マックス・フェルスタッペン 「オースティンでメルセデスに挑戦できる」

2021年10月15日
マックス・フェルスタッペン 「オースティンでメルセデスに挑戦できる」 レッドブル・ホンダF1
F1アメリカGPが開催されるオースティンは、メルセデスが優勢かもしれないが、マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダがそこで彼らに挑戦できると確信している。

マックス・フェルスタッペンは、現在わずか6ポイントでチャンピオンシップをリードしているが、多くの人々は次戦F1アメリカGPで再び追い抜かれることになると予想している。

レッドブル・ホンダF1、残り6戦は『人事を尽くして天命を待つ』

2021年10月15日
レッドブル・ホンダF1、残り6戦は『人事を尽くして天命を待つ』
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2014年以来となるF1ワールドチャンピオンを獲得するために、レッドブル・ホンダF1として日本のことわざでいう“人事を尽くして天命を待つ”のみだと語る。

2021年のF1世界選手権は残り6戦となったが、現在、ドライバーズ選手権では、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、ルイス・ハミルトンに6ポイントのアドバンテージをもって首位に立っている。

アストンマーティンF1 「ニューウェイのような“ユニコーン”捕獲は狙ってない」

2021年10月15日
アストンマーティンF1 「ニューウェイのような“ユニコーン”捕獲は狙ってない」
アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールは、チームの採用活動は、エイドリアン・ニューウェイのような“ユニコーン”を捕獲しようとするアプローチではなく、チーム全体に焦点を当てていると語る。

アストンマーティンF1は、2006年シーズン前にマクラーレンからエイドリアン・ニューウェイを獲得したことを含め、他チームからの最大の名前をヘッドハンティングしたことで、レッドブルが初期の頃にスタッフを獲得した方法と比較されている。

レッドブルは今後フェルスタッペンに勝てるマシンを提供できるのか?

2021年10月15日
レッドブルは今後フェルスタッペンに勝てるマシンを提供できるのか? 元F1ドライバーのマーク・ウェバーが懸念
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、レッドブル・ホンダが2021年の残りのレースでマックス・フェルスタッペンにタイトルを獲得するために十分なマシンを提供できないのではないかと心配している。

シーズン終盤にむけて、現在、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンにわずか6ポイントのリードを築いている。

レッドブル・ホンダF1、さらなるPU交換の可能性は『Never say never』

2021年10月15日
レッドブル・ホンダF1、さらなるPU交換の可能性は『Never say never』
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、残りのシーズンでさらなるPU交換ペナルティを受ける可能性は決して否定はできないと語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1ロシアGPで新しいパワーユニットを導入し、ライバルのルイス・ハミルトンも前戦F1トルコGPで新しいICE(内燃エンジン)を手に入れた。

セバスチャン・ベッテル 「環境問題に真剣に取り組まなけばF1は消滅する」

2021年10月15日
セバスチャン・ベッテル 「環境問題に真剣に取り組まなけばF1は消滅する」
セバスチャン・ベッテルは、環境問題をもっと真剣に受け止めなければ、「F1は消滅する可能性がある」と警告する。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、環境問題に積極的に取り組んでいるが、最近、ドイツの政治家から彼の新しい政治活動に対して非難の対象となっていた。

メルセデスF1首脳 「トルコでの優位性は今後の指標にはならない」

2021年10月15日
メルセデスF1首脳 「トルコでの優位性は今後の指標にはならない」
メルセデスF1は、先週末のF1トルコGPでのパフォーマンスが2021年の残りのシーズンでも優位に立てること保証するわけでないとしつつも、F1イギリスGP以降、ほとんどのグランプリでより速いパッケージを手に入れられていると認める。

ダブルタイトル8連覇を目指すメルセデスだが、2021年シーズンは、レッドブル・ホンダからの挑戦を真っ向から受けている。

メルセデスは何をした? 直線スピードにレッドブル・ホンダF1が困惑

2021年10月15日
メルセデスは何をした? 直線スピードにレッドブル・ホンダF1が困惑
レッドブル・ホンダF1は、先週末のF1トルコGPでメルセデスの直線スピードに近づくことができなかった。チームの上層部はメルセデスの豹変ぶりに困惑している。

2021年のチャンピオンシップ争いで、レッドブルとメルセデスはコース内外で激しく戦っており、両陣営からエンジンパフォーマンスと直線スピードについてのコメントが繰り返されている。

フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンは若い頃の自分と重なる」

2021年10月15日
フェルナンド・アロンソ 「フェルスタッペンは若い頃の自分と重なる」
フェルナンド・アロンソは、初のF1ワールドチャンピオンを目指しているマックス・フェルスタッペンを若い頃の自分と重ね合わせている。

フェルナンド・アロンソが2005年にミハエル・シューマッハとフェラーリの覇権に終止符を打ってルノーと初のF1ワールドチャンピオンを獲得したのは24歳のときだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム