レッドブルF1首脳、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を否定

2021年6月11日
レッドブルF1首脳、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を否定
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーがアルピーヌF1に移籍しようとしているとの噂を否定した。

25歳のフランス人ドライバーであるピエール・ガスリーは、アルファタウリからレッドブル・レーシングの復帰を求めており、2022年までの契約は理論上、あと1年はどちらかのチームでレースをするように設計されている。

マクラーレンF1、角田裕毅の黄旗無視を見過ごしたFIAに「強く異議」

2021年6月11日
マクラーレンF1、角田裕毅の黄旗無視を見過ごしたFIAに「強く異議」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1アゼルバイジャンGPで角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)がイエローフラッグを無視したという苦情を却下したFIA(国際自動車連盟)に「強く異議を唱える」と語った。

終盤にマックス・フェルスタッペンがタイヤ故障でクラッシュした際、セーフティカーが導入される前にまずダブルイエローが降られ、その後、レースは赤旗中断となった。

レッドブルF1、シンガポールGPの中止でRB16Bの開発計画に“重要な変更”

2021年6月11日
レッドブルF1、シンガポールGPの中止でRB16Bの開発計画に“重要な変更”
レッドブル・ホンダF1は、F1シンガポールGPのキャンセルによってRB16Bに“重要な変更”を余儀なくされた。

レッドブル・ホンダF1は、ワールドチャンピオン獲得の可能性が続いている限り、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの RB16B の開発を継続する意向だ。最近、フェルスタッペンは、この目的のために重大な判断ミスをしないよう改めてチームに要請した。

レッドブルF1首脳、セルジオ・ペレスの2022年の続投を示唆

2021年6月11日
レッドブルF1首脳、セルジオ・ペレスの2022年の続投を示唆
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーとしてドライバープログラムを統括するヘルムート・マルコは、2022年以降のセルジオ・ペレスの続投を示唆した。

今年、レッドブル・ホンダF1に移籍したセルジオ・ペレスは、序盤は全く異なるタイプのマシンへの適応に苦戦し、「慣れるには5戦は必要かもしれない」と語っていた。

フェラーリF1、2022年新型PUはスプリットターボを見送って燃焼技術に焦点

2021年6月11日
フェラーリF1、2022年新型PUはスプリットターボを見送って燃焼技術に焦点
フェラーリF1は、2022年にF1で最強のエンジンを搭載するために、パワーユニットを大幅かつ野心的に変更を加えると The Race が報じている。

特に2022年シーズンは、2025年にF1ターボハイブリッド時代の現在の形が終わるまでエンジン規則が凍結される前に調整を行う最後のチャンスのひとつとなるため、変更は通常よりも重要になる。

F1ボス、PR災害を懸念 「F1チームはピレリに敬意を払う必要がある」

2021年6月11日
F1ボス、PR災害を懸念 「F1チームはピレリに敬意を払う必要がある」
F1のCEOであるステファノ・ドメニカリは、F1アゼルバイジャンGPでの2回の高速タイヤトラブルで非難されたピレリに対して、F1チームは「敬意を払う必要がある」と語った。

ステファノ・ドメニカリは、F1アゼルバイジャンGPの残り5周でトップ走行中に左リアタイヤが故障してリタイアを喫し、「生命を脅かす」クラッシュになっていた可能性があると述べたマックスフェル・スタッペンの「フラストレーションを理解できる」と語る。

ロマン・グロージャン、インディ500に触発されてオーバル出場を決意

2021年6月11日
元F1ドライバーのロマン・グロージャン、インディ500に触発されてオーバル出場を決意
元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、インディ500に触発され、インディカーでオーバールレースに出場することを決意した。

ロマン・グロージャンは、2020年シーズンの終わりに2人のルーキーで2021年を戦うことを選択したハースF1チームのシートを喪失。その後、2021年にデイル・コイン・レーシングからインディカーに参戦することが発表されたが、インディ500を含めたオーバルでのレース以外という条件付きのものだった。

ベッテル 「ピレリF1にはタイヤ故障の原因をしっかり調べてほしい」

2021年6月11日
セバスチャン・ベッテル 「ピレリF1にはタイヤ故障の原因をしっかり調べてほしい」
セバスチャン・セバスチャン・ベッテルは、バクーでの2回の高速タイヤのパンクにより、次に誰に起こるのかを懸念していたとし、ピレリF1にしっかりとした調査を求めた。

セバスチャン・ベッテルのチームメイトであるランス・ストロールとレッドブル・ホンダF1のマックスフェルスタッペンは、バクー市街地サーキットの2.2 kmのメインストレートで左リアタイヤが故障しして高速でクラッシュを喫した。2人のドライバーは200mphに近い速度でウォールにぶつかった。

メルセデスF1、過去にジョヴィナッツィにサードドライバーをオファー

2021年6月11日
メルセデスF1、過去にジョヴィナッツィにサードドライバーをオファー
アントニオ・ジョヴィナッツィの父ヴィトは、過去にトト・ヴォルフからのメルセデスF1のサードドライバーになるというオファーを断ったと語った。

2016年のGP2をピエール・ガスリーに次ぐ2位で終えたアントニオ・ジョヴィナッツィは、フェラーリのサードドライバーに就任。2017年にF1デビューの機会を得た。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム