宮田莉朋 2024年FIA フォーミュラ2開幕戦バーレーンの予選は6番手

2024年2月29日
宮田莉朋 2024年FIA フォーミュラ2開幕戦バーレーンの予選は6番手
宮田莉朋は、バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されている2024年FIA フォーミュラ2選手権の予選を6番手で終えた。

記念すべきポールポジションを獲得したのは1分41秒696をマークしたクッシュ・マイニ。2番手にはガブリエル・ボルトレトが続き、Invicta Racingがフィーチャーレースのフロントローを独占。3番手にはアイザック・ハジャー(Campos Racin)が続いた。

メルセデスF1 RB20の開発で安全策を取らなかったレッドブルを称賛

2024年2月29日
メルセデスF1 RB20の開発で安全策を取らなかったレッドブルを称賛
メルセデスF1のテクニカルディレクターであるジェームス・アリソンが、レッドブルの先鋭的なマシンRB20を初めて見たときの感想を明かした。

レッドブルが2024年シーズンに先駆けて「勇敢」で「革新的な」RB20マシンを発売したとき、人々は眉をひそめた。その支配的な前任者であるRB19と比較して、多くの劇的なビジュアルデザインの変更を特徴としている。

角田裕毅4番手のRB好発進 リカルドがソフトでマクラーレンF1を抑え最速

2024年2月29日
角田裕毅4番手のRB好発進 リカルドがソフトでマクラーレンF1を抑え最速 / F1開幕戦バーレーンGP
2024年F1開幕戦バーレーンGPのフリー走行1回目が2月29日(木)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、ダニエル・リカルド(RB)がトップタイムを記録した。

2024年のF1世界選手権のいよいよ開幕。記録的な24レースのカレンダーのチャンピオンシップがスタートした。サヒールの天候は晴れ。現地時間14時30分、気温19度、路面温度34度のドライコンディションで60分間のFP1セッションはスタートした。

F1バーレーンGP フリー走行1回目:RBのリカルドが最速 角田裕毅4番手

2024年2月29日
F1バーレーンGP フリー走行1回目:RBのリカルドが最速 角田裕毅4番手
F1バーレーンGP フリー走行1回目の結果。2月29日(木)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年のF1世界選手権 第1戦 バーレーングランプリのフリープラクティス1が行われた。

現地時間14時30分、気温19度、路面温度34度のドライコンディションで60分間のFP1セッションはスタート。2024年のワールドチャンピオンをかけた戦いが本格的にスタートした。

2024年 F1バーレーンGP フリー走行1回目:結果速報

2024年2月29日
2024年 F1バーレーンGP フリー走行1回目:結果速報
2024年F1第1戦バーレーンGP フリー走行1回目の結果速報。2月29日(木)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで2024年のF1世界選手権 第1戦 バーレーングランプリのフリー走行1回目が行われ、ダニエル・リカルド(RB)がトップタイムをマーク。2番手にランド・ノリス、3番手にオスカー・ピアストリとマクラーレンの2台が続いた。角田裕毅(RB)は4番手だった。

F1開幕 バーレーンで王者レッドブルと後続集団争いの火蓋が切られる

2024年2月29日
F1開幕 バーレーンで王者レッドブルと後続集団争いの火蓋が切られる
F1開幕。冬は遠い記憶となり、テストも終わり、埃は取り除かれている。話し合いの時間は終わった。24グランプリという記録破りの2024年のF1世界選手権の準備は整った。

レッドブル・レーシングはライバルたちから見ても優勝候補だ。だが、ワールドチャンピオンの座を狙う後続集団は、徐々に接近しているようだ。

ランド・ノリス F1バーレーンGP展望「望んでいたほど進歩していない」

2024年2月29日
ランド・ノリス F1バーレーンGP展望「望んでいたほど進歩していない」
ランド・ノリスは、マクラーレンが2024年シーズンに向けて自身やチームが望んでいたほどの進歩を遂げていないと感じており、チームが今週末の開幕戦バーレーングランプリで多少の苦戦に直面する可能性があることを認めている。

2023年を振り返ると、マクラーレンは、アップグレード以前のマシンでバーレーンのトラックに乗り込み、最初の数レースでフィールドの後方でゴールするなど、難しいシーズンのスタートを切った。

宮田莉朋 2024年FIA フォーミュラ2開幕戦バーレーンのプラクティス4番手

2024年2月29日
宮田莉朋 2024年FIA フォーミュラ2開幕戦バーレーンのプラクティス4番手
宮田莉朋は、バーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される2024年FIA フォーミュラ2選手権のプラクティスで4番手タイムをマークした。

今日後半の予選に備えてフリー走行でタイムシートをトップに立ったのはアイザック・ハジャー。サヒールでの週末の開幕戦に向けて好スタートを切った。カンポス・レーシングのドライバーはセッション後半にコースを離れ、1分45秒099のラップを完了し、MPモータースポーツの新人フランコ・コラピントを0.137秒リードした。

F1 ピレリFSC認証タイヤを使用する初のモータースポーツ競技会に

2024年2月29日
F1 ピレリFSC認証タイヤを使用する初のモータースポーツ競技会に
ピレリは、モータースポーツ用のFSC(森林管理協議会)認証タイヤを製造する最初の企業となり、今年のF1世界選手権で使用されるすべてのタイヤにFSCロゴが付けられることになった。これは、ピレリが持続可能性の道を歩む上で重要な出来事である。

FSCロゴは、タイヤ内のすべての天然ゴムが、持続可能な林業に関する世界をリードする非政府組織であるFSCが要求する厳しい環境的および社会的基準に準拠していることを証明する。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム