にイベントに参加してくれるクルーを緊急募集している。

FIA、F2選手権とF3選手権の2020年 開催カレンダーを発表

2019年9月18日
FIA、F2選手権とF3選手権の2020年 開催カレンダーを発表
FIA-F2選手権とFIA-F3選手権の2020年の開催カレンダーが発表され、ポール・リカールがカレンダー落ちするとともに、ザントフォールドとバーレーンが両方のシリーズに加わった。

両シリーズは、史上最多の22戦で開催されるF1のサポートレースとして開催されるが、主催者は2つのジュニアカテゴリーに柔軟性を与えた。F2とF3のどちらもF1の第2戦バーレーンGPが開催される3月20日に開幕。第2戦はオランダのザントフォールトで開催される。

フェラーリF1代表 「今シーズンさらに勝利するチャンスはある」

2019年9月18日
フェラーリF1代表 「今シーズンさらに勝利するチャンスはある」
フェラーリのF1チーム代表マッティ・ビノットは、F1シンガポールGPでの挑戦については警戒しているものの、スパとモンツァだけが今シーズンでレースに勝つチャンスだったわけではないと主張する。

フェラーリのメルセデスとレッドブルに勝るストレートスピードの優位性は、シャルル・ルクレールの2戦連続ポール・トゥ・ウィンの助けとなった。

F1 | 予選での“茶番”を根絶すべく新ルールを導入

2019年9月17日
F1
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、F1イタリアGPの予選で起こった“茶番劇”を根絶すべき新ルールを導入すると述べた。

F1イタリアGPの予選Q3ではアタックに向けて最適なスリープストリームを得たい全ドライバーが先頭を走ることを嫌ってスロー走行。ほぼ全員が最後のアタックのためにラインを通過できずに時間切れとなった。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム