セルジオ・ペレス:2017 F1ロシアGP プレビュー

2017年4月25日
F1 ロシアGP セルジオ・ペレス
セルジオ・ペレスが、F1ロシアGPへの意気込みを語った。

セルジオ・ペレス (フォース・インディア)
「バーレーンの後、僕はチームのことをとても誇りに思っていると言った。僕たちは決して諦めないし、素晴らしい結果を取り戻すために深く掘り下げいる。僕たちはポイント圏内でのレースを続けたのでさらに特別だった。もう13戦連続だ。予選で18番手だったときは難しいと思ったけど、僕たちは完璧なレースをして結果を出したし、本当に相応しい結果だった」

ストフェル・バンドーン 「ソチへのフィーリングはいい」 / F1ロシアGP

2017年4月25日
マクラーレン・ホンダ ストフェル・バンドーン F1 ロシアGP
ストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)が、F1ロシアGPへの意気込みを語った。

「2015年にGP2でチャンピオンを決めたのが、ソチでのレースだった。その時にはいい結果を得ることができたし、それは今週末のレースでもアドバンテージになると思っている」とストフェル・バンドーンはコメント。

フェルナンド・アロンソ 「ソチでの目標は2台で完走」 / F1ロシアGP

2017年4月25日
マクラーレン・ホンダ フェルナンド・アロンソ F1 ロシアGP
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)が、F1ロシアGPへの意気込みを語った

「ソチ・オートドロームは、攻略が難しいポイントもいくつかあるし、面白いサーキットだ。さらに今年は、新しいレギュレーションの影響で、今までと異なる攻め方が必要になるとも思っている」とフェルナンド・アロンソはコメント。

フェルナンド・アロンソ インディカー 第3戦 アラバマ 記者会見

2017年4月25日
フェルナンド・アロンソ インディカー 第3戦 アラバマ 記者会見
バーバー・モータースポーツ・パークでの第8回Honda Indy Grand Prix of Alabamaの決勝日、マクラーレン・ホンダ・アンドレッティチームのドライバーとして今年のインディ500への参戦を表明した2005年、06年F1チャンピオン、フェルナンド・アロンソの記者会見がとても和やかな雰囲気でとり行わた。

「皆さん、こんにちは。アラバマには初めて来ました。今度はサーキットだけではなく、もっといろいろなところを見て回りたいと思っています」とフェルナンド・アロンソは話し始めた。

日産、NISMOロードカー事業を拡大

2017年4月25日
日産 NISMO ニスモ
日産は25日、高性能スポーツブランドである「NISMOロードカー」事業を拡大すると発表した。

また、この戦略の基盤となる「NISMOロードカー」の車種ラインアップ拡充を支えるために、「NISMOロードカー」の企画・開発にかかわる機能を、日産グループの特装車両を手掛けるオーテックジャパン内に設立した。

日産 GT-R NISMO GT3エボルーションモデルをシェイクダウン

2017年4月25日
日産 ニスモ GT-R GT3エボリューション
ニスモは、FIA GT3規定のNissan GT-R NISMO GT3エボルーションモデルをシェイクダウンしたと発表した。

4月11日、12日の2日間にわたって富士スピードウェイで行われたテストには、開発ドライバーの柳田真孝とミハエル・クルムに加え、今年SUPER GTのGT300クラスに現行モデルのNissan GT-R NISMO GT3で参戦している高星明誠が参加した。

ルノー、2018年のフェルナンド・アロンソ獲得を否定

2017年4月25日
ルノー F1 フェルナンド・アロンソ
ルノーは、2018年にフェルナンド・アロンソを獲得するとの噂を否定。アロンソの復帰よりもドライバーの長期的なコミットメントを望むと述べた。

2015年以降、マクラーレン・ホンダで不遇のシーズンを送っているフェルナンド・アロンソに対し、2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを獲得したルノーへの復帰が噂された。

フェルナンド・アロンソ、アンドレッティでシート合わせを実施

2017年4月25日
フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、インディ500で走らせるアンドレッティ・オーストスポーツのインディカーマシンのシート合わせを実施した。

今年、フェルナンド・アロンソは、F1モナコGPを欠場し、マクラーレン・ホンダとアンドレッティがタッグを組んだ“マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ)からインディ500に参戦する。

【F1】 ホンダの0.3秒以上遅いF1パワーユニットために特別救済措置?

2017年4月25日
F1 ホンダ 遅い
F1ストラテジーグループは、ホンダが他のF1メーカーに追いつくことを支援するために特別な救済措置を検討する。

ホンダの新型F1パワーユニットの信頼性問題とパフォーマンス不足により、マクラーレンは非常に厳しい2017年のスタートを切った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム