角田裕毅 F1スペインGP展望「RBのパッケージの迅速な理解が鍵」

2024年6月20日
角田裕毅 F1スペインGP展望「RBのパッケージの迅速な理解が鍵」
角田裕毅が、2024年F1第10戦スペインGPへの展望を語り、RBのパッケージを素早く把握することが、チームがバルセロナで力強い週末を過ごすための鍵となるだろうと信じている。

角田裕毅は、2024年のチームの確かな進歩を背景に、最近パフォーマンスを向上させている。前回のモントリオールでは、角田とチームメイトのダニエル・リカルドの両者が予選でトップ10入りし、リカルドが角田を上回り、ポイント圏内で8位でレースを終えた。

ウィリアムズF1 アダム・ケニオンを空力部門責任者に任命

2024年6月20日
ウィリアムズF1 アダム・ケニオンを空力部門責任者に任命
ウィリアムズ・レーシングが、1年以上空席となっていた空力部門責任者にアダム・ケニオンを任命したことが、F1.comの調べで明らかになった。

16回のワールドチャンピオン優勝を誇るウィリアムズ・レーシングは、チーム代表のジェームズ・ボウルズの指導の下、再建が進められている。昨年、パット・フライが技術部門を率いる最高技術責任者としてチームに加わった。

2024年F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説

2024年6月20日
2024年F1スペインGP:サーキット&タイヤコンパウンド解説
2024年F1第10戦スペインGPが、6月21日(金)~6月23日(日)の3日間にわたってカタルーニャ・サーキットで開催される。公式タイヤサプライヤーのピレリが2024年スペイングランプリのタイヤについて解説した。

F1にとって、今シーズン第10戦は「ハード」なイベントだ。例年通り、スペイングランプリはバルセロナ・カタロニア・サーキットで開催されるが、このコースはマシンにとってもタイヤにとっても技術的に最も要求度の高いコースのひとつである。

F1ラスベガスGP 自由席が21万円の“手頃”な新価格は「狂気の沙汰」

2024年6月20日
F1ラスベガスGP 自由席が21万円の“手頃”な新価格は「狂気の沙汰」
F1ラスベガスGPのチケットの「手頃な」新価格を世界で最も尊敬されているスポーツ専門誌のひとつが「狂気」だと非難した。

華やかで物議を醸すラスベガスグランプリのCEO、レネー・ウィルムは、昨年の第1回大会のイベントで提示された法外な高額チケット料金に対する批判を受け、今週、立ち見席の一般入場エリアについて「より手頃」な価格を発表した。

アルピーヌF1チーム代表 「ジャック・ドゥーハンは2025年の候補の一人」

2024年6月19日
アルピーヌF1チーム代表 「ジャック・ドゥーハンは2025年の候補の一人」
アルピーヌF1チームの代表を務めるブルーノ・ファミンは、ジャック・ドゥーハンが2025年にリザーブドライバーからレースシートに昇格する可能性について話し合い、ドゥーハンが「間違いなく候補者の一人」だと述べた。

アルピーヌは最近、エステバン・オコンと今シーズン限りで契約を解消すると発表したが、チームメイトのピエール・ガスリーの2024年以降の契約は未定のままである。

RB F1チーム代表「リカルドには適切なチャンスを与えなければならない」

2024年6月19日
RB F1チーム代表「リカルドには適切なチャンスを与えなければならない」
RB F1のチーム代表であるローラン・メキースは、ダニエル・リカルドが最大限のパフォーマンスを発揮するために「必要なもの」を提供することが、自分たちのチームの責務だと語る。

ダニエル・リカルドは今シーズン、チームメイトの角田裕毅と安定して肩を並べるのに苦戦しており、角田の19ポイントに対してわずか9ポイントしか獲得していない。

角田裕毅 ホンダの資金援助増額がなければRB F1残留はなかった?

2024年6月19日
角田裕毅 ホンダの資金援助増額がなければRB F1残留はなかった?
角田裕毅は、2025年のレッドブル・レーシング昇格でレッドブルから冷遇されたかもしれないが、ホンダの重要な介入でF1グリッドに立つ幸運に恵まれている。

2021年のデビュー以来、角田裕毅は速いけれど安定感に欠けるドライバーと評されてきたが、遅いドライバーを速くするよりも速いドライバーを落ち着かせる方が簡単だという理由で、F1にほぼ留まり続けている。

フェルスタッペン 「30kgの軽量化では機敏なF1マシンは生まれない」

2024年6月19日
マックス・フェルスタッペン 「30kgの軽量化では機敏なF1マシンは生まれない」
マックス・フェルスタッペンは、F1カーで真の「俊敏性」を実現するためには、2026年F1レギュレーションのマシン重量を100~150kg削減することを目標にすべきだったと考えている。

今月初め、FIAは2026年のF1テクニカルレギュレーションを発表し、車体のサイズを若干縮小し、重量を30kg削減することを盛り込んだ。

カルロス・サインツJr. 2025年のF1チーム選択は「もうすぐ」発表

2024年6月19日
カルロス・サインツJr. 2025年のF1チーム選択は「もうすぐ」発表
フェラーリを退団するカルロス・サインツJr.は、自身のF1における将来について、まもなく明らかになるだろう。サインツは2025年のF1チーム選択を「もうすぐ」発表すると語っている。

レッドブルがセルジオ・ペレスとの契約を2026年末まで延長することを決定したため、カルロス・サインツJr.はレッドブル・レーシングの選択肢から外れた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム