テレビ東京:ガイアの夜明け【独占取材!ホンダの生きる道】

2021年12月24日
テレビ東京:ガイアの夜明け【独占取材!ホンダの生きる道】
テレビ東京の番組『ガイアの夜明け』でホンダを特集した【独占取材!ホンダの生きる道】が12月24日(金)の22時15分から放送される。

F1最終レースで劇的な勝利を飾ったホンダを長期独占取材!今後ガソリン車の開発から電気自動車を中心とした「脱炭素」戦略に舵を切る。日本車の新たなサバイバルを追う!

F1:バーニー・エクレストン クリスマスカード 2021年

2021年12月24日
F1:バーニー・エクレストン クリスマスカード 2021年
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンが、毎年恒例となっているユーモラスなイラストが描かれたクリスマスカードを2021年も用意した。

リバティメディアがF1を買収し、もはやバーニー・エクレストンはF1の運営には関わっていないが、風刺の効いたクリスマスカードはその後も送られている。2021年のは『We Race as One』を題材に“平等”とワクチン接種をブレンドした。

ハースF1、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格

2021年12月24日
ハースF1、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格
ハースF1は、2022年F1マシン『VF-22』がクラッシュテストに合格し、シャシーがホモロゲートされたことを報告した。

今シーズン序盤からハースF1は、新レギュレーションが導入される2022年の次世代F1マシンにリソースを集中させることを明言しており、今季マシンであるVF-21は、レギュレーションに合わせて2020年F1マシンを調整しただけで、開発を行わなかった。

ルイス・ハミルトン、2022年の現役続行をメルセデスF1に通知との報道

2021年12月24日
ルイス・ハミルトン、2022年の現役続行をメルセデスF1に通知との報道
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1を引退する予定はなく、2022年に再び前人未踏の8回目のF1ワールドチャンピオンを目指すことになるようだ。

ルイス・ハミルトンは、2021年の最終戦F1アブダビGPで苦痛と物議を醸す状況でマックス・フェルスタッペンに王座を明け渡すことになった。レース直後の必須のパルクフェルペインタビュー以降、F1アブダビGPの最後の数周の劇的な出来事について口を閉ざしている。

【動画】 メルセデスF1、2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動

2021年12月24日
【動画】 メルセデスF1、2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動
メルセデスF1は、2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動。最新F1パワーユニット『M13 Eパフォーマンス』のサウンドを公開した。

2021年の最終戦F1アブダビGPから2週間も経っていないが、メルセデスF1は12月23日(木)に2022年F1マシン『W13』のエンジンを初始動させた短いビデオを公開した。

マックス・フェルスタッペン 「ペレスはレッドブルF1のナンバー2ではない」

2021年12月23日
マックス・フェルスタッペン 「ペレスはレッドブルF1のナンバー2ではない」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、セルジオ・ペレスは“チームメイト”であり、レッドブルの“ナンバー2”ではないと語る。

マックス・フェルスタッペンは、自分の勝利の可能性のためにレースを捨ててルイス・ハミルトンを意図的に抑えてくれたセルジオ・ペレスの行動を称賛する。

メルセデスF1技術者が語る2021年の空力規則変更の影響と対処

2021年12月23日
メルセデスF1技術者が語る2021年の空力規則変更の影響と対処
メルセデスF1のテクニカルディレクターを務めるマイク・エリオットが、2021年のリアフロアのダウンフォースの変更が、チームのパフォーマンスにどのように影響し、ダウンフォースの損失を取り戻す方法を見つけるのにいかに苦労したかを説明した。

2021年F1マシンは、新型コロナウイルスのパンデミックの影響を鑑みて、2020年F1マシンが再利用されたが、FIA(交際自動車連盟)は、マシンのラップタイムを低下させるために、新しいリアダウンフォース規制を導入した。

フェラーリF1代表 「2022年F1マシンとエンジンで多くの革新を実現」

2021年12月23日
フェラーリF1代表 「2022年F1マシンとエンジンで多くの革新を実現」
フェラーリF1は、2022年F1マシンとエンジンが、F1グリッドの先頭に返り咲くための“多くの革新”を特徴としていることを示唆した。

2020年にフェラーリF1はコンストラクターズ選手権6位という40年間で最悪のシーズンに耐えることになったが、2021年は挽回し、マクラーレンを倒してランキング3位でシーズンを終えた。

ハースF1、2022年F1マシンの最初のクラッシュテストを実施

2021年12月23日
ハースF1、2022年F1マシンの最初のクラッシュテストを実施
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2022年F1マシンの進捗は計画通りに進んでおり、今週、最初のクラッシュテストが計画されていると語った。

今季、ハースF1は、2020年F1マシンをレギュレーションに合わせてアップデートしたのみで開発は行わす、次世代F1マシンが導入される2022年に開発のリソースを集中させた。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム