フェルナンド・アロンソ 「アンドレッティのチームはF1で成功する」

2022年5月13日
フェルナンド・アロンソ 「アンドレッティのチームはF1で成功する」
フェルナンド・アロンソは、マイケル・アンドレッティがF1に新しいチームとして参入するいう入札が成功することを望んでいると語る。

フェルナンド・アロンソは、2017年にアンドレッティの強力なサポートを受けたマクラーレン・ホンダとともにインディ500に初挑戦し、エンジンの故障によりリタイアを余儀なくされる前に、27周にわたってレースをリードした。

角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」

2022年5月13日
角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1マイアミGPでペースが欠如していた理由を理解できていないと嘆く。

アルファタウリは、ピエール・ガスリーが7番グリッド、角田裕毅が9番グリッドからレースをスタートし、ポイントを獲得するための正当な希望があった。

しかし、結局はそうはならなかった。ピエール・ガスリーはランド・ノリスとの衝突によって引退し、角田裕毅は12位でフィニッシュした。

アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソとイギリスGPから契約交渉を開始

2022年5月13日
アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソとイギリスGPから契約交渉を開始
アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソとの契約を延長する可能性について最初の話し合いの場としてシルバーストーンを指定した。

昨年、サバティカルに続いて2年間の契約でF1に戻った2回目のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(40歳)は、最近、さらに数年間はF1レースをすることを想定していると語っている。

マックス・フェルスタッペン 「マイアミのシケインはF1マシンに適していない」

2022年5月13日
マックス・フェルスタッペン 「マイアミのシケインはF1マシンに適していない」
F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンは、マイアミGPのタイトなシケインは2022年F1マシンには適していないと語り、来年には変更されることを望んでいる。

マイアミ・ドルフィンズの本拠地であるハードロックスタジアムの周りを周回するマイアミ・インターナショナル・オートドロームは、中高速のコーナー、ロングストレート、ターンパイクの下の非常にタイトなセクションのさまざまな組み合わせを特徴としている。

ベッテル 「気候変動はF1でレースをすべきかに疑問を投げかけている」

2022年5月13日
セバスチャン・ベッテル 「気候変動はF1でレースをすべきかに疑問を投げかけている」
セバスチャン・ベッテルは、世界が直面している気候問題とエネルギー危機がF1でレースをするべきかどうかに疑問を投げかけていると語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、木曜日の夜に英国のテレビ番組『Question Time』に出演し、エネルギー危機に重点を置いて、現在の政治的および世界的な問題について話し合った。

ジェイミー・チャドウィック 「アルボンの赤髪は真似したくない」

2022年5月13日
ウィリアムズF1所属のジェイミー・チャドウィック 「アルボンの赤髪は真似したくない」
ジェイミー・チャドウィックは、ウィリアムズF1のチームメイトであるアレクサンダー・アルボンの髪の毛を赤く染めるという迷信にマネすることはないと語る。

「ウィリアムズの車が改良されたから? チームリーダーになったから? 経験を積んだから? ノー、赤髪のおかげだ」とシーズンの力強いスタートの主な原因についてアレクサンダー・アルボンは冗談めかして語るだろう。

ランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」

2022年5月13日
マクラーレンF1のランド・ノリス 「コルトン・ハータは高速コーナーで別次元だった」
ランド・ノリスは、マクラーレンとコルトン・ハータのF1テストを楽しみにしており、ジュニアフォーミュラ時代のチームメイトは、高速コーナーに関しては“別次元”だと語る。

コルトン・ハータ(22歳)は、現在、アンドレッティ・オートスポーツのインディカーのチームメイトであるアレクサンダー・ロッシが2015年に参戦して以来のアメリカ人F1ドライバーになることに期待がかけられている。

フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”

2022年5月13日
マックス・フェルスタッペンのF1マイアミGPでの覇権はフェラーリにとって“心配の種”
F1マイアミGPで、マックス・フェルスタッペンにめった打ちにされたことは、スクーデリア・フェラーリにとって“心配の種”であるに違いないと元F1ドライバーのジョナサン・パーマーは語る。

シャルル・ルクレールとカルロス・サインツは、マイアミ・インターナショナル・オートドロームでフロントロウを独占し、レッドブル・レーシングに団結して立つ向かう準備を整えた。

レッドブルF1 「フェラーリは我々の予算上限を心配している場合ではない」

2022年5月13日
レッドブルF1 「フェラーリは我々の予算上限を心配している場合ではない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、レッドブル・レーシングが今年の予算上限を破ったことに関して、スクーデリア・フェラーリは何も心配する必要はないと主張する。

スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表であるマティア・ビノットは、マイアミで2戦連続の敗北を喫した後、限られたコストのなかでレッドブル・レーシングの急速な開発は驚きだったと認めている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム