フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」

2021年7月26日
フェルナンド・アロンソ 「マクラーレンでならF1復帰はもっと容易だった」
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンに戻っていれば、F1復帰はもっと容易に進んでいたと考えている。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マクラーレンでポイント獲得さえ難しい不遇の4シーズンを過ごした後、2018年シーズンの終わりにF1を離れた。

F1:ルイス・ハミルトンのマクラーレン MP4-25Aが7億3000万円で落札

2021年7月26日
F1:ルイス・ハミルトンのマクラーレン MP4-25Aが7億3000万円で落札
ルイス・ハミルトンが、2010年にドライブした『マクラーレン MP4-25A』が、シルバーストンで開催された公開オークションで記録的な483万6000ポンド(約7億3000万円)で落札された。

このマシンは、F1イギリスGPの土曜日のスプリント予選に先立ってマクラーレンのテストドライバーによってデモ走行が行われ、潜在的なバイヤーとファンはマシンを詳しく見ることができた。

マックス・フェルスタッペン、51GのクラッシュでRB16Bのシートが破損

2021年7月26日
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペン、51GのクラッシュでRB16Bのシートが破損
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPの51Gのクラッシュにより、マックス・フェルスタッペンのRB16Bの“シートが壊れていた”と明かした。

マックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPのオープニングラップのコプスでインサイドからオーバーテイクを試みたルイス・ハミルトンと接触し、バリアに高速でクラッシュした。

フェルスタッペン 「F1はインディカーのような同一マシンにはならない」

2021年7月26日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペン 「F1はインディカーのような同一マシンにはならない」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2022年のF1レギュレーションによってF1マシンはより制限されることになるが、それでもインディカーのようなほぼワンメークのような状況にはならないと考えている。

2022年に導入される次世代F1マシンは、ドライバーがより追従できるようにすることを目的として空力が設計されており、オーバーテイクの機会が増えることが期待されている。

F1:ランド・ノリスが盗まれた時計の画像を警察が公開

2021年7月26日
F1:ランド・ノリスが盗まれた時計の画像を警察が公開
警察は、ユーロ2020の決勝でマクラーレンのF1ドライバーであるランド・ノリスが強盗に奪われた時計の写真を公開して、情報提供を求めた。

ランド・ノリスは7月11日(日)にロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたユーロ2020の決勝戦イングランド対イタリアの試合を観戦。母国のチームを応援した。

レッドブルF1がメルセデスとのフェルスタッペン争奪戦を制した方法

2021年7月26日
レッドブルF1がメルセデスとのフェルスタッペン争奪戦を制した方法
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、どのようにしてメルセデスを打つ負かし、驚異的な才能を持った16歳のマックス・フェルスタッペンとの契約を勝ち取ったのかを説明した。

カートの“情報網”がマックス・フェルスタッペンのポテンシャルを検知した後、ヘルムート・マルコとニキ・ラウダとの間での争奪戦となった。

レッドブルF1のアレクサンダー・アルボン 「F1を離れられるのは最長で1年」

2021年7月26日
レッドブルF1のアレクサンダー・アルボン 「F1を離れられるのは最長で1年」
アレクサンダー・アルボンは、2022年にF1レースを獲得できなければ、自身のF1キャリアにとって不吉な兆候だと認める。

セルジオ・ペレスの加入によってレッドブル・レーシングのF1シートを失って今季は傍観する立場となったアレクサンダー・アルボンだが、RB16Bを開発するためにシミュレーターで行った作業でチームから賞賛されている。

レッドブルF1、フェルスタッペンのマシン修理費用は総額2億円

2021年7月26日
レッドブルF1、フェルスタッペンのマシン修理費用は総額2億円
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPの1周目でルイス・ハミルトンとの接触でクラッシュしたマックス・フェルスタッペンのRB16Bが大破したことでチームが被った総額は180万ドル(約1億9700万円)だったことを明らかにした。

レース直後、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのマシンの修理費用は約75万ユーロ(約9700万円)だと語っていたが、それだけでは済まなかったようだ。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年にシートを獲得できなければF1は諦める」

2021年7月26日
ニコ・ヒュルケンベルグ 「2022年にシートを獲得できなければF1は諦める」
ニコ・ヒュルケンベルグは、2022年にF1シートを獲得できなければ、F1ドライバーとしてのキャリアは終止符が打たれることになるだろうと語る。

F1キャリアを通して一貫性してミッドフィールドで最高のパフォーマーの一人であったニコ・ヒュルケンベルグだが、2019年シーズン末にエステバン・オコンに奪われるかたちでルノーのF1シートを失った。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム