トロロッソ・ホンダ、1ポイント獲得も「もう少しやれたと思っている」

2019年3月21日
F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンは、2019年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPでダニール・クビアトがポイントを獲得したことには満足しているものの、もっと多くの結果を達成できたと感じていると語る。

ホンダのF1エンジンとの2年目となるトロロッソは、クビアトが10位完走を果たすとともに、ルーキーのアレクサンダー・アルボンも14位完走を果たすなど、ポジティブなスタートを切った。

マクラーレン、開幕戦ノーポイントも「多くのポジティブな点があった」

2019年3月21日
F1 マクラーレン
マクラーレンのスポーティングディレクターを務めるジル・ド・フェランは、2019年のF1世界選手権の開幕戦でポイントを獲得できなった2チームのうちのひとつであったことには落胆しているが、オーストラリアGPの週末から多くのポジティブなことがあったと語る。

マクラーレンでのデビュー戦となったカルロス・サインツはMGU-Kの故障によって早々にリタイア。ルーキーのランド・ノリスは、戦略のことなるアントニオ・ジョビナッツィの攻略に手こずり、12位でレースを終えた。

MotoGP 「我々の財政支援モデルはF1よりも優れている」

2019年3月21日
F1 MotoGP
MotoGPシリーズを運営するドルナスポーツのカルメロ・エスペレータCEOは、同カテゴリーの財政支援モデルはF1で見られるものよりも優れていると語る。

F1の新たなオーナーとなったリバティ・メディアは、より平等な分配金の導入を目指しているが、トップチームはそのアイデアに反対し、2021年のコンコルド協定を巡る交渉が難航している。

ニコ・ロズベルグ、開幕戦のスタートシグナル消灯のタイミングを指摘

2019年3月21日
F1 ニコ・ロズベルグ
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2019年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPの勝負を分けた要因のひとつとしてスタートシグナル消灯のタイミングを指摘した。

F1オーストラリアGPの開幕直前、長年F1レースディレクターを務めてきたチャーリー・ホワイティングが急逝。急遽、代役としてミハエル・マシがスターターを含めたレースディレクターの役割を務めた。

ミック・シューマッハ、父ミハエルと比較されるのは「光栄なこと」

2019年3月21日
F1 ミック・シューマッハ ミハエル・シューマッハ
ミック・シューマッハは、7度のF1ワールドチャンピオンである父親のミハエル・シューマッハと比較されることを“とても誇りに思う”と語った。

2013年のスキー事故で頭部に重傷を負って以来、ミハエル・シューマッハについてのニュースはほとんど公表されていないが、息子のミック・シューマッハが変わりに注目を集めている。

ルイス・ハミルトン 「ホンダF1がトップに返り咲くのは嬉しいこと」

2019年3月21日
F1 ルイス・ハミルトン ホンダF1
メルセデスのルイス・ハミルトンは、子供の頃にアイルトン・セナがマクラーレン・ホンダで走っていた思い出があるため、ホンダF1がトップに返り咲くのは嬉しいことだと語る。

F1オーストラリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがホンダにとって11年ぶりとなる表彰台を獲得。2019年のホンダのF1エンジンに十分なパワーがあることを証明した。

ランス・ストロール 「やっとレースカーを手に入れることができた!」

2019年3月21日
F1 ランス・ストロール
レーシングポイントのランス・ストロールは、新チームでポジティブなスタートを切り、“やっとレースカーを手に入れることができた”と喜びを語った。

昨年、ランス・ストロールはコンストラクターズ選手権最下位のウィリアムズで散々なシーズウンを過ごした。“失敗作”であるウィリアムズ FW41で時折クオリティを垣間見せたストロールだが、シーズンを通して6ポイントしか獲得できなかった。

ロス・ブラウン 「ファステストラップポイントはレース終盤を盛り上げた」

2019年3月21日
F1
F1のマネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、ファステストラップを記録したドライバーに追加の1ポイントを与えるという決定が、F1オーストラリアGPのレース終盤を盛り上げたと考えている。

今年からトップ10圏内でレースをフィニッシュしてファステストラップを記録したドライバーには1ポイントのボーナスポイントが付与され、チャンピオンシップを占う上で大きな影響を及ぼすことになると考えられている。

マックス・フェルスタッペン 「メルセデスとのギャップはまだ大きい」

2019年3月21日
F1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペンは、2019年のF1世界選手権の開幕戦で3位表彰台を獲得できたことは嬉しいことではあるが、レッドブル・ホンダがメルセデスを倒すためにはまだ懸命に仕事をしなければならないと語る。

F1オーストラリアGPで、マックス・フェルスタッペンは2019年シーズン、そして、ホンダとの新たなリレーションシップに置いて非常に成功したスタートを切った。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム