ザウバー 「アルファのAチームであってフェラーリのBチームではない」

2018年1月15日
F1 ザウバー アルファロメオ フェラーリ
ザウバーのチーム代表フレデリック・ヴァスールは、チームがもはやフェラーリのジュニアチームに成り下がったとの見方に反論した。

昨年11月、ザウバーはアルファロメオとのタイトルスポンサー契約を締結。技術面とコマーシャル面の複数年契約を結んだ。アルファロメオは、フェラーリの会長を務めるセルジオ・マルキオンネがCEOを務めるフィアット傘下の自動車メーカーのひとつだ。

バルテリ・ボッタス 「メルセデスの2018年マシンは僕に合っているはず」

2018年1月15日
F1 バルテリ・ボッタス メルセデスAMG F1
バルテリ・ボッタスは、メルセデスの2018年F1マシン『W09』は昨年よりも自分にあったものに仕上がることを期待している。

バルテリ・ボッタスは、2016年末にF1ワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグの後任として、2017年の年明けにメルセデスへ加入。大きなチャンスとは言え、ボッタスにとっては想定外のチーム移籍だった。

アウディ、フォーミュラE 第3戦で苦戦を強いられる

2018年1月15日
フォーミュラE アウディ
フォーミュラE 第3戦がモロッコのマラケシュで開催された。Team Audi Sport ABT Schaeffler(チーム アウディ スポーツ アプト シェフラー)は苦戦を強いられ、わずか1ポイントの獲得に留まった。ダニエル・アプトは、このレースでドライブスルー ペナルティを受けたことに加え、不運なタイミングでフルコースイエローが出たことにより、10位フィニッシュとなった。昨年タイトルを獲得したルーカス・ディ・グラッシは、Audi e-tron FE04のテクニカルトラブルにより、わずか数周でピットインを強いられ、そのままリタイアとなった。

ドゥカティ、2018年MotoGPマシン『デスモセディチ GP18』を発表

2018年1月15日
ロードレース世界選手権 ドゥカティ MotoGP
ドゥカティは、2018年MotoGPマシン『デスモセディチ GP18(Desmosedici GP18)』を発表した。

Ducati Team MotoGPは15日(月)、イタリアのボローニャ市内に位置するドゥカティ・オーディトリウムで2018年体制を発表。2018年のライダーを務めるアンドレア・ドヴィツィオーゾとホルヘ・ロレンソが、ドゥカティの2018年MotoGPマシン『デスモセディチ GP18』を披露した。

ダン・ガーニーが逝去・・・シャンパンファイトの生みの親

2018年1月15日
ダン・ガーニー F1 シャンパンファイト
ダン・ガーニーが肺炎により死去した。F1やチャンプカー、NASCAR、ル・マン24時間レースなど様々なレースで優勝し、史上初めて“シャンパンファイト”を行い、“ガーニーフラップ”を開発するなど、モータースポーツに多大な影響を与えた往年の名ドライバーだった。享年86歳。

アメリカ出身のダン・ガーニーは、1959年にF1デビュー。1966年よりアングロ・アメリカン・レーサーズを立ち上げるなど、1970年まで参戦し、4勝を挙げた。

ハースF1チームの“アメリカ人ドライバー侮辱発言”に批判続出

2018年1月15日
F1 ハースF1チーム インディカー・シリーズ
ハースF1チームの“アメリカ人ドライバー侮辱発言”に批判の声が続出している。

アメリカのF1チームであるハースは、アメリカ人ドライバーを起用したいという願望を秘密にはしていないが、チームプリンシパルを務めるギュンター・シュタイナーは“現時点ではF1レベルのアメリカ人ドライバーいない”と発言。

【フォーミュラE】 ルーキーテスト:ニコ・ミューラーが最速タイム

2018年1月15日
フォーミュラE
フォーミュラEのルーキーテストが14日(日)にマラケシュePrixの会場となったモロッコのムーレイ・エル・ハッサン・サーキットで行われ、ニコ・ミューラー(アウディ)がラップレコードを更新して最速タイムを記録した。

今回のルーキーテストは、若手ドライバーがフォーミュラEカーを習得する機会として実施され、参加するのはフォーミュラEでの走行経験のないドライバーのみに限られる。

ポール・ディ・レスタ 「年齢がウィリアムズのF1シート獲得の妨げ」

2018年1月15日
F1 ウィリアムズF1 ポール・ディ・レスタ
ウィリアムズは2018年のF1ドライバーとしてセルゲイ・シロトキンの発表に近づいているとされており、候補のひとりだったポール・ディ・レスタは、自分の年齢がF1シート争いで妨げになったかもしれないと感じている。

ポール・ディ・レスタ(31歳)は、2010年から2013年にフォース・インディアでF1を戦ったが、その後、戦いの場をメルセデスとのDTMに移した。

インディカードライバー、アメリカ人ドライバーを侮辱したハースに大激怒

2018年1月15日
F1 ハースF1チーム インディカー・シリーズ
インディカードライバーは、ハースF1チームのギュンター・スタイナーによる“F1レベルのアメリカ人ドライバーいない”という発言に激怒している。

ギュンター・スタイナーは、アメリカのチームであるハースは、アメリカ人ドライバーを起用したいと願っているが、現状ではF1に準備ができているドライバーはいないと発言。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム