ゴードン・マレー、T.50の開発でレーシング・ポイントF1チームと提携

2019年12月11日
ゴードン・マレー、T.50の開発でレーシング・ポイントF1チームと提携
伝説の元F1デザイナーであるゴードン・マレーは、レーシングポイントF1チームと提携して、これまでで最も空力的に進化したスーパーカーを開発している。

ゴードン・マレーは、“ファン・カー”として知られる“ブラバム BT46B”やアイルトン・セナがチャンピオンに輝いた“マクラーレンMP4/4”など、数々の名F1マシンを生み出してきた伝説のデザイナー。ロードカーのマクラーレン・F1の父でもある。

WEC | トヨタ 2019-2020年 第4戦 バーレーン8時間 プレビュー

2019年12月11日
WEC
TOYOTA GAZOO Racingは12月12日(木)から14日(土)にかけて中東バーレーンで行われる、2019-2020年シーズンFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦バーレーン8時間レースで、今年最後となる戦いに挑む。

世界チャンピオンとしてバーレーン8時間レースに臨むTOYOTA GAZOO Racingは、今季2勝、残り5戦を残してドライバーとチームの両選手権で首位に立っている。

F1 | 2020年のF1世界選手権の開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表

2019年12月11日
F1
F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリは、2020年のF1世界選手権の開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表した。

12月10日(火)、ピレリは2020年にむけて開発していた新型F1タイヤを全チームに拒否され、2019年のF1タイヤを来年も継続して使用することが確認された。その後すぐに、ピレリは2020年の開幕4戦のタイヤコンパウンドを発表。これはフライアウェイレースで使用可能なタイヤを決定する14週間の締め切りによるものだ。

レッドブルF1代表 「アルボンがF1デビューイヤーだったことを忘れがち」

2019年12月11日
レッドブルF1代表 「アルボンがF1デビューイヤーだったことを忘れがち」
レッドブルのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年シーズンがアレクサンダー・アルボンにとってF1デビューイヤーだったことが“忘れがち”だと考えている。

アレクサンダー・アルボンは、成績不振でトロロッソに降格したピエール・ガスリーの後任としてF1ベルギーGPからレッドブルに昇格した。

ダニール・クビアト 「2019年はベストシーズンのひとつ」

2019年12月11日
ダニール・クビアト 「2019年はベストシーズンのひとつ」 / トロロッソ・ホンダF1
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、2019年はF1のベストシーズンであり、“より良い”ドライバーになったと評価する。

2017年終盤にトロロッソのF1シートを喪失し、2018年はフェラーリのシミュレータードライバーとしてトラックを離れていたダニール・クビアトだが、今年再びレッドブルのプログラムに呼び戻され、トロロッソ・ホンダのドライバーに抜擢された。

ロバート・クビサ 「F1に復帰したことを後悔はしていない」

2019年12月11日
ロバート・クビサ 「F1に復帰したことを後悔はしていない」
ロバート・クビサは、物事は望んだようには進まなかったが、2019年にウィリアムズでF1に復帰したことを"後悔はしていない”と語る。

2011年のラリー事故で右腕に重傷を負ったロバート・クビサだが、今年ウィリアムズと契約し、奇跡ともいえる8年ぶりのF1復帰を果たした。

「ダニエル・リカルドは道化師で終わってはいけない」とF1司会者

2019年12月11日
「ダニエル・リカルドは道化師で終わってはいけない」とF1司会者
Ziggo Sport の司会者のオラフ・モルは、2019年の5つの大失敗リストの1つとして、ダニエル・リカルドを挙げ、パドックの“道化師”になるのではなく、身を入れて取り組まなければならないと語る。

今年、レッドブルからルノーF1チームに移籍したダニエル・リカルドは、チームの成功の鍵になることが期待されていた。しかし、現実はそうはいかなかった。

カルロス・サインツ、2020年F1マシン『MCL35』でシート合わせを完了

2019年12月11日
カルロス・サインツ、2020年F1マシン『MCL35』でシート合わせを完了
マクラーレンのカルロス・サインツは、2020年F1マシン『MCL35』でシート合わせを完了させて冬休みに入った。

今年、レッドブルを離れてマクラーレンに完全移籍したカルロス・サインツは、ドライバーズ選手権で“ベスト・オブ・ザ・レスト”となるランキング6位でシーズンを終了。マクラーレンのコントラクターズ選手権4位に大きく貢献した。

FIA会長 「競争力のある12チームをF1グリッドに並べたい」

2019年12月11日
FIA会長 「競争力のある12チームをF1グリッドに並べたい」
FIA会長のジャン・トッドは、自分とF1のCEOを務めるチェイス・キャリーは12チームをグリッドに並べたいと考えているが、それは彼らが競争力のあるチームである場合に限ると語る

2017年以降、F1グリッドは10チームで定着している。2010年にはケータハム(当初はロータス)、HRT、マノー(当初はヴァージン)が新規参入を果たしたが、2012年限りでHRT、2014年限りでケータム、そして、2016年限りでマノーが撤退した。
«Prev || ... 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム