WRC | トヨタ:第2戦 ラリー・スウェーデン 初日レポート

2019年2月15日
WRC ラリー・スウェーデン
2019年 FIA世界ラリー選手権(WRC)) 第2戦ラリー・スウェーデンが2月14日(木)に開幕。スウェーデンのカールスタードでスーパーSSが行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が総合4位に、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)が総合5位に、クリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)が総合10位につけ、ヤリスWRCは全車が順調に最初のステージを走り切った。

ランド・ノリス 「マクラーレンの期待に応えるというプレッシャーはある」

2019年2月15日
F1 ランド・ノリス マクラーレン
ランド・ノリスは、マクラーレンというトップドライバーを輩出してきた名門チームの期待に応えるためにやらなければならないことはたくさんあると語る。

ジュニアキャリアで実績を残し、マクラーレンの育成ドライバーとして将来のスター候補として期待がかけられているランド・ノリス(19歳)は、昨年のF2選手権を2位で終え、今年、満を持してマクラーレンでF1デビューを果たす。

メルセデス、2019年型PU『M10 EQ Power+』で冷却構造を改良

2019年2月15日
F1 メルセデスAMG F1
メルセデスは、2019年型F1パワーユニット『M10 EQ Power+』で主に冷却構造に改良を施している。

2014年にF1にV6ターボ“ハイブリッド”エンジンが導入されて以来、メルセデスのF1パワーユニットは勢力図で常にトップに立ってきた。しかし、昨年はフェラーリがエンジン面で大幅な進歩を果たし、馬力面でメルセデスを上回ったとも報じられている。

アルファロメオ・レーシング、特別カラーのF1マシンでシェイクダウン

2019年2月15日
F1 アルファロメオ・レーシング
アルアロメオ・レーシングは、特別カラーの2019年F1マシンでシェイクダウンを実施。キミ・ライコネンが新車のステアリングを握った。

ザウバーは2019年のF1世界選手権に『アルファロメオ・レーシング』として参戦することを発表。ザウバーという名前は事実上消滅することなり、2020年にはフィアットがチームを完全に買収するとも言われている。

マクラーレン、2019年F1マシン『MCL34』を発表

2019年2月15日
F1 マクラーレン MCL34
マクラーレンは、2019年F1マシン『MCL34』を発表した。

昨年、ホンダからルノーにF1エンジンを変更して表彰台争いを目標にしていたマクラーレンだが、序盤にシャシーの空力面に根本的な問題が発覚したことで開発に行き詰まり、コンストラクターズ選手権6位でシーズンを終えた。

マクラーレン、2019年はブルーのレーシングスーツに変更

2019年2月15日
F1 マクラーレン
マクラーレンのF1ドライバーは、2019年のF1世界選手権で新たにブルーの配色を採用したレーシングスーツを着用する。

マクラーレンは2月14日(木)、ワーキングのマクラーレン・テクノロジー・センターで2019年F1マシン『MCL34』を発表。伝統的なパパイヤオレンジとブルーをさらに洗練させたカラーリングが施された。

ピエール・ガスリー 「レッドブルとホンダの新しいストーリーの始まり」

2019年2月15日
F1 ピエール・ガスリー ホンダF1
ピエール・ガスリーが、ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブル・レーシング RB15への期待を語った。

レッドブル・レーシングは2月13日(金)にホンダのF1エンジンを初めて搭載するマシン『RB15』を披露。フィルミングデーを利用して1回限りの特別なカラーリングを施したマシンでシルバーストーン・サーキットでRB15のシェイクダウンを実施した。

マックス・フェルスタッペン 「RB15の第一印象はとてもいい感じ」

2019年2月15日
F1 マックス・フェルスタッペン ホンダF1
マックス・フェルスタッペンが、ホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・レーシングの2019年F1マシン『RB15』のシェイクダウンを終え、改めてその完走を語った。

レッドブル・ホンダは2月13日(水)にフィルミングデーを利用して新車『RB15』のシェイクダウンを実施。マックス・フェルスタッペンが走行を担当し、トラブルなく予定されていた走行を終了した。

【動画】 レッドブル・ホンダ RB15 シェイクダウン (ロングVer.)

2019年2月14日
F1 レッドブル・ホンダ RB15
レッドブル・レーシングは2月13日(水)、ホンダのF1エンジンを搭載した2019年F1マシン『RB15』のシェイクダウンを実施。トラブルなく予定していた走行を終えた。

レッドブル・レーシングにとってホンダのF1パワーユニットでの初走行。マックス・フェルスタッペンが、ホンダの新型『RA619H』を搭載したRB15のシェイクダウンを担当した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム