マックス・フェルスタッペン 「F1マシンの重量問題に迅速な解決策はない」

2022年8月15日
マックス・フェルスタッペン 「F1マシンの重量問題に迅速な解決策はない」
レッドブル・レーシングのF1ドライバーであるマックス・フェルスタッペンは、現在のF1マシンの重量問題を迅速に解決する方法はないと語る。

近年、F1マシンの重量はどんどん増加しており、新しい技術規則の下で製造された新世代の2022年F1マシンは最低重量は798kgとなっている。これは、グランプリのスタート前に燃料分の重量が追加される前の重さだ。

パトリシオ・オワード、ピアストリ騒動で「F1参戦は幻想だったと悟った」

2022年8月15日
パトリシオ・オワード、ピアストリ騒動で「F1参戦は幻想だったと悟った」
マクラーレンのインディカードライバーであるパトリシオ・オワードは、オスカー・ピアストリを巡るストーリーによって、自分がF1に参戦できる可能性は遠い幻想だったと悟ったと方r。

オスカー・ピアストリは、2023年にアルピーヌF1チームでフェルナンド・アロンソの後任を務めるオファーを拒否。マクラーレンF1チームに移籍するようだ。

ピエール・ガスリー 「前進するために一歩引いて全体像を見る必要がある」

2022年8月15日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「前進するために一歩引いて全体像を見る必要がある」
ピエール・ガスリーは、2022年F1シーズン後半に前進する方法を理解するために、スクーデリア・アルファタウリは「一歩離れて見る」必要があると考えている。

スクーデリア・アルファタウリは、シーズン前半にミッドフィールドでの戦いで苦戦し、現在、コンストラクターズランキングで27ポイントを獲得し、9位のアストン マーティンにわずか7ポイント差の8位につけている。

フェラーリF1 「チームオーダー論争は外野が騒いでいるだけ」

2022年8月15日
フェラーリF1 「チームオーダー論争は外野が騒いでいるだけ」
スクーデリア・フェラーリは、チームはF1ドライバーを同等に扱うことを目指しており、シャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.の間でのチームオーダーの使用について「フェラーリの内部よりも外部で議論されている」と感じている。

新しいF1レギュレーションが導入された2022年の早い段階で両方のチャンピオンシップで首位に立っていたフェラーリだったが、13戦を終えた段階でマックス・フェルスタッペンとレッドブルに大差をつけられ、タイトルの希望は薄れているように見える。

フォーミュラE、100レースの節目「8年前は誰もが我々を笑っていた」

2022年8月14日
フォーミュラE、100レースの節目「8年前は誰もが我々を笑っていた」
フォーミュラEは、今週末の韓国での最終ラウンドのダブルヘッダーで100レースという節目に到達し、Gen2時代に別れを告げた。

フォーミュラEは、2014年に北京オリンピックのスタジアム周辺で建設された特設コースでデビューして以来、今週末で100戦目を迎える。シーズン最終戦はGen2時代の終わりとなり、来シーズンは、これまでに見られたものよりも、速く、軽く、効率的な新世代のGen3車が登場する。

マクラーレンF1代表 「2023年から舞台裏の開発が成果を生み始める」

2022年8月14日
マクラーレンF1代表 「2023年から舞台裏の開発が成果を生み始める」
マクラーレンF1チームの代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、舞台裏で行われている新たな開発が早ければ2023年にもチームに利益をもたらすことを望んでいると語る。

2021年のコンストラクターズチャンピオンシップで3位から4 位に転落したマクラーレンは、新しいF1レギュレーションが導入された2022年も再び4位争いを繰り広げており、今年はアルピーヌF1チームと戦いに焦点を当てている。

リカルド、F1キャリアが不確実性のなかで個人スポンサーとの契約を延長

2022年8月14日
ダニエル・リカルド、F1キャリアが不確実性のなかで個人スポンサーとの契約を延長
ダニエル・リカルドは、2023年にマクラーレンのF1シートを失いそうだが、シングテル・オプタスとの個人スポンサー契約をさらに2年間延長した。

ダニエル・リカルドは、2020年にオーストラリアの電気通信会社であるシングテル・オプタスと初めて提携。同社は当時、リカルドが「積極性と楽観主義を発している」完璧なブランドアンバサダーであると語った。

メルセデスのトト・ヴォルフはF1であまりに影響力を持ちすぎている?

2022年8月14日
メルセデスのトト・ヴォルフはF1であまりに影響力を持ちすぎている?
1978年のF1ワールド・チャンピオンであるマリオ・アンドレッティは、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフを攻撃。F1であまりにも多くの影響力を持っていることを示唆した。

マリオの息子であるマイケル・アンドレティは、インディカーやフォーミュラEを代表とするレース活動を拡大するために、F1パドックに自分のチームである『アンドレッティ・グローバル』で参戦するためにFIAに申請している。

フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得

2022年8月14日
フォーミュラE:ストフェル・バンドーンがシーズン8のチャンピオン獲得
元F1ドライバーのストフェル・バンドーンが、フォーミュラEのシーズン8(2021-22)のチャンピオンを獲得した。

8月14日(日)に韓国で最終戦ソウルePrixが行われた。7位以上でチャンピオンが確定するストフェル・バンドーン(メルセデスEQフォーミュラEチーム)は2位でフィニッシュ。フォーミュラEでの4シーズン目で初のチャンピオンを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム