プジョー、2022年のWEC復活にむけてレベリオンとタッグ!

2019年12月4日
プジョー、2022年のWEC復活にむけてレベリオンとタッグ!
プジョーは、2020年のWEC(世界耐久選手権)復活にむけてレベリオン・レーシングとタッグを組むことを発表した。

今年11月、プジョーは2022/2023年のシーズンからWECのハイパーカーの新しいトップカテゴリに参戦することを発表していた。プジョー・スポールとレベルリオン・レーシングは、2020年1月からチームを結成し、プロジェクトを進めていく。

ロス・ブラウン 「DRS故障はF1に変化の必要性があることを強調した」

2019年12月4日
ロス・ブラウン 「DRS故障はF1に変化の必要性があることを強調した」
F1のスポーティングディレクターを務めるロス・ブラウンは、F1アブダビGPのDRSの故障はF1の変化の必要性を強調したと考えている、2021年の新レギュレーションがそれを実現してくれると信じていると語った。

F1アブダビGPでは、サーバーのクラッシュによって最初の18周でDRSを使用することができなかった。それにより、多くの人が予想していたよりもオーバーテイクが少ない状況が続くことになった。

エステバン・オコン、ルノーF1と初仕事「この日を待ちわびていた」

2019年12月4日
エステバン・オコン、ルノーF1と初仕事「この日を待ちわびていた」
エステバン・オコンは、12月3日(火)にヤス・マリーナ・サーキットで行われたF1アブダビテストで2020年のルノーのF1ドライバーとして正式に仕事を開始。ルノーF1との初走行は“素晴らしい気持ち”だったと語る。

2018年末にレーシングポイント(旧フォース・インディア)のシートを喪失したエステバン・オコンは、今年をメルセデスのリザーブドライバーとして過ごした。

【動画】 2019年 F1アブダビテスト 1日目 ハイライト

2019年12月4日
【動画】 2019年 F1アブダビテスト 1日目 ハイライト
2019年 F1アブダビテスト1日目のハイライト動画。2019年最後の公式テストとなるF1アブダビテストが12月3日(火)にヤス・マリーナー・サーキットでスタートした。

ピレリは、2020年のC1~C5+C2Bのプロトタイプと2019年仕様のC1~C5コンパウンドを用意。各チームが両年度のコンパウンドを比較しながら、2020年に向けたデータ収集を行った。

2019年 F1アブダビテスト 初日 | ドライバー&チームコメント

2019年12月4日
2019年 F1アブダビテスト 初日
2019年最後の公式テストとなるF1アブダビテストが12月3日(火)にヤス・マリーナー・サーキットでスタート。バルテリ・ボッタス(メルセデス)が初日のトップタイムをマークした。

2019年のF1世界選手権の最終戦の余韻も覚めぬまま、全10チームはヤス・マリーナ・サーキットに残り、2日間のピレリの2019年F1タイヤのテストを開始した。

フェルナンド・アロンソ、F1復帰する際はルノーから?

2019年12月4日
フェルナンド・アロンソ、F1復帰する際はルノーから?
フェルナンド・アロンソがF1復帰を果たす場合、マクラーレンではなく、ルノーになる可能性が最も高いとF1評論家のマーティン・ブランドルは考えている。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、マクラーレンでの4年間で表彰台に上がることなく、F1のルールとトップ3とそれ以外とのギャップに不満を述べて2018年末にF1を離れた。

フラビオ・ブリアトーレ、ルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍に懐疑的

2019年12月4日
フラビオ・ブリアトーレ、ルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍に懐疑的
元ルノーのF1チーム代表であるフラビオ・ブリアトーレは、2021年にルイス・ハミルトンがフェラーリに移籍するという噂に夢中になっていない。

フラビオ・ブリアトーレはルイス・ハミルトンは「偉大なドライバー」であると Adnkronos と語る。「だが、フェラーリにはすでにハミルトンの価値があるドライバーがいるのでしばらく待ってみよう」とシャルル・ルクレールの存在に言及した。

メルセデスのF1チーム代表にもフェラーリ移籍の噂

2019年12月4日
メルセデスのF1チーム代表にもフェラーリ移籍の噂
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリに移籍するかもしれないとの噂を否定した。

F1アブダビGPの週末には、ルイス・ハミルトンが2021年にフェラーリに移籍する可能性があるとの噂が広まったが、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフもそれに続くかもしれないと囁かれている。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1アブダビGPでのDRS故障は素晴らしかった」

2019年12月4日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1アブダビGPでのDRS故障は素晴らしかった」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、先週末のF1アブダビGPは、F1がDRSなしでも生き残ることができることを示したと考えている。

2013年に導入されたDRS(ドラッグ・リダクション・システム)は、リアウイングのフラップを開いてドラッグを低減させオーバーテイクを促進させることを目的に導入された可変リアウイング。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム