F1 | 脳神経外科医 「ミハエル・シューマッハは記憶にある姿とは異なる」

2020年1月23日
F1
脳神経外科医のニコラ・アクアリは、51歳になったミハエル・シューマッハの現在の姿は、皆の記憶にあるサーキットでの融資とは非常に異なっていることを覚悟しなければならないと語る。

昨年の12月で、7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年12月29日にフランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでスキーを楽しんでいる最中に転倒して頭を岩に強打して頭部に重傷を負ってから6年が経過した。

F1 | ルノー 「ホンダのF1パワーユニットは我々より15~20kW劣っている」

2020年1月23日
F1
ルノーF1チームのエンジン責任者を務めるレミ・タフィンは、ルノーのF1エンジンはホンダよりも前にいると主張する。

フェラーリ、メルセデス、ホンダのF1エンジンは2019年のF1世界選手権で勝利を挙げているが、ルノーのF1エンジンはブラジルGPでカルロス・サインツが3位表彰台を獲得したのみ。ルノーはエンジンカスタマーのマクラーレンにコンストラクターズ選手権で敗北を喫した。

F1 | キミ・ライコネン 「F1最多出走記録にはあまり興奮していない」

2020年1月23日
F1
キミ・ライコネンは、今年、ルーベンス・バリチェロが持つF1最多出走記録を更新する見込みだが、ライコネンにとってはあまり興奮するようなことではないようだ。

2001年にザウバーでF1デビューを果たしたキミ・ライコネンは、ルーベンス・バリチェロの322戦の最多出走記録からわずか10レース差でシーズンを迎えるため、順当に進めば記録を破ることになる。

F1 | 「標準ギアボックスの導入は議論から外れたわけではない」

2020年1月23日
F1
F1に標準ギアボックスを導入するアイデアは議論から外れておらず、反対していたF1チームも一部はすでにそのスタンスを変え始めているとF1の最高技術責任者をツt燃えるパット・シモンズは語る。

2021年のF1レギュレーションでは標準ギアボックスの導入を計画していたが、F1チームは性能は収束しており、変化をもたらすことはほとんど利益をもたらさないと主張したことで導入は見送られた。

F1 | オーストラリアの山火事の被災者を支援するオークションを開催

2020年1月23日
F1
F1は、オーストラリアの山火事の被災者を支援するチャリティーオークションを開催することを発表した。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州では、昨年9月から熱波による森林火災が継続。1月2日には州政府が今季3回目の非常事態を宣言。昨年9月以降、29人が死亡し、2000棟以上の家屋が焼失。1,000万ヘクタール以上が焼失し、また、同州だけでコアラは8000匹が死亡、動物の犠牲は5億匹に及ぶと報じられている。

F1 | 「レッドブルはフェルスタッペンを倒せる僚友が必要なわけではない」

2020年1月23日
F1
レッドブルは、マックス・フェルスタッペンを倒せるチームメイトを必要としているわけではないと元F1ドライバーのカルン・チャンドックは語る。

昨年、ピエール・ガスリーはマックス・フェルスタッペンに匹敵することができずにトロロッソへと降格となった。それだけでなく、マックス・フェルスタッペンが不調のときもフェルスタッペンより上位でフィニッシュすることができなかった。

レーシング・ポイントF1、2020年F1マシン『RP20』を2月17日に発表

2020年1月23日
レーシング・ポイントF1、2020年F1マシン『RP20』を2月17日に発表
レーシング・ポイントF1チームは、2020年F1マシン『RP20』を2月17日(月)に発表することを明らかにした。

発表会は、レーシング・ポイントF1チームの主要スポンサーであるヨーロッパの大手浄水器総合メーカー『BWT』の本拠地オーストリア・モンゼーで開催される。BWTは、チームのタイトルスポンサーであるスポートペサと同等のスポンサー契約を結んでおり、メルセデスのF1エンジンを『BWTメルセデス』という名称で走らせている。

F1マイアミGP | 住民に配慮してコースレイアウトとスケジュールを変更

2020年1月23日
F1マイアミGP
F1マイアミGPの主催者は、開催に反対する地元住民に配慮したコースレイアウトとレーススケジュールの変更を発表した。

昨年10月、F1は2020年にはNFLマイアミ・ドルフィンズの本拠地ハードロック・スタジアムの周囲でF1マイアミGPを開催することで基本合意に達したが、地元住民や政治家たちは、騒音や大気汚染を理由に開催に反対している。

F1 | 2014年のパワーユニット導入で技術的なイニシアチブを失った?

2020年1月22日
F1
F1は、2014年にV6パワーユニットに切り替えた際に、市販車との関連性とテクノロジーにおける主役の座を失ったと英国モータースポーツ協会の会長を務めるデビッド・リチャーズは考えている。

F1は、サスティナブルな技術を採用し、今後の市販車との関連性を高め続けるために、2014年に2.4リッター 自然吸気V6エンジンから新しいV6パワーユニットに切り替えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム