ルイス・ハミルトン 「運勢が変わるまでは頑張り続けるしかない」

2022年5月9日
ルイス・ハミルトン 「運勢が変わるまでは頑張り続けるしかない」 / メルセデス F1 マイアミGP 決勝
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、2022年F1マイアミGPの決勝を6位で終えた。

6番グリッドからスタートしたルイス・ハミルトンは、スタートで順位を落とすも、それをリカバーして再び6番手でレースを進めていた。しかし、セーフティカーのタイミングがハードタイヤで第1スティントを延ばしていたチームメイトのジョージ・ラッセルに有利に働き、ステイアウトしたハミルトンは古いタイヤで為す術なく抜かれて7位でチェッカーを受けた。

バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1同士のバトルをミラーで見ていた」

2022年5月9日
バルテリ・ボッタス 「メルセデスF1同士のバトルをミラーで見ていた」 / アルファロメオF1 マイアミGP 決勝
アルファロメオF1のバルテリ・ボッタスは、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を7位で終えた。

レースの大部分で5位を走行していたバルテリ・ボッタスだが、レース終盤に後続のメルセデスF1がチームメイト同士でバトルをしている際にコースオフして二人に抜かれてしまい、7位でレースを終えた。

レッドブルF1代表 「フェラーリがピットインしなかったのはラッキーだった」

2022年5月9日
レッドブルF1代表 「フェラーリがピットインしなかったのはラッキーだった」 / マイアミGP 決勝
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝レースを振り返った。

F1マイアミGPの決勝は、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンがスクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツとチャンピオンシップリーダーのシャルル・ルクレールをパスして初開催マイアミGPで優勝を飾った。セルジオ・ペレスはセンサー関連のトラブルを抱えながらも奮闘し、4位でフィニッシュした。

ジョージ・ラッセル、5位にも不満「パフォーマンスを解除する鍵がない」

2022年5月9日
ジョージ・ラッセル、5位にも不満「パフォーマンスを解除する鍵がない」 / メルセデス F1 マイアミGP 決勝
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を5位で終えた。

12番グリッドからハードタイヤでスタートしたジョージ・ラッセルは、バーチャルセーフティカーが入った40周目に少ないロスでミディアムへと交換して上位ポジションをキープすることに成功。

シャルル・ルクレール 「レッドブルの方がミディアムで速かった」

2022年5月9日
シャルル・ルクレール 「レッドブルの方がミディアムで速かった」 / スクーデリア・フェラーリ F1 マイアミGP 決勝
シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)は、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を2位で終えた。

ポールポジションからスタートしたシャルル・ルクレールは、序盤でリードをキープしていたが、9周目にマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に抜かれてからは、徐々に差を広げられていった。

アルファタウリF1 「角田裕毅はペースとマシンバランスが安定しなかった」

2022年5月9日
アルファタウリF1 「角田裕毅はペースとマシンバランスが安定しなかった」 / マイアミGP 決勝
スクーデリア・アルファタウリのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を振り返った。

2台揃ってトップ10圏内からスタートしたスクーデリア・アルファタウリだったが、角田裕毅は序盤からペースが上がらず、早めにハードタイヤに交換する作戦に出るもうまくいかず、12位という結果に終わった。

アレクサンダー・アルボン、9位入賞「チームは戦略で素晴らしい仕事をした」

2022年5月9日
アレクサンダー・アルボン、9位入賞「チームは戦略で素晴らしい仕事をした」 / ウィリアムズF1 マイアミGP 決勝
ウィリアムズF1のアレクサンダー・アルボンは、2022年F1第5戦マイアミGPの決勝を9位で終えた。

今週、赤く染めたヘアースタイルで登場したアレクサンダー・アルボンは、18番グリッドからスタート。セーフティカーのタイミングで大幅に順位を上げて10位でレースをフィニッシュ。その後、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)にペナルティが科せられたことで9位に繰り上がり、2ポイントを獲得した。

WEC 第2戦 スパ・フランコルシャン6時間:トヨタ 7号車が今季初勝利

2022年5月9日
WEC 第2戦 スパ・フランコルシャン6時間:トヨタ 7号車が今季初勝利
5月7日(土)、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで2022年FIA世界耐久選手権(WEC)第2戦スパ・フランコルシャン6時間の決勝レースが行われた。天候が激しく変わる「スパ・ウェザー」による波乱のレースを、TOYOTA GAZOO Racingのハイパーカー GR010 HYBRID 7号車が制し、今季初勝利を飾った。

2022年 F1マイアミGP 決勝:タイヤ戦略解説

2022年5月9日
2022年 F1マイアミGP 決勝:タイヤ戦略解説
2022年F1第5戦マイアミGP 決勝でのタイヤ戦略をF1公式タイヤサプライヤーのピレリが解説した。

レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが、今シーズン3回目の完走で3勝目を挙げた。P Zeroイエロー・ミディアムタイヤで3番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、P Zeroホワイト・ハードタイヤへ交換する1ストップ戦略で初開催のマイアミグランプリを制した。
«Prev || ... 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム